2016年06月

2016年06月17日

今すべきこと。

470クルーの2回生、吉村です。


クルーし始めて1年たって、もう1年経ったのかって思います…驚

いまいちできないこととか分からないことが多くて、受動的に乗ってる感じがあるなーって思います、、同回生と話してて、もっと能動的になったら、おもしろくなるし、もっと効率よく上達するんやろなーって思いました


能動的にワークをするにはどうしたらいいんでしょう。
考えてみました。


まず、もっと喋ること。
自分の考えが間違ってたらどうしようって思って、言わないとか、喋るのサボるとか、そう考えたら、ほんとに喋れなくて、でも、言わないと伝わらないし、スキッパーにうるさい、もういいよって言われるくらいまで報告とか、気づいたこととか質問しようと思います。


つぎに、もっと考えること。
練習中とか、舟がこれからどう動こうとするのか、すべきなのか、動作をどのようにすべきなのか、今なんでタックしたのか……考えようと思えば考えることはいっぱいあって、わたしはよく考えるのを放棄してて、でもやっぱ考えないとだめなんですよね。
そっから、さらに意見も言えたらなーって思います。


あとは、知識を積むこと。
知識大切!ルールやレグに関するのとか特に。レースでひしひしと思いました。



結局。

いまの私の目標は、スキッパーのひとに、おいっ!って思われるワークはしないことと、さらに、信頼できるクルーになることです。そのためには、やっぱり報告ですね!とくにラウンディング。スナイプ2回生に聞いたら、ずっと喋ってるって言ってて、え!?ってなりました、、報告します。


あと、気持ちって大切ですよね。

三回生のクルーのあつきさんを目標に〜とか思ってたんですが、よく考えたら、あつきさん目標に〜とか言ってたらいつまでも、余裕で越せないわけで、、レースでは、学年ちゃうからしゃーないとかないわけで、、、三回生クルーに勝つぞ〜くらいの気持ちじゃないと向上心ないなって思いました
あと、4702回生が2人いてよかったなーっておもいます。切磋琢磨できるし、ヨットで悩むこととか、共感できたりするので!


おしまい。



yacht_ at 18:17|PermalinkComments(9)

2016年06月16日

終わりの始まり

どうも。小杉です。みんな続々とブログ書いてるので、主将の僕が書かない訳にはいきません。プレインで思ったことをつらつら書いていきます。

・スタートらへん
ラインがすごく高い。でも、みんな出れちゃう。でも、僕は出れない。特に下有利。いつも練習してて、適切やって思ってる位置より1.2艇身前で止まってられる技術が必要やなって思いました。あと、もっと上から潰そうってした方がいいですね。練習やったら、上から意図的に潰そうとしてる艇いないから、意識むいてるのが下≫上みたいになってるけど、下≧上くらいは必要。だから、どんどん上から潰しましょう!

ミスってからのリカバリーは上手くなったと思ったけど、ちゃんと出来てたのは上から出たときだけやったので、思い過ごしでした。下から出たときって、タックしたらめっちゃ船いるので、タックしたら5艇くらいしかおらん上から出た時とはリカバリーの難易度が全然違う。スタート失敗すんなよって話ですけど、、、


・上り
セーリングは微風は上の方の人にも負けてなかった。フル以降は、下3分の1くらいの速さ(´・_・`)
レグは原田が大体決めて、それに口出す感じ。とっさの判断は僕。この辺の役割分担はまあまあ。どっかの船がタックしたら、なんで?ってなって考えてたのは良かったかなと。
微風やったら、ブロー差とか振れとかあって、セーリングも大丈夫なので抜かせるチャンスあるけど、フル以降はスタート失敗してセーリング遅かって、レグがんばれは無理。162は微風おそいと噂なので、やばそう。

・下り
下りも原田に周りを結構見させてたので、艇速に集中できたのはいい感じ。そんな遅くもなかった。
割とロングきつめやったので、みんなすぐジャイブしてて、マーク周りのあれこれ以外でそんなに抜くことも抜かれることもない。

・その他
練習と比べてレースでの艇速が落ちまくってるってことはないので、良いような、でも、地力で負けてるってことなので、良くないような。
あと、変に遅いってなった時にじっとしすぎかなー。特に周りがいて、ちゃんとした動作ができなかった時のマーク回航後。ショートラウンディングせなあかんなーと思いました。

課題山積みすぎですが、多少焦りつつ、ひとつひとつ潰していこうと思います。
個人戦で学連レース最後なので、頑張ります。

おしまい


yacht_ at 16:37|PermalinkComments(3)

2016年06月15日

プレインを終えて。これから。

こんばんは、470Skの森山です。
この前の土日にはプレインがありました。
結果は正直なところダメダメで、今後に不安ばかりが残ることになりました。。。

西医体まで残り二ヶ月を切ったということで、プレインの反省を踏まえて、これから自分は一体どういう練習をしたら、練習でどういうことを心がけていけば、限られた練習回数の中でより効率よく上達することができるのかについて考えてみました。

・セーリング
今回のレースで最も課題となったのが、レース中の艇速の無さです。普段のセーリング練習ではそこまで遅い訳ではない(と自分では思っている)のに、レースになるとあれよあれよと気付けばたくさんの船に抜かれていました。原因は二つあって、一つははまわりの船が気になってしまうからで、もう一つは一人だけだとちゃんと走れないから、だと思いました。前者は、他艇をあまり見すぎないように集中して走ろうと思えば解決する問題だと思います。Crも、上りでは僕があまりよそ見をしないように目を光らせていますからね(笑)
問題は後者です。これからは一人でも走れるように、セーリングの時はOBさん艇がいても僕が一番下にいるようにしよう、と思いました。他には、セーリング中に他艇がどのような気持ちで走っているのかをもっと考えるようにしないといけないと学びました。自分と比べて「上りはるなぁ」とか「下りはるなぁ」みたいな感想を抱いて勝ち負けの結果だけを見るのではなく、なんでそのように走らせてるのか、そしてその結果、自分とその艇ではどちらが速かったのか、を考えてその艇の方が速いと思ったなら積極的に真似をして走っていかないとだめですね。相手のいい所をどんどん吸収していかないと自分は何も変わらないまま漠然と走っているだけになってしまうな、と思いました。あるOBさんに「ヨットレースは相手と比べて勝ち負けを決めるゲームなのに他艇の気持ちを考えずに自分ひとりだけで走ってても勝てるわけがない」と言われ、本当にそのとおりだと思いました。

・ラウンディング(&コース練)
上りはCrが周りを見てくれているという余裕からか、割と落ち着いて船を走らせることができているのですが、逆に、下りになると急にセーリングも動作も乱れてしまいます。そうなることがわかってはいるのですが、どうしても他艇を意識してしまうと普段のセーリング通りしっかり下してVMGを走ることが難しくなります。これからの練習ではそういったところに注意したり、下りのタクティクスをもっと実践してレースで実際に使えるようにしていきたいです。自分が前を走っていたら、後ろの艇に抜かれないように、後ろを走っていたらいかにして前の艇のインを取るか、というのをもっともっと考えて、でも、艇速はしっかり出すために落ち着いて、みたいなことを心がけていきたいです。いまさら当たり前のことかもしれないですが、それでも実際に今はそれができていないので、これからもっと頑張ってそのあたりを磨いていきたいと思っています。下りのタクティクスを実践するための具体的な方法の一つには、前にてつやさんがされてたみたいな、自分が上マークに早くついた時に、あえて少し上マークをこえたところで風に立てて待つ、っていうのがいいかもしれないと思うので、それも取り入れていきたいと思います。他にも、OBさんの艇に、自分が試したいことを試せるように自分から発信していけるようになりたいな、と思っています。まぁこれはラウンディングに限らずどの練習でもそうですけどね。。。

・スタ練
スタートはプレインでも実感しましたが、やはり下有利がすごく苦手です。。。下ピンの場所もあまり把握できてないですし、たとえ出れるような場所にいたとしてもフル加速でちょうどラインを切ることがなかなかできてない状況です。どうしたらいいんだろ、せっかくの大幅なアドバンテージを取れる下有利なのだから絶対にモノにはしておきたいです。やはりどのOBさんも口をそろえて言われるように、同じ失敗を繰り返さないこと、が一番大事なんでしょうね。毎回毎回ちゃんと少しずつ変えて、いろいろトライしてみないとだめやなー、と思います。レスキューもどんどん利用していきたいです。

こんな感じですかね。
書き表してみると、どれもこれも当たり前だし漠然としたことばっかりになってしまいました。。。
結局、練習の効率を上げるために一番大切なことは「頭を使って」、OBさんやレスキューをどんどん自分のためになるように使っていく、ということなんですよね。
OBさんたちは皆、頭を使えと言ってくれはるし、それが大事なんだとすごいわかってはいるのですが、なかなか難しいなーと思います。難しいというか、後で言われてハッとなるというか。。。
確かなのは、今、自分には何ができて何ができていないか、をはっきりさせ、その「できていないこと」をできるようにするためにはどのような練習が必要なのかというのを日頃からもっとしっかり考えておくことなんだと思います。
自分にとって何が必要かもわからずに練習したって、それはつまり練習で得たいもののターゲットが分かってないわけで、そんな練習だと明らかに効率よく上達することなんてできなさそうですしね。。。
難しそうですが、これから二ヶ月弱、効率の高い練習を目指していきたいと思います!

、、、と、その前に明日のテスト勉強を頑張らないと(-_-;)
今日のテストは爆散してしまったので明日こそはなんとかします!!

では!

yacht_ at 23:23|PermalinkComments(2)

プレインを終えて。

こんにちは。470Crの大野です。
先日プレインを終えたため、ブログを書こかなと思います。ここで書いてるのはあくまで僕の意見ですので、Skの森山さんはまた別のことを考えてはるかもしれないです。また、アホなことを書いているかもしれませんが、そこはご容赦ください。。。

という訳で、振り返り。
まあ、一言で言うとヤバイです。。。燦々たる結果でした。。。
ふむ。ではなぜヤバイことになったのか。
レースをそれぞれ要素にわけて考えてみると、レグ、タクティクス、ボートスピード、スタートに分けられると思います。ので、それぞれについて、考えたいと思います。

まずレグ。可もなく不可もなく。というところ。意味不明なことはしてないはずですが、勝てるようなレグではなかった気もします。
反省点としては、どちらの海面がいいか?という見極めが遅いということ。あと五分早く見極めができていれば、より良いレグが引けるはずです。
どうしてもバラけてから気づいては時すでに遅し、となりかねません。
言うなれば、逆海面のフリートの気持ちを考えることが足りてません。なぜ逆フリートが、返してしたか。ブローか振れか。そういうことです。
あと、自分が属している艇団を抜いてやるという意志を持たねばならぬと思います。
右フリートが伸びてるし〜自分右フリートにおるしええわ。ではダメです!多分。その、右フリートでどう勝ち上がるか、上マークアプローチで抜くか、そういうことが必要だと思います。

次は、タクティクス。どうしてもポテンシャルが低いとレグ中盤でミートした艇団にたいし、下受けをしてしまいがちです。しかし、どうなのでしょうか、下受けは?下受けは勝てる戦術ではありません。いや、もちろんそのあとにくるゲインを待ち、その後勝負を仕掛けるという方法もあります。
いっそのこと艇団のうしろを通ってでも、逆にいったほうがいいのでしょうか?わからず。。。
でも、それをすると大抵死ぬイメージというか経験があるきもします。わからず、、、
こういうことをいってる時点でタクティクスはダメなのかもしれません。もうダメダメです!
あ、上マークアプローチは、まあまあうまくしてると思います。いつぞのレースで前を切られた、とある船を上マークで抜けたという記憶もありますし。ま、唯一の救いの点かもしれません。

お次はボートスピード。ボートスピードって、Crはどうしたらいいんでしょうか?ある先輩にいわれましたが、Crが艇速をつくる意志が大切。とのこと。ごもっともです。ちなみに余談ですが、この言葉去年の西宮でも別の先輩が言ってはりました。
まずは、Skにセーリングに集中させることです。しかし、これはまあまあしてるはずです。Skが意味もなくキョロキョロしてたら、集中するよう声かけをするよう心掛けてますし。
しかし、同時にCrも艇速に集中する瞬間が必要なのではないでしょうか。ブローごとに、しっかりジブトリムし、ヒールを潰す。こういうことが、僕には足りてません。ダメですね。はい。

最後はスタート。速やかに見極め、無理ならさっさと別のところにエントリーする。そのためにCrは第二の選択肢を考えておくことが足りてません。エントリー場所が論外ならその後はいうまでもありませんね。
あと、フル加速でラインをきること。こりゃまた大切です。練習通りのことが実行できていません。特に二人のタイミングが合いません。こればかりは、ほんの十数秒二人で落ち着くばかり無い気がします。
それと、スタート後。無理になったら早々と返すしかないです。当たり前です。特に下有利。下ピンあたりから出れば、その分のゲインで最初は後ろを切ろうとも、必ず前を通れるゾーンが来るはずです。その判断がおそく、せっかくのゲインを食い潰すということがありました。ダメですね。

こんな感じどころではありませんが、この辺で。
ひたすらに自分がダメダメだという初のブログとなりました(笑)
ここに来て焦っている訳ではありませんが(もっと前から焦っている、ということです)、残りの練習無駄にはできません。インカレ個人戦では、より良い順位を取りたいものです。というか、取らねばなりません。

でわ。

このままでは終われませんが。おわり。

yacht_ at 14:20|PermalinkComments(5)

ジブはり重たい


33のジブハリの重さ、逆ベン癖に悩まさてれいる森田です。

先日、レース中逆ベンして怖い思いをしました・・・。
全く直らず、結局ジブハリを抜いてなおしましたが、次は引ききることが出来ず…
また、流し込みもしないといけないし…とわたわたしてしまいました。
落ち着きが大事やな〜と。次は、もっと落ち着きたい。
あと、シートプラーは逆ベン防止のためずっとつけとこうと思いました。


余談が長くなってしまいましたが、この前の土日のレースについて思ったこと、最近思ってることを書いてみようと思います。


≪1日目≫

全スタート失敗。もっと、自信をもって二分前くらいに自分からラインを作ったるねんて気持ちが大事やなって思いました。
スタート後のセーリングは、上ろうとしすぎて遅い。
以前、下ることが多かったため、いつも上ろう上ろうと意識しているせいか、最近はのぼりすぎることが多い。

また、周りの艇は、下し目でパワーを重視してるんやなとレース中見てて思いました。
もっと自分の走り方について考えていかないといけないな〜と。

微風は特に遅い。一日目は微風で、遅すぎてどうしたらよいのかわからなくなってしまった。
自分としては、タックがうまくいってない・上りすぎるが原因かなと思います。
 
練習あるのみやなー…と、あとタックの煽りをうまくなりたい。
ぺしゃんてなるタックは気も滅入るし、遅くなるしやりたくないので頑張りたいです。


アビーム遅い。
ヒールが一定より大きくなったら自分がすぐ動くより、クルーが動いて起こしてくれた方が早い気がしてきました。
自分は出来るだけ下におって、クルーを動かす走りがしたいなと考えてます。

あと、アビームってなんであんな艇速差がでるのでしょうか…?

周りの船見てたら、メインをよく引いてる艇やデッキよりブームが出てる艇とかいて
走り方は人それぞれなんやな〜と

私は、裏風が入ったら引いて、また裏風が入らない程度に出すってことを気を付けてます。


今度、OBさんに乗っていただいてアビーム走りたいな〜て考えています。


下りは、いつもより周りが見えました!
ロングを走りたいと思ってましたが、よくわからず(´・ω・`)
前を走ってる艇をみて決めてました。インを狙いにいけたり、後続艇に影響に入れられたらジャイブしたり、他艇のレグの引き方を見てたりと少し余裕が出来ました。

早くもなかったですが、影響を走らなかったしダウンの場所も困ることなかったので、出来はまあまあかなって思います。

他艇の動きを見て、次自分もそう動いたろうって考えたりするのが楽しかった。



≪2日目≫

風は、セミトラ〜フルぐらいでした。(確か)

スタートは、昨日の反省をいかし二分前くらいからエントリーしました。
下や上の艇をつぶすことが出来たり、普通にスタートすることが出来ました!!
自分でも、やろうとすれば出来るんだな〜とうれしかったです。

でも、その後のセーリングで差をつけられてしまいました
もっと早くタックして影響から逃げるべきやったなと粘りすぎはだめやなって反省しました。
上りすぎないってことは意識して走りました。

アビームは一応後続艇のカバーは出来ていたけど、のぼらずマークにまっすぐ走っていた艇に負けたのが悔しかったです。
走っている位置で、どう走ると早いのか変わってくるのでもっとはやく判断できるようになりたいです。


あ!下マーク回航は自分の中であつかった!!
42がインをとらはって、その後ろついていったら42の外を回っていた艇を抜かすことが出来ました。
42にはアビームの艇速差でおいていかれたけど(´・ω・`)レースの中で一番興奮した瞬間でした。


2日目のレースの順位は(自分の中では)ちょっとうれしかったです。


今回、初めてレースが楽しいと思えました。
自分で考えるのはしんどいし難しいけど、成果が出たときや成功した時のうれしさは全然違いますね



ぐだぐだになりましたが、レースの話は終わります。


最近、練習のラウンディングは470みんなでまわったり、スナイプとも回ったりしています。
頭パンパンになるし、いつも遅いし、見なあかんもん多いし…
正直いつもしんどいな〜て思ってたけど、今回のレースではそのラウンディングでの成果が出たなと思いました。

今まで、周りを見てなかったし、何も考えてこなかったけど、練習のおかげで少しは考えれるようになったなて思います。
でも、全然まだまだですが…


次は、スタ練でスタートした後のセーリングを意識して頑張っていきたいなと思います。
今回のレースで得た反省点を改善していきたいです。


あと、最近やっと乗る相手ができました!
1回生の時は載せ替えで乗らしてもらい、2回生は色々なOBさんと乗ってもらい、3回生にてやっと固定の相手が出来て本当にうれしいです。

整備も一緒に出来るし、二人で改善点を模索できるし、二人で頑張ろうって感じがして練習が充実している気がします。


引退まで、あと2か月!その前にテストも…
グダグダとすみませんでした。
最後まで読んでください、ありがとうございました。










yacht_ at 00:51|PermalinkComments(2)