2018年01月07日

今更ですがスマートフォン・デビュー

本当に「今更」と思われるでしょうが、
64歳を間近に、ようやくスマートフォンへのデビューを果たしました。

先の「冬の嵐」で少々触れましたが、実際は去年の11月頃から
息子のお古でSAMSUNGのギャラクシーを使っていました。
というのも私がもともと使っていた携帯電話は、最も単純で一番安いもの。
今は仕事で使うことがあまりなく、旅行に出る時は大抵夫と一緒だし、
日本に行く時は現地で携帯電話をレンタルするため、最低限持ち運びの電話機能、
つまり携帯電話でさえあれば間に合うからでした。
それに家のコードレス電話はインターネット回線を使っているため、
ほとんど料金がかからない上、海外通話も、場所によりますが、無料というお得さ。
よって携帯電話の契約も最低料金で間に合っていました。

ところが去年の9月頃だったでしょうか。
契約している電話会社から手紙が来て、私が使っている携帯は11月以降は
使えなくなるので、電話機を変える必要があると知らせてきたのです。
そこにはもう少しいい、でもガラ系の携帯電話にほとんど無料で換えられます、ともありました。

うーん、そこで考えました。
特にスマートフォンでなければ困るようなことは一切なかったのですが、
さすがに世の中の動きに遅れないため、航空券やSNCFのチケットも携帯電話に入るし、
これを良い機会と捉え、思い切って使ってみようと思ったわけです。
おそらくここで「今更」とほとんどの方に思われそうですが、
我が夫は未だ頑固にこのネット社会の趨勢に乗ることを拒否していますから、
私的には「画期的な決心」だったのです。

息子といえばiPhone6を早々に手に入れ、今はそれを売り払い、超高い新しい機種に変えています。
電話会社のポイントなどを使っても900ユーロもの大金を支払っていました。
あまりの飛びつき方に私たちは「馬鹿みたい!」と思ったのは言うまでもありません。
そして彼がロンドンに行っている間に、iPhoneに替える前に持っていた古〜いSAMSUNG、
車のポケットに放り込んであった、を発見し、電源をつないでみたら生きていました。
そこで私はまずこれを使って調子が良ければそれでいい。やってみようと思ったわけです。

調子は良かったのに、モロッコにいる間にバッテリーの充電ができなくなってしまいました。
バッテリーが古くなったのかもと交換してみましたが、状況は変わらず。
それでこちらに帰って熟考、普通はしない?し、やっぱり新しいのを買おうと決めたら、
息子が中古なら半値だというので、彼に頼んで買ってきてもらいました。
半額でもiPhoneだとまだ高いので、一応なんとなく慣れかけた同種の物にしました。
脇でやり取りを聞いていた夫は、そんな高い携帯、本当に必要なのかと。
でも、私としてはここでこのくらい使えずなんとする、という気持ちのほうが強く、実行。

IMG_5712
FBだとかメールもこれでチェックでき、日本語も書けるってすごい。
壊れたやつは、次回モロッコへ行くときに持って行き、あっちで修理してもらおうかと夫。
フランスだったら買いなおしたほうが安いとすぐ言われてしまいますが、
かの国であればちゃんと、それもこっちよりずっと安く修理してくれるからです。

実際いろいろなことが可能なのに、まだたいした使い方をしていません。
これでは夫の言う通り、単に携帯電話であればいいようなものですが、
必要に迫られればその可能性を追求すべく頑張ります!


フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
あと一歩、順位が上がる応援クリック、よろしくお願いします


yachiyo_s at 11:30│Comments(0)clip!暮らしにスパイス 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔