2011年07月

2011年07月30日

ありがとうございました!!

皆様今日はサプライズ誕生会ありがとうございましたm(__)m

いや〜めっちゃ焦りましたよ!何もなくてほんまよかったっす!!くずやん!!

色々あれっと思うシチュエーション全て合点がいきました(笑)

いや〜でもほんとおもしろかったし、嬉しかったです\(^O^)/

あとえりこさん〜、最後プレゼント忘れてかえってしまってすみませんでした(笑)


yacht_ at 19:32|PermalinkComments(5)

2011年07月29日

よっとあいうえお作文

んななまるで
きまで
んでいくのはむり

ですよ( ´_ゝ`)ノ

yacht_ at 19:22|PermalinkComments(1)

2011年07月26日

ゲルの新事実

たこです。

昨日船補修のプロに聞きました。
ゲルが乾かない謎が解けました!!
『ゲルは空気と触れあっているところは乾かない』
らしいのです!!
そのためにどうするか??

.殴襯魁璽函楾轍什沺椒僖薀侫ン液 を加える
硬化剤はゲルに対して5%で。
パラフィン液(?)はBBマリンでお取り寄せ可能

▲殴襯魁璽函楾轍什沺,鯏匹辰晋紂CRCを吹き付ける。
CRCにより表面に膜ができ、空気と触れなくなる

ゲルコート+硬化剤をいつも通り塗る
アセトンなどで表面の乾いていないところを拭きとる。
拭いても拭いても乾いてない、あっガラス繊維見えた、ときにはご愁傷様。やり直し。


「ガラス繊維が乾きにくいんですが…」

市販のFRP補修材使ってませんか?

市販のものには硬化促進剤が入っておらず、乾くのが遅いらしいです。
「早く乾くものはどこで売ってますか?」
BBマリンでお取り寄せ可能です。

てなわけで、必要なものはすべてBBマリンで揃うようです。
ぜひ利用しましょう。

びっくり事実、だけど周知の事実だったようです。
聞いてよかった。


yacht_ at 01:39|PermalinkComments(2)

2011年07月23日

去年の7月の記事いい!

ひです。

去年の夏のブログを読んでたら、

7月のたこちゃんとS5が(パソコン無いのでわざわざ学校からの)のコメントが熱くていい

一番上の記事はちょっと暑苦しいけどっ

@@;;


あ、、

そろそろ

くずくずか、あかやんとかにブログ途切れない係バトンタッチしたいぃぃ

熱い記事書いてーーー@@



yacht_ at 22:45|PermalinkComments(2)

2011年07月15日

SuperCr

S53と乗って
SuperCrの条件とは?
成田です。SuperCrに憧れ続けてはや3年、いつもいつもできるCrとは何なのかと夜な夜な考えています。


ブローへの執着心
∩イセッティング
レグへの執念
せ弭佑メリハリ
ゼ座感
Δ匹鵑幣況にも動じないSkのお手伝い
←Crワークが完璧な人のみ

ブローへの執着心
今まで一緒に乗ったどのCrよりも何十倍もブローをみている。スタートの30秒前ですら立ち上がってブローを確認するくらい(笑)

ブローが見えないと嘆いている人、それはブローを見ようとしていないだけ、1レースでブローを10回見る人と、ブローを1回しか見ない人じゃ見えているブローの形状、大きさ、濃さについては間違いなく前者の方が具体的である。ブローは見れば見るほど目が鍛えられ、より鮮明にみえるようになる。つまり一回の練習といえどいっぱい見る人とほとんど見ない人では、1年後のブローの見え方は雲泥の差。

具体的に大体3段階程度でブローを見分けているのではないかと感じた(実際はもっと多いかも)。

一番奥(全体)→反対海面を含め左右25艇身範囲内(タックして実際取りに行ける範囲内)→実際入るブロー(ここに関してはあまり比重は大きくない←何故なら真ん中の段階で既に把握してる、あとSkも十分みえるから)
これらを組み合わせてレグをたてているように感じた。その際パフとラルの入り口と出口、形状、何処までそのブローに乗って走れるかを把握していた(勿論乗ってる時だけでなく、将来乗るであろうブローについても同様に把握)。

∩イセッティング
これについてもどのCrよりもシビアに対応している。労を厭わないというのかな。とにかくよく動く。
アンダーの風になれば、即プラーを抜きにいくし、オーバーとわかるブローが数艇身先にみえればプラーを入れにいく。勿論ブロー入るまえには必ずバングも。逆の場合も然り。他のセッティング(アウトホール、ジブタック、リーダーなどなど)に関しても同様。


レグへの執念
自分が決めた方向には、決定的な理由がない限りは途中で変えない。例えばcrossする船の後ろを通ったとしても自信をもって進む。影響か影響でないか微妙なとこでもそっちにブローがあるなら進む。

せ弭佑メリハリ
セーリング中Crも動作集中しているとき、セッティングを考えるときなどとSk以上に仕事が多い。そんな時に必要なのは、思考のメリハリ。Skに一言、今から周りみて情報集める、レグ考えるし、と。つまりセーリングは任せたということ。その間はヒールトリムは一切せず、ひたすら情報収集をしていた、大体10〜15秒、1レグに2回ほどそういう瞬間があった。一言によりとてもうまく分業ができるとおもう、そして、間違いなくその瞬間こそ他艇を出し抜くチャンスに溢れているのだとおもうのです。


yacht_ at 23:46|PermalinkComments(6)