2017年04月23日

エンドウの実

 晴れ

 穏やかな一日。
春の日差しを受けて、夢道場裏庭の草木も一斉に花咲き新芽を吹き始めました。

 あのサヤエンドウも花が咲きしぼんだ後にこんなに素敵な実をつけました。DSCN9571
本当に実るかどうかわからなかったのですが・・・・
吉田秀彦さんからいただいた苗木が育って実をつけたのです。
DSCN9567緑の葉と混じって発見しにくいのですが、よく見ると4つの実がついていました。
早速、軽く茹でて何もつけずにそのまま食べてみました。

何と甘くおいしいことでしょう!!
これから毎朝摘み取ることができると思うとうれしくなります。


yachoman at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月22日

えきサイト勝南

 晴れ

 春日井市は勝川駅南口ビル前あたりを中心にして今年も又「えきサイト勝南」が開催されている。

ここでは、例年通りステージ発表とフリーマーケットなどが行われている。

鳴子踊りチームの踊り場「夢道場」も出演するとあってお手伝いに出かけた。
3時からの発表を前にして、午後2時に集合し簡単なリハーサルと打ち合わせの後、ロックソーランなど5曲を舞い踊った。

CIMG8742夢道場の発表の前は、STAR CHEERのかわいい子どもたちの演技があり多くの父母関係者が詰めかけていた。
子どもが出るとその父母が来てくれるのでとても賑やかである。CIMG8745

それに比べて踊り場「夢道場」のメンバーは老齢化していて観客動員力はない。
CIMG8758しかし、演技は素晴らしく軽快な曲に合わせて息の合った演舞を見せてくれた。
さすが年期が入っているわと思わせる。
わたしは曲の紹介や大漁旗を振って踊りを盛り上げた。
これからも時間と体の調子が良い限り踊り場「夢道場」を支えていきたい。

yachoman at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月21日

八重桜

 曇り

 午前中、所用で北区役所まで出かけた。

ほとんどの用務は地元の楠支所で済ますことができるので黒川にある区役所まで出かけてくることはない。
DSC_0131以前は、年金者組合執行委員会に参加するために一か月に一度ぐらいは訪れていたところでもある。

この季節になると、こんなに綺麗に花水木の花が咲き訪れる人を迎えてくれる。DSC_0125


又、桜満開の時を過ぎて咲き誇っているのは八重桜である。

カメラを持参しなかったので携帯カメラで撮影したがその美しさはある程度は理解できる。

yachoman at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

郷土史研究会へ

 晴れのち曇り

 午前中、北法律事務所・ホーネットの郷土史研究会に参加した。

CIMG8734平安通りにある北法律事務所までは市バスで出かけるがバス停の真ん前にあるのでとても便利である。
今は街路樹の花水木がとてもきれいに咲いている。

郷土史研究会ではこれまで主に過去から現在までのこの地域の歴史を振り返ってみてきたが、これからは今日的課題についても考え合っている。
その第一弾が「大曽根住宅界隈のコミュニティづくり」ついてである。

現在、団塊世代が後期高齢者となる2025年問題がいろいろと取りざたされているが、現在もすでに高齢者の医療、介護、認知症対策はもとより住まい、まちづくりなど大きな問題が山積みしている。
こんな時にあって、「株式会社コミュニティ」が取り組もうとしている県営「大曽根住宅」をめぐって「ゆいま~る大曽根」についていろいろと研究することになった。

yachoman at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月19日

春の日差し

 晴れ

 昨日までの強風を伴う不安定な天気も回復し、春の日差しが眩しい日になった。

それでも吹く風は冷たく感じるのは何故だろうか??DSCF0490
夢道場斜め前、安藤さん宅の玄関先に植えられた草木も元気に春の日差しを受けて輝いているようだ。
人も動植物もみんな温かい春を待ち焦がれているのだ。

yachoman at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月18日

三軒町自治会

 晴れのち曇り時々雨

 春の嵐が日本列島を襲っている。
もう夏日になった所もあれば雪の降った所もある。
ここ名古屋も非常に不安定な天候だった。

DSCN9566三軒町自治会の新年度第一回の自治会組長会が夢道場で開催された。
新しいメンバーの自己紹介や各種団体の代表も参加してのにぎやかな会合となった。
民生委員さんのお二人や消防団の三人、子ども会の会長さんも自己紹介などをした。DSCN9565
楠学区でも所帯数の多い三軒町であるが今年一年間、安全安心な街づくりのためみんなで協力し合っていきたいものである。

今年度も又、この夢道場が地域のみなさんの寄り合い場所としてのお役割を果たすことになった。
 

yachoman at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月17日

春の四重奏



 一日雨が降り続いた。

満開の桜もこれですべて散ってしまうだろう。

こんな時、FBで見つけた富山県は朝日町の「春の四重奏」。

18010449_1181177348675134_4536774630307751007_n四重奏とは、残雪の朝日・白馬連峰、桜、チューリップ、菜の花で、一目でこの豪華な春の競演が楽しめるという。
満開から散り始めの桜。今年の北陸の桜は、開花から一気に気温が上がったせいか、例年より桜の花の付きがよくないというが、ここの桜は見事に咲き誇ってる。
手入れをされているボランティアの皆さんのご苦労の賜物だという。
菜の花やチューリップも、農家の皆さんの絶え間ない努力のおかげ。この美しい風景は、自然と人が協力して作り上げている奇跡の風景なのだ。
今シーズンはそろそろ見頃が過ぎるというが、機会を見つけて一度は見てみたい風景である。


yachoman at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月16日

サヤエンドウ

 晴れ

 夢道場裏庭のプランターに植えたサヤエンドウの花が咲き、初めて実がついた。DSCF0484

昨年の夏、ミニトマトを植えたプランターで育てているが、サヤエンドウの花は美しくさわやかな感じを与えてくれる。
DSCF0486これから先、もっと花が咲き、実がつくことを願っている。

花でも野菜でも小鳥でもそして人でも太陽のような温かさで見守ればみんな幸せそうに過ごせる夢道場の仲間たちである。

yachoman at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月15日

満開の桜

 曇り

 家の近くから歩いても出かけることのできる桜の名所がある。
DSCF0455それは庄内川にかかる新川中橋の西に位置している洗堰の堤防に咲く桜並木である。
 遠くに行かなくてもここで見る桜は何とも言えない美しさである。DSCF0468
水害の影響で大半の桜の木が切り倒されたが、今もなお残っている桜の木は大木となり、季節になると花咲かせている。今年の桜は咲き始めるのが遅かったが今日現在もなおこんなに素晴らしく咲き続けている。

DSCF0474桜の木の下ではタンポポの咲き乱れ、親子ずれの姿が春の幸せを感じさせてくれる。

洗堰広場では少年野球のチームが練習している。DSCF0481
反対側の蛇池公園ではこいのぼりが泳ぎ若い桜の木が満開になっている。

yachoman at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月14日

やっと勝てた!

 晴れ

 ナゴヤドーム公式戦・巨人×中日戦を観に出かけた。CIMG8730

東京ドーム、巨人戦3連敗のスタートで情けないスタートを切った中日はその後もさえない試合の連続で、最下位のまま名古屋に帰って来た。

今日の試合は緊迫した投手戦が続いた。
久しぶりに大野の力投を観ることができたが、折角味方が入れた2点のリードを守り切れなかったのが惜しい。

17883664_1341561362590785_6283855599916952015_nその後代わった投手もへろへろでハラハラドキドキものだった。
延長12回、ツーアウトからの得点で何とかさよなら勝ちしたが何とも疲れる試合だった。
これで引き分けだったら泣くにも泣けない。
外人を含めて打線の奮起を促したい!!

yachoman at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月13日

庭の満天星つつじ

 晴れ

 沖縄旅行を終えてほっと一息。

着ていった衣類を洗濯しホッとする間もなく、ブログ「夢道場日記」に沖縄旅行記を書き留めるためにたくさん撮りすぎた写真の中から載せる写真を選択。
これがなかなか時間がかかる。
一枚一枚にいろいろな思い出が含まれている。
やっとブログを書き終えて庭に目を移すと・・・・DSCN9556
庭の真ん中に植えられている満天星つつじが美しく咲き始めている。
DSCN9557何の世話もしていないが、毎年このように季節になると花を咲かせてくれる。

雑草だらけの庭の中で、決して豪華で華やかではないが一番輝いているのがこの花である。

yachoman at 10:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月12日

沖縄から名古屋へ

 晴れ

 沖縄旅行最終日はホテルを午前九時に出発。DSCN9551
フロントロビーから名残惜しそうに沖縄の海を眺めながら・・・・・もう二度とこれそうもない沖縄に想いを残した。
この美しい自然をいつまでも残せたらいいと思う。
そのためには軍事基地などいらない平和な沖縄を取り戻したい。
DSCN9554那覇基地は自衛隊と共用しているとのことでスクランブルなどあると旅客機は飛べなくなるのだという。
目の前のこの飛行機に乗り、名古屋に戻って来た。


沖縄旅行思い出の花
DSCN9432

想いでの樹木CIMG8721

yachoman at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月11日

沖縄旅行3日目

 曇り

 この日もホテル出発8時30分だったが、年寄り軍団は朝が早い。
みんな出発10分ぐらい前にはそろっているのでいつもどこでも早めにスタートできる。

CIMG8692最初の見学地は「首里城公園」で、守礼の門前で記念撮影をした。

撮影前の様子だが、とにかくみんな高齢者ばかりのツアーで、みんななかなかいうことを聞かないし聞いてもすぐに忘れてしまう。頓珍漢なのは我々夫婦ばかりではない。
現地添乗員添乗員のKさんはいろいろと気配りも大変だったがとてもよくお付き合いしてくださった。

CIMG8698みんなで城内の坂道を「はあーはー」言いながら上り詰めて正殿にたどり着いた。

中に入って沖縄の歴史に触れることができた。率直な感想は、ここは日本に占領されるべきではなかったのだ。琉球大国として独立した国なのだと思った。
正に日本よりも中国文化に近い伝統的なものを感じた。

続いて、国際通りに行きここから、午後からの見学コースは国際通りを散策する組と琉球伝統を訪れる組との二手に分かれた。
ほとんどの人たちは後者を選んだ。

はじめに訪れたのは「ひめゆりの塔」で、前から一度は訪れて花を手向けたいと願っていたところだ。CIMG8720ここは第二次世界大戦、日本で唯一の地上戦があった所。一般人をも巻き込んだ戦争は、当時女学生だった若者まで戦地に動員された。女学生達は、兵隊の看護をし、友人や恩師を目の前で失いながらも戦争が終結するまで必死に戦った。そんな彼女たちの平和を思う気持ち、伝承しなければいけないと言う責任感からこのひめゆりの塔記念館は設立され、多くの人々に平和を訴え続けている。DSCN9494
続いて訪れたのは「平和祈念公園」で、ここは沖縄戦最後の激戦地であった摩文仁につくられた国定公園。
DSCN9507広大な敷地内に戦没者墓苑、平和祈念資料館、各都道府県慰霊塔などがあり、慰霊の日である6月23日には慰霊祭が行われる。1995年に建てられた平和の礎(いしじ)には、沖縄戦で亡くなった24万人余の名前が刻まれている。
この噴水は360度の円形の中に世界の国々が刻み込まりており、平和の願いが全世界に波のように広がっていくようにとの願いが込められているという。
平和の礎も波の形に作られていることを初めて知った。

その後、「沖縄ワールド」へ DSCN9516
ここは、玉泉洞と呼ばれている東洋で最も美しい鍾乳洞で、大小さまざまな不思議な形の鍾乳石が天井からや足元からも突き出ている。
これまでさまざまな鍾乳洞を見てきたが、こんな原始的なところははじめてである。
DSCN9522出た後、スパーエイサーの実演を見た。
実演の後、残った人たちで踊っていたが時間がなかったので踊れなかった。

DSCN95323日目の宿は恩納村に戻り海辺のホテル・リザンシーパークホテル谷茶ベイで、沖縄では最も多くの人が宿泊できるという巨大ホテルだった。DSCN9542
晴れて折ればこの浜できっと泳いでいたと思うヤッチョマンであったが、残念ながら小雨模様の天気で浜を眺めるだけだった。
夜は、沖縄民謡ショーを観た。


yachoman at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月10日

沖縄旅行2日目

 曇り

 沖縄旅行2日目は、8時半にホテルを出発。DSCN9389

はじめに訪れたのは「万座毛」という景勝地で、象の鼻のように見える岩が珍しい。
今ではこの岩を見るだけの人もいるが、ここは万人の人が座すことができる草原が広がっていることろという意味の所だそうだ。

DSCN9405続いて訪れたところは「ナゴパイナップルパーク」で、沖縄特産のパイナップルの栽培が学べるところとなっている。
園内にはいろいろな種類のパイナップルが栽培されており草花もきれいに咲いていた。
ここではパイナップルについていろいろと学ぶことができた。DSCN9407

続いて訪れたところが「森のガラス館」で、伝統工芸の琉球ガラス工場の見学ができた。
実演も見ることができて、馬のガラス細工の制作が見れた。

DSCN9426続いて、古宇利大橋を渡り、古宇利島にたどり着いた。
ここは日本でも一番の美しい海と景色が見れるところとあって多くの観光客が訪れていた。
恋の島ともいわれ若いカップルも多く見られた。
われわれのツアー客は年寄りばかりで色気も何もない。
もう一度あの頃に戻りたいとはかない夢を追った。

続いて訪れたのが「海洋博公園」DSCN9457
沖縄美ら海水族館の見学を含めて2時間の自由散策時間があり、たっぷりとジンベイザメなどを見ることができた。名古屋の人間で名古屋港水族館が一番いいところだと思っていたが、ジンベイザメとマンタが舞泳ぐ様を見てここにはとてもかなわないと思った。

DSCN9479その後、恩納村にあるホテル・「沖縄かりゆしビーチリゾート」に2日目の宿をとった。DSC_0118
このホテルは、かつて沖縄サミットの折プーチン大統領も宿泊したという豪華なホテルだった。

yachoman at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月09日

沖縄へ

 曇り

 38年間の教員生活を終えた後、日本一周一人旅をした。
その折、沖縄と北海道は残しておいてほしいという妻の希望もあり、そのまま行きそびれていた。
img023今回、念願だった「沖縄への旅」を偶然見つけた新聞広告により実現することになった。
何といっても、この39990円で三泊四日の旅ができるというのが魅力だった。「安物買いの銭失い」になるやもしれないと思ったが・・・・こんな機会はあまりないし、妻の希望をかなえることもこれからはだんだん難づかしくなるであろうということで思い切って申し込んだのだった。それが何と大正解で素晴らしい沖縄旅行ができたのだった。
以下その旅行記を記録していきたい。

その前に、学生時代多くの仲間と共に60年安保闘争に参加し、全国の労働者と連帯して活動を展開した経験を持つ私にとっては「沖縄を返せ!!」という沖縄返還闘争も青春時代の一ページとなっている。
今回の旅行は単なる観光旅行ではなく、以下のようなことを胸に秘めての旅行になった。

 沖縄は1952年に発効した対日講和条約によってアメリカ合衆国の統治下に置かれた。
沖縄返還協定が調印された翌 1972年5月15日,27年ぶりに日本に返還されたが、第2次世界大戦の戦場占領下,戦後の軍政下と沖縄の苦難は続き,沖縄住民の祖国復帰運動は粘り強く続けられた。
1960年沖縄教職員会を中心とする沖縄県祖国復帰協議会の結成,1965年佐藤栄作内閣総理大臣の沖縄訪問を経て,1969年11月2日のリチャード・ミルハウス・ニクソン大統領との会議で,「核抜き本土並み」の 1972年返還を約した日米共同声明により返還が実現した。
この時の喜びは今も忘れられない。しかし,返還後も在日アメリカ軍の基地は沖縄県土面積の 9.94%(2015.3現在)を占める。基地問題のほか,日米共同声明における有事の際の核持ち込みに関する密約疑惑や,沖縄の経済的自立など,多くの問題が残る。
更に、現在、普天間基地移設問題は、移設先の 辺野古で埋め立てを行うことでサンゴ礁等の自然破壊問題を巡って住民の反対闘争が起こっている。

CIMG8687さて、今回の旅行の第一日目の宿は、その普天間基地近くの北中城村にあるホテル・コスタビスタ沖縄である。
ここまでは中部国際空港を15時過ぎの飛行便に乗り、那覇空港から迎えのバスでたどり着くことができた。
山の上にあるホテルからは普天間基地や沖縄の海も望むことができる。CIMG8684
初めて訪れた沖縄は自然が豊かで海の色が美しい所だったが、ここにたどり着くだけで疲れてしまったお年寄りであった。神経が興奮して眠れない夜だった。



yachoman at 13:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月08日

明日、はあーれになーれ

 雨

 桜が満開になったというのに今日は一日中小雨が降り続いた。CIMG8677

時折激しくなったが、「春雨じゃー濡れていこうか」という感じの雨だった。
それでも土曜日の桜見の宴を楽しみにしていた人たちにはあいにくの雨である。

夢道場裏庭の草木たちもこの雨を受けて新しい息吹を感じさせてくれている。

CIMG8679この満天星もいつの間にかこんな蕾を持ち始めている。

明日、9日から12日まで三泊四日の日程で沖縄を旅行する。
何とか良い天気になってほしいが・・・・今のところ曇りがちで雨も降りそうである。

しばらくブログもお休みして、沖縄旅行記を後程書き込むことにする。

yachoman at 20:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月07日

ランチ・クラス会

 曇り時々雨

 名城大学法学部昭和38年卒「ランチ・クラス会」を開催した。
今回は新装なった校友会館を会場にして、ランチを食べながらのクラス会としてみなさんに呼び掛けた。
いつものことながら世話人代表の池原君(前名城大学常勤理事)にお世話をかけた。DSCN9359

かって「地上最低の大学」と週刊誌にかかれた大学も今では立派に飛躍して多くの若者たちの学びの場となっている。満開の桜が同窓生を迎えてくれた。
苦しいどん底の時代を知る同窓生たちにとっては感無量である。
特に、私学紛争処理法案の成立を目指して国会陳情を繰り返した私にとっては特別な思いもある。

DSCN9365ゲストに伊川前法学部長、伊藤常勤理事、山田校友会長を迎えて歓談をした。
DSCF0452


 今回は、同窓生の谷喜久郎君が旭日双光章とサン・ジョルディ十字勲章のダブル受章のお祝いも兼ねた。
谷君は先日行われたスペイン国王を迎えての宮中晩さん会や総理主催の晩さん会にも出席して帰って来たばかりということでその様子なども話した。

DSCN9384クラス会の後、校友会館4階に新たに作られた「赤崎先生の「ノーベル賞展示場」の見学をした。

その後、都合のつく人たちで八事興正寺の桜見をした。

私は和歌山県は新宮から参加した北詰君を伴って山田君の車で夢道場に向かった。

yachoman at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月06日

春雨じゃー

 雨

 朝から小雨が降り続いた。

いつも自転車で大学まで出かける孫の勘太を学校まで送り届けるサービスもできた。

「春雨じゃー、雨に濡れていこう・・・」というほど風情はない。CIMG8674

裏庭に植えて育てているさやえんどうもこの雨に濡れて少し背を伸ばしたようだ。
いつ花が咲き、実がつくのだろうか??

yachoman at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月05日

桜見昼食会

 晴れ

 恒例のパソコン同好会「桜見昼食会」を開催した。
CIMG8665恒例と言ってもお世話をして下さる森さんや上田さんに負担がかかるので、そうは簡単にやりたいとは言えない。

それでもいざやるとなるとみなさんをお誘いして楽しい花見の宴となる。CIMG8668
宴会と言ってもみんな車で来ているのでお酒が飲めないのが残念である。

今年初めて参加された小川さんの奥さんからビールの差し入れがあり、一口頂いた。やはり宴会にはこの一杯が欠かせない。
CIMG8669八百彦のお花見弁当をつつきながらみんなと歓談した。
パソコン同好会のメンバーが中心であるが、夢道場の懐かしいメンバーも顔を出してくれて盛り上がった。CIMG8666

会場となった楠公園の桜はほぼ満開になっており、しばらくは花見が楽しめそうである。
 

yachoman at 08:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月04日

ひよっこ

 晴れ

 新しく始まったNHK朝ドラ「ひよっこ」がなかなかいい。

 DSCN9346ヒロインには、有村架純が起用された。主演俳優を決定するに際してはオーディションを全く行わずに有村を最初からキャスティングしたことを制作統括の菓子浩が公表している。
 オーディションを行わずに主演者を決定したのは2014年前期の第90作『花子とアン』で村岡花子を演じた吉高由里子以来だという]。
 また、高校3年生から大人に成長していくヒロインを、子役を用いず有村が全編通して演じる。

この有村架純主演の映画「リトルマエストラ」は、吾がふる里の福浦港が舞台である。DSCN9343
懐かしの港に立ち並ぶ街並みの中に我が家も見ることができる。

名古屋では上映されなかったので、DVDを購入して観ることができた。
朝ドラで有村架純を見ながらふる里の港を思い浮かべている。

yachoman at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)