2005年06月

2005年06月23日

熱中症講習会@6/22

a5183870.jpg
 
先日の講習会の内容です。参考にしてくださいな。
 

熱中症になりやすい条件
 
・体力の弱い人
・肥満の人
・体調不良者
・暑さに慣れてない人
・風邪などにより発熱してる人
・風邪薬などを服用してる人
・怪我や故障がある人
・一週間以内に熱中症にかかって人
・我慢強い、まじめ、引っ込み思案などの症状を訴えにくい性格の人
 
 
熱中症の分類、症状、その対処法
 
・掬戞熱痙攣(軽度)
 筋肉の攣縮、失神:起立性艇血圧の一種
 水分補給(輸液)
 
・凝戞熱疲労(中等度)
 脱水と電解質の喪失:末梢循環不全、虚脱
 輸液と経過観察
 
・慧戞熱射病(重症)
 事故温度調節破綻による全身多臓器障害
 →脳障害(意識消失、せん妄、奇異行動、痙攣)
 →肝/腎障害、凝固障害
 厳重な管理と治療
 
 
予防法
 
・環境条件に見合った運動と水分補給(強制飲水=時間飲水+自由飲水)
・暑さに慣らしてゆく
・個人差の考慮
・服装の考慮
・早めの運動中止
 →足の動き、目の焦点、正確な応答の3点チェック
・体調管理
 
 
応急手当に必要なもの
 
・冷却剤
・送風器具
・水、霧吹き
・痙攣対処用の塩分濃度0.9%飲料水
 →水500mlに茶さじ一杯(約5g)の食塩=1%食塩水
・携帯電話、温度計、体温計
・スポーツドリンク(5〜15℃に冷やす)
 →塩分0.1〜0.2%、糖分3〜5%
 
 
応急手当(20分以内の手当てが必要!!)
 
1、・意識確認
  ・痙攣の有無
  ・血圧、脈拍、顔色、体温、手足の温度などの確認
 
2、・基本的に足を心臓よりも高位にして横に寝かせる。
  ・意識が回復して、寒さを訴えるまで冷却する。
  ・寒さによる震えを防止するためにマッサージなど
  ・水またはぬるま湯を体表面にかけ送風
   (蒸発しにくいので冷水はさける)
  ・冷水タオルでマッサージ
  ・動脈などを氷で冷やし、血液の冷却
  ・意識のある場合は水分補給
 
 
医療機関に連絡が必要な場合(意識消失者などの確認事項)
 
・状態報告:意識の程度、呼吸、脈拍、顔色、体温
 
・プロフィール報告
 →名前、性別、年齢、身長、体重、住所、連絡先、運動暦
 
・環境:活動開始時時間、気温、湿度、活動内容
 
・事故発生場所の詳細
続きを読む

yacht_ at 20:41|PermalinkComments(5)レスキュー関連 

2005年06月20日

自主練@6/19

・天気予報:南東の風、晴れ、昼過ぎから宵の内まで所により雨で雷を伴うところもあり、また昼から雷注意報…やった気がする…。
 
・実際の天気:晴れ
 
・練習内容:午前が3杯でのスタート&ショート回航練習。午後は二杯で京府医さんの練習に参加させていただき、同じくスタート&長めの回航練習。
 
・風:午前は出艇間際は順風より弱め、後にある程度上がり、落ちてゆきました。角度は最初は30度を付近で振れていましたが、後に左に10度ほど振れていったと思います。
午後は予報どうりに南からの風で出艇。この時ですでに順風やや強め。
その後、ブローは上がってゆきトラッピーズにある程度出るくらいまで上がりました。角度は最初230、後に210。


yacht_ at 05:21|PermalinkComments(6)

2005年06月18日

本練@6/18

今日は疲れました… ほんまに疲れた。密度の濃い練習でした。
あと、このブログにジャッキー(仮)が本文の投稿をしていたので、「めっ!!」ってしかって、しつけをしておいたので、もう大丈夫です。

天気予報は…、忘れました。ところにより雷とかなんとか…
まっきぃさん、またお暇なときにでも天気予報をよろしくお願いします(笑)
練習内容は午前・午後ともにぼちぼちショートの回航&スタート練習&時々セーリング。
 
午前:470×3、ホッパー×2
風は順風で天気もよくヨット日和でした。
風向は出艇直後は50度ぐらいやったかな?、その後徐々に振れていって30〜60度の間を行ったりきたりしてました。
午後:470×4、ホッパー×2
出艇間際はトラッピーズに少し出るぐらいまでには上がったのですが、その後徐々に落ちていき、帰着間際には南からの風(角度は覚えてません)が入ってきました。その南風は、ブローの中ではトラッピーズにかなり出なくてはいけないほどの風でした。
今日は練習内容も充実してたし、風もバリエーションがあってなかなかおもしろかったですが、クタクタです
3c7667c6.JPG

yacht_ at 23:57|PermalinkComments(2)

2005年06月16日

春練最終日(BlogPet)

きのう、練習したかもー。 *このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジャッキー」が書きました。

yacht_ at 19:40|PermalinkComments(0)

2005年06月12日

春季医歯薬(6/11)

まず初めに、先週の本練(6/4)、自主練(6/5)の天気、実際の風はもう覚えておりません。先週は忙しくてブログの更新をする間がなく、こんな結果になってしまいました。練習内容は両日ともスタートメインの回航練習でした。
 

昨日の医歯薬はなんというか、大変でした…
朝から雨、風はほとんどぺたぺた。それなのに、海面付近に集合のため出艇。
出艇直後はところどころのブローでちょっとは進めるものの、風向が振れまくりで、ブローも消え去ってそのまま曳航して海面へ。
海面付近に到達するも、風は上がらず。
とちゅう、160度やったかな? 南からのブローが来たのでそれでレースが行われる。しかし、上マーク回航後も振れでスピンを上げるか微妙な風向になり、多くの船はスピンダウンしてサイドへ。
このレースは下マークまでのショートレースになる。
その後しばらく風はやみ、雨は降り続け、ブローもぽつらぽつらのほとんどぺたぺた状態になる。
そして待つこと数時間、南東から東のブローでレース再開。
スタート前に(たしか)90度だったのが、スタートしてみると大きくふれ、上付近からスタートしてそのままスターボードで進むとアウターに当たるぐらいになっていた。
しかし、ブローは左。伸び率は左でしたが、ポテンシャルを稼ぐ風向は右。結果は1上付近で五分でした。
その後もいろいろ降れて、下りなのに素直にスピンを上げれないことが多々ありました。
この日は結局、その2レースのみでした。
そして、曳航されて帰りました…
続きを読む

yacht_ at 09:13|PermalinkComments(6)