2014年11月

2014年11月25日

トラペゾイド

どうも。お久しぶりです。スナイパーのこすぎです。
日曜はスキッパーになってはじめてのポイントレースでした。3時まで風待ちからのまさかの2レース、さらにトラペゾイドコースでした。トラペゾイドは470と全く出会わなかったので混雑がなく良かったです。トラペゾイドが流行りらしいので西医体もトラペゾイドになったらなかなか大変そう。トラペゾイドってなんかすごい言いにくいけど、言いたくなります。
とりあえず、ポイントレースをふまえて、あれこれ書きたいと思います。

スタート:
難しい。周りに合わして動いてるだけです。特に有利がキツイときとかさっぱりでした。あと、基本的なことなんですが、ラインがあんまり見れてない。ラインサイトの活用ができません。そもそもあんまりスタ練できてないのでスタ練したいです。

上り:
吹いたときにジブの上のテルテルをはねさしたらいいみたいなことを聞いたのでやってたんですが、やりすぎらしいです。ぼくのは、はねるというより暴れてるとのこと。まずはキレイに流すことを意識します。あと、ヘッダーはわかるんですが、細かいリフトが難しい(´・_・`) 下のテルテルの動きって上のやつより分かりにくい気がします。

下り:
順風の遅さがすごい(´・_・`) 吹いてたら少しのミスとか失速って誤魔化せてしまうんですが、順風やとしっかり結果にでてしまうので辛いです。特にアビームは泣きそうなくらい遅い。ベアのときに加速できずに失速しながら角度だけ落ちてる感じです。たぶんベアが下手くそなんやと思います。

動作:
やっと慣れてきました。型が出来てきた感じ。タックはまあまあ。タック後吹いてるときにたまにオーバーヒールくるのがだめです。ジャイブは船の安定感が課題。

その他:
ハイクアウトの偉大さに気付き始めました。あと、整備はしっかりしなければなりません。嫌というほど思い知らされました。風のシフトに対する意識を強く。

もうすぐオフですが11月は風待ち多すぎて練習した感薄いです。しっかりと朝から吹いた日はないんじゃないかと思うくらいです。オフは整備祭りになりそうです(´・_・`)

おしまい


yacht_ at 14:17|PermalinkComments(6)