2013年09月

2013年09月23日

昨日の練習がやばい

夏練もあと1週間ですね。もう3/4が終わりました。速い。うまくなってるのでしょうか。
ジュニア前は特に、一生懸命やってるのにうまくなってる気がしなくてほんとに泣きそうでした。そういえばジュニアですが、艇数少ないと思ってたんですがいつもどおりだったみたいです。すごく嬉しい。次は運よりも実力で前を走りたいです。いや、次の次くらいかな。変な振れが入るだけで負けたり勝ったりするヨットっていうのはよくわからん競技です

昨日あった練習が夏練で一番みのりがあったと思ったので嬉しくて日誌書きます。もはやヨットノート。余談ですが、最近ヨットノート書いてなかったのですが、また書き始めました。


470が2艇しかいなかったので動画をいっぱいとっていただけました。ありがとうございました。めっちゃみのりがありました。これはうまくなる!!!!ほんとにレスキューの方々ありがとうございます。
僕はsk初期に同回と乗ることが多かったので動作などがてきとうというか、我流(失笑)になりがちだったのですが、それがある程度正しい方向にただされたような気がします。

タック:4分30秒に渡る動画をミーティング中に4、5回見直しました。しょうごさんと乗ったやつですが、最期から2回目のタックが今までしたことがないほどで綺麗で、動画みててテンションがあがりました。もう一回見たいのですが、横川があげてくれたとしても動画の見方がわからない。あのタックをイメージして頑張ります。起こすときのメインを引く腕の位置が毎回違うくて面白かった。なにも面白くないです。

ベア:ティラーをセーリング状態のままベアの切り、ベア後半にサイドハンドに持ち変えるという意味不明な方法をとっていた。多分セーリング状態でベアするとたまに切れすぎるから自然とこうなったのだと思いますが、持ち替え寸前までは綺麗に加速できてても持ち替え時に変な廻りになってることがあるとのことでした。最初から持ち替えます^o^

ジャイブ:今一番酷い。マニューバだとのぼりすぎるし、スピンつきだとティラーを切っている。スピンシートはちゃんと持ちながらブーム返すべきやなと思いますがいっつもめんどくさくてしてない。でもスピンシートをいちいち取りに行くほうがめんどくさいのでは、と今気づいたので次から持ってブームかえします。to leeのときスピンシートをうまいことカムにかけることで返ったあと引かなくても張れる方法を考えたいのですがないのでしょうか。クルーが回してる最中にskがおらって引いて即カムにかけてしまえばいけるんじゃねと思ってみたり。できたら誰かがやってるはずなのでまぁ無理なんでしょうが今度やってみます

ラフ:吹いてくるとメインが間に合わない。筋肉かな。メインを引くたびに体が動いてティラーが小刻みに切れてることが風域によってはある。直さないと。


ラウンディング:サイド、下と比較して上廻航に対する意識の低さ。レイラインオーバーが増えてしまっている。上サイドはマークぴったりに向けてることがある。ちゃんと廻航できる向きに向けないと。ホイスト、ダウン時にティラーがぶれて変な向きになってることも多々あります。このへんはガチな練習が必要。でも廻航まだましになってきたとおもいます。サイド廻航はしょっちゅうミスりますが、サイド廻航のミスの原因はホイスト時の影響があることです。

長さを長めにして、全ての動作を成功させて成功した動作をまた引き続き成功させるっていうスタンスでやりたい。短すぎると動作の完了に目がいってしまって雑な動作になってしまいがちな気がする。

セーリング:上下ブライダルとかほんまに知らん。でも正中固定左右ブライダルよりはいつも使う上下のほうがいいはずなので上下がんばる。最近はたまに速いときがあるのが嬉しい。でも大抵ブローでしょう。速いって思いながら他艇と比較したら遅いときもあるので割とあてにならないというか。。。相変わらず安定して下し気味のはず。前までは絶対のぼしすぎないつもりでやってましたが、最近は少しのぼしてみようという思いが芽生えました。
ジュニアでアビーム遅くないのでは疑惑があったつもりでしたが、やっぱり遅かった。

スタ練:ジュニアで、まともにエントリーしたのは1、2回だけでしたが、ラインサイトとか見てられるか!って思いました。以降僕は下に勝つスタートばかり目指していました。ラインサイトも一応目安にはします。
ただレースとスタ練は違うものだと思います。実際のところは知りませんが、ラインサイトを重視して、そのジャストにフル加速で出るなんていう練習は微妙かと僕は思いました。そんなことができるのは下有利めのときに相当上から出る場合ぐらいだとおもうからです。とりあえずは下の船にちかめにエントリーしておいて、下の船に負けるか勝つかわからんスタートを切って勝つっていうのを僕は目指しています。まぁ、周りが僕よりうまいのが前提なのでいつの日か、僕がうまくなったらまた変わってくるかもしれません。スタートで周りを出し抜く!っていう強い意志というよりは、下の船に負けないっていうまぁ、後ろ向きな姿勢なのは自覚はあるので言わないでください。


ファーストタックまで走れみたいなのがありますが、やるべきだとおもいます。そこでのタックは本気でやるべきですね。僕はやってません。次からはそうします。
しばらくはエントリーをはやめにして流れないのを目標にやってみたいとおもいます。あとフル加速の成功パターンを増やしていかないと。特に上ピンでフル加速っていうのは本当に怖すぎる。

ここまで読んでくれた方は分かるかもしれませんが、僕は全然練習に対してシビアになれてません。形だけの練習をしているつもりはないですが、楽しむこと第一というか、まあそれは勝つことと大体同値だとは思うのですが、そのために自分を責めるようなことができていないというか・・・。責めつづけたら持たないと思いはするのですが、シビアにならんとあかんやろなとは思っています。程合いが難しい。とりあえず手始めに毎回のタックで成功を意識したいところではあります。

医歯薬負けたくないなぁ。あんまり言い過ぎるとフラグになりそうなのであんまりは言いませんが。負けたくない、っていう表現もやっぱり後ろ向きですが。悲しい。

とりあえず昨日の練習は楽しかった。毎回あんな練習がしたい。動作は動画にとってほしい。動画みてて思うけど、なんか僕すごく弱そうで悲しい。なんでやろ。


追記
ニラさんにいわれて、川田さんのやつを読みました。滋賀医とは色々と違ったりして面白かったです。
スタートについて読んで、ちょっと改心しました。やっぱり普通に頑張ろう。

yacht_ at 12:41|PermalinkComments(0)

2013年09月22日

今日の練習

どうも、一回生の森口です。 練習お疲れ様でした。
そろそろ一回生も練習日誌をかこうということになったので、不肖ながらワタクシが今日の練習日誌を担当させていただきます。
初めてで何を書いたらいいのかよくわからないので、とりあえず今日の練習を振り返って、できたこととできなかったことや今後の課題をまとめてみようと思います。


・できたこと
オンセンターと対面のときのタックがうまくできないことが課題としてあったのですが、今日の練習で対面タックのコツが掴めた気がしました。自分は今まで対面タックの時は元のジブを持っていないほうの手で新しいジブを取りに行く感じでタックをしていたのですが、こうすると自分の場合は体があまり外に出ずロールがしっかりかけられていなかったというのと、ジブシートを踏んでしまったりしていてジブの張り替えが素早くできませんでした。そこでタックの時に新しいジブを掴みにいくのではなく、サイドステイを掴みに行くイメージでタックしてみたところ、体が自然と外側に出てロールをかけやすかったのと、ジブシートを踏んだりして張り替えに手間取ることもなかったため、このやり方で行こうと思います。

あと、ランチャアップとランチャーダウンの動作が以前よりも早くできるようになった気がします。ランチャー、センター、フォア、ジブハリ、アウトホール、ジブタックの呪文を覚えていても、いざ動作をするときになったらフォアやジブタックを引くのか切るのか、迷ってしまってそれで時間のロスがあったのですが、今日はスラスラと動作ができてたように思います。


・できなかったこと、今後の課題
今日もオンセンターのタックがうまくできませんでした。ロールがかけられてなかったり、ジブの張り替えに手間取ってしまったりするとこが今日も多々ありました。470のオンセンタータックを見ているとCrは下側に体を乗り出すようにしてヒールをかけて反対側に飛び込んでロールをかけていたので自分もそのイメージでタックをしようとしていたのですが、「470とスナイプではヒールやロールのかけ具合は全然違うよ。」との指摘を受けて、もう一度オンセンタータックのイメージを組み立て直さなきゃなーってなりました。ヒールのときは下側のデッキに座る感じにして、ロールの時はジブのクリュートが両足の間に来るように座ってロールをかけると、ジブを引きやすいとの話をきいたので、今度試してみようと思います(`・ω・´)

スタート前のジブトリムがやっぱり難しかったです。スタート前は時間を読んだりと忙しい上に艇が目まぐるしく動くので、艇の方向を掴みづらくなって気が付いたらジャイブしてた…(^_^;) なんてこともありました。 時間を読むのに気を取られすぎないで、ブームの出ている位置をみて艇の状態を確認したりして、ジブトリムをしっかりできるように気をつけていきたいです。

今後の課題としては、動作の精度を上げつつ、周りをよく見て状況をskに報告するようにしていくことです。あと、やっぱりとっさのタックなとには対応できなかったりするので、その辺も意識して練習するようにしたいです。


・おわりに
台風による大雨で増水していましたが、今日はだいぶ水が引いていました。今回も木曜日に引継いて艇庫の前から出艇したのですが、やっぱり楽ですね!重いバーゼル運ばなくてもいいんで^^
いっそ、このままあまり水が引かないで、艇庫前出艇が定着したほうがいいんじゃないか?と思ったりしました。
でもバーゼル運びは筋トレの一環だから、重いシートを引くためにも水が引いてもらわないと困る…
と、思わなくもないかも(^_^;)

あと試乗会以来はじめて?47に乗ったら、艇の広さと乗り心地の良さに驚きました。 センターの上に腰掛けられるなら、オンセンターが全然苦じゃないですよね。 なんか47で一回走ってみたくなってきた… スピントリムとか大変そうだけど。



yacht_ at 02:37|PermalinkComments(2)

2013年09月16日

ジュニアまとめ

二日目です。色々と成長しました。

6R目:オンセンターからバングくらいです。ついにまともにウェイティング。軽く下有利め。もともと影響にはいりそうだったのがさらに下に振れて影響に。 てきとうに走ってたらなんか順位が悪そうで、まともにウェイティングした挙句の順位がこれか、と思って本当に情けなかったです。ミート艇団があって、受けて返すんかそのままスターボでいくかどうすんの!ってcrに聞いておいて、すぐに「遅いw今タックしても俺がどんどんくだっていって影響入っちゃうから無理w」っていってタックしない、なんてことがありました。が、なんか知らんけどポートレイラインの手前で返したあと、ヘッダーめっちゃ入ってきたのにブローかなんかか、実はもともとそんなに悪くなかったのかで結局廻航順位はまあまあ。9位くらい?
上サイドはスピンをあげきったとおもったら落ちて、あげきったとおもったら落ちて、を4回ぐらい繰り返しました。なにあれ。サイド下がけっこうなルーズでした。後ろから4艇くらい、強そうな船がきていて、艇速もなくて、あたふたしてたら外れてきた1艇に抜かれました。その艇団がジャイブ返した瞬間にジャイブ返したらあってるやろとおもってクルーが足動かし始めてすぐに返したら返してくれなくて、えってなりました。1下終わりに、2上はカバーするわ!ってcrに宣言してラフしました。ですがその2上がくっそポートロングでほぼ一本でした。なのに影響から逃げるために後続艇団がタックしはじめてしまい、カバーするわって言ってしまっていたので僕の艇もタックしてしまい、そのくそタックのせいで3艇くらいに抜かれました。しかもその後続艇はすぐにまたポートに戻るという。本当にロスにしかならなかったタックでした。その直後このタックはあかんやつwwって割と騒いでました。しかも2上は風が右に振れていきました。右にふれていったから結果としてオーバーではなかったですが、2上直後の2回タックしたあとは既にオーバー状態でした。タックする前にマークが正面に見えるというやばポートロングであるという情報があったので、ポートのまま走ることはできたはずで、もしそのままいってたら一番右側に位置していたことになるので爆アドだったなと今では思います。僕がカバーするわ、って方針を決めてしまっていたのも反省ですし、臨機応変にしてくれなかったcrも反省やなと思います。

結果は12位。あー

7R目:吹いてきました。ブローで6mちょい、みたいな。僕としては未知の領域です。下有利っぽかったのですが、僕が速いと信じている京大の船が上にまわってきたので、これ上から出たらいいんちゃうかとおもってそのへんから出ましたが、ウェイティングにそもそも間に合ってなかったので最初から半影響状態でした。でもすぐに右に返してそのまま伸ばしたかったんですが、誰も右にきてなかったのでさすがに左に返しました。タック回数が本当に多くて、その数8回。
森山(67kg)を載せてるさいとうの船の艇速が早すぎてびびりました。これぐらいの風だと波間かなんかで少し下すと一気に艇速が伸びるような感覚があって、それが楽しくて頑張ってましたが、これは多分VMGではないのでしょう。上り気味で走らないとダメみたいですし。ただ、上下を綺麗に流してるときの艇速は楽しい。 波も強いときはこれでもよさそう。やはりポースタで走りやすさが違うし、波に突っ込むようにいくときに上らせる必要はないし、その逆も然りなのかなと思います。タックも多いし順位微妙かなぁと思ってたんですがまあまあで10位くらい。
ジャイブできるかなとおもいながらやったら意外とできました。
2上は覚えてない。波間でちょっと下すだけで艇速が乗ることに気づいて、これプレーニングできるんじゃね!?って思って「ちょっとほんまにセーリングに集中するから任せるわ」っていってめっちゃ頑張ろうと思いましたがいつもどおりのセーリングしかできませんでした。 アンヒールさせるのが嫌で、だいたいずっとヒール気味だったと思います。ほんまに最悪。もっとシビアにやればよかった。一応常にトリムはしてたんですが、全部甘い。あとで赤井さんに聞いたところプレーニングのやり方が全然違いました。

2下はパンプするように心がけてましたが、ちょうどそのブローで振れたりすると一気にヒールが来ちゃうことがわかったので途中からやめました。メインもがんがんに出していたし、のぼすのも怖くてプレーニングできませんでしたwアビームもちょっと沈のリスクが怖くてできませんでした。というか何度かちゃんとアビーム走ろうとしたことがあったのですが、けっこうよく振れていて、アビームのメインと用意をしてもすぐ無駄になってしまったので途中から諦めました。ただskとして始めて経験したローリングでしたが、1回目以外は速やかにセンターへ手が伸びていたと思います。やはり一度のブローでくだしきれず、いったんでかいヒールが来てしまうと、そのままローリングってのが多いです。ほんまに沈するwって思ったやつもありましたが、センター入れたら直りました。ローリングへの対処はほんとに早くなりました。学んだのはそれだけw

2下でさいとうが沈してたのでそれを抜いて結果は9位。 2回目のシングルでした。嬉しすぎ。
流し込み(スピンダウンするくらいタイトでした)で、後ろからきた船がものすごいプレーニングしてて僕らの1.4倍くらいのスピードを出してました。抜かれました。ちゃんとバングとかも引いてラフしたんですが、段違いでした。「なにこいつやばwwww」って言ってたら抜かされました。僕も必死にパンプしたんですけどね・・・。すごすぎて笑ってたらあっちもわらいながらしばらくこっち見てくれたので負けておいてあれですがちょっと嬉しかったです。

8R目:ピンク旗があがったのでノーレース。順位は少なくとも良くはなかったです。どこも廻航してなかったのでわからないですが。とりあえずトップ艇が僕の40艇身くらい先にいたのが衝撃でした。


感想
ついに、クローズでサイドステイをちょこちょこみながら下ってるとか上ってるとか判断して走れるようになりました。これが今レース一番の収穫。
上下ブライダルはほんまにやめてって思いました。6R目の風が落ちてるときとかブロー入ったのにメイン引けないwみたいなことがあって、本当に28(磯田さんの手によって上下ブライダルに替えられた)を恨みました。上下ブライダルはおそらく、メインをがちがちに引き込むのではなく、引き込む余裕を作っておいて、ブローでそれを引くって感じなんだろうと思いました。途中からこうせなメインひけへんwって気づけたのでこうやって走りましたが実際のところはしらないし、リーチリボンも死んでいたのでブライダルの挽き具合もてきとうでした。
28の下りは明らかに遅い。37も遅かったけどそれでも段違いだと思う。やっぱりいい船に乗りたい。
プレーニングは意外とむずい。マニューバで遊んでみたけど、ちょっとしか乗れなかった。
マニューバのジャイブはむずい。なぜか手首を返すようにして返すというよくわからない手段にでてしまった。
今日の風が7じゃないとしたら僕は7だとマニューバまともにジャイブできる自信がありません。
でも吹いてるときのベアとジャイブ楽しすぎる。あのスリルが良い。

吹いてるときはアンヒールつけたら止まれるというのがありますが、あれはアンヒールだからとまっているのではなく、ヒールさせないから流れないだけだろうと思いました。
けっこう周り見すぎてた感があったかもしれません。一日目は本当に見まくっていたというか、見て欲しいものをクルーに聴き続けていた気がします。けど、二日目は上りはだいたい任せれたと思います。やっぱり今まで配艇的にあまり乗ったことのない人とでも、一日レースに出ると少しは艇としてまとまりがつくんやなとおもいました。
バングの風で、上下流すのは本当に遅いのか、ちょっと実験してみたいと思いました。
今日はめっちゃヘッダーが入って大変やったって横川が言ってるのを聞いて、俺もそうおもうなーって思ってたんですが、ぼくらみたいなしょぼskはおそらくリフトに気づいてないだけだろうとおもいます。ヘッダーもリフトも同じだけ入っているはずなのに、僕の頭では4:1くらいの割合に思えます。そういうところで結果下ってしまうのだろうとは思います。ただバングの風だと色々と必死すぎてテルテルが少しぴらぴらしようともあまりなにも思わなかったのですが・・・これはだめですね。
艇体関係を見るに、やっぱりくだりがちなことがおおいです。でも吹いてるときは上ってました。やっぱりcrが軽いからなのかな。でも僕のフラット率の低さを考えるとのぼりすぎってことなんでしょう。あいてのすこし上でタックして同タックになったときとかはそのまま艇速もなく下っていって影響に入っていっちゃうことがあったので色々と励みます。
レグ的にミスったタックをしたあと、「いまのあかんかったわ・・・」っていいながらそれをレース中に後悔し始めるのは直したい。
僕はいちいち下廻航時にケースしそうで怖かったです。ラフで登りきってないみたいなw
下の船に「うそやろのぼりすぎやろ」といいながらラフに切り続ける僕の姿がなさけない。
見てなくてあわやケースっていうのはなかったとおもいます。スタート直後のファーストタックは危ないことが・・・。
ハイクは途中で疲れる。ヒールトリムはずっと頑張り続けたつもりだったけど、やっぱヒールが。
バングのときはテルテルに対しててきとうになってしまうのはよくないと思いました。でも波も強いしずっとテルテル通りに走るというのは正直微妙なのでは。上しすぎてパワーがなくなったら下すのに波が強くてパワーが出ないときにくださないっていうのはほんとに矛盾していると思う。
波があるからちょっとタック待つわ、ってcrにいった場面があって、なんか嬉しかった。
もっと嬉しかったのが右艇団の右下らへんにいたとき瞬時に飛内塾を思い出せたこと。あれは嬉しかったー。

skが諦めたら終了で、諦めたときに最寄りのブローを拾いに行って「あれ、これもしかしていけるんじゃね?」ってskに思わせるのはcrの仕事だと思いました。そう言う意味で3R目と6R目は相当crのおかげです。


なんかもう少し発見があったとおもうんですが忘れてしまいました。今更ですが6R目と7R目は記憶があやふやでいろいろ混ざってるかもしれません。

結果として、僕は5R目はでていないので7-13-15-13-12-9というかたちで、そもそも艇数が少ないとはいえ、正直僕としてはもうほんとに満足です。僕とは思えないぐらいの結果だとおもいます。
でも、運よく、いや運じゃないのかもしれませんけど、しっかり風を拾えたりして、後ろのほうから追い上げたり、みたいなレースもあったのでやはり運がめっちゃあると思います。これは本当の思います。普段ならそのままケツを走るようなレースもあったのにそれでもなんかちょっとは食い込めました。普段の練習からみても滋賀医内ですらセーリングが速いわけではないし動作も下手だしで、これはレースのレベルが低い、のだろうなとはやっぱり思ってしまいます。思いたくないですが。


節目な予感がするところで動作をすると大概くそすぎて負けるのでとりあえずは動作だろうなと思います。ジャイブはまだまし。タックですね。skcrでどういう動きをするのか把握しきれてなかったのもありますが、最初から最期までほんとにひどかった。


クルーとして乗ってくれた2・・・あ、1回生の長田さんありがとうございました。「もっとガイ持ってこれるってw」「いやいや・・・」という会話を何回したか・・・。今日は吹いていたので口調も強くなっていたことがあったかもしれません。・・・ま、これはいっか。吹いてるときは上りのskより下りのcrのほうがしんどい。

ジュニアは僕のこれからの一年のなかで多分唯一僕の学年が主役のレースだと思うので張り切って日誌書きました。
調子に乗って順位まで晒して日誌を書いてしまった。次も晒せるような順位を取りたいですが、厳しそう。
ゆーて頑張りはします。 

といか。他の人書いて。まぁ書くの、というか思い返すのはほんとにためになるからいいんだけど。
首の根元いたすぎ。バングというよりアビームのせい? 


yacht_ at 03:27|PermalinkComments(0)

2013年09月14日

代替わりしました

僕の仕事はセールと司会でした。いつもぐだぐだですが追悼式は真面目にやったつもりです。
そして司会の仕事は終わったも同然。

代替わり後はずっとskをやらしてもらっていました。練習前は練習が楽しみで仕方なく、でも練習がはじまると実はそんなに楽しくなくて、でも終わるとまた次の練習が楽しみ、という状況でした。練習がそんなに楽しくないというのは上達していないということにイコールといえるかもしれないのでちょっとあれですね・・・

明日は台風ですが、今日はふつうにジュニアがありました。僕にしては頑張りすぎた結果だと思います。よくみたらたいしてよくないですが。でも気分は嬉しい。明日もこんな気分でレースを終われるかわからないので今幸せなうちに書きます。


1R目:風はレース結果表いわく5.9m。いきなりの上有利上ピンねらいでした。ほとんど完璧だったんですが、ルームがほんとにできるのか怖くてめっちゃちきったので艇速がなくて影響にいれられて右に・・・。右にいった船はほんとに少数で、実際に左がよくて。セカンドタックで盛大にしくったりもしました。普通に徐々にくだっていって影響にまた入っちゃったり、して最初は右艇団(少ししかいなかった)のトップだったのに3位くらいに落ちてました。で、上廻航は10位くらい。前の艇団がのぼあってたのでとりあえずのぼしてたら後ろの艇団はくだしてて、あれ?wってなりました。そこでちょっと抜かれたとおもいますが、のぼしあいでも少し抜けたのであんまかわらず。下廻航後、4艇くらいがポートで失速していて、えっ?これなんかメリットあんの?って考えたのですが、ロングぐらいしかわからず、すぐタックしてなんかやってたら5位?になってました。流し込みへのアプローチというか廻航をみすってまぁ抜かれちゃって7位になりました。


2R目:あまり印象にない。まあまあ吹いてました。下有利がきつくて、エントリー間にあわず後ろのほうから適当に走りながら出ました。うんち。案の定影響にはいってしまい、ちょっと下したとしてもずっと影響ってかんじだったので条件反射的にタックしようとしちゃって、ぱっとみたらスターボいたので風位ぐらいまでたってたけど中止するっていうものすごいロスをしてしまった。 上廻航は17位とか。上マーク付近で風が落ちて、上サイドでブローを拾いにやたらのぼして走ってた船が勝ったのが印象的。ブロー大事ですね。下廻航でルームあいてたから入っていってちょっと抜かして結果13位。

3R目:スピンが敗れてしまったので変えました。それでちゃんとできてるか調べるためにスピンあげてたら予告きて、風も落ちてしまったのでスタートにすら全然間に合わず。トイメンくらいまで落ちました。ここですぐブローを拾いにタックしてくれたクルーには本当に感謝。 でも上廻航はケツでした。前に34がいました。絶望しそうでした。サイド下で膨らんだ2艇を抜かしました。2下、みんな即ジャイだったのですが、ブローが左から降りてきそうだったのでベアウェイでいったらなんかめっちゃぬかせました。でも結果は15位。 でも明確にブローを拾いに行くという意思で下りレグを引けたのはすごく嬉しかったです。ちなみによくわからないままに振れジャイブもしました。ケツからの追い上げ嬉しかったです。流し込みのアビームがめっちゃ綺麗だったらしいですが、そのとき僕は競ってる船もいなかったので何艇後ろにいるのかしか見てませんでした。

4R目:普通にスタートをみすった。てか1R目以外は全部エントリー遅れてます。風はバング。たぶん下有利で下集団の一番上から出ました。なぜか上に艇がいなかったのですぐ諦めてタックしました。 右の風は実際悪くはありませんでした。だから上にはもう艇がいなかったのかもしれませんね。てことは下有利だから下めで出るけど右のブローを拾いに行きたい時のパターンのレグ引きを実行できていたのでは・・・。上廻航は7位でした。
上サイドでのぼしあいで1回抜いたのですが、また抜かれてまぁ、マークも近いしいいかと思って諦め一艇抜かれ、
サイド廻航直後、京大2艇に抜かれました。 というのも、スピンのフットが取れてしまったからです。その時点で後ろにはしばらくいなかったのでその場は諦め、2下に向けてスピンをちゃんと使えるようにすることに専念してました。
2上は忘れました。ポースタで、前を切れた(はずだった)けど、突然スターボですよーっていわれて反射的に無駄なリーバウをしてしまったのが痛かった。今日一番の防げた、かつ防がなければならなかったミスはこれです。しばらくこれについて愚痴ってたのですが、クルーに「あとにしよw」って2回も言われたので立ち直りました。
2下はてきとうに走っていて、下廻航でもたついてる艇団(といっても僕より速いんですが・・・)につっこんでいきたかったけどもちろん無理でむりやりのぼしてなんとか回ろうとしたんですが、ジャイブが帰っちゃってほんとにぐだぐだでした。13位。なんでこんなにおちてしもたん。

5R目は僕は出てないので知りません。

感想
エントリーが遅い。スタート苦手。というかセーリングがしょぼすぎてスタート後はほぼ確で負けてしまう。
上りのセーリングは他大学と比較して、やっぱ下りがちかも。でもだからといっていっつも遅いわけではない。
バングくらいの風ならあんま変わらんかも、でもやっぱ流れてはいる。オンデッキとかに落ちたときちょうどリーチリボンが死んでて本当に困った。いいセール欲しい(チラッ でも、風が落ちたらすぐバング抜いたりしてそれにあわせたチューニングには適宜変えられていたとは思う。
下りのセーリングはそもそも艇速差が・・・いや、なんでもないです。唯一まともな速さを誇ってそうなのがアビームでした。前の方にいる艇団とアビームってなっても遅かった印象はありませんでした。
あと、藻をいじるたびに風にたちかけたりやばくだったりすんのは気をつけないと。
あと咄嗟に上る際、束をつかんでそのままブームを引き込む癖?があるのですが、そのときはブームを下側にも引っ張らないとちゃんとやったことにならないな、と気づきました。


良かったことは、一応つねにどうやったら周りに勝てるかは考えられていたことです。ただのつもりかもしれませんが。そのくせすぐ諦めたりもしていたりして一貫性がなかったですがwクルーのときは周りをみていい感じのレグを考えるというだけでしたが、スキッパーになるとどうすれば勝てるか、という思考になったような気がします。


 
実際出てる470は少なめなのですが、スナイプが多く見えるのはスナイプには京産さんとか佛大さんとか龍谷さんがいる、という理由だけなので。470はそんなに少なくない!!!!!

正直少ないですね。でも僕は本当に嬉しい。全然良い順位とは言えないレベルですが、僕としては予想をはるか超える成績だったので本当に嬉しいです。 

 
レースは楽しい!ヨットも楽しい!練習は時と場合によるけどまあ楽しいかも!

台風はやめて。 



yacht_ at 22:22|PermalinkComments(5)