2017年09月09日

夏練前半を終えて。

スキッパーを初めて一年とすこしとなって、練習メニュー2週目となり、ちょうど一年前の動画がスマホにあったので見てみたら、こんなことができるようになってるっていうのがいろいろあって面白いです。1年って大きいですね。でも今年が最後の一周なので、ここで目標に達しないともう挽回するタイミングがないと思うとこわい。

夏練前半は、動作練とサークリングをメインにおこない、「船を動かす」段階としていましたが、夏練後半は、これに加えてセーリング、スタ練、ラウンディングを行い「周りの船や、風から情報を得る」段階にしたいです。↑一回生が。

わたし自身も先輩に周りが見えていないと度々いわれ、代替わりまでは、ひたすら走ることがヨットだと思っていた部分があったのですが、西医体をこえて、周りから情報を得ることや、動作でミスをしないことは、セーリングと肩を並べるほど大事だと思いました。
たぶんわたしは周りを見ています。けど、それは文字通り見ているだけで、そこから情報を得て、自分の艇の行動に変えれていません。これは、レースだけでなくて練習においてもです。
情報に変換するには、陸でのイメトレと行動のパターンをもっておくことが必要です。

・タック
わたしは最後におこすときにかなりラフに切りながらおこしていて、クローズに合わせています。たぶんはじめのラフでのティラーの切り角が大きいのが原因だと思います。
あと、フルになるとティラーを切る速度が遅くて、船の回航が遅くてというのが目立ちます。
ロールタックのときにおこしてからブライダル引くとそのときにパワーがはいってっていうのがすごくもったいない気がするのですが、メインクリートかけてからおこしながらブライダルひいたりすることあるんですかね??

サークリングは、動作をしつつ、あのブローくるなーってするのが最近の感じです。意外とサークリングって、動作をするだけじゃなくてブローとか風向を読む練習なのではないかと思ってきてます。
あと、最近おもうのがバングをラフしたときにポートでひいて、タックして、ベアするときにスターボでぬいて、ジャイブして、ラフしたら、あれ、ポートばっかりひいてるってなるのですが。。
タック後にスターボでもひいたり、ベア後にポート抜いてスターボ引くとかするんですか??

アビームが代替わって一番かわりました。というのも夏までは角度をクルーに聞くことほぼ100パーセントでしていて、夏練であれ、、ってなりました。サイドステイのテルテールをちゃんと使います。。
あと、ここが速いって思うところが上りすぎってよくいわれます。
全ての走る角度の中で一番、忙しいのがアビームだと思うので、経験による余裕をもつことで一番伸びると感じてます。がんばります。



yacht_ at 04:59│Comments(8)

この記事へのコメント

1. Posted by K   2017年09月10日 08:01
代変わったって実感しますね
頼りにしてます!
私も頑張る💪
2. Posted by 卒後2年目 くずみ   2017年09月11日 22:59
おつかれさまです。
初々しいですね。

いつからかブログの最初に名乗る習慣が消え、ぼくみたいな卒後OBには何回生の誰が書いてるかわからないので、名乗ってくれた方が嬉しいです。


>ブライダルの件
左右ブライダルなら、メインをクリートにかけてブライダルを引きながら起こす、というテクニックがあります。先輩に教えてもらってください(新人スキッパーがその練習をする必要があるのかは一考の余地ありです。まずは普通にタックできるようにならないと。笑)。
上下ブライダルならやらなくても良いと思います。

>バングの件
バングは、風にあったセイルを作るために調節するものであって、スターボやらポートやらを考えて引いたり出したりするものではありません。
走りながら、可能ならスターボ側とポート側のバングは均等に引いて、次にトリムしやすくしたいものです。
3. Posted by み   2017年09月12日 12:54
くずみさん、コメントありがとうございます!

初々しくてごめんなさい。。
実は3回生の470sk、吉村でした。
これからは名乗ります。。

返答ありがとうございます!
そうなんですね、やってみます!
バングはくずみさんの言う通りなのですが、サークリングの時は特別バングルーティン的なものがないと、何周かまわってるとスターボだけ抜け切ってるんです。。でも解決法思いついたので次回試してみようと思ってます!

これからもよろしくお願いします!!


Kさん、コメントありがと!
Kさんのもはやくよみたい〜〜(≧∇≦)
4. Posted by 卒後2年目 くずみ   2017年09月12日 22:53
お前かい笑

最初の1年過ぎた云々のところテキトーに読んでたから、新米スキッパー向けコメントしてもうたわ。
なんか新米スキッパー的文章やったしな笑

精進せい!!
5. Posted by 卒後2年目 くずみ   2017年09月12日 23:16
ブログかいてな。
6. Posted by み   2017年09月13日 08:04
くずみさん、コメントありがとうございます!

傷ついたので、つぎは3回生のブログってわかるの書きます!
そのときはまたよろしくお願いします(^○^)
7. Posted by 卒試とたたかうおとこ   2017年09月14日 21:28
いいブログだと思ったよ。

ブライダル:俺はあんまやってなかったからラフしながらきってタック終わって角度もあわせて落ち着いてから引いてたけど、前うーちゃんかだれかに送ったような気がする動画の速い人はふつうにブライダルだけでやってたしそっちのほうがいいのかなと思います。

サークリング:思うような軌跡、ヘルム感を自分とクルーで作る練習です。前提として理想的に描きたい船の航路を常にイメージします。あとはこれくらいヒールつければティラーきらなくても大丈夫だな、とか。あークルーがその位置におられたらヘルムうまくかからへんしちょっとメイン入れ目にするか、抜き目にするか、などなど・・・。

アビーム:俺もちょくちょく上りすぎになりがちでよく周りに文句言われたものです。
上りすぎてる時ってたぶんちょっとウェザーが強くなる。
ぐぐって上ってうーんあんま速くならへんなって思ったとこよりちょっと下すとティラーにあんま抵抗かかってない感じになる気がします。ラフして艇速とヒールに変わっていったはずが、気づいたらヒールしか変わってなくなります。
僕はアビームのときはバウの傾きをずっと見てそれをキープしてます。全身全霊でヒール角キープ
8. Posted by み   2017年09月16日 17:12
卒試お疲れさまです。。!
コメントありがとうございます!

「あークルーがその位置におられたらヘルムうまくかからへんしちょっとメイン入れ目にするか、抜き目にするか、などなど・・・。」
なるほどです。こういうことができるかどうかが、レースでの船を失速させないかどうかにつながり、今おなじとこを走ってるひとと差をつけるポイントになりますね。

「上りすぎてる時ってたぶんちょっとウェザーが強くなる。
ぐぐって上ってうーんあんま速くならへんなって思ったとこよりちょっと下すとティラーにあんま抵抗かかってない感じになる気がします。ラフして艇速とヒールに変わっていったはずが、気づいたらヒールしか変わってなくなります。」
アビームのときに、ほかの帆走のときよりヘルムを感じようとしてなかったです。。これはちょっと世界が変わりました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔