2016年10月

2016年10月19日

普通になりたい。

こんばんは、470Cr、一回生の藤沢です。

多方面からブログを書け〜〜と言われましたので、多少反応にびびりつつ初めてのブログを書いてみることにしました。どきどき。

 

470に乗り始めて20日程経ち、動作もようやく慣れてきて、もっと動きを精錬させたいなと思っている今日この頃です。練習ではオンセンター、対面の風が多かったので、ここらへんの風でのタックの動作はすんなりできる事が多くて、あとは微妙な風の変化に対応してヒールさせる角度なり起こすタイミング、起こし具合を一定に保てるようにしたいな、って感じで考えてます。余裕も出てきたので船の外を見る習慣をしっかりつけていきたいところ。

 

この間の土日はOB戦がありましたが、OB戦では風域的にはオーバーでした。オンデッキ強以上の風が吹くとやっぱり動作が全体的に全然できてないな、と反省。トラピーズタックでは船はキープフラットってことばで分かっていてもできない。そもそも、安定して同じタイミングで船に入れてない。ざこいの一言に尽きますね。トラピーズ風域だけではなく、オンデッキ強でのヒールトリムの仕方もなかなかのざこさですね。オンデッキ強以上ではタック毎で全然出来というか動きもまちまちなのが情けない精進します。最近の練習ではオンデッキ以上の風が吹くようになってきたので、今まで吹かなくて練習できなかった分、頭をフル回転させて濃い練習をしていきたいです。

 

下りの動作について全然触れてませんでしたが、OB戦でレースしてて思ったのが、1上回航から下マーク回航までの動作、セーリングに上りと比べて全然慣れてないな、ってことです。なんでかなって考えたら、普段の下りの練習では基本ランを走ってますし、ラウンディングもそういえば夏練終わりくらいからしかしてないなって事に気づきました。実はOB戦では沈を2回やらかしてしまいましたが、どちらも確か1サイド下の間での出来事だったと思います(うろ覚えとか何をやってるんだろう自分)。アビームでの動き、というかリングをかけてヒールトリムをすることがスムーズにできていないのが自分でもよく分かっているでも出来ない。とりあえず、下りについては、アビームの一連の動きをなんとか普通レベルまで持って行くことが11月末までの目標です。ラウンディング練もっと集中します。

 

セーリングでは一連の報告の練習をしてますが、最近になってようやくブローが見えてきました。見ようと意識しはじめた時は全く分かりませんでしたけど、ちょっとずつ見えてきてうれしいです。最近の報告の練習で一番重点を置いてるのは他艇の報告。ポテンシャルはなんとなくわかりました。しかし自艇の上り下り、他艇の上り下りはやっぱりよく分からない・・・。さっきまで見ていた距離と今見えている距離の違いは分かるんですけどね。何で分からないのか考えてみましたが、自分の頭の中で自艇や他艇が上りすぎたり下りすぎたりしたときの船の位置の変化についてはっきりしたイメージを持ててないのではないかと思いました。座学が足りてないんや、と勝手に思ってるのでとりあえず今までの復習をしつつ色々調べてみます。

 

なんかだらだら書いてたらこんな長さになってしまいました。当たり前のことが当たり前にできてないんやなってブログ書いてて思いました。練習一回一回を大事にして確実にステップアップしていかねばなりませんね。とりあえず今は動作を安定させて普通レベルまでもっていくこと、レグが引けるようになるために座学をちゃんとすることをがんばりたいです。


おわり!



yacht_ at 22:08|PermalinkComments(4)

2016年10月17日

久しぶりのsk

こんにちは。山本です。先日久しぶりにskができて楽しくなっちゃったのでブログ書きます。

土曜は知らないですが日曜はいい風でしたね。僕的にはぎりぎりコントロール下な風でした。
あれだけ吹いてる中フリーで接近するとすごい楽しいです。怖いけど。


一応ラダーがありえんくらいあがってた3年のインカレ予選を除いて、順風以上のレースで後ろを走ったことないんですが、それでも上りのプレーニングという感覚がさっぱり理解できない。
今メイントリムした結果全部動いてほしいように艇動いてるなーて思うことはあってもプレーニング感はない・・・。
 
セーリング中大事なのは常に同じように最高のトリムをするという心づもりで、思い描いたような艇速の変化がなされるかどうかの感覚を研ぎ澄ますことだと思ってます。

というわけで上りはいまだにわかんないので、ぼくはこれをサボってきたのかなと思います。
けど下りはけっこうあるので下りでは頑張ってきたのかな?と思っています。


引退しちゃってるのでいいセールを使う機会なんてなかなかないのですが
どんなセールでもやりたいことってあると思います。
正直メインはチューニングガイドに乗せとけ感がありますがジブはそうもいかない・・・。

一応目安として上1/3くらいでツイストして、その部位がスプレッダーのどのへんにあるかーてかんじで
リーダーとジブいじるってことを(やるときは)やってますが
 
その結果速くなったのかどうかぼくはしらないです。
セールが違うとどの程度差が出るのかも、知らないです。
センターを上げる量とか割とてきとうだけど、その結果速いのかどうか知らないですし
アウトホールをもう1cm引けてないことでそんな艇速差がでるのかもしらないです。
そもそも誰も、レーキを10あげたことでどれくらいバランスが変わるのか知らないと思います・・・。

でも艇に最適なチューニングってどの艇にもあるはずで、それを模索しなくちゃいけないはずなんですけど
うちはだれもやってないです。なぜならわからないから!


こういうのは現役のころからおもってはいたけど、試すには人も時間も足りなくてできなかったことです
自分たちが速くなるための最善を、てことだけ考えてたので寄り道する暇があまりなかったからです。

引退した今、どっかでしっかり試行してみたいなあとおもったり。
まあ常にいい船いいセールで乗る場合関係ない話なんですけどw

試行も1上り1下りでは意味がなくて、何度もしなくちゃいけないところがヨットのめんどくさいところです。
乗せ換えしても思い込みの判断はいってない?て思ったりしました
やっぱり医学部らしく二重盲検が必要ですね!


終わり 

yacht_ at 15:44|PermalinkComments(0)