2012年05月

2012年05月10日

メイレ初日

メイレby Nta

1R
 スタート全艇の後ろを通って、ポートで泣きそうになりながら、フレッシュをつかみに、が、しかしsuperCrのおかげで真ん中くらい→やはりスタート後影響影響で走るより、後ろ通ってでもフレッシュで走ることが重要だとよくわかりました。上サイド、ルーズ、バンバン上していっている船を尻目に、ランでホイスト、艇速を常に意識しながら、ドンドン下す、6,7艇はぬけた、ここでT辺さんもとらえる!!がしかし、下マークについてみると、あれ前にいる、自分の中ではラムを走ることを意識してたけど、やはり後ろを気にして上していた模様、T辺さんは本物のラム一直線、やはりそっちの方が速いよう、後ろの艇との距離感、ここまでなら絶対勝てるという確信がまだ足りない。
 下マーク回航でブライダルトラブル、タック後Crに何とかなおしてもらう→シート整理、シート整理
 Crは読んでいた、左が来ると、30度→20度、よしタックしましょう!!いやまだしないと。半信半疑で20秒くらい走っていると、あらほんとに10度がはいった、何で分かるんやろと動揺しながら、タック、波が気持ち悪かった、艇速重視で、セイルもよりパワフルにして、何とか対処、とここでCrから07もとらえたとの報告!!上マーク回航時10番くらい、回航時上サイドに向けて回航しているスナイプと470がごちゃごちゃに巻き込まれ3艇ほどぬかれる。風がなくなったー、デブ??は進まない、いやいや大丈夫、主将N田はプロボクサー並み?の減量を重ね5kgダウンに成功!!ほそっ!!冗談はさておき下りはいろんな走らせ方をしました。これに関しては非常に上手くいったと思います。4マーク回航も上手くいき、最終12番!!やったーこのままいけば06,07に勝てるぞ!!と思ったのですが、そうは問屋はおろしません。とりあえず、今日は課題をしないとだめなのでここまで、2日目はまた書きます→いやー実に悔しい思いをしました。

と思いましたが、先送りはあとが面倒なので今書いてしまおう!

2R(37),3R(RAF),4R(15),5R(31)→最終24番/55
 面倒だからまとめたわけじゃないよー笑
 全レーススタートは上手くいかなかった。同志社WEEKでブラックを初めてたたいてしまい大分ビビッていたということと、レース間にピンダウンor戻す→走るということをしていてしっかり5分間スタートの為の準備ができなかったということが原因ではないかと思う。5分間あるいはそれ以上、スタートのための準備の時間はしっかり確保しなくては自信もってラインは読めないな→要練習。
 この日はまあまあ吹いたので、春練で練習を重ねてきたプレーニングさせて艇速重視の走らせ方を実践してみたが、まだまだ角度に変えられるところで変えられていない、原因はメインを出す量が大きすぎるのではないかと考えている。もっとトリムを1cm単位で細かくさらにそれを素早くやってみる。
 振れに(特にヘッダー)大分苦しめられた。こういう風の走らせ方についてT辺さんのアドバイスをもらったので今度実際やってみようと思う。
 マーク際がまだまだ甘い、ジャイブポイント、艇との交渉、全体の把握→これができていないと審問になったとき勝ち目がない。モット何艇身も前から、マークで絡む艇を予測してイメージをつくってマーク回航を行なわないと、落ち着いて交渉は出来ない。まだまだ詰めがあまい。練習の回航練もマークのせめぎ合いをわざとつくりだせるように設定していこうかと思う。
 マーク際では沈艇続出、ここは落ち着いて対処できたと思う→あらかじめ何処を通るべきかを予測して対応した。
 うーん長いといわれそうなので、、、
 本レースを通して、一番感じたこと、それはCrとのコミュニケーションの重要性。どっちかに任せきるというのは全然面白くない。1人で情報を集めるよりも、2人で情報を集めた方が、絶対より多くの正確な情報が得られる。その情報を使ってレースを組み立てられたとき、結果が自ずとついてくるようなきがするのである。


yacht_ at 00:15|PermalinkComments(2)