2014年05月

2014年05月20日

もうあつい

あーさむい。

お久しぶりです。クルーで寒い春を過ごし、新歓を経て、メイレの手前でskに戻りました。関係者の方にはご迷惑おかけしました。いろいろとあったので振り返ることにします。

春練:クルーでした。自艇のことばかり考えていたので報告はすごくおろそかでした。ヒールトリムは必死でした。特にアビームのヒールトリム、割とうまかったんやなぁ、ってskになって森山くんと乗って思いました。森山いつもすまんなw
オーバー以下の艇速を決めるのは、第一に当然skでしょうが、やはりジブトリムは鬼大事です。
crがskを走らせるという表現ですね。
to leeはできるようになりました。ポールチェンジがうまくできなかったときの名残で、スピンをぶん回すというのが、スピンシートを引いてすぐに貼る上で邪魔だということに気づくのに手間どりました。 はるばるブームの返る直前まで貼っておいて思いっきりぶん回す無意味さよ。
やはり一回生のうちから動作については最初だけじゃなくて重ね重ねちゃーーーーんと、教えようとおもいました。まあ体格とかによっていろいろちがうんでしょうが。ぼくは慶応のやつをまねたような記憶があります。まぁなんやかんやいうてますが、フルトラぐらいまでの風でしかできませんでした。
春練でなにが一番うまくなったかというとアビームだと思います。本当に感動したのが、skのラフベアとぼくのサークリングモーションが完全に一致して、ずっとプレーニングできてたことです。あれは未だに覚えている、春練で一番の感動でした。

crについてはそんな感じ。周りを見る、みたいなそういうことよりとにかく自艇の艇速とか動作のことをひたすらに考えた春練でした。

それが終わって、skになりました。
crは森山です。ヒールトリムはうんちですが、ブローの見え具合と艇速感は相当いいとおもうんで頑張れ。

二人あわせて120kgを超えているので浜名湖には期待しています。

メイレの前のskとしての練習日数は限りなく少なく、特に弱風でのセーリング経験が少なく、メイレは死にました。一日目はまあまあ吹いてて、順位も真ん中くらいでした。一日目の最初は弱風で、ふつうに走れてたので「あれ?これ弱風でもいけるんじゃねw」って思ったのですが、二日目のセーリングでは全然走れず、なんやねーん、て思いながらレース出てました。二日目は終始弱風で、むりでした。ジブの高さが安定してないのが原因かなと思います。
スタートも7R中5Rくらいが二列目スタートで、スタートの前からすでに3艇身前に船がいるという状態でした。
でもなんとかなるやろ、と思いながら1上走ってましたが、少しでもなんとかなったのは一日目だけで、二日目はなんともなりませんでした。いやぁ、やっぱスタートは多少は決めないとだめっすわ^^^^

浜医戦は2番艇として出させてもらいました。船が壊れ、礒田さんが帰り、これは負けるwwwwと思って頑張ったんですが、総合で負けちゃいましたね・・・。久しぶりのプレッシャーの中頑張るのは楽しかったです。
平均8,max11でトイレをする浜医さんは強風に慣れてるんやなぁて思いました。

そしてポイントレースでした。風の割にコースが短く、セーリングの差があまり出なかったのかいろいろな艇と絡めて楽しかったです。コースが短かったおかげでまあまあ前も走れたり、でもそもそも艇数も少なかったり。


33で出たのですが下りがなんか速かったです。ぬかすことはあってもぬかされることはありませんでした。
けど、36に乗り替わったのでほんとにはやいのかはもうよくわかりません。まあ33はあまり使われてなくてすごくきれいなので軽いのかもしれません。

33と比べて36は、バングが軽いです。33のバングは鬼重かったので比較も難しいですが、36のバングのひき量とそれに伴うセールの変化量を見てる限り、33が重かったのは倍どりが一個少なかったんじゃないかなって今では思います。

あと36のほうがウェザーが強いです。ニュートラル?なにそれ?みたいな。マストステップの位置的にはもう少し後ろにしたいのですが、ウェザーが強いなら前にしようかなぁ。悩ましいところ。もう少し乗らないとわかんないですが6月はレースばっかりなのであんまり変えたくないという気持ちもあり・・・。
エクステは直立してます。だから?てかんじですが。



ふと今思うのが、なんかいろいろと妥協してたなってことです。去年の九月はskはじめたてで、何事も妥協せず、引退学年と同じように意識高く練習しようと思っていたのに、今skをしたら薄れてました。去年の代替わり前にくずみさんががんばっていたことを、skとして頑張ろうと思っていた意識を忘れてました。でもまぁ思い出したので、また頑張ります。

OBさんがいないとうまくなれないのは少し悔しい。OBさんがきたらやっぱりOBさんのほうがうまいし、いつも教わるところが多くて、すごくありがたい反面、少し悔しいです。


と、思いましたので、うん。やっぱり頑張ります。やはり日頃妥協してるポイントは多々あって、
それは最初は気にしてても、ほかの点で覆われて流されてるポイントだと思うのです。
流してはいけないですね。流しちゃうんだろうけど。でも流さないように努めなければだめです。たぶん。
でも自分に厳しいタイプではないので、うーん。まぁがんばる。



話は変わりますが、きれいなタックときくと、同支社ウィークでみたどっかの艇のタックが思い浮かびます。
風はオンデッキぐらいでしたが、まさにロッキングのようなタックでした。ティラーを切り、回航し、その回航速度が維持できる程度のロールをかけ、そしてそれで船を漕ぎ、起こす。という。本当に船がきれいに回り、きれいに漕がれてました。
ロールで船を回すという意識というよりは船をこぐという意識のほうが大事なような気がします。
船がある速度で回航しているとして、それをロールによってさらに回航速度を上げるというのは、たぶん船に余分な横向きの力がぐいってかかるので前に進みづらいんじゃないでしょうか。一番船の推進力をキープできるのは、やはり最初のヒール角で切れたラフィング速度を保つことだと僕は思いました。それでいて大きくヒールを作るためには、ゆるやかなロールで、かつ大きな動作が必要かと思います。
イメージとしては、うー・・・ふぅっ。って感じではw うー、おら!ではないということですね。いやまぁほんとにこの一行すっっっごくてきとうなんですが。



下りを走っているとなんとなく船が引きずられてるような感覚があるときがあって、
そういうときはcrに一歩後ろ!とかいってみています。あってるのかはしりません。その結果何も変わらなくてもまぁええかとおもって走っています。でもアビームはたしかに、crの位置によって走りやすさが変わるなぁというか、バウの安定感が変わる気がします。まぁてきとうなんですけど。
ランも、skはできるだけ前に座るのが正しいと思います。が、crはどうでしょうね。そんなにも前に座るべきなのか?と思っていて、半ケツ後ろきて、とかいってみたりしてます。この差はあまりわかりません。アビームのときの乗艇位置はけっこう変わる気がします。思い込みかもしれませんが。

最近下りは少し早くなってきた気がします。正直強風アビームはうまくなったと思う!
でも、よし、これでプレーニングするはず!って思ってもしなかったりするのでなんかあんまり感覚が安定してない。


のぼりはまだまだ遅いので頑張ります。よく考えたらヒールトリムとか全部クルー任せだったので来週からは僕が動くことにしました。「のびろ!!」ていいながら僕は座ってるだけみたいなwwwwwいや、すみません><

レースに出てみて思うのはのぼりが遅くて、くだりはそんなかわらんということです。のぼりとくだり、なにがちがうのか。下りのほうが艇速感がわかりやすいってこと?
やっぱり前に船がいるとやばいブランケが近い!!ってなって上りがちになっちゃうし、そのせいで流れて結局ブランケはいって、ちーん、ってなってるんじゃないかなぁ。と思います。わからないですが。
気合と根性で自分のクローズを走るべきですね。ふつうに考えて、そんなに両テルテル流したクローズの角度が違うはずがない(はず)


普段のセーリングの長さもかかわってるのかな。しがいはのぼりは細かく切るけど、下りはあんまり細かく切らないみたいなとこあるじゃないですか?なにが違うのかしりませんが、長くとったほうがいいという説もあるのでは。


メインシーティングではない、が、メインにがすのが少しでいい時のメインの重さがすごい。
ちょっとバングひくだけでリーチが整う感じ。だから重い!!!!!

なんか他大学には経験者入ったりでいろいろ強いみたいですが、とりあえずはコメでシングル狙います。
そのために森山もがんばろう。シングルとったら代替わり後、42のります!

あれ、でもぼくコメでないわww

あ、そういえば、試乗会で新入生が前にとんでいっちゃうことがありますが。
あれは船の前のほうに新入生とcrがいるせいだとおもいました。
だから船が前に傾き、重力が前に働くのでトラッピーズにすごく出づらい!!!!
というわけでskはできるだけ後ろに乗りましょう。そうすれば新入生が出やすいはずです。
今まで書いてきたことにはあまり自信ありませんが、これには自信あります!!!!



こんなかんじです。長くなっちゃいましたね。

yacht_ at 00:11|PermalinkComments(3)

2014年05月19日

拘りマンに...

またまたIsoっすm(_ _)m
さてさて西医体まで88日となりましたね〜
...88?いい数字っすね、末広がりってやつですね〜
これに気づいたのは僕だけ? では、幸運は僕のものに....笑
はい、スベりました^^;  すいませんm(_ _)m笑

さて、土曜日ポイントレースからの日曜日練習でした!m(_ _)m

ポイントレース
いや〜。。ですね^^;
赤り(スタートが、、と言うこと)たくはないですし、その予定もなかったのですが、課題はスタートですねm(_ _)m
もちろん他の部分でも課題はありますが..
ライン読みに自信がなく、ビビってしまい、加速のタイミングが遅れた故のくそスタート。。
下のスペース守り切れてない故のくそスタート。。
スタート後のセーリングでただ上ってるだけで失速し流されてるだけのくそスタート。。
早急に改善せねば。。
こんなことしてる時期じゃないのにという焦り、結果についての悔しさに振り回されて、良くなかったですm(_ _)m
そんな僕に熱い激励、N田さんありがとうございましたm(_ _)m
弱い自分に振り回されず、検証をしっかりして練習につなげていきます!

RQ君
そろそろ角度をレグにも反映できるように、振れタックなだなど。。
一つの判断が持つリスクベネフィットも把握できるように。。その都度言っていきますm(_ _)m

日曜日練習
ポテさんが白に乗ってくださいましたm(_ _)m
絶好のチャンスと質問しに行きました!
いや〜勉強になりましたm(_ _)m 
やっぱり、この2日間で実感したのは、レスキューともっともっと密に絡んでいくともっともっと練習が面白くなるということでした!当然のことかもしれませんが、今までできてなかったことですね。
強者たちであるOBさん達は皆さん、凄く細かいとこまで見てくださっていて、勉強になります!僕も将来はそんなOBになれれば。。^_^

各メニューに関してのアバウトな感想は。。

・サークリング 
奥が深い!
まだまだ改善できる余地がありますね!
艇速を殺さずに、綺麗な円で、スムーズな体運び、完璧なヒールトリム。。
挙げればキリがありません!
 
・ラウンディング
今回はサイドジャイブ進化しました!
ポテさん御見本ありがとうでしたm(_ _)m
動作面ではOBさんに負けてる ようではまだまだですねm(_ _)m

・セーリング
甘い!
実に甘い!チョコレートより甘い!笑
ヒールトリム、ブームオンセンター命、まだまだ追求できる!
クルーとのコンビネーション大事ですね〜


・スタート
答え合わせスタート練習楽しかったです^o^笑
でも早くこの状態を脱せねば!

RQ君
ポール付け替え進化をば頼みますm(_ _)m
一発でとれてるかな?
ダウンの時のポールの扱いを丁寧にm(_ _)m
そういやヒールトリムも役割今度話し合おう〜^ ^


この2日間で思ったのは、もっともっと拘れる!もっともっと丁寧になれるということでしたm(_ _)m 
最近はOBさんのアドバイスもあって課題、挑戦項目の発掘も多く、次の練習でチャレンジしたくワクワクっす♫

挑戦項目が増えるほど時間との戦いが意識させられて、急がねば🐤💨💨💨💨となりますが、地に足をつけて着実に進んで行きたいですm(_ _)m 


yacht_ at 23:55|PermalinkComments(4)

2014年05月15日

木自主練!

Isoです!
今日は4回はテスト後休みということで、午前中TしさんにCrで乗ってもらって自主練しました^o^
 9:30に艇庫に集まったのですが、見事に凪いでました_| ̄|○笑

「きっと吹くはず!」と 艤装しました,それでもないでたのでアウトホール改造しちゃいました!
どう改造したかというとショックコード使ってSKからも引けるようにしただけです笑
すでにTしさんがそうしてくれてたみたいなんですけど、それを「ティラーに引っかかる( *`ω´)」とポイしちゃってました^_^;笑
でもこないだのメイレでも沖風待ちの時に密かに強者達の近くを通って偵察(◎_◎)した時にやっぱりSKから引けるようにしてたので、やっぱり使おうと思ってつけました!Tしさん協力の元、改良版をつけました^o^

で、そうこうしている内に少し入ってきたので出艇しました!
最初は風が安定していなくて、1-3くらいで ポンポン振れてて翻弄されたんですけど、後半は安定して3-6くらいの南風になりました!

練習内容はいたってシンプルセーリング上りとセーリングアビームをひたすら!

セーリング上りに関して...
 ・アウトホール試しましたがやっぱり他艇と比較しなダメですね^_^;笑 自艇のみで分かるのは厳しいです笑 ただ、セールの下のほうが目に見えて形が変わったので、どの風でどの形がいいかは研究の余地ありそうです!風あるのに抜きすぎると悲惨なことになりました笑

・バングシーティングでのブローの対処と角度の違いですね.Tしさんは上らせる派でしたのでそもそもの角度やブローに入る時のリアクションの仕方,設定の仕方が違いました.上らせる重視と艇速重視は結構はっきりモードチェンジする 必要ありかもですね.

・艇速が良い時の感覚をいかに長い間引き出させ続けることができるか頑張ってみましたけど惨敗でした囧rz笑 ウルトラマンも呆れるくらい笑

アビームに関して
・アビームは経験では?という思いもありとりあえず長いこと走りました!Joshinから大津プリンスくらいまでをひたすら..笑  やっぱり反応遅いですね笑  特にアンヒールになった時の対応が..
今日はパフとラルがはっきり分かれてたので、上に行ったり下にいったり忙しかったです..クルービショビショすいませんm(_ _)m ミシガンの影響やっぱりでかいですね笑

・ 6m/sくらいのカットビアビームはすごく楽しかったです^o^
アビーム時に上手く行った時の艇速の伸びに少し敏感になれたかもです.

クルーに関して
・2人で話してたのですが、セーリング時にもっとクルーとコミュニケーションとってクルーにも協力してもらうほうがいいのではということになりました!

やっぱりOBさんに乗っていただくといいですね^_^

今日は自分のしたい練習をOBさんに乗っていただいてした豪華な日となりました!
Tしさんありがとうm(_ _)m 


yacht_ at 22:23|PermalinkComments(6)

2014年05月14日

浜練

5/10(土),11(日)は浜医戦でした!
1日目の浜医戦 ですが....
途中トラブルなどがあったとはいえ,先輩方が築いてくださった伝統を途絶えさせることとなり 大変に申し訳ありませんでした..
西医体で勝てるよう必死の思いと行動で誰よりも1秒でも長く船に乗り日々速くなっていきたいと思います! 

話は変わりますが..
やはり西医体の海面で走れるのはやはりイイですね!^o^
身も引き締まりますしモチベーション上がりっ放しっす^o^
昨年も春に小戸に 行ってオープンレースしたり人に話聞いたりしたのですが,色んなこと聞けましたし、今年も良かったです^_^  閣下直伝の偵察も行いました!
ですが、具体的な風や海面のことは相応しい場所に譲るとしましょうw

 11日は合同練習をさせていただいたのですが、その時に浜医さん側のコーチが2人もいらしゃってスキル的なこともアドバイスいただいちゃいました! 夏に争うことになる相手なのにいいのかな?笑
親切あざす!色々質問攻めにしちゃいました笑 1人は滋賀出身らしく昔は柳が崎でぶいぶいいわしてたのだとか笑 

  アウトホールのことは盲点でしたね笑 また、それに気をつけつつ乗ってみます!後はパンピングだとか,良く走ってる際の感覚だとか,乗艇位置とか,バングの量とかなどなど質問しました^_^ あぁー早く試してみたい!
  と、その前にテスト_| ̄|○  木曜日自主練するのでそれ楽しみにしつつ、明日の腎臓の勉強を頑張ります( ̄^ ̄)ゞ笑



 

yacht_ at 01:20|PermalinkComments(2)

2014年05月08日

GYW

どうも!
イソってる(まだスベってる。。湖上では華麗に滑るように早く速くなりたい!)礒田です!
久々の更新すm(_ _)m
さて現役部員はGWならぬGYW(ゴールデンヨットウィーク)でした!

さて、5/3と4はメイレでした。。
結果は半分よりも遅く散々なものでした。
反省としては、どのレースでも大きな減点があったことです。
マークタッチ、ポースタで攻め過ぎて「よけたよ」と言われ、風ないとこいったり、スタート2列目からだったり。。
気をつけているつもりでしたが、それがまだまだであることを結果が証明しています。。
厳粛に受け止め、課題を探し、もう一度計画を練り直し、悔いのない一日一日を送っていきます!

他の課題としては、
・スタート後のピンチングで走らせることですね。まず、ベストスピードに加速した状態でスタートするという前提はありますが、僕はあまり意識して上らせて走ることをしたことがないので、失速して残念なことも多かったです。

・スタートは有利がある程度きついなら有利目に行く。日頃の練習で有利目からスタートしているなら有利目からスタートするということ。

・上サイド、サイド下がタイトであり、かつ、艇団が一列となる場合は、その列のラインがラムラインより膨らんでいる状態で列から離れてマークに向けると風がない(艇団で遮られる)とこを走ることになるので、やはり、列に並ぶということですね。

・もっと風をみること。
ただ風を見るのではなく、某閣下がアドバイスしてくださったように、もっとレースに活用できるような見方(詳しくは割愛)をするということですね。

・2下で上ってくる船に気づくのが遅かったので見ることですね。
ラウンディングで艇が多い中で上下で回るということをしてもいいかと思いました。

・2上のレグ。
カバーすべきとこでブロー優先しすぎて後ろの船に抜かれるという初歩的ミスをしたので、クルーと相談して、どれをカバーするのかどのブローを狙うのかということを下マーク回航直後には決めるべきですね。

ま〜そんな感じで、課題が他にもまだまだあるので、どうすればそれらを克服できるか考えて練習して行きたいと思います!



で、3日目ですが、自主練習の予定だったのですが凪いでしまいましたT^T
ですので、待望の42様のチューニングを出すことにしました。。(まだのら(れ)ないですが、いつか乗れるよう、結果を出すべく精進です。)
42様は、繊細なのか、1苦労しまして、2時間半くらいかかりました^^;
昨年も手がかかりましたよね、九さん。
某閣下直伝の左右対称への合わせ方を行い、左右数値を合わせ、高倉さん情報のチューニングの合わせ方でやると、最新のチューニングテーブルの範囲内にぴったり!
1ピンダウンまででたときの感動はひとしおでした!
というのも、昨年、ディフレクションが合わなかったんですが、それもばっちりでして、昨年のリベンジを果たすことができましたm(_ _)m
そんな感じで3日目はtuning dayとなりましたm(_ _)m
やはりチューニングという一つの要素を完璧に遂行し、それについては自信を持つことで、沖で走らせたときの結果の原因を探りやすくなりますね!



4日目ですが、午後はそこそこ風があったのでsailing dayとなりました!

午後は1ピンダウンくらいでしたね。
Tしさんにスキッパー乗っていただいて走り比べたのですが、上ること上ること。笑
僕自身上らせまくるというタイプでなく以下にして艇速に変えるかというタイプため、艇速がない時は潰されましたT^T笑
やっぱり、風力によっては上らせたほうがいい時とスタート後は上らせたほうがいい時を考えると、早急にそのタイプの走りもできるようにする必要がありますね、はい。

後は下りのパンピングの練習しました!
方法は知識で知ってるけどどうもメインがスカってなって船揺れるだけで、上手くいかなかったんですが、何回か上手く言った時は超気持ち良かったです!^_^
明日は少しは吹くかもなのでできればそれを練習しヨット(笑)!
。。あれスベってます?笑

下りについての風速によって変わるバングの入れ具合もTしさんに教わったので気をつけてきたいです。

クルーに関しては最近一緒に乗り始めたRQくん。

・ブローやラルがくる前にアジャスターに手をかけいじ準備をしましょう。

「ヘッダーが来ると思います!」
→ピンと伸びたまま
→死ぬほどアンヒール((((;゚Д゚)))))))

次はないと思いましょう( *`ω´)笑

・スピンは奥が深いです。まずはガイを潰さないように今の3倍は敏感にm(_ _)m

などなどですが、クルーとしっかりコミュニケーション取りまくって一緒にうまくなっていきたい、今日この頃ですm(_ _)m


。。やはり発見が毎回あるとヨットはさらに楽しいですね♫

毎回発見がある、昨日の自分よりも上手くなったと皆が言えるよう努力していきたいですm(_ _)m



yacht_ at 21:50|PermalinkComments(3)