2015年07月

2015年07月28日

あと3週間!

お気に入りだった黒の水着のおしりがついに貫通しちゃったので新しいのかいます



最近根拠のある自信をつけたくて、いろいろ自分の動きを見直してるけど
あんまりつきません。俺下手じゃね?て思うばかりです。やべー



まだまだ自艇は、前を走れてるのは相対的にマシなだけで、全然うまくないなとは思ってましたが
思った以上に乙女組にぼこられて萎えたのでなんとかします



ぽじてぃぶううううううう!!!


最近思うこと
ヘダーの入る前ってもしかしてskにはわかっちゃう?



結局どの練習でも、見ていた人から言われることってみんな自覚のあることばかりだとおもう。
各々、自分の目的を目指すあまり盲目的になってしまってそれを気づかぬ振りしてしまうのがだめな練習ができるメカニズムな気がする。



残る練習は、時間よりも、意味を求めて練習していきたいです。




おわり


yacht_ at 21:27|PermalinkComments(2)

2015年07月19日

野分

台風といっしょに最後のレースも終わりました。

いよいよ引退前って感じですねー。


1R目
みんなひっくーい!と思いながら調子のってどーん!って前で止まったら壮絶な上げあいはじまってゼネリコ。
ゼネリコ誘発すまん。いやでもいくらなんでもあげあいしすぎでしょ。いやすまん。反省してます。
さっきちょけたしなー、次どんなスタートしよかなーって考えてたら気づいたら上ピンっぽくなってた。
下流れたら出れるなーって思いながら待ってたら流れてくれなくて出れず
1上はゴミ。いろいろ抜いたけど
最終4位。コースも短くて挽回できなかった。 言い訳。焦った。
上サイドで割とおしゃれな動き方してまぁちょっと抜いた。もし僕が僕の船の動きを見てたらあいつうまwって思うとおもう。見てくれてた艇はいるのだろうか。

2R目
1R目で失意やばかったけどなんとか次で1位とるぞーっておもった。
というわけで絶対しくれねーわ、って思ったのでピン側は避けて割と真ん中から出た。
ベストスタートではなかったけど、まぁ無難ではあった。下ピンからちゃんと出れた3艇くらいとぼくがスタート直後はほぼトップだったかな。
道中いろいろラッキーな振れもあったりしつつの、1位。
満足。


でも1位2位3位たぶんどうりつで5点。たぶん
31162さんは1位と1位だった。くそ。いやすごい。
やっぱスタート失敗はだめ。

反省
具体的にはいろいろあるけど、気持ち的に。
このレース、今思えばインカレレースで僕が出してきた結果が本物なのか、周りに試されてる気分だった。
そんなんで前走れるわけない、とはいわんけど、少なくともベストな心持ちではなかった。
なんか調子乗ってる感じもするし、最悪だとおもう。気づけてよかった。
もっと気持ち張りつめて、もっとしっかり全力を出せてたら、と思いますがまぁ本戦じゃなくてよかった。



よかったこと
他のどの艇よりもタックがうまい。少なくともみんなインカレレースでよく見るタックとは思考の異なったタックをしてました。

マーク付近のあれこれもたぶんうまい。みんなそこでそれしちゃだめでしょみたいなことしてた。
他艇のそういうのに気づけるようになったことってのにはすごく自分の成長を感じる。ただそこは自分の技術とはまた別の部分だけど。


あと1か月弱ですること
今一番やりたいのは順風での加速動作。
どうせみんな加速動作はなんか最初のほういろいろ考えてがんばったけど、結局よーわからんわってなっててきとうにやってるとおもうのでここで差つけてばひゅーんっと前に出る(予定です
練習で自艇をみたときに、うまいなこいつと思えるように練習します。それだけです。
練習中の僕の艇を見る限り、今はうまいとはおもえないし、そんな前を走るような船には思えません。
これから必要なのは動作を一つ一つ、こんな動きでいいのか自分たちで確かめていくことにあると思っています。

そういう練習をしていきたい。風ないけど!




終わり


新しい水着と新しいサングラスと新しいバッグがほしい。

yacht_ at 19:27|PermalinkComments(2)

2015年07月05日

なんか

こんばんは。山本です。

気づけばにしいたいまえの大きなレースは全部終わっちゃいました。
感慨深いようでそうでもないような、そんな気分です。目の前の練習しか見れてないあまり、まだ実感がわいていないのかもしれません。 
でも遠征の宿の話とか、いろいろ出てきてもう目の前、という感じですね。

最近前のほうを走れることが増えてきました。嬉しい。
自分の技術から予想される以上のとこばかりなので少し困惑もしてます。でもうれしい。

というわけでインカレの感想かきます
10-18-8-11-ノーレース-7-ノーレース-14
全然トップのほう走れてないのにこれでも9位だったのかと思うとトップ層との差を感じます。

スタート
最近のスタ練と、成田さんの助言で始めたすとっぷごーがいい感じ。そして前回の医師薬で
ふらふらしたスタートして失敗しまくって、それを期にようやくうまくなった気がします。

艇速
トップ5速すぎてわらった。おれはこいつに抜かれるッ・・・!
って、はるか下にいる艇に対して思ったような記憶がありますw
やば吹いてた1R目では技術不足を痛感しました。やばすぎ。
一方で、2上でくっそ速い時間があってそこでほんとにごぼう抜きした記憶もあります。

艇速コンプレックスだったけど、OCSで戻ったり、ケツスタート決めててもけっこう抜けてるし
ゆーてまあまあ速いのでは?と思い始めた今日この頃。


結果
1R目でRETしてたりする船がいるんで少し繰り上がってる感もある。でも嬉しい

 
こんな感じ。
こすぎかずきくんが前の日誌に書いたことを採用してくれてよかったといってくれたのでなんかためになること書きます!!!

とおもったけどなにもないので考えます。

3回生sk2回生cr艇で、上りレグにskが関与できてるように見えるのはなんででしょうか?
skがそんなに周りを見れてるのでしょうか?正直そんなことができるのはあのお方を除いていないと思ってます。3回生程度の技術でそれをやってるくらいならセーリングに集中したほうが絶対速いです。 まず、もし自ら周りを見てレグを引いてるなら一刻も速くそれをやめるべきです。

とはいえ正直そんなに周り見てないと思います。ではなぜskが上りレグに関与してる感があるのか
それはですね。skはジブを見ながらでもミート艇が見えるからです。 ミート艇への対処を勝手にとってしまうから、またはクルーに押しつけてしまうから、skがのぼりレグを引けてる感が出てくるのです。
いうまでもなくミート艇への対処はレグの要ですからね。
そこに例外なく気づけるskは、まぁレグに絡んでる感が出てしまうものだとおもいます。

そこでですね、周りもブローも見てないくそskが、突然ミート艇を発見してクルーもわちゃちゃってしてる間にてきとうにタック返しちゃうんだと思います。

なにがいいたいかって、3回生skは自分が周りを見れてないことをもっと自覚しないといけないし、2回生crは3回生が周りを見れてないことを知らないといけないということです。
3回生がなにか口出ししてきても、たぶんそれは周りを見れたときに口出ししてきてるだけで、逆にいえばそれ以外のときは周り見れてないです。

的を得ない話になりましたが、アドリブなので許してください。なにかの糧になればいいなとおもいます。



終わり


あ、あと最近うまくなったことひとつあります。
具体的な技術がどうこうはいまいちわからないですが、ラウンディングとかで艇があんまりとまってないとおもいます。


ただ艇速に関しての感覚は鈍いまんまw
 

yacht_ at 00:04|PermalinkComments(4)