2016年05月

2016年05月28日

この頃考えてること

2回生Crの澤村です。
最近のヨットに対する悩み、というか疑問を朝少し早く起きれたので、
まとめるために書いてみます。

・タックのタイミングがわからない
今、風向やシフトを常に意識して、
マックスで振れきったら、タックして、
リフトをはしるということをしてます。
ただ、風を読む力がないばっかりに、
1番振れきったタイミングでタックを返せないというのと、
振れ振れの風だった時に、どのタイミングをつかんでタックするかという明確なものがないです。
以前のレースで、タックをしすぎるというのが、
敗因だったのがあったので、
自分の中でタックをする条件みたいなものを
確立したいです。

・セーリングにクルーはどのように関与したらいいかわからない
今、報告としては、ブロー、風向、シフト、他艇のポテンシャル、他艇の艇速を言ってます。
この前の練習から、ジブのテルテルがぴらぴらしてるかも、言うようになりました。
ただ、クルーは、セーリング中にこれくらいのことをしてるだけでいいのかという問題があって、
ジブを勝手にいじれるようになりたいのですが、
まだよくわからないです。
そこは、一緒に乗ってもらっているスキッパーさんに、たくさん質問したいなと思ってます。

・下りのヒールトリムをどうしたらいいかわからない
下りは、クルーはちょこんと座ってるだけで、
今のところ大したことはしてません。
下りも、クルーが艇速に関与するとすれば、
どんなことができるだろうというのがわからないです。
スキッパーさんは、下りでどんな風にヒールとアンヒールをつけたいのか、
クルーにどんな動きをしてほしいのか
知りたいです。


疑問点をつらつらと並べただけの日誌ですみません。
ただ、陸であーでもないこーでもないって
考えてる時間が、この頃好きです。
その点では、以前よりも確実に、
ヨットを楽しんでるなーと思いました。
今日の練習、風吹いてるかなー??


おわり

yacht_ at 08:28|PermalinkComments(4)

2016年05月06日

メイレ

どうも。スナイプの小杉です。3、4日はメイレでした。予報通りめちゃめちゃ吹きました。良かった点と悪かった点を軽く振り返ります。ちなみにテスト前です。

・悪かった点
まず第一にクローズのセーリング。これは本当に遅かったです。勝ってたはずが真っ直ぐ走るだけで負けてしまう。これでは、せっかくいいレグ引いても無理やなと思いました。船とセールは良いはずなので、完全に技術不足。でも、速いタイミングはあったので、それを再現していかんとなー、と思います。

あとは動作。こんだけ吹いてると皆そうなのかもしれないですが、船が停止します。だから、タックして前きるのも、ジャイブしてインを取りにいくのも躊躇ってしまいました。とりあえず返すことに必死すぎました。せっかく知識があっても実行できる技術がないとダメです。いかに、普段の動作に近い動きができるかだと思います。

・良かった点
艇内の雰囲気とか役割分担は良かったと思います。2人で喋りながら、レグを考えて、crに任せるところは任せる。他艇を見るときも、見えてる艇と見えてない艇をお互い把握して、分担し合う。咄嗟の判断をどちらがするのかは課題ですが、、、

あとは、下りでcrがいっぱい動いてくれたおかげでサーフィングしやすかったです。


軽く反省するとこんな感じです。原田がskを経験して意見を言うようになったのは助かりました。

順風で、もっと船と絡むと、いっぱい課題が出てきそう。

おしまい

yacht_ at 18:34|PermalinkComments(0)

メイレガッタ

こんにちは
スナイプcrの原田です

新歓おわってからcrにもどり最初はやっぱりskと感覚を合わせることにすごく苦労しました。
ラフィングやタック前のヒール角やおこしかた、ロールのタイミング等々ほんとに少しのズレがあることに困りました。
動作練をたくさんしてもらい、声かけをすることでちょっとずつタイミングを覚えていき、なんとか最近感覚が合うようになってきたかなーと思います。

今年のメイレはよく吹きました。
強風時の動作がめちゃめちゃで動作での失速がすごく目立ちました。そして、やっぱり自分は視野が狭いことを痛感しました。他艇が見えていてもその先の動きの予測ができてなくていきたい方向にのばせなかったりタックがふえてしまったりしました。
そして、整備不足で最終レースでランチャーがあげれなかったこととタックでジブが足に絡まってしまったことはすごく反省しました。

反省点やまだまだだなぁと思うことはたくさんありましたが、成長したなぁと思うところもありました。
下りの体の動かし方とかちょっとしたジブトリムなど少しは成長できたと思います。ラインまでの距離感もsk練習をしてちょっとはわかるようになりました。

skをして船を動かしてきたからこそcrにしてほしいことがわかったり、パワー感とか振れとかをなんとなく感じ取れるようになって、sk練習はcrにとって必要なことだと感じました。

あと、練習後に書く練習ノートはすごくいいものだと感じました。そのとき思ったこと、注意するべきことなど文字にして残しておくと、後になって忘れかけたことを思い出すのにすごく役立ちます。
ただ私のノートはすごく擬音語が多くて、フワッと書いてあることとか感覚的なことを書いてあることが多くて3分の1くらいは何を書きたかったのかわからなかったです。。。
でも多分この書き方がそのとき頭の中を整理するのに一番いい書き方で、これからもこんなノートがつくられていくんじゃないかなと思っています。

これからはラウンディング練習でもっといろんなことを意識できるようにしていきます。

では

yacht_ at 10:57|PermalinkComments(2)

メイレガッタを終えて。

こんにちは。三回生470Crの大野です。つい先日メイレガッタを終えたということもあり、久々にブログを書こうと思います。

ブログを書くのは本当に久しぶりです。春練を終えて書こうかなと思っていたのですが、なんやかんやで書けずじまいになってしまい、今にいたるということです。。。

また、Crとしてブログを書くのも久々です。半年前Crをやっていた頃と、いまCrをしているのでは、心境の変化がかなりあると思います。あと、超どうでもいいことですが、半年前Crとしてブログ書いていた時のタイトルのLoad toってRoad toですよね。アホ丸出し(笑)

とにかく、先日はメイレガッタだったわけです。Crに転職してからの最初のレースは同志社ウィークでしたが、体調不良で二日目のみの参加となってしまい、その二日目もトラブルにより、不完全燃焼となってしまったので、メイレガッタに対する思いは結構強かったとおもいます。

で、メイレガッタの反省。まず、上りのレグ。初日はいまいちな感じのレグ引きが散見されましたが、二日目は割りとまあまあな感じでした。しかし二日目は、一上りの間は風向の安定するレースだったので、引きやすい感じだったのかもしれないです。振れが多いレースで上手くレグを引けるかどうかは、あまり自信のないところ。要勉強&要・風を見る力、といったところでしょうか。
上マークアプローチは、第一レースはゴミでして、その反省を活かし、試してみたりして、このレガッタで何か掴むものがありました。
しかし、タックがヘボいというのが、かなり問題だったと思います。特に初日はひどかった気がします。割りと吹くときのトラッピーズタックは元々そんなに上手い訳ではなかったのですが、それを考慮しても酷いものでした。いくらタック回数を抑えたとしても、一上、二上を合計するとまあまあの回数はするわけで、その一回一回でロスしていくのは、とても勿体ないことと思います。
下りは、スピンが死ぬほど重いですね。はい。もはや周知の事実ですが。
そういうときのトリムはどうしたらいいんでしょうか、筋トレですかねぇ、、、
力さえあれば、なんでもできるっていう脳筋説を唱えてもいいのですが、もっと上手い方法がある気もします。もちろん、筋トレはしなくてはなりませんが。

想うところはいろいろですが、レースの反省はこの辺りで。。。
それにしても、ここ数日で思うのは、パンピング。
まず、下りのパンピングを上手くなりたいというところです。そもそもあんまり練習してないのが良くないのですが、効果的なパンプをしたいところ。
あと、上りのボディパンプも練習してみたいです。これは見よう見まねでするしかない感。ですが、どこぞのブログでみたところ、上の船を上し殺すこともできるし、少し下しめにして、スピードに替えることもできる、とのこと!
この記事を見たらめちゃめちゃ魅力的に映るのは僕だけでしょうか。トラッピーズコンディションでは是非やってみようと思います。


では今回はこの辺りで。頑張るしかないっす!

おわり

yacht_ at 10:45|PermalinkComments(3)