2012年11月

2012年11月15日

美しいハイクアウトを目指して

横川です。題名の話に行くまでに相当いろいろ話さなければなりませんww
まずはマリーナについて。スナイプは全5、6艇というとても寂しい状況でした。
1R目は微風。スタートはなかなかの出だしでしたが、前を行くR大学のスナイプ一艇がリコール解消しにいってもリコール旗がおりず、まさか自艇がリコールしたのかも、ということで戻ろうとベアした瞬間にリコール旗がおりるというなんとも残念な状況で大幅に失速。さらに、ランチャーがトラブルを起こし、僕がテンパりながら修理して、かなり船を揺らしてしまって、パッと周りを見た瞬間には大幅に遅れてしまいました。また、ポートアプローチからのレイラインに乗るため、タックをした際、ジブシートが足に絡まり、艇を失速させてしまうという失態。また、2上では個人的にタックしすぎたかなぁ・・という印象があります。もちろん、なんとなく艇速感が無いときにはタックしてみるのも手なんでしょうけども、それを連続させることによる失速の方が大きかったのでは、と思います。
2R目は中風。1R目でとても速かったR大学さんのそばにぴったりマークしていこうという方針になりました。スターボロング一本のなか、滋賀医の27464が下突破してきて、そのSLPに軽く乗ってしまい、少し失速し順位を1つ下げ三番になりましたが27464はレイラインに乗れず2回タック。その間に順位を戻しました。2上においてR大学さんがやたらと右海面へ伸ばし、しびれを切らしたn田さんが「勝負させて!!」とタックしポートアプローチしました。R大学さんはかなりオーバーだったのでしょう、VMGはこちらが勝っていたようで、ある程度差を詰めることはできましたが、順位を変えるまでには至らず、そのまま2位でフィニッシュ。
全2レースを通して思ったことは、まだ艇速が欲しい、ということです。R大学さんのと比べていると、角度はほぼ同じでも、艇速はほぼ一緒かもしくはこちらが遅い、という場面しかないのです。艇速がこちらが上回ることというのがないのです。


さて、意味不明な(笑)理由でマリーナは2レースで終了してしまい、午後からは練習ということになりました。今回の練習ではセーリング、ラウンディングを行ないました。個別に見ていきたいと思います。
・ラウンディング
しっかりと風が吹いていたのでタックは飛びタックのオンパレード。n田さんとどちらが早く起こしにいけるかを競い合っていました。慣れればもっと速く起こしにいけそうです目標はn田さんよりも1秒早く起こしにいくことです。ただ、後から動画を確認すると、ジブがシバーしている時間が長すぎです。やっぱりジブシートを引きながら飛んでいき、飛んでいきながらフットベルトに足をかけなければなりません。
ジャイブに関して。この時はなかなかうまく決まりませんでした。まず、ブームがかえってこない、さらにかえったあとのヒールが凄まじすぎて、ランチャーシートがとてもひきづらい、という問題が。ただ、これが解決(まだ100%ではないですが)したのは帰着の時にn田さんとばんばんジャイブ練しているときでした。具体的に説明するのは難しいので動画を貼っておきますが、言うと、今までジャイブ時にcrが真ん中(新しい)下よりに移ってアンヒールを掛けていたのを、(新たな)上側にずっと居続けることで安定させるというものです。
という訳で、いつも参考にさせて頂いている5cre8さんの動画です!!この前のインカレで琵琶湖に来てました!お話したかったんですが、いろんな人と話し込んでいて結局話せませんでした・・・・orz

タック動画


ジャイブ動画



・セーリング
セーリングはもうほんとうにしんどかった!フルハイクしっぱなしで足がちぎれそうでした。
まず始めにセールに関して言うと、強風下ではメインセイルに裏風が入って美しくないセイルシェイプでした。カニンガムはクリューとクリューがこんにちは(5cre8さんの表現を借りました)状態まで引き込みましたがそれでも解消されず。n田さんに何が原因ですか?と聞くとジブがつまりなんよな、との返事があったんで、ジブ出しましょうか?と聞くと別にいい、との返答が。ですが、僕が思うに裏風が入ってつぶれてしまったセイルの面積分だけ、翼断面積が減り、揚力が絶対減ります。あと変にラフの膨らみをつけるとカルマン渦も発生しやすくなるでしょうし、空気剥離もおきやすく失速するかもしれないのです!!ということでn田さん、今度練習でそうなったらこっそりジブ出させもらいます。ごめんなさいww
さて、やっと題名のお話に行き着きました。スナイプの醍醐味はもはやハイクアウトです。最近僕はいかにして効率の良い、そして美しいハイクアウトができるのかを考えています。今度この日誌を通して物理学的に検証してみたいなぁと思っています。とりあえずここでは、いろいろ調べてみて分かったことを上げてみようと思います。
・ジブは片手で持って、もう片方の手は伸ばすか頭のところに持っていくべき
・ぼんっとブローが入ったら両手を離して思いっきり伸ばして背中も反り返らせる!
・お尻はそこまで落とさない。落とすぐらいなら伸ばして重心を外に。
・足を軽くねじってハムストリングスをデッキに完全にぶつけないようにするとちょっと楽(ただ全日本の写真見ててもそんなことしてる人が見当たらないんで、効率悪いのかも・・)
・上半身はねじる。頭だけ前を向く、というのはよろしくない(みたいです・・)←たぶん上半身を上向けている方がしんどいです。
・上半身は海面すれすれのところまで落とす。
まだこれくらいのことしか分かっていません。自分のハイクアウトフォームがどんなものかを調べるために、レスキューの方に撮ってもらおうかと思っています。15〜20秒程度でいいんで、お願いします。
そして最後に、理想のハイクアウトフォームが下の写真です。(著作権のことはあまりうるさくいわないでください!!)
08_10


yacht_ at 01:33|PermalinkComments(1)

2012年11月14日

マリーナ

お疲れさまです、お久しぶりです。ことなです。


わたしもこの間のレースについて書きます!
crはてっちゃんでした。お疲れさまでした。ありがとう!


1R
 スタートは他の集団より低い位置でエントリーしてしまっていたと思います。微風だったので加速もいつも以上にへたくそで、1上まで影響を考えて走らなければならなくなってしまいました。上りのとき確認すると、上ーサイドはタイトで上位の艇はスピンを上げている艇と上げていない艇がいました。わたしはスピンを上げたのですがサイドマークを回航できませんでした。後から聞くとスピンを上げていない艇の方が多かったようです。しかしサイドマークを回航できなかったのはスピンを上げたからではなくわたしが初めに下して走ってしまっていたからです。最初下してしまったため何とか上そうとして艇速をなくした28を、もっと離れた上からスピンを張った艇が抜かしていきました。その艇にはいそちゃん艇もいて、あとスナイプにも抜かれてしまいました。結局スピンを下ろしましたが、その判断も遅かったと思います。また下り過ぎたのは、ホイスト時にデッドランまで下してからスピンアップしてその後の動作も遅かったからだと思います。crに教えてもらったのですが、わたしはデッドランにしてからホイストするという癖がついてしまっているようです。サイド回航後から順位は変わることなく、ベベから2番目という結果になってしまいました。


2R
 今までのスタートの中で、自分では一番大丈夫と思うスタートができたと思っています。ジャストではなかったのですが、フルパワーでスタートできフレッシュウィンドを走れました。なので、ゼネリコと知ったときはがっくりしてしまいました。このスタートもみんな高いって!って言いながら合わせようと思わずにそのままでいてしまったので、これもわたしの悪いところだと思いました。

 再スタートは強風だったこともあり艇速ある状態でスタートできたと思います。上りの強風でわたしはメイントリムに必死だったので、crにタックのタイミングを決めてもらい、そのおかげでいつもより前ぎみを走れていました。レイラインに乗るときのタックもcrが「少しオーバーめにしましょう」と言ってくれたのでタックのタイミングを待てばよかったのに、私はもう返したいと言いだして少し早めにタックしてしまいました。その結果上しめで走らなければならなくなり失速してしまいました。タイミング任せると言っておきながら自分が決めて失敗し、これは本当の本当に最悪すぎると思いました。せめて、失速するまで上すのではなく、潔くあと2回タックしたほうがよかったように思います。そして話は飛ぶのですが、2下のときのことです。私たちの一つ後ろの艇は白スピンの艇でした。わたしは前の艇を影響に入れた!と少しはしゃいでしまったり、下マーク回航後はアビームやから用意しななと思ったりして、その白スピンの艇を見ることを忘れていました。フィニッシュはその艇の方が先だったようですがいつどうなったのかもわかりませんでした。これでは自分が抜かれた原因もわかりません。後ろの艇のことを忘れるというのはしてはならない失敗だったと反省しました。また、下マーク回航前にブローを見ましたが回航後はフィニッシュラインばかり見てしまいブローを全く見れませんでした。そのため2回も沈しかけました。今回はたまたま運よく沈せずにすみましたが、危険なことなので本当にだめだったと思いました。



今回のレースの反省点は、技術的なものももちろんありますが意識すれば注意できることが多いので、そういう失敗はもうしません。
それからスタートの改善のためにはまず次回の練習では、集合の時にまわりともっとポテンシャルを合わせ、スタ練で下と上の艇をみることをしたいです。

あと!本人さんには言っていたのですが、てっちゃんは何か成功した時も失敗したときも「何でですかね?」といいます。わたしはどこが良くて成功したのかとか、どこが原因で失敗したのかを考えることが疎かになることがあるのでそういう時にそれを聞くとはっとします。上手くなるためにはそういうことを一つ一つ考えることが大切だと改めて気づかせてもらいました(^^)

yacht_ at 01:17|PermalinkComments(3)

2012年11月13日

ブロー(見えない

ブローを見ようとしてますが、見えません。このままでは春練沈祭りだと思います。「なんか5挺身先2時方向にブローあるっぽいです」といっている先からブローに入ってたりしますというか、大抵そう。このブロー見逃してんのになにを今更いってんねん俺ってなります。ブローってなんか波が高いような、多いような気がするところ、っていうことであってますよね?遠くだと黒い、ってわかるんですが・・・。

こんばんは。今日熟れすぎたアボガドを食べて素で吐きかけました。こんな時間に起きちゃったので日誌という名のただの感想を書きます。そういえば先日の金曜日は本当にとても楽しかったのでまた誘ってください。そういうわけで今日はマリーナカップ(?)でした。skはことなさん。レースお疲れさまでした。以前言った通り、レース毎に日誌書いてみます。キャラ的にはそろそろ書くのをやめたほうが僕っぽいですけど、反省になるので多分ずっと続けます(^q^)

1レース目:1上で真ん中くらい?だった07が、廻航後には1位かなんかに躍り出てて、最初のは見間違いかと思いましたが、ミーティングでその内容を聞き、レグというものの存在を現実的に知りました。

2レース目:エントリーもできて、上々でした。エントリー中、ジブはってみたらすぐ加速して、たぶんこんな感じが続くんだろうと思い、絶対進みたくなかったのでブーム押したりしてました。他艇はみんな高かったのでみんなリコールしてまえ!って思ってたらゼネリコでした。スタートも速度maxで切れて、半挺身足りないくらいだったので、無難というか、よかったです。でもゼネリコ。のちのミーティングでこういう場合は合わせて高くしといたほうがよかったということを知りました。

2レース目改め:強風でした。他の艇がなんかばらついてたので多分イーブンなんやろとか思いつつ、割とてきとうなエントリー。スタートは1列目で、艇速もあったので良かったと思います。そもそもCrなのでスタートにはあまり関与してませんが。1上はうまいこといっていました。レイライン付近でうまいことやっていれば4位になれていた(らしい)。2上でなんか割と抜かれたような気がしています。前のほうにちらほら艇があったのでなんとなく右にそのまま行ってしまいました。多分左海面のほうが良かったっぽいです?。ロングがどっちであるかも意識していませんでしたし、色々残念でした。先頭集団でなくてもカバーに意識を注ぐべきだったのかもと今思いました。下りは、あの風なら浅く張ってもいいらしいですが、勇気のふんわりスピンを作ってもよかったなとおもいます。下マーク廻航後のアビームのとき短期間に2回沈しかけて詰むかと思いましたがことなさんが頑張って起こしてくれたのでなんとかなりました。僕もリングを持っておこしに行きましたが、だいぶその対応が遅れてしまいました。一定のヒール量を超えると体勢の都合上、おこしに行くことすらできなくなってしまうのでこのへんの対応を速くしないと多分春練で死にます。強風でのサークリングモーションがだるすぎて、もはやほとんど後ろに伸びてて、フラットになったらしゃがんで少し前に行くだけ、とかになってるのでなんとかしたいですが、どうせ前になってちぢんだらすぐヒール来るので割といい気がしてます。


youtubeに「前向きタック」という動画があります。第一経済のDVDをなくしたのでオンデッキタックの見本を探してて見つけたトラピタックの動画ですが、あまりのイケメンタックに引きました。シバーはややしてますが。これを真似しようとやってみましたが、少し中にいる時間が長くなってしまいます。たまに成功した例を考えると、リングと自分との位置関係が重要な気がします。ハンドルだけで出たほうが速いかもしれませんが、楽のでとりあえずこれを練習したいです。第一経済のDVDどこいったんやろ。

ヨット用のサングラスと帽子を買いたい。ユニクロで。
そういえば波乗りのことをフレミングと思ってましたが、プレーミングらしいですね。初めて知りました。
何も触れてませんでしたが、強風下のベアは少し入るタイミングが早いだけでヒールがくるし、遅いとアンヒールするしで大変で、ほとんどろくにできてませんでした。ついでに、加速がいまだにわかりません。正直にいって、てきとうな時間にヒールつけててきとうに起こすだけみたいになってます。絶望的。


まとめ
ブローを見れるようになりたい
タック、ラフ後のブローへの意識がいまいち定着できない
ブローを見れるようになりたい
ブローを見れるようになりたい
2上で、ロングへの意識がなくなる
ブローを見れるようになりたい
春練こわい
下り帰着はセンターの入れ具合気をつけます
髪切りたい
いつもいつも日誌が長い

いらいらしていた学祭も終わり、吹いてる日が増えてきてヨットが楽しいです、が、無風の日のやるせなさの行き場をください。あと部活後に毎回訪れる月曜日はどうにかならないんですかね。






yacht_ at 03:30|PermalinkComments(5)

2012年11月09日

ウィ☆モットさん

お疲れさまです

学祭あたりから風邪をひいてしまいまして、なかなか調子がでないntaです
あ☆は風邪をひかないといいますが、てことはそこそこ賢いということですね笑
ねーSさん笑(←あっあと、大分前のあのアウトホールの謎わかったかもしれません、
もう知ってたら残念ですがー)

いやでも先週から色々とご迷惑をおかけしました、ごめんなさい

今日試験が終わり、久々にブログをと開いてみました
ウィ☆モットさんではなくimottさんは昨日9時間も寝たそうです→ 一緒に頑張りますかー笑

インカレおわりましたねー、運営にかかわった人たちはお疲れ様でした。
そしてD大学さんおめでとうございます!

試験期間中もムラむらしてがまんできず、ネットでインカレの映像をみてましたが、やっぱみんなかっこいいですねー

なるほどなるほどすげー!!と思いながら、あれもしたいこれもしたいと思いながら興奮してました笑

そんなむんむんした状態でやっと明日練習!!

imottさんに面白い話を聞いてからウン週間、沖にでれずいろいろ妄想していたことを試してみます。



yacht_ at 18:04|PermalinkComments(5)