2017年10月

2017年10月19日

追われてる


三回生で470skの中西です。

10月は怒涛の忙しさで、常に何かに追われています...


一回生クルー達の動きや報告が上手になって来たおかげで、自分の動作に集中する時間が増えて来ました。
教える時間も大切ですが、ここは自分の練習!と思って区切りをつけないとぼんやりした練習になるなぁと思います。


私の船では、セーリング中に、一回生にヒールトリム頑張ってもらってるんですが、トラッピーズ出るまでのヒールトリムが難しい。理想は、skがデッキに深く腰掛けてフラットを保てる場所にクルーを置いて、ヒールが来たらskがハイクして、そのブローが続くようならクルーを少し上に動かしてまた基本の姿勢に戻る。風が落ちたら逆の動きをするんやろうけど、スキクルの息が合っていなかったり、コミュニケーションをこまめに取れてなかったりすると一気にセーリングしづらい感じになります。セールトリムが無意識にできないからクルートリムにまで気が回ってないんかなぁ。クルーを動かす意識大事ですね。声かけ声かけ。


私の最大の課題は、スタートです。エントリー位置や予備加速(ヘッドダウン)や加速動作などなど不確定な要素が多すぎて、一つ一つ潰していくのに苦労してます。自分の動画と、理想の動きを比べたり、自分が加速に何秒かかってるかを測ってみたり、とりあえずスタート切るために使える数字や感覚を増やしてます。ソロスタ練、風に恵まれずやれてないけど、きっとボロボロなんだろうなと思います。アカサギをうまく活用したいところ。


動作は、今の所、私の中ではざっくり二つの分類です。一つは、微風時にヘルムで船を動かすこと。もう一つは、順風時に安定した動作をすること。

微風のヘルムを使って船を動かすにあたって、当たり前ですが、体重移動によってヒールアンヒールを作ってからしかティラーは切れない。やから、実際に動きたいタイミングのワンテンポ前くらいには、ティラーが自然に切れていくような船の状態にしなきゃいけない。私はラフの時にこれが出来てない、焦ってしまうらしく。マークアプローチから考え直すか〜って思ってます。

順風のときの動作は、とりあえず順風時にskをする機会があればなぁと思います。今季は大体crだったので、いつか風に恵まれたらなと思います。特にジャイブとアビームで、コケない自信をつけたいです。あと上りのバングシーティングの時に無駄に下らない技術、バングの量、バングとカニンガム入れたり抜いたり、そういう基本的な動きがまだまだです。


とりあえずこのくらいです。
オフまで、引退前最後の(?)skとして過ごす一ヶ月、何とか頑張って参ります。


yacht_ at 13:20|PermalinkComments(0)

2017年10月13日

夏練おわり。

470のよしむらですー
夏練がおわりました。
10月です。。はやい。はやすぎる。
10.11月の練習が終わるともう3月です!
なのにいまいち一回一回の練習での成長が微妙な感じです…これをできるようにする!っていう意思が弱いんですね。本気で反省です。


今週は3連休だったのですが、全然風が吹かなかったです、、
土曜は午前に1時間ほど、日曜は全く出ずに、月曜は午後のみでオンデッキくらいでした!

なのであんまり書くことがないかと思ったのですが、月曜日はOBさんがきてくださって、とても勉強になりました😳

ラウンディング
〜セミトラだと割と余裕が出てきました。
ただ細かい(だけどすごく大事)ところがツメが甘いです‥
ベア。オンデッキからセミトラくらいだと、メイン抜かなくてもアンヒールさせれるはずなのに、クルーにちゃんとださせてなくて、メインだすのを早くして妥協。たぶんクルーは気づいていない‥というのが反省です、、ちゃんと言います‥
そして、スピンシートの整理。これは完全にさぼってました。次からは絶対にするので!!!!!!!💪
そして、下りの帆走のてきとうさ。メインとスピンをちゃんと角度に合わせているのか。ポールの高さ。

あげていくとなかなか問題点がありました。もはや細かくないです。

サークリング
ヘルムをつかっていない!との指摘が。。
自分では完全にヘルム使ってるつもりで満足していたのですが、甘かったみたいです。
指で輪っかつくって、ラダーに触れるくらいでします‥!

OBさんにラウンディングとサークリングも一緒にまわってもらって、自分の甘さが浮き彫りになった感じがします‥
ふと気を抜くとインを取られたり追い出されたりします、、くやしい。。
あと、他艇がいると、気持ちが焦るのか、回航でティラーを急にきっていることに気付きました、、こういう時こそちゃんと動作しなだめなのに、、他艇を見るのと動作しっかり頭で分けることが大事です。

セーリング
クローズは、、、んー。
全体として、乗船位置が適当です。前目にのるときが特に!!
アビームは、ヘルムを感じよう!と思ったら、ティラー握りしめてたことに気づきました。原因は、ヒールしてるから体をささえるためか!?とりあえず体勢に問題がありそうです。

スタ練
やばい!!!!らしいです。
自分ではやばいと思ってないからそれくらいやばいです。
まず、エントリー場所がだめだそうです。エントリーしたときに確認することで改善します。
そういうことなので、ソロスタ練をはじめてみます!今週は無風でできず、、
ソロスタ練で、ラインと自艇の感覚を養い、ラインサイトなども使う練習をします。それで、スタ練で他艇と合わせたり、ルームを保つ練習をします。
大事なのはスタ練後も走りつづけることで、影響入るんやったらタックするとか、リコールしたんやったら、ライン切りなおしにいくとかをみんなで徹底したいです。
一番にでれた!ってなってもそのとき自分がリコールしてないかどうかわかる力はすごく大事だと思います。
加速動作自体はいい感じだとおもいます♫
あと、下のルームが狭くなったときにパワー入れてあけるのが、ずっとベアをしっかりするのが怖くてできなかったのが悩みでしたが前回はちゃんとベアしたのではと思っています。
ただOBさんにはびっくりするくらい止まるとき上に流して?潰されました。うーん。パワーの無駄遣いをしてない印象でした。

この夏練で習得したブライダルタックですが、シートブライダルつかうなら習得必須だとおもいました。
特に36は下にブライダルが流れやすいので…
ただ上にいきながらおこすまでにティラーを持ち替えなだめなのが正中タイミングとか上への移動の仕方に影響してきてなかなか難しかったです。
でも出来たら、煽れる感じがいい感じです♫

練習に関してはこんな感じでした
今は11月のおわりにはこんな感じになる!っていうのを練ってるところです…
常に目標をきめて達成する喜びをもつ練習をしたいです。一回生ががんばっててそんな感じで、そんな姿をみておもいます✨


レースについて
前回のレース、プラクティスレースでは、下りでインをとることが全く出来ずサ下で影響下を走ったことが一番の反省点です。それに上サはラムラインから膨らんで無駄なキョリをはしったり…今まで上サでベアするとかジャイブするとかしたことなかったので、そういうのも使えるようになりたいです!影響入りそうで、、って思ってたのですが意外と大丈夫らしいです、、でもやっぱそういうのは普段の練習ではできないので陸での練習です!イメトレ!

ラウンディングでも動画を見返すと膨らんだり、マークでルームとりすぎて無駄な距離はしってたので、それが原因でラウンディングで前の舟に勝てないんだと思います、、

OB戦では絶対インをとりにいきます!!!
せめてインをとりにいく行動をします💪だれもいないかもしれないですが…


あと、オーバーでブームがガンネルくらいまで出すときのクローズがめちゃめちゃ遅いです。下りつつおそいので、妥協のヒールで流されてるのと、上れるところであんまりのぼってないからなのかなーとおもいます。滋賀医はオーバーで上す傾向があって、下してパワーあり目の学連のひとらが速そう!!ってなったのですが、唐津ではわたしはただただ下してる感じでした。パワーを艇速にできてないそんな感じです。
オーバーのクローズほんまに苦手です😰どうしたものか‥‥

yacht_ at 17:01|PermalinkComments(2)

メンタル大事!

3回生の澤村です。
この前の練習は、三連休でたくさん練習できると思いきや、
高気圧に覆われて、ほぼ無風状態で、
風待ちばかりでした。
ただ、微風の中でサークリングやセーリングを行いました。
そのセーリングで、メンタル大事ということを学びました。

今、2艇で練習しているのですが、
自分が下で、相手のことをさほど気にしなくていい時は
船のパワーや艇速を意識してはしれていたし、
ポテンシャルも前に出ていました。
でも、自分が上で、かつ艇間がせまってきた時に、
どうしても相手を気にして無駄に上して、
パワーがなくて、影響に入ってという悪循環になることが多かったです。
艇間が狭くなってきても、パワーを意識して、
パワフルになって来たら少し角度をとって、
自分の船のコンディションを完璧にしてから、
相手の船を見るようになりたいです。
ひょうひょうとセーリングする、
たんたんとセーリングする
これを練習でもレースでも意識していきたいです!!


短いですが、この前の練習で学んだことでした!
おわり

yacht_ at 13:31|PermalinkComments(0)

2017年10月07日

SBC4

スナイプskの澤村です。
夏練も無事に終えたので、そろそろと思い、
ブログを書いてみます。
モチベーションに波がありますが、
1月に1回はブログを書いて、
あ、あの時こんなこと考えてたんやな、成長したな
と思って西医体に出られるようにしたいです。

・夏練を終えた振り返り
私は、半年間引退艇のcrだったので、
夏練で再びskになって、
うまくできるか不安でした。
でも、意外と思ってたより、
2回生でやってた頃の技術が残っていたし、
船のパワー感やスピード感覚は、
crで培ってきたものが役に立つように思いました。
ただ、やっぱり動作や考えることは、
同回生skに比べたらへなちょこで、
夏練の間は背中を追いかける感じでした。

・タック
風によって、ヒールの掛け方、ティラーの正中のタイミング、起こすタイミングが違うので、
まだまだ模索中です。
ただ、オンセンターくらいの風なら、
crが作ってくれたヒールをつぶさないように、
skも下にいて、メインを少し出してあおると、
ぐーーんって前に進む感覚があって気持ちいいです。
オンデッキなら、今はヒール角をすごく気にしてます。
ヒール角がでかいと、船がざーって流れていくので、
せっかくがんばってかせいだ分がなくなる感じがしました。
突面は、まだまだ下手くそです、、
パワーがなくなるのに、テルテルがなびいてから気付くことが多く、
テルテルがなびいてからだと、
もう船にパワーはなくてちーんってなってます。
なので、微風の時は、テルテルを流すことよりも、
自分の感覚でパワーないなと思ったら、
パワーを入れるということを意識してます。
そうしてちゃんとパワーが入ってから、
タックして、しっかり風軸をこえるということが船を止めないことにつながるかなと思います。

・ジャイブ
ジャイブの前後でテルテルの確認、ジャイブ前にブローをちらっと見る、バングの量を気にするというのは習慣になりつつあって、
それは成長したなと思うところです。
ジャイブは、ど微風の時に、あおるジャイブがうまくいかず悩んでます。
あおってもパタンとセールがゆれるだけで、
あんまり前に進まないです。
フラットを常に意識するというのも大切ですが、
私がやった時は、
少しヒールを意識したら結構前に出たので、
個人的にはこれが今のところ1番いい感じです。

・セーリング
上りは、5度ティラーを動かすなら、
2度、3度にわけて切ったほうがいい、
つまり大きく動かすより細かくトリムするのが大事だという話を聞いて、
丁寧に丁寧にと思ってやってます。
最近は、トラベラーも使いはじめて、
テルテルと海面を見つつ、
ブローを予測しながら、とにかくトラベラーをぬきまくる感じになってます。
なんとかヒールが来なくても、
果たしてどのタイミングで抜いたトラベラーが効果的だったのか、
後であまり検証する暇もなくやってるので、
何かいい練習方法があれば教えてください、、!
ブローの入る前、ヒールが着く前にトラベラーを抜くんやでと言われても、
なかなか難しいですね。

・ラウンディング
夏練の後半から始めて、ぜんぜんできなくて、
skの偉大さに気付きました。
それと、サークリングをして、
ハンドリングを鍛える練習をしていましたが、
実際のラウンディングでは、
サークリングより小さなルームで回らないといけないことを知って、
今さらながら、甘えたサークリングをしてたのだと反省しました。
まずは、マーク横にしっかりアプローチすることを考えて、
その後に、どれくらいのルームがあったら、
インを取れるのか、ケースしないのか、
そのあたりの感覚を研ぎ澄ませていきたいです。

・スタ練
これもskを始めて、どっから上手くしていけばいいかわからないでいます、、
今のところ、上と下とバウを揃える、
ヘッドが寝てきたことに気付く、
パワーをちょっと入れる、
大きく動かないということを意識してきました。
これからは、パワーをもっとちょこちょこいれる、
ラインサイトの見え方と自分の感覚のすり合わせ、
しっかり風にたてて止まる
ということを意識して10月は練習したいなと思います。



いろいろ長々と書きましたが、、
最後1年で、自分のskの技術がどれだけ上手くなれるかはわからないですが、
ちょっとでも進歩を重ねて成長し続けるしかないなと思います。
明日、、?今日の練習も1日がんばります!


おわり


yacht_ at 01:06|PermalinkComments(3)

2017年10月04日

470MBC もう一人の新米Cr

 初めまして。470Crの一回生、平松です。

 初めての投稿ですがまったく緊張しておらず、他の一回生と比べ緩い文章になってしまうかもしれませんがご了承を。

 

 1年目の夏練があっという間に終わってしまいました…。想像以上に練習時間が長く、こんなに練習してもなお元気そうな先輩を見て同じ人間とは思えない‥と感じていたのですが、なんだかんだついて行けてしまいました。こんな自分が怖いです( ゚Д゚)。一週間にどのくらい部活に時間を費やしているのか気になったので最も忙しかったときを計算してみたところ、なんと寝ている時間を含め約35%!!!(家を出てから帰るまでの時間)‥皆様、お疲れ様です。

 ここまで愚痴のようになってしまいましたが、この夏練はきついものではなく寧ろとても楽しいものでした!夏練前半はヨットに乗るだけで気分が高揚し、何よりできることが増えていくのでやる気が常に出ていました。後半はCrのやるべきことが具体的に教えられたので一筋縄では行かないことも多くなっていきましたが、それを乗り越える楽しさがあると思うので今後の練習に繋げていきたいと思っています。

 

 

 そろそろ本題に入ります。470MBCということで102日までにブログを書くよう指示を受けていたのですが、新学期が始まり夏休み中にできなかったことをしているうちにその日が過ぎてしまいました…。反省。そんな中、Y氏から圧ryo‥いや、催促の連絡が来たため急いで書き始めたのですが、まだまだCrに必要とされていることが出来ていないように感じるため、基本に戻って取りあえず動作について考えていることだけ書くことにしました。報告などはまた次回にでも。

 

.タック

()対面

 ヒールのかけ方は自分の形(バウ側の手でハンドルを持ち、スターン側の足を引っかけもう片方の足を上げる)が決まってきた。ただ、ロールをかけるタイミングがはっきりとわかっていない。まだ微風時のタック中における船の回転速度が実感できておらず、それに合わせることが出来ていないように思う。加えてタック後すぐに上に行ってしまう癖がある。これは早急に変えなければまずい気が。

 

()オンセンター

 ヒールのかけ方は対面と同様に安定してきている。ヒール角は対面と比べると分かってきているが、これもロールをかけるタイミングがいまいちピンと来ていない。タック後に上に行くのが早いのは対面同様。

 

()オンデッキ

 ヒールのかけ方とヒール角は一番分かっている。ロールをかけるタイミングについては、自分が最もしっくり来ているヒール角の時はかなり分かってきたが、ヒール角が変わると対応がうまくできないのが問題。

 

()トラピーズ

 今課題としているのはオンデッキ〜セミトラぐらいの風の時に船体に入ってオンデッキ付近で少しためてから再び出る動作が出来るようになること。

 

 タック全体に言えることとしてはジブの張替えとロールのかけ方が甘いという点、そして未だに突然のタックやダブルタックに対応しきれていないということがある。正直結構焦っているので、十月中には克服したいところ。

 

.ジャイブ・スピントリム・ダウン

 移動についてはスムーズに行けることが多くなった気がする。今の課題はいかに船を揺らさずに作業するか。また、後半の練習ではポールチェンジの早さに安定性がないので改善必須。

 スピントリムは最後の2回の練習でだいぶマシになったと思う。ただ、スピンをどれだけ持ってこれるかについては考えられていないので、これが次の課題。

 ダウン。ポールを外してからスピンのフットを集めきるまでの時間がとにかく遅い。ポールを収納している間にガイから手を放してしまっていることが原因か。

 

.ラフ・ベア

 共にヒール・アンヒールをかけるタイミングは把握しているがその瞬間に体があまり動いていないし、もしかけに行っても毎回同じようにかからない。今一度再考する必要あり。

 

 

 こうして考えてみると基本動作でさえまだまだ課題は山積みのようです…。まあ変に焦っても成長しないと思うので、他のクルーの仕事と同時並行で徐々に改善していこうと思います。オフになる前にはここに書いた課題は克服しておきたいところですね。

 何とも薄っぺらい内容になってしまいましたが、一回生の初めてのブログということに甘えて今回はこの程度にしておきます。正直書きたいことはもっとあったのですが、もう少しCrの動作・仕事の意味を理解してから書きたいと思います。

 

以上



yacht_ at 23:32|PermalinkComments(6)

2017年10月03日

470MBC 新米Sk

ようやく長い夏練が終わり、季節は秋に突入しました。陽気に包まれた日々は終わり、琵琶湖にも冷たい風が吹き寄せようとしています。

最近多くの部員が初めてのブログ投稿をしていますが、本投稿も例外ではなく、何を書けばいいのやら今一つわからないので、ひとまず夏連を終えての学んだことをひとつ、お話しさせてもらおうと思います。

この夏、私はひとつの重要なことを学びました。それは自信を持つということです。

部員の多くが経験する最初のレースはジュニアレースです。私は今年新米skとしてこのレースに参加したのですが、他艇とミートしそうなとき、自分が本当に権利艇か不安になる局面が多々ありました。また、他艇に何かを言われたとき、それが正しいのか、それともただの心理戦かわからなくなりました。それというのも、自分が他艇よりもルール面、タクティクス面、技量面において優れているという自信、自分は間違ったことをしていないという自信がないせいでした。つまり、レースで成績を残すためには、当たり前のことではありますが、練習や座学を通して自分の実力を知り、培っていかなければならないのだと思います。



例えば、私は今、タック後に下り過ぎるという課題を抱えていますが、レース時においては下にいる艇にぶつかりかねないという危険性をはらんでいます。原因としてはメインを引き切れていないこと、正中タイミングが遅すぎること、などいくつか指摘を受けてはいるものの、風によって変わるために柔軟に対応しきれていないのが現状です。

 ジャイブでは、風が吹くほど艇が不安定になってしまっています。これはホイスト時にも言えることなのですが、ヒールをコントロールしながらスピンの張れる角度でティラーを一定にするということは非常に難しいです。しかも、レースにおいてはホイストやジャイブの場面は他艇と絡む可能性が高く、周りを見る余裕も必要です。手が四本くらい欲しいと思う今日この頃です。

 そして、今一番できていないのがマーク回航です。辿るべき軌跡の理想図を風向と次のマーク位置を考えて描く練習をしている真っ最中ですが、特にジャイブポイントを考えるのが難しいです。だいたい遅すぎるのですが、早くしたらしたでマークを引くかもしれないという恐怖があります。また、ジャイブ後にメインとスピンを引くのにいつも手間取ってしまっています。あらかじめある程度は引いているものの、2本のシートを早く引くというのはなかなかに困難です。もっとスムーズにできるといいのですが。ラフについても、たまに上手くいくものの、メインとティラーがうまく連動していなかったりルームが少なすぎたりと難ありです。



 先日、吹いている中で一番大切なのは「心をフラットにすること」だと教わりました。吹いている時もいない時も、レースで心をフラットにするためには自信を持てるようになることが大事だと改めて感じた次第であります。

yacht_ at 00:19|PermalinkComments(3)日記