2013年06月

2013年06月23日

早くハーネス脱ぎたい

スキッパー候補にあげられてひゃっほーって思ってましたが気づいたらクルーに戻ってました。
まぁ、いいです。ちゃんと練習できるなら。多分9月まで無理ですね。
1回生crを一人採用すればもう一艇出せるとは思うんですけど、それは色々と問題があるのでしょう。


さて、今日は医歯薬でした。ほんとに久々のレースでした。久松とです。始めての同回skとのレースでした。なんとしてでもなんとかするつもりで出ました。絶対にフライングしよな!OCSでいいねん!っていいまくってました。
最初に結論を言うと最高に楽しかったです。ずっとアドレナリン出てました。集中していたからか、めちゃくちゃ鮮明におぼえています。本日のレースを思いだしたいと思います!!

1レース目:くそスタート。ド微風にもかかわらずスタートラインから離れすぎてて既に諦めつつありました。それには気づいていて、さっさと並びたかったんですが、どこもド影響かつ二列目スタートになりそうで、この微風で影響だけはあかんと思いながらぼーっとポートで走ってたらスタートになってましたw 左もありやけど、すぐなくなるなーでも左いきたいなー、でも影響とかまじ勘弁やしどっちでもええなーって思ったので、流れに任せようと思っていました。と、スターボ艇がいてミートしたのでタックして、しばらく走るとちょうどいいところにリーバウうてそうな船がいたんで打ちました^o^  下いますよー下ーって言いながらジブ詰めて走ったんですが、「そんなにのぼしたらとまんでー」って言われて「たしかにそうですねw」って言って下しました。このころ逆海面をみて、これ勝ってるんじゃね!!って思いながら走ってました。そんな感じで見ていると右に突っ込んだ艇が割と進んでいることに気づいて、このままいったれーって思いました。ですが、レイラインにつっこんでまうなって思ったのでタックして、割と進んだらきょうふいがいたのでタックしてカバーにいれて進んでました。そしたらめっちゃ左の艇団に負けてることがわかって、多分左にくそ振れたんやなーって思ってました。ちなみにこのときの指標は3928との艇体関係の変化を一番参考にしました。ちょうど一回同ポテくらいになってたので。
ですが、めっちゃ離されてしまい、これはもう無理かぁってあきらめながら進んで、なんか右に突っ込んだ船めっちゃオーバーしとんなって思いながら、レイライン手前でタックしました。そしたらまた右に触れ戻っておいしかったです。突っ込まなくてよかったと思います。3ボートで3928がタックしてきて、ポースタ的にとりあえず避けましたよ!みたいなことを言っておきました。(事実避けました)。回れとは言ってませんが、あの時の僕は相当うざかったとおもいます。3928が絶対にぼくらの前でタックしてくると思った瞬間からくだせくだせってめっちゃ久松にいってました。ごめんなさい。ほぼ無風だったのですごいゆっくりしてました。そのため、上ることは間違いなくできなかったとおもうので、ぼくらは上マークにぴったりつけて3928とあと1艇共々マークタッチさせたかったんですが、普通に回らしてしまいました。でも成功してたらあとで滋賀医バトルやめろって怒られそうだったのでこれでよかったと思います。
下りのレグがわからなくて、そもそも風向もわからなくて、てきとうになってましたが、みんな止まってたので大丈夫(?)でした。でもちゃんとできていたら06に抜かれることはなかったと思います。ただ途中から進み始めたのは06を完全に真似したからなのでどっちにしろ負けてました。そんな感じでショートだったのでゴール。
右に振れ戻ったときに、右にいて、でもオーバー分があまりないくらいには左にいたのがよかったのだと思います。 順位はだいぶ上の方。くそスタートやら左に振れたりやらで諦めてたのでめっちゃ興奮しました。ハイタッチしたいって言われましたが、断りました。
終わったあとは「ヨットたのしい!運でもええねんもう!!」って言ってました。

2レース目:割と吹き。スタートは多分1艇身超足りないくらいでした。ほとんどフィーリングですがw。すでに明らかにコースに入っていた(と僕はおもうんですが)4482が前にいて、もろリコールやろとおもいながらなにあいつ、まぁいいやしゃーないわーって京薬やんwwwwってskに言いながらその艇の影響下で走ってました。スターボロングがきつかったのでタックするわけにもいかず。 
一応ジブは詰めて走らせたんですが、それ以前に4482は下し気味で走っていたようで影響をぬけることができました。あとはてきとうにブローにあわせてタックみたいな感じでした。 スタートがおくれたこと。
相当上有利なのに下から出てしまったこと。スタート直後影響だったこと。そのへんのせいで順位はいまいちでした。ただしブロー的にはいい位置にいたとおもいます。 だからいまいちといってもそこそこだったり。まぁいまいちでした。スタート大事ですね。
上サイドで後ろからのぼしてきたさいとうくんが僕にブームをあてたあとに「くだそうや」って言ってきたんで当てといて今更なにいってんだこいつとおもって、「あたったぞw下やぞ下!まわれよまわれはよまわれ」って叫んで回させました。ポールを外すとこだけ見て、なにもここでやらんでも・・・ってふと思って「でもあとでいいねんで」って言ってからあとは放置してましたが、多分1回転しかしてないです。相当うざかったと思います。ちょっと悪いことしたかなとおもいましたが、こうしないと間違いなくさいとうくんに負けてました。まぁ、悪いことしました。けっこう吹いてたからアドレナリンでてたんです。僕がさいとうくんなら絶対に回りません^o^ そしてサイドマークをやばいくらい膨らんで廻航して、沈して順位を落としていた3928に抜かれました。さいとうくんには差を縮められる程度で済んだので個人的にはセーフだった感はあります。ただもったいないことしたなと思います。たしかサイド下がだいぶタイトで(僕らがめっちゃサイドで膨らんだからですが)アビームで下マークに近づいてさっさとおろしてあとはクローズで登ってましたw ほんとにもったいないロスでした。
2上は明らかにスターボロングがきつくて、影響にならん程度にちょっといってからタックしました。でも多分廻航即タックをしていれば、隙間はあったので影響にならないでスターボ走れていたと思います。チキりました。なんか艇速なくて、前の艇がラダーの藻をとってたので、こっちも気にしたら案の定かかってました。で、さいとうくんがちょっと下にいてわんちゃん吸い込まれる・・・って思ったのでジブ詰めて走ったらなかなか走りがよくて、差が開いたのでついドライブで走って影響にいれました。ドライブとかピンチングとか使いたかっただけです。さいとうくんが鬼のぼししていたのを関係の変化から見て、僕はそのあとは普通に走り、気づいたらなんか3928の前を切ってました。多分前にブローがある限りはまっすぐ走ってたと思います。続く2下、とりあえず前が即ジャイしたので即ジャイしましたが、多分ブロー的にベアウェイのほうがよかったと思います。差も多分はなされました。こっからはカバーしか考えてませんでした。地味に即ジャイしてくれなかったらどうしようって思ってました。維持でも39と33をカバーに入れてやると思って必死にみてました。でも後半でジャイブされて、それにちょっと反応が遅れてしまったのでもういいやって思ってカバー諦めました。ジャイブポイントもいまいちやったんちゃうかなと思ってます。実際のところは知りません。下りの勉強が足りなさすぎました。
まぁ、なんやかんやで下マークまで順位は守れていて、3上はひたすらカバーに入れ続けるだけの作業でした。
タックの技術に差があったので何度かタックされて不安でしたが、なんとかなりました。そんな感じでしたが、順位はだいぶ残念でした。まぁ僕は正直なところ途中から滋賀医の船しか見てませんでした←
 

僕は2レースしかしてないのでここまでです。久々のレースで感じたことは以前より明らかに周りが見えているということでした。これは嬉しい誤算で、「最近なんも成長してへん、辛い。skやりてー」って思っていたのですが、割と周りを見えるようになってました。フルトラだったらどうだったかわかりませんが、とりあえずトラッピーズに出るくらいの風ならそこそこは見えるようになってました。 これは本当に嬉しいです。サドンとかもちゃんと考えられていたし、返したらスターボみたいな感じのことも考えられてました。もう一度いいますが、これは本当に嬉しいです。まぁ、同回と乗ってる分周りを見ることに張り切っていただけかもしれません。
あと、レイラインもそうですが、マーク廻航時のオーバーはがちで負ける要因やと思いました。絶対にオーバーはしないように心がけます。これはskの話ですが。

僕は今回、滋賀医バトルを繰り広げました。でもタイトカバーはしてないはずです。してたらごめんなさい。タイトカバーさえせんかったらそれでいいと思ってます。
しかし得た知識を使いたくて仕方なかったんです。許してください。あとアドレナリン出てました。あとなんとしても一番下の艇で、久松と一緒に他艇に勝ちたかったんです。僕は真剣でした。それだけです。うざくてほんまにごめんなさい。僕が回さしたさいとうくんたちにめっちゃ申し訳なさそうな顔してる久松見て、あー、やってもーたかなこれって思いながらも、テルテルみてまっすぐ走ってメイン引いて、って言ってたような気がします。
めっちゃレースミーティングで話し合いたかったのに新歓コンパで抜けざるを得なかったのが残念でした。正直勝手に思ってるだけで色々間違ってると思いますw
 
まぁ、最高に楽しかったです。 本当に最高に楽しかったです。28とぼろセールとにわかcrと新米skだと負けて当然みたいな感じがあるので負けても気にならないし、でもワンチャン運でも勝ったら超嬉しいし、僕はずっと新米がいいなと正直思いました←

あと、これは割と重要な動機なのですが、下りのレグを勉強するためにもskをやりたいとほんとにおもいました。下りさっぱりわかりません。マークに向けるのがいいのか、それとものぼすのがいいのか、VMG走るのがいいのか、わからなかったです。やっぱりskやりたいです。

風向の変化に鈍すぎました。周りみてたらコンパスなんて見てる暇ないと思いましたw 艇体関係が変わるまで気づかないとは・・・。これからの課題だと思いますが、なかなか改善しない自信があります。

そしてもう一つ、先日からジブが変わったのですが、それ以降28の艇速が格段に良くなりました。それでも周りよりかは少し遅いですが・・・まあそこは圧倒的なまでに28なのでしゃーなし感が。やはりあのほとんどリペアシートのジブが悪かったんだと思います。 cr陣はお分かりかと思いますがセーリングで28がダントツ遅いみたいなことはなくなってると思いませんか?あれはジブが変わったからです! あのリペアシートのジブはやめませんか・・・。ジブってすごいなと思いました。diamondだったのでリーダーは下げ目にしてましたが一番前にしてもテルテルは綺麗に流れるし、なんかよくわかりませんでした。
ともかく、レース中も比べてましたが、めっちゃ遅いということは確実にありませんでした。 ジブです。
ぶっちゃけてしまえば、古い船に新米skとにわかcrを載せてぼろいセール載せてちゃんと走るのって無理だと思うんですが・・・。


長くなりましたがこんなところで。すごい自分勝手でしたが、本当に楽しいレースでした。結果はそんなですが、それでも思ったよりは出せました。支離滅裂な文章もあるかもしれませんがそのへんはてきとうにお願いします。  てかほんとに長い。最後まで読んでくれた人ありがとうございます!

yacht_ at 23:50|PermalinkComments(6)

2013年06月10日

coaching day

久々のイソッってる者です(^^)
ご無沙汰すいません^^;笑
6/8・9はTさんに教えていただきました!!
多くのことが分かって「ヒラケゴマ」でした〜


  ・セイルやリグの特定部分をいじると他の要素がどう変化するのか
  ・セイルの合わせる基準
  ・幾つかの効果的な練習方法
  ・セイルトリムのシビアさ
  ・マーキングの話

などなど他にも多くのことを教えていただきました!まさに「目から鱗が落ちる」という感じでしたよね(^_^)

僕ら学生の目線で説明してくださったのでとても分かりやすかったです。

思ったことは色々あるのですが…
「ヨットの各部分同士の相互作用の様を考えるとヨットは生き物みたいだな」「まだまだシビアに詰めれる部分がある」というようなことを感じました。

沖の上では両クラスとも主に引退艇を見てもらったので、二回生ズが知らないこともあるでしょう(きっと飢えてハイエナになっていることでしょう)し、この二日間ご参加できなかった方もいらっしゃるので、また,教えていただいたことをこれから何代にも渡って守っていく必要がある・べきですので,まとめて早めに形にしたいと思います(`_´)ゞ

ただ僕のノートには470しかメモってなかったので、スナイプのことはスナイパーズのどなたかにお任せします^^; 大学の授業は録音してるくせにこういう大事な時に録音しなかった自分が恨めしいですorz




                                                                                                                                      医学科三回生 礒田

 

yacht_ at 09:56|PermalinkComments(1)

2013年06月05日

ティラーきりたい

こんにちは。今日は編入休みなので自主連してきました。意識高い2回生なので当たり前ですね。暇なだけです。

ところで最近ようやくヨットの楽しさがわかってきました。いやもともと楽しかったんですけど、あれは楽しいと思い込んでいただけだったのではないかと思います。クルーとしてようやく、ほんとにようやく自分の果たすべき役割が見えてきたような、そんな感じなような。多分上からみたらなんもわかってないですけど。とりあえずクルー力で勝ちたいと思い始めてからは割とガチで面白いです。運でしか勝てない()

可愛い1回生の皆様がこの日誌を読んでるのか知らないですが、一番楽しいのは多分2回の春休み終えて新歓終えて、ヨットが少しわかってきたらへんですよ!

といいつつも、気づいたら新しいsk候補にあげられていた私です。まさに棚からぼた餅でした。あっというまに釣られちゃいました^q^

そういうわけでsk候補になったんですが6月はレースだのうんぬんでほとんど普通の練習がなく、結局ほとんどできひんがな、ってことだったので自主練にいきました。skスキルを上げれそうな機会は見逃しません。意識たかry
そんなsk練が楽しかったので日誌書きます。さきかさん、練習日誌が僕ばっかりでごめんなさい。午前はオンセンターくらい。午後は吹いてバングシーティングくらいでサークリングだったり。windfinderは役に立たない。

今日の総復習します。
出艇→思いっきり押しながら乗ったらそんなに怖くないかもしれない。うそ、怖い。波高かったらおわたぽよ。陸沈と底ずりだけはしたくない。

ラダー→途中までおろしたら勢いで下ろすってのをしないと無理。吹いてると絶対無理。身をもって学んだ。

タック→正中にすんの重すぎなんやこれとおもったらラダーあがってた。というわけで午前はあまりタックの練習になってなかったなと思う。吹いてないときは起こす前の立ち位置がむずい。Crのときとは違ってオンセンターが一番むずい。せーの!って言うの省きがち。でもこれはCrが空気を読むべきだと正直おもう。
午前の下りすぎ現象は正中が重かったからです!ゆーて下りがちですけど。ジブとかあんまりみてないで景色みて雰囲気でやってるからよくないのかもしれない。まずはデフォルトからやらないとなーと思います。

ベア→激ムズぷんぷん丸だった。メインの出し具合とテルテルが合わない。むずすぎ。吹いてるときはなおいっそうむずい。吹いてるときはとりあえずアンヒールきっかけにしてヒールさえさせなければ割と加速感は味わえるような。でもそれがむずい。おらーってベアしまくっておらーってジャイブかえってうわーってなるのが怖すぎて(吹いてるのに何も知らんときにやって経験があります)ティラーちきりがち。怖いっす。にらさんによく怒られたポイント。吹いてるときで、ベアしてる最中にアンヒールがきつくなっちゃうのはなんでですか?

一定速で出すのはなかなかむずい。クルーとの兼ね合いが必要だと思う。
吹いてるときはどれくらいティラーきってどれくらいの小ささでまわりたいのでしょうか。わからないです。割と怒られた

ジャイブ→なんか怒られることが割と少なかったのでもしかして割とできているのでは。あ、スピンなしです。スピンありは角度が難しい。もう少し深く動作を考えてみたいと思います。行き当たりばったりでやってる感が否めない。

ラフ→割とマークにつけれていたことがあったような。メインは必死に引く。ティラーは落ち着いて切る、という言葉を今考えてみましたがどうでしょう。こんなかんじな気がします。右手だとブロックトゥブロックちょろいけど、左手だと手こずるのでなかなか気が散ります。のぼしすぎてうわーってなるのが怖くて下りがち。クォーターとかから一気にラフすんのは難しい。アビームぐらいからじゃないと無理。。吹いてないとめちゃむずい。そもそもどんくらいメイン引くのか知らないのが悪い。ブロックトゥブロックの風域しか知らないので勉強せんと。 リーチリボンはまぁ、まだいいかな、っていう甘え。タック後とか地味に見てますが、見たあとどんくらいトリムすればいいのかわからないのでどうしようもない。

 セーリング:動作の合間にしかしてないですが・・・。吹いてるときはクルーはのぼりすぎに敏感なので(死活問題ですし)下りがちになってしまっていたかもしれない。前も言いましたが、下ると加速するので下りたくなる()。たまにまっすぐ走れるとニラさんがしばらく無言になったあと褒めてくれるので割と嬉しい。ただ、まっすぐ走るのは難しい。

スピン関係
ホイスト→無条件にがい持ってきすぎがちだった。風向みないと。タイトなのにもってきてもしゃーないなぁ。タイトならむしろポールあげるとかのほうがいいのでは。わからんけど。なんにせよ張るまでに割と手間取る。どうなってるのか。

ジャイブ→先述のとおり角度、スピンの引き方、ポジションなど、色々激ムズ。スピンシートの真横に足を置くと引くときに摩擦でやけどすることがわかった。いたい。

ダウン→動作だけ見ると割と楽。と思ってたけど、なんかしらんけどティラーがラフにきれがち。センターいれたりスピンをカムにかけたりしてる間に切れてるんやろなと思う。要検証。

帰着→最後ラフに切ります。


サークリングでジャイブ後の動きが一番むずい。波が高かったのもあるとおもいますが、安定しなさすぎて焦る。ジャイブ後クォーターまで落としてアビームで近づきたいのに、角度維持したままメインをクォーターに合わせるのがむずい。メインも引きづらい。
強風のほうがサークリング経験豊富になってしまいました。微風でのサークリングはまともにやった経験がないのでまた頑張りたいです。最後にレスキューに見られたのが、風が突然落ちたときで、微風サークリングだったのが残念でした。
強風での出艇と帰着の経験がないのが怖い。とくに帰着が怖い。
加速は激ムズ。まぁクルーとの兼ね合いですが。ベアしたら即メイン引いておらーってのぼして起こさないと流れて影響入って終わり。むずい。ちゃんと練習したいです。ようするにstop&go。

丁寧語だったりてきとうだったりするのはお許し下さい。
やっぱり上と乗ると厳しく言われますが、その分上達するなーと思いました。ミスしたときの重みが全く違います。
次は絶対にせんねん、みたいな。同回と乗ると「おーすまんすまんw」みたいな感じですね。正直。この辺僕の意識の持ちようですけど・・・笑 ほんとに同回で乗るとcrもskもお互いに甘えまくっているように思いました。意識の持ちようですね・・・。
ニラさんありがとうございました。 やはり怒るほうも疲れるでしょうし、お互いに精神が摩耗しない程度に強く怒られるのがちょうど良いと思います。でも怒られないのが一番。

skは下り暇やと思ってましたが下りのほうが忙しかったです。
crのときはskに合わせることもある程度ならできたんですけど、skがcrに合わせるのは割とむずいのでやはりクルーとの兼ね合いが大事ですね。やはり配艇は固定するべきです。

sk楽しい!でもcrも楽しい!正直僕はどっちでもいい。



ラッシュのせいで手首の先だけやば焼けるという状態になっちゃいました。これでは半袖を切れないのでそのうち半袖出艇してなんとかすることにします。 

yacht_ at 19:16|PermalinkComments(2)

2013年06月03日

写真アップしましたよ

どうも、昨日のポイントレースで筋肉痛になった6回生のメガネです。
メインが引けなくなってて、衰えを感じました(´・ω・`)

新歓コンパの写真を少しですが、Picasaに載せておきました。
1回生ズの入部記念ですからね(*`ω´)

思い出をネット上に保管する時代になりましたね。
これである日突然記憶がなくなっても大丈夫ですね。
でも記憶がなくなったらログインできませんね。
やっぱり大丈夫じゃないですね( ´_ゝ`)ノ

あ、こんなことわざわざブログに書いたのは、
別に見ろって言ってるわけじゃないですから!
全然そういう意味じゃないですから!


そろそろてつとかこば以外が書いたブログも読みたいなあ…(独り言)

yacht_ at 21:19|PermalinkComments(2)