2023年03月06日

散歩のタイミングはいつが最適か

4DDD7E14-F43F-4953-9661-00CCCFFF9CB4_1_201_a
運河沿いの散歩道。ここまでは車でないと行けません。

去年の年末年始、その後もしばらくそれ以前の体重に戻らず、
どうしたものかと少々悩む?程でもないけれど、とにかく良い方法はないものかと考えていました。

それからすでに2ヶ月があっという間に過ぎ、
なんだか高止まりの状態ではあるのですが、散歩を週4日からほぼ毎日にしたら、
体重に目立った変化はありませんが、調子はすこぶる良い気がしています。

散歩は1時間弱。
結構さっさっと歩いているので、最後の方になると暑くなって汗をかきます。
どうもこれが良いのかな、と思います。
犬は私の後になったり、先になったり、勝手に歩いていて、
私は私のペースで歩いています。

朝、太陽が出ていると朝食を取る前に散歩に出ます。
朝露で草が濡れているので、必ず長靴を履いて行きます。
太陽の光を存分に浴びながら、ほぼ瞑想といった感じで歩きます。

朝、起き抜けにタイミングを逃したり、ちょっと歩く勇気が出ないと、
昼食を終えて、午後3時過ぎに出ることもままあります。
この時も朝同様、散歩の途中で人に会うことはまずありません。

その代わりどのタイミングでも、たまに生き物に遭遇することがあります。
普通は朝のほうが確率が高いのですが、ここのところ午後に鹿が目の前を横切ったり、
大きな青鷺が飛び立つのを見たり、雌の雉が草むらから飛び立つ大きな音に驚かされたりしました。

20221109_154854

犬は鹿を見れば追いかけて行きますが、かなうわけがありません。
全速力で走りますが、黒い弾丸というより、黒い大砲の球のような、
鹿に比べるとちょっと重い感じは否めません。
そしてある程度のところで諦めて、私の元に戻ってきます。

私はYUKIが走っている間、鹿が優雅に飛び去っていくのをそのまま目で追います。
いつまでも見ていたいのですが、実際はあっという間に林の中に消えてしまいます。

朝は太陽の光が新鮮で、瞑想気分が一層高まる感じですが、
昼食後の散歩は、現実的によりエネルギーを消費できているような気がします。
どちらにもそれぞれ良い面があります。
とにかく雨が降ってなければ、どんなタイミングでも頑張って出かける!
それがYUKIにも私にも必要なことです。

ただ今週の天気予報は雨とか雪。
どうも現実的に難しいのと、すでにめげそうな感じです。
空と睨めっこをしながらできる限り歩かないと。
普通に食べる分、体を十分に動かさないと調子が狂うし、悩ましいことです。
って、変な独り言にここまで付き合わせてしまってすみません!



フランス(海外生活・情報) ブログランキングへ
ここからの応援クリック、よろしくお願いします
順位が上がるとやっぱり励みになります



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔