サンドロット・ピアノ

サンドロットには「草野球のような」と言う意味があります。気楽に参加できるピアノ教室を...   音楽のこと ピアノのこと 心に響いたこと    

惑わされる譜読み・・・・5


呉アキ ソルフェージュ


         IMG_6458

2巻になると、頻繁に出てくるのが
    「ふよみ」と題するこういう譜

初見で弾きます。

写真では途切れていますが、上の段がト音記号
下の段がヘ音記号

右左がバラバラに読まされますね。

シとレが これでもか!というほど、
交互に出て、初めて見ると戸惑います。
 
(なんだか破れてるし・・・)


みんな嫌がるんですよ〜
間違っても仕方がないから、いいのに、どこかに「間違いたくない」とか見ただけで「難しい」と思うんですね

ま、私も初見は大嫌いでした・・・

聞こえよがしに「あ〜〜最悪!」っていうこほど、上手い。

3歳は3歳なりに 7歳は7歳なりに
頑張れ!


 

わんぱくキッズ5

7月22日金曜日
わんぱくキッズ(小学生クラス)に行ってきました。

まだまだ初めてお会いする子ども達がいます。
慣れなくて、じっとしていられない子

興味があって、教材を触りたい子

子どもが中心の教室ですから、いいんです。
たとえ、子どもがピアノの椅子に座っても
私が場所を譲れば済むこと。

大声を出しても、それには訳があるはず
叱ってはいけません。

和音のサイコロゲームしたり
くだもののお買い物ゲームしたり・・・・


 
IMG_6464

  私はこの歌が大好きです。

    ロバの耳は上むいて
    象の耳は下むいて
    私の耳は顔の横 

    わにの耳は???? 
    あらどこだ〜
まだ慣れていない子がいるので、歌を多くしました。

もちろん、音符ビッツのドレミのカードはいつもの通り。

この時間がみんなの記憶に残り、
いつか、役に立つときがありますように・・・

 

ソルフェージュで・・・5

音符ビッツでリズムと音符に慣れたら
呉アキさんの「リズムとソルフェージュ」を使います。
IMG_6305

途中に「ふよみ」というのがあって、
初見で弾きますが、2や3になるとかなり複雑になってきます。

ただ弾くというだけでなく

IMG_6306

必ず、効率のいい指使いも指導します。
この最後の3つの和音もそうですね。

どう使えばスムーズに流れるか・・・
ヒントと実践は欠かせませんね。
視唱と、初見とは関係ないことですが、
出たときに、ひとつづつ拾っていくようにすることは大切だと思っています。



 



来年・・・5

来年のサンドロットコンサートに
佐々木洋平さんが決まりました。
           IMG_3157 - コピー
この人の声を聞いていると、元気が出ます。
  
なんて言うか...
私の波長にあった声質でビブラートも多すぎず、心地いいのです。  

初めてお会いして歌を聞いた時にコンサートが終わってから「いい声ですね」と声をかけたのが最後、チャンスがありませんでした。

音楽家のお友達が増えて、プログラムに佐々木洋平と名前が出ているのを見ては、この世界は繋がるものだなと思ったものです。


IMG_3153
今年1月のさいたま芸術劇場小ホール
光の庭プロムナード・コンサートでの演奏


IMG_3156
無理やり撮ってもらったツーショット


楽器でも声でも、演奏にはその人の人間性が出ます。

演奏中の気配りや進行など 本当に心地よいものでした。

張りのある声と、思いやりの歌を聴かせていただきたいと思っています。
        
 

  2017年5月20日土曜日
  プラザイースト2F 映像シアター

     どうぞお楽しみに !

 

 

グループレッスン5

サンドロットピアノでは年に8回
連休の無い月にグループレッスンをしています。

 (今月は26日から28日までです)

今回は
写真を撮ろう撮ろうと思いながら、忘れました。

4〜5人のグループに分けますが、時間的にどうしても組んだグループに入れなくて、ひとりで受ける子もいます。

市販のドリルを使いますが、表現記号を実際に弾いてみて、 耳で確認するとか、半音って何?ということを穴埋めするようにしていきます。

幼稚園の生徒たちはやっぱり音符ビッツ

リズム感を養ったり
音感を養ったり

理屈よりもやってみることが大切ですね。

それから、古典音楽を聞くという事も取り入れています。
「主よ、人の望みの喜びよ」は、聴いたことのある子と無い子は半々くらい。

全員が「知ってる〜〜」と言ってくれるようにしたいですね。
そういう家庭環境が大切です。


上久保 (2)
            
これは4年前の写真です  
 

満員御礼申し上げます5

IMG_6013


リハーサル
こういう風景が大好き

IMG_5999
第20回サンドロットコンサートが終了いたしました。
たくさんの方に来ていただき、感謝しています。

また演奏内容も、てらいの無い、心地よいもので
選曲やチェロの飯島さんの編曲も自然

何よりも20代前半の若い彼ら
これからを注目したいし、軸を崩さずにいてくれて、30歳ころの彼らを楽しみにしています。

IMG_6022

 今回お薦めはこのトイ・チェンバロ
電気の音は好きじゃないからと、ファーストヴァイオリンの池田君が1年かけて手作りされました。

柔らかい、18世紀の音・・・
演奏したのは、小林穂乃果さん。お忙しい中を休憩時間に到着するというスケジュールで来てくださいました。
池田さんが、この人以外には触らせないというほど、このチェンバロを弾きこなすのだそうです。

IMG_6024 - コピー

プログラム

ディベルティメントより第1楽章/モーツァルト
 

日曜日プロジェクト
 

夏は来ぬ/小山作之助 
 

パッション/飯島奏人 
 

アメイジンググレイス
 

大きな古時計
 

セントポール組曲/ホルスト 


休憩


陽だまりの公園/飯島奏人 
 

プリンク・プランク・プルンク/アンダーソン
 

おもちゃのチャチャチャ 
 

おもちゃの交響曲/L.モーツァルト 
 

G線上のアリア/バッハ 
 

四季より「夏」/ヴィヴァルディー 

 

お祝いの電報もいただきまして、感謝いたします。

恒例の投げ銭コンサート
多くの方にカンパしていただきましてありがとうございます。
当日発生しました経費を除いて、すべてピトレ弦楽奏団へお渡ししました。

子ども達へ「もっと身近に音楽を」というコンセプト
始めたときからの姿勢を崩さずに続けてまいりました。
子ども達が音楽を楽しむためには、大人が楽しめなくてはなりません。

さいたま市の補助あってのやり易さでもありましたが、今年度は南区の理解は得られず、存続は危ういのですが、それはまたこの次考えます。

  どうぞお楽しみに!!










いよいよ〜明日!5

明日、午後1時から
恒例のサンドロットコンサートが始まります。 
フライヤー


img047



え〜〜 知らなかった!
っていう人も

はい、知っていました!
っていう人も

12時半開場ですから、いい頃かげんの時間にお昼ごはんを召し上がって、ゆっくり時間を取って、私と少しお話したりしながら、開演を待ちましょう。

受付に座ってくださる人がいれば助かります。
なにせ、家内業ですから・・・全部一人でやりますのね

ま、どなたかいらっしゃったらっていうことで、お願いいたします。



 

ん〜 詰めが甘かった1

この、ピアノ練習表を使うことにしたと、
6月8日に書きました。

一週間たって、このところその成果を確認中
お〜 キチンとできましたね!という子がほとんどで、これの成果を改めて感じています。


IMG_5823


hanamaru03-002
のだん とは、はなまるが付いている楽譜のなかの段ひとつの事で、ここを毎日5回練習するという意味です。

が、

小学2年生 2人も・・・

これ、レッスンの時に説明したんですが、家に帰ると忘れてしまったようで、一週間このはなまるのついた段
だけ、練習してきました

ダウンロード

や:この曲、他のところ練習しないで〇もらえる?
  一週間弾かないと、弾けなくなってるでしょ?

  どうしようかな?
  どうしたらいい?
  どうする?



5人中2人も・・・・
10年前はそういう子はいなかったなぁ・・・

私が緩くなったんだなぁ〜きっと。
でも、年長さんの子には通じていたんですよ・・・

「相手は判っている」とどこかで高をくくっていたんですね






 

月曜日は雨でした5

せっかく久しぶりに待ち合わせしたのに
朝から思いっきりの雨でした。
昼頃には止んで来るとも聞いていたけれど
IMG_5770
霧雨に風って
たちが悪いね

足元だけじゃなくて

体中が湿ってしまいました・・・


さて、ここは目白。
連れていっていただいたのは「あえん 目白店」

座るという事に価値観を持たせて、ゆとりのあるスペースを取ってあります
IMG_5771  
 
 





   

















                                
                           pic_02

椅子がね、色が大人しくて
レストランにしてはゴージャス 

最高!!
座り心地がとても良かったですよ。

私が食べたのは
竜田揚げの・・・・なんとか
サラダと
IMG_5772

ごはんは玄米
IMG_5773

デザート
IMG_5774


なにかとお世話になっています、
フルーティストの坪井ユキさん


IMG_5775

サンドロットコンサートでも、
チャリティーコンサートでも大変お世話になりました。
ハイ、
「私の娘です」と言ってもいいくらい年の離れた方です。どれくらいお付き合いいただいているんでしょうか・・・10年? もっとかな・・・

新しいものに挑戦することは、その人が育つという事。
 
デザートを前にして、書くことじゃありませんけど(笑)

チャンスが巡るという事は、踏み出す事を許されたという事 。

話を聞くと
考えれば考えるほど、凄い人と友達だったんだと思います。

読んでる人は何のことだかわからないでしょうけれど、いいんです。
やのすけ日記のつぶやきだから・・・


 
 

練習表5

ひさしぶりにこれを出しました。
10年ほど前に作りました。
よく似たものを製本して練習ノートとして売り出した人もいます。

     
やっちゃんも、儲かるか!?


IMG_5663

連絡ノートとは別に、細かく練習してほしいことを書きます。

教本に書きこんでも、見てませんから〜〜

 赤い〇の部分に注意 3回弾く

 指使いに気を付けて  5回弾く

こんな感じです。

自分で何を練習するのか覚えて帰って
そこが直るように家で繰り返し練習できればいいのですが、

ただただ時計とにらめっこして時間を費やすだけの子がいます。
一週間間違ったまま次の週に来る子もいますよ。

何をすればいいのかわからなくなるのです。

楽譜に書かれることに慣れてしまうこともあります。
見えてないのです。


ピアノ教室に何を習いに来るのか

ひとつは「練習方法を教えてもらいに来ること」
もうひとつは「先生の人生観を感じに来ること」

後は自分の力です。



















 
ツイッター
いただいたコメント
やのすけ図書館
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ