2013年05月

2013年05月21日

Cr

最近なにかの節目にいるような気がしてます。
未成年と成人っていう境だけですかね。なんかほんとに節目にいる感がすごいしてて。
とりあえず僕はこの本能に従って真面目に生きようと思ってますがなかなか・・・。
てか今年の僕の役職ブログ係だけでいいですか?

クルーとしての時期も終わりそう(ですよね?)ですし。というわけで今回はクルーワークについてです。2回生になってもいまだに動作についても書きます(
 

僕が上りで考えてることは

1.タックするかしないか(あまりタックはしたくない
2.ミート艇がいないか(フルトラで波と格闘してるとたまに忘れる
3.レイラインまでどれくらいの距離か(度重なるオーバーによりついに反省しました

こんくらいです。

レイラインには乗りたくない。もういっぱい言われたのでもうレイラインには乗りたくないです。
レイラインに乗りたくないがためだけのレイライン手前でのタックは余分なタックをいっかい増やすわけで
タックのロス分損するとおもいます。タックのロス以下ならオーバーしてもいいっていうことになりますよね?
まぁ、乗りません。こんだけ乗るな乗るな言われて長く乗る理由がないので。


トラッピーズタックについて。ジブをぎりぎりで切ろうとしてきれなくてアッwってことが割とあります。シバーさせないようにするにはジブを切るタイミングがすごい重要になってくると思います。切ったあとすぐに引き、出る体勢ができてなかったら確実にシバーします。体をひねるときについでに引くのが重要だと僕は思うんですが42はジブが重くてできませんでした。でも今考えたらくずみさんのタックの回頭が早いだけかもしれません。上の人のタックは早いです。色々なskと乗るっていうのはほんとに大変なことやと正直おもいますw
やっぱタックのとき後ろに行くのは億劫です。背面にするか、それとも前向きのまま頑張ってジブ切るか、ですかね。いちいち後ろに行くのはやめにします。少し飛び出づらそうですけどきっとなれます。
ちょっとはリング外すのとか早くなったかなと思ってたんですが、こないだ急なタックに対応できなかったのでできてませんでした。悔しい。 

余談ですが、前レスキューで風が落ちてるとき、みんながタックしまくってるのをみて、そういえば強風だとみんなタックが少ないなと思いました。ブローの差があまり見えない、というのもあるかもしれないですがそれ以上にトラッピーズタックの手間をクルーが惜しんでるのではwという話しをしてました。笑


最近ハーネスゆるく締めすぎて辛いのでこれからは締めます。ただでさえL使っててでかいですし。先週の日曜日はリングのついてる金属の部分がお腹からめっちゃ浮いてしまってて腹筋がやばかったです。自業自得ですすみません。パドジャケかったはいいけど、ハーネスライジャケの上にあれを着るとライジェケのもっこりのせいでリングが見えないっていう。たまに、ってか割と困ります。でもパドジャケの上には何も着たくない。いわゆるジレンマ。

ジャイブは下に残ることにしました。龍谷の人がやってたので。ブームが帰って来ようがお構いなしに残りたいです。圧倒的に貼りやすいです。ってことは僕は動いてるとき潰してるってことか。

・・・ん?


あっ。

スピンの奥の景色が変わらんように回してたんですけど、よく考えたら自分が動いてるのに景色変わらんようにしてたら潰れるの当たり前じゃないですか!?
かつてないほどの今更感ですが気づけてよかったです。そっかそっか。動いてるのに景色かわらんようにしてたら持ってきすぎの状態になって潰れますよねwある意味安心しました。むしろなんで張れてたんやろ
ポールに触る手を再び気にしはじめました。初期は気にしてましたが、このごろてきとうでした。話しは変わりますが、外側にある手でポール外したほうが安定感があるように思えます。ポールにしがみつくのってなんかしんどいですし、精神的に必死感が出てしまって疲れます。多分肉体的にもしんどいです。まぁしがみつきますが!

前も言った気がしますが、最近動作について上からとやかく言われることがないので動作が伸びないです。
toleeとかダウンとかほんまに急ぎまくらないといけないのに全力で、とは言い切れない程度の余裕を持ってやってしまっています。あまり良い状況ではないかもしれないですね。

スピンホイスト時はツイーカーあんまり引きたくないです。ツイーカーを引ききってるときにskがおらーってガイを持ってきすぎるとポールの先がつけ辛くてストレスなので最後までは引いてません。でも引かないで後悔することが多いので引いたほうがいいですね。トップを見るのはいつのまにかルーチンになっててよかったです。上下のときは下マークを探すのがルーチンなのに上サイド下のときはサイドを探すのがルーチンじゃないです。なんでやろ。多分サイド方向は見づらいからですね。頑張って探します。


突然ですが、これからのコース練は某S先生のように他艇がいつタックしたかまで含めて周りを見たいです。
すっかり忘れてました。今度からそうします。ワークはてきとうになります。ごめんなさい一緒にのるだろう同回のskさん。波の高いトラッピーズの風とかだと波によるヒールアンヒールに必死で周り見てる暇がないです
が、見るしかないですね。意識してたら見れると思います。でもなんやかんやで見れない気もしてきました。


ワークは色々と問題があって、実際のところしっかりワークをするっていう意識がないとだいぶおろそかになる程度にはできてないんですが、そのへんはほっといて
もうじきクルーを(とりあえずは)終えるだろうと思ってそれまでの目標を考えてみます。

 1.周りを見まくることを基本にする。
ワークはあとからで

2.タックを予期する。
上と乗るとタックしなければいけないタイミングでは半強制的に、そして急にタックをしてくれるのですが、それを予期したい。まぁ1と一緒かも。
 
3.ポール関係をスムーズに・・・
スムーズでないので。いまだにガコッてやるかやらないか悩んでます。今は外れなかったとき悲しいのでしてません。
ちなみにtoleeはいまだにスムーズにはできてません。

4.振れへの対応を
タックすんのか、とか何度振れたのか、とかちゃんとわかるようにしとかないと・・・。トラッピーズでみえへんとか言い訳にならないですよねー。ちなみにまるでできてません。フルトラとかだと気が向いたときに風向見てるぐらいです。これはまずい。
 
とりあえずそろそろクルーを終えそうな人の日誌がこんなかんじですが・・・。今2回生クルーが3人いますが、多分みんな気にしてるところが違うと思うので何考えてるのか知りたいなと思いますがどうせ日誌なんて書いてくれないので諦めてます。
普段の練習ではなにか問題が起こらない限りなにも変えようと意識してない(だめですね)のですが、なんやかんやで少しずつ変わっていくものですね。下マークを見ることとかルーチンにしようと思ったことないのにルーチンになってるし。いちいち考えなくてなくてもどっかで頭の角に残ってるんでしょうね。記憶ってすごい!!
と思ったんですが、セーリングの下りが下マーク付きになったからかーって気づきました。別に記憶すごくなかったです。あの練習にはこんな付随効果もあったんですね。
僕はルーチン化するっていうのがあまり好きじゃないんですが、やはりルーチン化されてるというのはなかなか便利です。悔しい。

そのうち1回生にクルーを教える立場になるので教えられるクルーになりたいというわけで少しモチベーションが持続中。あとそろそろクルーも一区切りのはずですし。ちょっとだけヨットのことがわかってきて、プレッシャーも特にない今はかなり楽しい時期なのかもしれないですね

ただ、ほんとにチキンなのでスキッパー向いてないと思います。出艇こわこわ


いまだに1回生気分で日誌書いてますがいいのでしょうか。もう少し2回生らしい日誌がかけるように精進します。多分、しばらくは面白いレースがない限り書かないと思います。

こんな感じです。



yacht_ at 03:30|PermalinkComments(2)

2013年05月13日

なつのはじまり

ご無沙汰してます。福岡に行って男をあげてきたくずみです。

艇庫にいすぎました。
練習やら整備やらで10日間連続艇庫バトルという記録を出してしまいましたが、今日こそは大学にいって試験を受けてきました。
なんか自分が臭いような気がします(笑)

メイレガッタも終わり、昨日のポイントレースもあり、色々と課題が見えてきました。
スタートと1上までを決めれば、そんなに悪い順位にはならない。
ぼくの艇は1上までの順位がよくないです。

色々あった現役生活ももうあと少し…そう考えるとすっごく寂しい。やれることをやっていきたい。

●スタート
メイレガッタやポイントレースでは真ん中より有利エンドから近くから出ました。
スタートで失敗していることが多い→フレッシュを走れない。
やはりラインと自分との距離感に自信が持てていない感じがある。
レースではフルスピードでラインを切れたのはほんの数回でした…
先週の月曜日、某先生に練習を見てもらう機会がありました。1艇でスタートをフルスピードで切る、という練習を2時間ほどしばき上げられました。その節は整備でも非常にお世話になりました、ありがとうございました
ラインに自信がないとフルスピードで出るのは難しい。
スタ練では、リコールせずにフル加速してラインを切る練習をしていきます。
最初のうちは1分30秒前や、1分前30秒前にかいつぶり号?からあと何艇身あるのかを叫んでもらい、自分の見え方とのズレを矯正していこうかと考えています。

あとは加速にしても、スタート後に入ってくるブローの様子がわからなければフルスピードになるまで時間がかかってしまいます。
僕を含め全員に言えることですが、1回1回のスタートをレースだと思ってラインより風上側の世界に目を向ける習慣をつけねばなりません。エントリーの位置も、とりあえず有利から出る、みたいに適当じゃなくてスタート後のことを考えるようにしよう!

●レグ
問題は上り。下りはまだ抜けるようになってきました。
メイレガッタではフレッシュを走れず(当然スタートに失敗している)、順位がどんどん落ちていくことがありました。やっぱり後ろを通ってでもフレッシュをとりにいく大事さに気付きました。今更感。2上の即タックも大事です。
最近思うのが、思考の切り替えの大事さです。
上りレグ3/1までは、事前にプランニングしたコースを引くことに専念する。もちろん影響であればフレッシュを走れるように全力で考える。
1/3以降は実際に伸ばしてどうだったのか、結局どちらに振れたのか、向こうの海面のブローはどうか、とそれまでのプランニングを変更する余地はまだあります。.そしてレイラインアプローチへ繋げていく。割とレイラインでも失敗した(長く影響を走ってしまったり、オーバーしてしまったり)印象はあります。

多分下りでも同じことが言えると思います。
練習ではコース練をメインでやっていこうと思っています。たいし艇が2下でよく抜かれているので、来週は上下の練習も入れていかないとなー。
そもそもみんなレグに関してちゃんとした知識があるのか怪しいので、3回生を中心に講習を開いて土台をつくろうと思います。ぼくも勉強します。

●セーリング
遅くはなくなったように思いますが、昨日d大さんと絡む機会が何度かあって、やっぱり上の順位のひとたちは速いです。
何が違うか、というと走らせ方の変え方だと思います。ピンチングとドライブ。ブローへの対処。
ブローによってセッティングをやはり遅れることなく頻繁に変えていましたし、角度も艇体関係により凄く変えていました。要研究です。


今回のレースでは、しょーもない負けが目立ちました。まず回転が多いし、メイレガッタではbfをたたいたり、ポイントレースでは下マークを間違えたり、と大大大反省です。普段からの意識の低さの表れだと思います。
とっても悔しかったのでもう絶対にしません。練習でもしません。
次は医歯薬。もう時間がない!
メイレガッタで某艇が大金星をおあげになったので滋賀医強い疑惑がでたりしていましたが、まったくそんなことはありませんでした(笑)
と書くことになるのは悔しいので、ひたすら練習練習…


てっちゃん、部員での遊びは固定メンバーになりすぎている感があるな。誘いまくるべし。

最近なんかやっぱり夏はええな〜、と思います。夏が好きです。
暑いけど、遠征もあるしお祭りもあるし飲んだ後の風が気持ちいいしウェットいらんし。
1人艇庫も初夏なら全然OKですが、でもやっぱりふたりの方がいいな、と思いました。



yacht_ at 17:25|PermalinkComments(2)

2013年05月10日

夜は短し遊べよ乙女

すいません、半年ぶりのK囃子です。

前回は上流しについて語ったわけですが……、
今回は二点語ろうと思います。

・上りのレグ
・最近遊んでくれない事態が多い(これは僕ではなくて、今隣にいる鉄の科白)

上りのレグについて

今日ぐらいの風だと、まだ、ブローを重視で良いとのことです。尤もコース練前半はポートロングがきつくて仕方がなかったですが……。ちなみに僕は今日、始めに左右どちらの海面を進むかを決め、ロングを重視しつつブローを拾っていく感じでコース引きをしていました。
と、書いていますが、つくづく思うのが、他艇を見るのが難しい、ということです。ジブ裏に見える艇が大体自分と同ポテンシャルの艇らしいので、そいつを主に見てやれば良いとは思うのですが……。その艇とミートしたとき、どうするのか、というのがまだまだ分かっていないという自覚があります。具体的には下受けをするのか、自分がポートなら前、または後ろを通るのか、というのがしっかり判断できていない。向こうに良いブローがあるetc.で決めるそうですが、まだ、分からん、テンパってしまう……特にハイクしているとどっちつかずになってしまいます。
ジブを見る時みたいに、Skに「見るので多めに出てください」とか言ってみるのが良いのでしょうか?

あ、あと、同じ所を何秒もみないようにすること、レイラインをオーバーしないこと、これが今日の反省ですね。あと、周りを見るのに気を取られすぎてシート整理も最悪でした……。

最近遊んでくれない、というクレーム(貴重なご意見)について

さっきも書いた鉄のこの科白、部員がどの程度共感できるのか、僕には分かりません。すごーーくありきたりなことを言ってしまうと、「いや、それぞれに事情あるしさ」という反論(?)が返ってきそうやな−、と僕は思います。ただ、あんまり一般論を日誌で書くのも紙(?)の無駄遣いやなー、と思うのでここからは個人的に、あまり乗りの良くない一部員――K囃子――の私見を書いてやろうかと、思います。あっ、鉄も言いたいことがあるそうなのでご参照ください。

K囃子の私見

確かに、一緒に遊ぶというのは、楽しくないことはない。ただ、あれなんですよ、何となく、自分の時間が持って行かれているような、それなりに気を遣わないといけないですし、えっ、遣ってないって、じゃあ、こう言い直しましょう、精神を削るんですよ。多くの人間と遊ぶって。楽しいのに精神が削れるって矛盾してるみたいですけど、僕の場合は、そうです。上手く表現できないですけど、『アメトーーク』の「人見知り芸人」の回で、番組の打ち上げには参加せず、そそくさと帰ってしまう、というようなことを、バカリズムさんなんかが仰ってましたけど、あれに近いと思います。あと、僕は漠然とした暇、というのが好きなんです。暇、というものそのものが好きなわけで、「暇やろ、遊ぼうぜ」と言ってくる気持ちは分かるんですが、暇、という状態が失われてしまう、という哀しさ(誇張が少しありますけど)、を感じるわけです。
あとから考えたら、まだまだ意見が出て来るかな、とも思いますが、とりあえず、この辺で不肖K囃子は鉄にバトンタッチします。

鉄の私見
こんばんは。日誌で名乗るのは初めてなような気すらしますが、とりあえずこんばんは。今日の午後は雨が降ってすきっぱー出艇あるで!と思いながら胸を高鳴らせていたのですが、風が吹かなくて解除でした。そういうわけで艇庫脱出が早かったのでそのまま遊びたくて、でも誰も遊んでくれなくて、小林くんちに押しかけて小林くんが目下執筆中の小説を読んでやろうと思ってました。が、原稿が入ったUSBを艇庫に忘れたとか言い出したのでやることがなくて練習日誌を書いてるなう、といったところです。
そして、最近みんな遊びの誘いに対してノリが悪いことについて。特に2回生。入部して一年経ちますが、一度も2回生会を開いたことがないってどういうことですかwいや別にええけど!!
春練でようやく仲良くなれたような気が(僕的には)していた6回生達も最近忙しそうですしね・・・。まぁしゃーない感はありますけど。要するに最近忙しい人が多いです。というか2回生はほんま忙しすぎ意味分からん。このままだと1回生とも全然遊ばないだろう勢いなんですけど笑
まあ、ね。もう2回生なわけで、可愛い(笑)1回生という肩書きはなくなっちゃってるんでこんなもんかなとも正直思います。でも正直、いつも集まってるめんばーの一部が引退、ないし卒業したときのことを考えるとなんかあれですね。部員同士で全然遊ばない部活ができあがっちゃいますが・・・。一部の部員が個人的には遊ぶかもしれませんが−・・・・。
まぁいいか。こんな感じで終わりますw




yacht_ at 20:45|PermalinkComments(3)

2013年05月07日

スナイプあれこれ

二回生スナイパーCr横川知弘です。
 同志社ウィーク、メイレガッタと大きなレースが終わり、様々な課題が見えてきております。今回はその辺りについて書いてみたいと思います。
 まず、レグに関して。特にスナイプは艇速差がほとんどない上に、n田さんも実業団の方々と上りでは負けないくらいのスピードになった今日この頃、そのスピードを生かすも殺すもCrのレグということになっています。僕自身、経験が浅く、ブローというものに関してはまだまだ見えておらず、ぼんやりとしか見えてません。その中でいかにしてレグを立てるか、ということに意識を持って行ってます。
 まず、Skとディスカスする、というのを念頭に置いています。「右も左も同じように見えます。ロングを潰す感じで行きますか」「いや、右のほうが強そうやな」「では右に伸ばす感じで行きましょう」 「右の方が強そうです」「よし、右」 「右奥のブローが強いです。あれをとりに行きましょう」「左の方がええ感じがするけど」「一回左に伸ばしてから右に行きましょうか」・・etc..。メイレの後半戦はこれをずっと繰り返すことを意識してました。お互いで話し合うことで、ローリスクながらもいいポジションをとることができる回数が増えたように思います。
 次に、風軸を意識すること。メイレの前半までただ風向を読み上げるだけの馬鹿みたいなことをしていました。n田さんにも「そんなんあかんぞ。風軸を全く意識できていない」とアドバイスをもらったので、自分なりに風軸を設定し、そこから右に振れたのか、左に振れたのかをデジコンでチェックしてます。事前に振れを理解しておくことで、次の振れを予測できることが可能になると思います。あと、S先生が前にスナイプ班にくださったアドバイスをもとに考察すると 、振れる方向から風が来るかもしれない、ということです。具体的に言うなら、リフトが入るのなら逆海面からのブローが来るかもしれない、ヘッダーならその逆と言った具合に。肝心なのは「かもしれない」ということであって、実際のところ、どうなるかなんて海面を見てみなければ分かりません。それにこれは考察であって正しいかどうかなんて分からない。しかし、そういう気持ちで海面を見れば何か動きが分かるかもしれない・・。
 そして、他艇を見ること。向こうはヘッダーなのか、リフトなのか。ポテンシャルの変わり具合はどうか、艇速は・・・etc...
 偉そうに言ってますが、実際のところ読み違えたり、大雑把にしかわからなかったり、はたまた見当違いだったり・・・が大半です。哲君にLINEで「それができるんやったらお前勝ててるぞ」、と言われてしまい、あぁ自分ダメだなぁ・・・とあらためて感じさせられ、猛省してます。ごめんなさい哲。
 ただ、闇雲に海面を見てたって何にも進歩しないと僕は思っています。どうすれば風が読めるようになるのか・・・それを考えていろいろ試行錯誤してます。上手い方々は「何となく」分かってしまうのでしょう。ですが、 おそらく僕にはそれをこの4年間で身につけることはできないでしょう。だったらもう頭使うしか無いですね!!ハイクアウトに関してもそうです。またじっくりと、美しくて最も効率のよいハイクアウトを考察してみなければなりません。
 正直動作に関してはもうとやかく言わないことにしてます。誤解を生みそうな言い方をしますが、中風以上の動作を 詰めていこうとはもう思いません。というのもタックでロールのかけるタイミングもジブの張り替えるスピード、シバ−のさせなささは100回やれば90回(ん・・・言い過ぎ??)は確実にできる自信はあります。シバーさせたとしても1シバー以下。N田さんから急なタックのコールがかかっても及第点は軽く超えるようにはできます。(・・・・・とはいえ、ジャイブが全然決まらない日、というのもあったりしますが・・・N田さんすいません)
 なので、動作よりレグについて意識を持って行くことに専念。。レグ、レグです。陸にいる間にたくさんシミュレートして、沖で実践しようと思います。

 今日はなんだか船について書いてませんね。すこし面白みに欠ける上に話が重い文章です。(あと、こう見ると偉そうに書きすぎている・・)という訳で後味を軽く するために最近の船の艤装についてすこしばかりお話を。
今日はちょうどいい写真が・・。一枚だけ上げることにしておきます。
 29732と28804に関してですが、732さんの方がCrのコントロールロープは絶妙なポジションに配置されてます。さすが29番台。フルハイクコンディションでも全てのコントロールロープをいじれます。804は残念ながらイマイチです。特にフットベルトとアフタープラーのポジションが最悪です。あと、カニンガムのカムが金属製のクリート式なんで、引きづらい上にかけづらいwwとてもストレスフルな感じです。ですが、804が素晴らしいのはクルーのコントロールロープの、マストステップ周りで のテークルの配置がシンプルで抵抗が無く、美しいことです。一方の732はテークルを何倍取りにもしようと必死になりすぎてとてもごちゃごちゃしてます。前に久々に804に乗ったとき、アフタープラーを引いたんですが、732の方が3倍取りしてあって軽いはずなのに804のほうが引けている、という感じがしました。こうなんていいますか、732はなんか「ゴリっ」っていう音がする感じなんですが、804は「グっ」っといった具合に引けます。732のロープの配置が無理な格好でとっているのでしょう。そのあたりも治していかないといけませんね。
DSC_0201
 
 

















こちらは同志社ウィークに参加していた、AI☆STARSさんのピアソンの増すとステップ周りのロープの配置を撮っておいたものです。とても綺麗な配置です。なんでこんなん撮ったねん、て思われるかもしれないですが、バーバーホラーの参考に写真を撮っておいたものなんですよ。
 あと、 もう一つ艤装に関して。スナイプクルーの命、フットベルトについて。ここにこだわらないスナイプクルーはもぐりです!あ、また言い過ぎた・・・(笑)ですが、綺麗なタックを決めるのも美しいハイクアウトを決めるのも(筋力以外では、)ここに大きな比重があると思います。最近思うのはスナイプCr側のフットベルトは「より高いポジションに、より外側に」が理想だ、ということです。どちらにも共通してるのが「飛びタックのしやすさ」ということ。吹けば吹くほどスナイプクルーはタックの後、信じられないスピードで起こしに行かなければなりません。ぶっちゃけた話、もう吹きすぎてる時は海に飛び込む感じです。飛び込もうとしたら足にベルトがかかっちゃって飛び込めませんでした〜が、ド強風のタックです。そんなとき、ベルトがハイポジションに無く、さらにセンターケースに張り付くようなところにあったら、ホントに海に飛び込んじゃうじゃないですか!!怒られますよ!ダメです!そんなことにならないためにも、より高く、より外に(笑)あと、外側にあると、より外に体が出せるではありませんか。ベルトを緩めればいいと思うかもしれませんが、ベルトを緩めて外に出る感覚ともともとベルトが外にあって、ベルトがびんびんの状態でさっき書いたシチュエーションと同じくらいハイクするのとでは感覚が微妙に違います。732と804では面白い状態で、732は「ハイポジション、内側」804は「ローポジション、外側」と言った感じなんですね。さぁ!僕もN田さんに負けないぐらい船をいじることにしよう!!
それではこの辺で失礼します。  P.S.今からお金を貯めれば、今年の冬か、来年の春にはデジコンが買えそうです。デジコンはとても便利ですね。てなわけで、マイデジコン買います。

yacht_ at 00:21|PermalinkComments(3)

2013年05月06日

GW

わーい夢のゴールデンウィークでしたー(

といったところで、メイレガッタお疲れ様でした。
実は僕は先週のS先生のブローの話以降モチベーションが高まりまくっています。そしてレグで勝つと言い放ったS先生がメイレガッタであんな素晴らしい順位をとってしまってはもうレグが運ではないことを認めざるをえません。

こんな感じでモチベーションが高まってますがそのやる気の昇華先がないッ!
そんなわけで日誌書いてみます。内容は一言でいうとやっぱブローみえませんってこと。ただひたすらそれをぼやいてるだけの日誌にになります。


クルーってクルー同士の勝ち負けがわかりづらいです。勝ち負けというか悪し良し、でしょうか。ていうかなんにもわからないので競い合うという形にはなりません。スキッパーはよくわかるみたいですね、精神的につらそうです。競い合わざるをえないとおもいます。配艇が固定されたらクルーも勝ち負け、って感じが出てくるのでしょうけど不定だとなんとも・・・。配艇がばらばらなことの欠点はこれだと思います。競い合おうという気がしないし。負けてもあんまり気にならない←
ついでに整備もする気がおきませんwそれはさておき

コース練でレグを引く、というのは楽しい、ですが、結果が自分たちのレグが良かったのか、他の要因によるものなのかわかりません。おわったあと話してみたりしてますが、それが本当にレグのおかげなのかどうかは判断できないと思います。例えば最近の僕はとりあえずブローに突っ込んであとはタックしたときの先の海面をみつつブロー拾いながら進みたいって感じしか考えてないんですが、

はたしてブローに突っ込めているのか。突っ込んだとして、そのブローはもとからあるとわかっていて、突っ込もうとしていた対象のブローなのか。
じゃあずっとブローみとけよ。という話なんですけど、なんか見ててもわからないですw
今日は北風で分かりづらい(と信じたい)風だったんで、レスキューでテルテル持ってけっこう長い時間ずっと目の前の海面を見てましたが、よくわかりませんでした。数挺身先にあるなーって思ってるブローが下りてこなかったり、というか海面にあると思ったブロー達がちゃんと降りてきてくれないことが多かったです。

ようするに、僕はおそらくブローが見えていない。そのうち見えるようになるよと言われてきたけど見えませんw
さすがに遠くの方だとわかります。だからそれが近づいてくるその過程をしっかり観察しとけばいいんですけど、なんかそれができませんw
正直、なんとなくならブロー見えてると思います。セーリング中程度なら見える程度には。でもそんなてきとうじゃ誰にでも見えてるし勝てないんだとこないだの提督の話で思いました。


ブローを拾えるようにコースを引いているつもりです。でもそれが出来てたら負けないはずだと思います。少なくとも残り1/3くらいのところまでは。負けるってことは「正しく」はブローを拾えてないし見えてないってことだと思いました。だからきっとやっているつもりでも、わかってる人からみたらちんぷんかんぷんなことをしているのだろうなと思いました。

こんだけブローに関していっときながら、あまりブローを見ようとしてないんだと思います。
1シーンでブローを見て、遠くのブローも見て、終わり、みたいな。それがどう動くのか、考えてはいるのですが、残念ながらちゃんと考えられてませんw
1回見て、しばらくしてもう1回みたとき、景色が変わっててあれwさっきのブローどこwwってなることばかりです。

まぁ行動に結びつかなくともとりあえずブローが見たいという気持ちだけ形にしておいたらいいことがあるかもしれないなと思ったので日誌に書いてます!!
行動に結び付けろっていう話ですけど。いやー、難しい
正直他のクルー陣は僕よりは見えてる気がします。だから最近悩んでいるのですが・・・。

なんかぐだぐだ長すぎて何が言いたいのかわからないので自分のためにまとめます。

ブロー、見えてる気がするから向かうけど、そのブローを本当に取れたのかわからない。そもそもブローとかてきとうすぎててきとうにやってたとしても運が良ければ勝ててまうやん!ということは、成功したのか失敗したのかわからないのでようわからん!!他艇との伸び差を比べようにも色々と違いすぎていっそう良くわからない。


二回生艇が出始めて、最近の練習での思いは勝ちたいということに尽きます。ノーハンデで先輩に勝ちたい。
2回生sk陣頑張って!勝ちたいというか競いたい!そのためには勉強しなくちゃいけないけど
そこまでのバイタリティがない!でも言葉だけは無駄に意識高く吐いときます。なんかいいことがあると思うのでw
言葉が僕を突き動かしてくれたらいいなと思いながら言葉を紡いでますが、なかなか難しいですね。でもきっとなにもしないよりはましなのでこんなもんで。

一方でずっと遅かったら僕は萎えてクルーに戻りたくなると思います。普通に考えて勝てないのでやりたいようなやりたくないような、っていう心境です。クズとでもなんとでもいってください。
さいとうくんをみてると僕もあんな風にオラオラしたいと思います。僕が今からsk始めたところで先輩たちに勝てるようにはならないでしょうし、クルー続けて2回生と乗ってるほうがまだ勝ち目あるんちゃんかとも思うのでもうちょいクルーでもいいかなとかも思います。正直楽しかったらなんでもいいです。

最近はさいとうくんが僕と乗りたいと言ってくれるのですごく嬉しい。一緒に載りたいと言われること以上に嬉しいことってありますかwwそう言われたからにはクルーをちゃんとできるようになりたいです。
skとcrはキャラが違うほうがうまくいくと聞きましたが、確かにそうだと思いますw

でもやっぱり僕も少しはskで頑張ってみたい。腕力的に、性格的に無理そうならさっさと諦めてクルーに戻ります。正直僕の性格はクルーのほうが向いてるような気もします。
やっぱり競うからこそヨットは面白いです。ただし平和的にお願いします。


今回の日誌はほんとに長かった。毎回言い訳っぽいのが残念なところですけど。余談ですが、僕はめちゃくちゃタイピング早いので(これだけはほんとに自信があります)さほどかかってないです。ゆーてもここまで長いとそれなりにかかってますがw

一行で内容をまとめると、最近はブローのこととskのことばかり考えてます。誰かなんとかしてください。


yacht_ at 01:20|PermalinkComments(5)