2023年04月10日

練習開始!

再び大和です。なんとか3回生になりました。

よかったです。


オフ期間が明けました!

寒い寒い。

317日に自主練、1819日に同志社ウィークに参加しました。(3日連続ヨット!)

主将艇と3回生女子艇で出場しました!

招待選手で吉田愛選手が参加していて、圧巻の帆走りだったそうです。

私は遥か後ろだったので、赤鷺からの情報しか聞けなくて残念です。見たかった……

女子艇にとって慣れないトラぺゾイドのコースだったこともあり、悔しい結果となりましたが、得るものはあったと思います。

以下、今回の学びです。


1マークから2マークへ下り、回航しようかというタイミングで、後ろから来たスナイプ達と混ざりまくり、てんやわんやになりました。

ギリ接触はしなかったので(みなさんの協力により。すみません。)まだよかったですが、怖かったです。

その後のミーティングで教わったことは、マーク付近で他艇と鉢合わせた場合、考えるべきはマークルームとラップが切れているか否か。

特に、自分より下からマークに近づこうとする艇とのラップがいつ生じるかを見ていないと、上に上に追いやられて他艇と接触なんてことも今回はまさにこれでした

マーク周りで競る練習がしたいなと強く思いました。

艇増やせないかな〜


あとはスタートですね。

微速前進から勢いをつける動きが全然できない。

あまりにもできない。

2レース目からは諦めてロケットスタートにしましたが、それでもさほど艇速が出ず

動作確認したいです。



小さい項目ですが、ラフ時は体重移動で方向転換を意識!

ベア時はだいぶ人為的アンヒールが身についてきたので、ラフもきっとできるはず!



前回の記事のコメントより、我々ができるようになったことを書いてほしいとのご意見を頂いたので書きます。少ないですが。



.献礇ぅ峪、スピンを綺麗に張り替えられるようになりました!

船を揺らさずジブの張り替え、角度キープ、スピンシート受け渡しの精度が上がりました。

目標が1つ達成され、とても嬉しかったです。

赤鷺には見てもらえていませんでしたが……さみしい……

skcrのコミュニケーションが成長しました!

ペアのメンタル具合などもわかるので、片方が沈んでいたら片方が励ましたりしています。

ヒールつけて!もうちょっと下れます!などなど、お互い遠慮なく意見を言えるようになりました。去年と比べて格段に意思疎通がスムーズで楽しいです。

A芦鵑竜事に書いた呪文、角度!セール!ヒール角!をだいぶ意識できるようになりました。

アンヒールの感度が上がったかと思います。




新歓も始まりました。

新入生ゼロだったらどうしようと不安でしたが、連日満員御礼で驚いております。

初日は風が強く、残念ながらトラッピーズ体験はできませんでしたが、赤鷺もBBQもめちゃめちゃ楽しんでもらえました。

女子が1人、既に入部宣言してくれていて、一同泣いて喜びました!!

今年はご飯会が解禁されたので、全体的に活気のある新歓となっております。

コロナ禍で通常の新歓を経験していない部員が大半なので、手探りではありますが、各々精いっぱいの仕事をこなしており、ヨット部員の仲の良さを再確認する良い機会となりました。


現在進行形でご協力くださっているOBの先生方、本当にありがとうございます。

我々では気づかないポイントを指摘してくださったり、話術で新入生を沸かせてくださったり、差し入れを下さったりとてもとてもありがたいです。

将来は私も先生方のような、頼りになるOBさんになりたいです。



おわり



yacht_ at 13:10|PermalinkComments(1)

2022年11月16日

ヨット楽しいです

470sk 大和です。艇庫3年目、2年生です。

長いこと更新されていなかったブログを動かしてみます。緊張しますね。今後ものんびりやっていきますので、気が向いたら読んでください。


先日、初めて平日に自主練しました。

乗れた時間は実質2時間くらいでしたが、中身のある練習だったと感じます。日没が早すぎてつらい。

赤鷺に後ろから見ていてもらい、丁寧な動作ができるよう試行錯誤していました。

上サ下ラウンディング、難しいです。

以下は今回の学びです。


上りで意識すること

,泙困呂ちんとクローズを走る

風が弱かったら下りめに、セールも合わせて出しめに

7擇ヒールがつくように、crに移動してもらう

ぜ分がどこを走っているのか?頭に地図を描こう

ト琶湖の風は大きく振れる。素早く艇の向きを合わせられるようにしよう

Ε辧璽襯肇螢爐肇瓮ぅ鵑僚个薫きだけで艇は動く。ティラーはおまけである

Ш能蕕裡海弔できていても遅い時は藻の確認。今回はめちゃめちゃ引っかかってました。

┘蝓璽船螢椒鵑呂劼蕕劼蕕靴討い襪?

風が上がったらバングを引く!!バングが抜ける事故がこの前あったので気をつけます。


下りで意識すること

.沺璽にバウを向ける

▲謄襯謄襪鮓て、セールの出し具合を調節する。セールのラフ側がふわふわしてたらシバーの状態、シートを引こう

アンヒールをつけないようスピンを張る。艇を揺らさない、舵をブレさせない

ぅ札鵐拭悉个憩れはskの仕事、crがスピンに集中できるように!

ゼ,鵬鵑襯沺璽を確認

上マを回るときスピンを上げる心構え、バングは抜く

スピンセールに穴を発見。直しましょう。


以外エンドレス



文字にするとこれだけ。基礎の基礎。+αは無限にありますが

最低限のことしか言われてないのにできない!焦る!

なんとか練習終わりにはこなせるようになったのかそれも乗り慣れたペアで、中風時限定の話。


トラッピーズの風だったら?対面だったら?今回はスターボロングでしたが、ポートロングだったら?他の艇がいたら?

瞬時に判断できないと艇速はどんどん落ち、焦り、判断が鈍る負のループですね。skのメンタルが艇速に直結するので、血の気の多いskほどセーリングが速いなんて先輩から聞きましたが、本当でしょうか。



引き続きの課題

・タックの左右差が直らない

・ベアする時のアンヒールが浅い

・上からサに向かう時、セールを出しすぎる

・スピンを上げるとき舵がブレがち

・メインの出し引きは滑らかに

crと意見交換する(重要!)

・後輩さんに安心して乗ってもらえるskになる


何か掴んだと思ったら風が変わったり、着艇の時間だったりで、もどかしいですね。本調子じゃなくともミスなく乗れることを目標に頑張っております。

ラダー無しで艇を動かす練習もしてみたいです。

37のラダープレートが下げた状態で固定出来なくなり、応急処置で34のラダーを使っていますが、ティラーの高さが合わなくてデッキに引っかかります。なんならデッキが削れてます。ヒールをつけてもティラーが動いてくれないので、自分で力を入れてラフに切っているのですが、ダメですよね。早急に整備したいです。

あとメインシートが短い。端っこで片結び1つにしてもランまで出せない。エイトノット2回は絶対無理です。センターボードはちょっと上げて下げてを繰り返さないと完全に下がってくれません。

クラムクリートが仕事しなくなって取り替えたり、スピンシートの抜け止めが仕事しなくなってシートごと取り替えたり、サイドステーのテルテルが千切れたのを追加したり、他にも色々、直してない箇所がない艇ですが、なんとか走ってくれています。ずっと乗ってると愛着が湧きますね。


急に風が上がっても狼狽えなくなったのは地味に成長ですかね。絶対沈させないぞ!寒いし!


どれだけプライベートで疲れ果てようと、沖で泣こうと、後輩さんが可愛いので、なんとか保っています。皆しっかりしているので、私が教えられることなんてほとんどありません。いい先輩って何でしょうね。面倒なこと考えずに楽しくヨットに乗っててくれたらいいなあ。体とメンタルだけは大事にしてほしいと思っていますが、生き急ぎ代表に言われたって説得力ないでしょうね。せめて反面教師にしてください。私も万全のコンディションで乗りたい。なんで皆そんな元気なの。なんでそんな要領いいの。



頼りになる先輩方はいつか卒業されます。

三年生相当の実力がないまま後輩さんの指導をせねばならないのがめちゃめちゃ怖いです。

幹部学年として主将を支えたいのに、練習では足を引っ張り、事務仕事も大してできません。

出来ることといえば、なるべく練習ノートやメールのテンプレをたくさん作っておくことくらいでしょうか。

レグも整備も勉強しないと



卒業する頃にはMさんみたいになれるのかなあ船舶免許取らなきゃなあ




確認3つ!

角度!セール!ヒール角!

上サの呪文!

アンヒール!ティラー!メイン!ジブ!

毎回唱えながら走っています。


おわり



yacht_ at 14:51|PermalinkComments(5)

2018年08月07日

西医体!!!

こんにちは!去年引退した原田です。

今年も西医体きました!!!
浜名湖です(^○^)

事故なく無事に積み降ろしを終え、今日は少しだけ出艇しました。
浜名湖の景色を見て、魚の群れを見て、ただただ2艇で並んではしっただけですが、なんだか新鮮な気持ちでわくわくしました。

これから台風が来て、プラクティスレースはよく吹きそうです。。
事故に気をつけて、熱中症にも注意して、少ない日数ですがしっかりと練習してレースに挑みます!

がんばります!

OBの先生方も、もしもお時間のご都合がよろしければぜひぜひハーバーにお越し下さい。
お待ちしております。

また、この遠征のためにご協力いただいたたくさんのOBの先生方に御礼申し上げます!
精一杯がんばりますので応援よろしくお願いいたします。

プラクティスレースおよび本戦は8/10-8/13に三ヶ日青年の家で行われます!
よろしくお願いいたします。

yacht_ at 17:42|PermalinkComments(3)

2018年08月06日

後輩たちへ

やっと6年生です、みなさんよりちょこっと多めに学生生活やってますおさだです。おまえかーい。
最近勉強ばかりしてるので?いろんなこと考えちゃいますね、自分の引退のときですらブログ書いてませんが、気が向いたので、書きます(笑)
レグうんぬんリーチうんぬんって話ではありません、
みんなより視野が狭い自信があるし、こばやんみたいに文才はないので、大したことは書けませんが…

私がヨット部に入部したのは、
雰囲気がよかったのと、体育会に入りたかったから。
いまは立派なお医者さん、にこにこえりこさんにつられました。

めちゃめちゃ沈した秋、留年した冬、あかさぎ乗り回してた二年目、自分なりに頑張ったつもりでいた三年目、そして幹部の春、いまの幹部たちが入部してくれました。西宮でガヤガヤしてたちびっこたちがもう引退なのかーておもうと感慨深いです

頼りにしてた、6年で卒業した大好きな同期たちがいなくなって、こすぎもりやまとちょっと距離が縮まって、今、彼らの最高学年感?の邪魔をしないように気を付けながら?部活やってます

毎年のことですが、引退前のこの時期ってなんやかんやあります。毎年のことです。もう本練終わっちゃいましたが。
そして毎年、後輩として同期として先輩として、その幹部や周りの部員を見てきたわけですが、いまだに、もっとこうしたらうまくできたかもしれないのにって後悔してます。

自分が後輩の時。
もっと先輩に意見を言えばよかった
もっと後輩に、先輩のいいところを教えてあげればよかった

自分が引退学年の時。
もっと先輩に感謝のことばを伝えればよかった、自分がしんどいことを上手にアピールできたらよかった
もっと同期と、同期としていろいろ指摘しあえればよかった
もっと後輩に優しくしてあげればよかった

もっとみんなとしょーもない話すればよかった、意味わからんプライドなんか捨てて素直になれたらよかった、すごいことをやってたひとをちゃんと褒めてあげればよかった、もっと上手に指示を伝えられたらよかった、いつだって自分に厳しくできればよかった…

いまも部活に関わる度にちっちゃな後悔をやってます。
ただ、後悔するからこそ、人間って成長するんだと思います。いや、正しくは後悔を生かそうとするからこそ、かな。周りにはほんっとうに迷惑かけまくりましたし、いまもかけてます。ごめんね。

なんか思ってた部活と違うなって思ってたら、ひとのせいにしたくなりますが、そうなった場合たいてい自分にも責任があると思ってます。今、学生のなかで一番上にいる私は、後輩になにかあると少なからず自分にも責任があると感じています。

だから、後輩たちが社会に出ても上手に人とコミュニケーションをとれるように、思い描く部活を作り上げられるように、勝ちたいのなら勝利につながるように、環境をつくってあげたいと思っています。ヨットの技術や知識では引退したてのときよりも劣りますが。いつまでもみんなかわいい私の後輩です。(こすもりも含めて)

これまでのことは考えたってしゃあないんです。これから自分がどのような行動をとるか、いまから変えられるのはそこだけです。

まあ、なにしてても、あと1週間。
ほーりはあと1ヶ月。

みんな頑張っています。よくここまでこれましたね。えらい。ちっちゃい体でヨットに乗り続けたし、勉強もしてたし、最強やん。
がんばった方が後悔することも少ないんだから、頑張っておいで!!

でしゃばってすみません
想いを伝える場って、少ないなーって思いまして。まだまだ伝えきれてないけど。
わたしだけじゃなく、学生OBも後輩もみんないろんな想いを持って、浜名湖、蒲郡へ向かうと思います。幹部は思いきって、レースしてきてね。

自分の不手際で、遠征フルで行けなくて申し訳ない。病院からも応援してます。

滋賀医のヨット部のブログって練習のことが多いけど、たまにはこんなブログもいいかな。まあ、ほかの部活に触発されただけなんですけどねー。

yacht_ at 00:31|PermalinkComments(3)

2018年07月10日

最近思ってること

山根です。スナイプCrです。
ブログが更新されていないので更新しよかなと思うのと、公私共にモチベを上げようと思って書いてみます。
と言っても昨日一昨日は大雨で練習が流れましたし(乗りたかった…)、その前の日曜の医歯薬は法事で出れなくて(乗りたかった…)、最後に乗ったのも大分前の話になってしまっていますが…

そして何を書くのかもまとまっていません。読みにくいです。ごめんなさい。

春から引退ペア×2パターンで乗り始めて、えりかさんとに至ってはもう一月しかないです。早いです。もっとできることがあったのではと実体のない恐怖が襲ってきています。Crとしてできることは一体何なのでしょうか。

今沖でやっていることをざっくり羅列しますと、
・動作
・ヒールトリム
・コントロールロープとジブのトリム
・レグ、タクティクス系(報告等含む)
の四種類。これは一年生の頃から変わりません。

おそらくOBの方々にも読んでいただけるのでしょうから(いつもありがとうございます)、それぞれについて今の課題を羅列してみたらきっと私のレベルを表すことになると思うので書いてみます。

☆動作についての課題
・162になってからデッキとの距離感や船底(足置いてるところとかです)の角度が違って無意識では動作ができなくなっている。折角の跳びタックが跳びタックもどきになっている。。732ならできる。
・角度変化とジブの引く早さが対応していない。ラフは少し先行して引くことになった。少し先行して動かしていいのならできる気がするが、ジブを見ながら引くというのがどうも苦手。
・競っている時のダウン、タイトアビームからのアップからの即ジャイといった実戦的によくあるタイミングでの細かい動作をいかに漏れなくやるか。邪魔でなくやるか。その練習。これもパターンを考えておけばいいんかな?
・スターボの時のハイクがもたない。左右差ってありますよね何故か。
・腕をあげてハイクできない。470のcrはちゃんと手を頭に添えてるんですよね。コントロールロープずっといじるべきならやらん方がいいけど、現状、言うほどいじってないので手をあげます。

☆ヒールトリム
・162になってからパワー感だのデッキの角度等が変わってヒールトリムがしにくすぎる。162むずいです。たぶん、なぜかskさんよりcrの私が慣れてない(!)
・レース中にレグに集中したりテンパったりするとヒールトリムができない。
・最近トリムの幅が大きくなってしまっている。ナメクジトリムなんでできんのやろ最近。
・船の上での上下動が大きい。ぴょこぴょこしてるよってゆりなさんに注意され続けてる気がする。。

☆コントロールロープとジブのトリム
・バングシーティングの時のメインの出し入れと同時にバングを出し入れするのは効果的なのか?するとしたらどうやったら艇速を落とさずにできるか?今はバングとトラベラー半々くらいの頻度なんで両方できるようになっとかなあかん感じです。
・バングシーティングとトラベラー切り替わりのときバングの引き具合はどうすればいいのか。ヒールたまって来てメイン出すときにバング引いてなあかんけど、その前まではトラベラーやねんからバング引いてないんやけどヒールたまるのなんか一瞬やしその瞬間バング引くんかな?無茶やな?
・コントロールロープの切り忘れ入れ忘れを徹底的になくす
・ジブのセールメイクがわからない。開いているかどうかとかがわからない。ジブって想像以上に艇速に影響するやんって最近思いました。が、艇速出てるかパワーどうか等skやないとわかりにくいところもあるのでセールメイクと言いつつどう試行錯誤したらいいんかわからない。
・リーチリボンはどう流れたらいいのか。メインと一緒で流れる流れない半々くらいでいいのか?圧倒的にジブの形変なときも流れたりするからあてにならんやんとも思てしまう。
・ジブタックはゆりなさんに言われたように引いてみているけれど、それでなにか変わっているのか?オーバーはパツパツ、アンダーはラフっかわの皺がほどよくあるようにしている。
・波叩かれる時やちょっとした風速の変化でジブトリムできるようになりたい。ジブリーダーも含めて。叩かれる度に抜いてたらやたら下ってた事件があってどうしたらええんやろと思ってる。

☆レグタクティクス系
・タクティクス曖昧。特に下受けは未だ会得中。座学の下受けがずっといまいち腑に落ちないままやってきて、いつのまにか感覚でそれっぽいものがうてるようになっているという謎。ちゃんと勉強しよ
・ブローに確信が持てず、迷う。なんでこんなにわからんのかというくらいわからないブロー。
・振れへの対処。「振れを待つ」ことはしないようにしているがいいのか?偶然振れたら使うのみ的な
・海面差がなく左右にフリートがはっきり分かれないときにどちらかに突っ込むことについての是非
・「わかりません」という選択肢を持つこと
・艇速がでない時のタックをいつ挟むか

等、この項目は書ききれないので割愛。また書かせていただきます。レグは自信のあるときと無いときの差が激しい。守りのレグを引くようになって、攻めとのバランスが難しいと感じる。

書き漏れも沢山あると思うのですがこんな感じです。自分なりにはこの二年やってきたつもりだったけどやっぱり先輩方は遥かに遠いです。

陸に帰ればやらなきゃいけないことは山積みで、心配事も山積みで、でも、一旦沖に出ればヨットと自分とskさんしかなくて、あれやこれや練習してみて、幸せやな、と思います。
正直この4月くらいからやっとヨットが楽しいです。陸でもずっと沖にいる楽しさが続けばいいのに。もっとみんな楽しいと思って乗れたらいいのに。

yacht_ at 00:30|PermalinkComments(4)