秋晴れになった秋分の日、八千代リトルOBの高校3年生のお兄さん5人が佐倉グランドに来てくれました。〜OBの友人含む〜
東京学館浦安から2名、東海大浦安から1名、習志野から2名。今夏まで甲子園を目指していたバリバリの高校球児(3年生)が終日、選手たちと一緒にプレーしながら、指導してくれました。将来、高校野球を目指す選手たちにとって彼らはヒーロー。一挙手一投足が参考になったことでしょう。
お兄さんたち、忙しいなか時間を割いて頂き、ありがとうごさいました。優しく丁寧な指導に聞き入る選手たちは、数年後の自分の姿を想像しながらしっかり聞き、この日のことを脳裏に焼き付けたと思います。
彼らも高校生になったら後輩に野球を教えに来る、そんな素晴らしい循環が続くといいなと思いました。
この日の体験参加は1年生1名、2年生2名、3年生1名でした。体験に参加してくれた親御さんに感想を伺うと指導方法、チームの雰囲気、グランド設備、先輩が指導に来てくれる態勢をとても気に入ってくれたようでした。

image15

image12

image19

image22

image24

image28

image29

image32

image33

image39


※今日のショット ΑΑΔっとっと
image35


※今日のショット◆ΑΑΨい劼發
image40

雨がぱらついた9/20(土)は佐倉市内の体育館で室内トレーニング。天気になった今日は佐倉グランドで終日練習を行いました。
部員募集活動に関しては、この週末もフルルガーデン八千代で体験会と新規入部の案内。9/19付の地域新聞に折り込みチラシ2万部と、これまでになく積極的に行っています。
その効果か、新たに3年生が一人体験に来てくれました。現在のチーム事情を説明し10月末まで自由に参加してもらえる旨お伝えしました。
八千代リトルOBの現役高校生による体験会は9/23(水)に開催されます。たくさんのご参加をお待ちしております。
※今週のショット
練習後、フルルガーデンでチラシ配りを手伝いに来てご褒美のクレープを頬張る選手たち。
DSC_0030

リトルリーグは離塁制限があり、マウンド〜ホームベースの距離は軟式の4年生以下、ソフトボールと同じくらいの14メートルです。ピッチャー対バッターのガチンコ勝負は、見ていてしびれます。
バッターは近い距離から投じてくる硬球を打つので、反応が悪いとヒットを打てません。芯を外すと手がしびれます。
ピッチャーはバッターのレベルが高いので、ストレートだけでは打ち取れません。正しいフォームで投げていれば変化球を投げたり、硬球を投げるからといって肘を壊すことはありませんし、投球数・登板間隔の制限がありますので、投げ過ぎもありません。
リトルリーグは現在、秋季大会の真っ最中。本来であれば八千代リトルもその中に入って盛り上がっているはずでしたが、人数不足(現在5年生3人、4年生2人、3年生1人、プラス2年生、5年生の体験中各1名)のため、大会に参加できずに練習に明け暮れています。八千代リトルが所属する東関東連盟には素晴らしいチームがたくさんあり、素晴らしい選手がたくさんいます。当リーグが他の強豪チームの対抗軸になることが私たちの夢です。
未経験でも硬式の経験がなくてもOK。ハイレベルな野球を経験したければ、八千代リトルが待っています。但し、10月末まで、、、

連休最終日。
3〜5年生の6人が午前中は守備、午後はバッティング中心に練習を行いました。少人数なのでたくさんノックを受けることができ、有意義だった選手たち。かなり疲れたかな。。。でも、その分上手になるよ。来週も頑張ろう!
写真は昼食風景です。早く食べないと午後の練習始まっちゃうよ!
DSC_0008

今日は午後から夕方までフルルガーデン八千代で体験会の案内二日目。野球用品を見に来る野球大好き親子を見つけてはチラシをお渡ししています。
DSC_0013

※今日のショット…グビッ グビッ 美味しそうだね〜〜
DSC_0010

天気に恵まれた3連休。選手たちは今日も佐倉グランドで練習。
午後から父兄のつてで、千葉ロッテの丸山さんが佐倉グランドに来てくれました。即席野球教室で、スローイング、バッティングに熱の入った指導をしていただきました。選手たちはプロ野球選手としても活躍した丸山さんのアドバイスに熱心に聞き入っていました。
今日は佐倉市で行っている草野球チームの試合にお邪魔して体験会のチラシ配りを行いました。15枚ほど受け取ってもらいました。体験希望の申し込みを待ちます。
いろいろ考えた中で、八千代リトルだけど、グランドは佐倉市にある。でも、場所がなかなか目立たない。そこで、国道51号線から目につくように、車に選手募集の横断幕を貼ってみました。意外と目に留まったかも。
先週から体験で来てくれている2年生のタクヤ君が今日は自分のお兄ちゃんを連れてきてくれました。現在の八千代リトルの状況を分かった上で、しばらく体験に参加する予定です。
DSC_0085

DSC_0003

このページのトップヘ