愛媛県 松山市 建築設計事務所 YAD

Y.Architectural Design 河野洋一 建築 設計 デザイン       

松山市 住宅

先日から始まった住宅の基礎工事。
設計GL決定し掘り方準備。

松山市 住宅 (2)
レベル確認中の職人さん。
確認の指 ↓
松山市 住宅 (1)

こちら、テナントビルの内部改装。
現場の床に墨を出して貰ったので、確認です。
松山市 テナント改装 (2)

松山市 テナント改装 (1)

こちらの現場は、試運転兼ねてエアコン運転されていましたので涼しい〜。
ですが、外の現場は影もなく大変です。

今週、調査に伺った際に見つけた小川。
水辺は気持良いです。
松山市 小川


コンクリートと巨木

朝一、基礎コンクリート打設の受入検査。
徳島では、各検査項目が全て事前購入のチケット制とのこと。
スランプ¥1100円、空気量¥1100円、温度¥1100円、塩分¥1100円
トッピングみたいに加えて行くようですね。
圧縮試験の結果を書類で必要であれば、更にトッピングだとか、、、。
如何なる理由からこんな制度になってきたのでしょうね。


基礎コンクリート 打設 (2)

基礎コンクリート 打設 (1)

↓ 東みよし町にある「加茂の大クス」
  国の特別天然記念物
加茂の大くす (2)
根回り20m
枝張り46m(東西)、南北40m
樹高25m

加茂の大くす (1)

加茂の大くす (3)

初めて訪れましたが、想像以上に巨木です。
根近くから、枝が何本にも分かれている姿はまるで生物のよう。



ソース

オタフク印の三和シャッター
お好みソース

オタフク お好みソース 三和シャッター

貰った、、、。

配筋検査

高速道を西から東へ。
雨雲も西から東へ。

雨雲を追い越し現場到着。
配筋検査。
程なくして雨雲に覆われ、激しい雨が降り出す。

鉄骨 基礎 配筋 検査 (2)

現場に掛けられているコミュニケーションボード。

鉄骨 基礎 配筋 検査 (1)
18日、コンクリート打設予定です。








とこしずめのまつり

松山市内で計画させて頂いてた住宅着工。
土地の神様を敬い、ご先祖様を崇め、戦火で亡くなられた方々を尊び、
敬虔な気持ちを持ったいちにち。

松山市 地鎮祭 (1)_R

施工:伊大建設(株)
設計:ワイ.アーキテクチュラル デザイン


松山市 地鎮祭 (2)_R

完成は2017.2月末です。




墨出し

掘り方が終了し、捨てコン上に墨出し。
実際に建物が建つその位置に基準になるラインを記すことを墨出しといいます。
建物には通り芯という、壁の中心や柱の中心を通るラインがあり、
基礎から始まる建物の骨組みを造るうえで特に大切なラインです。
それら大切な基準を、施工業者さん及び設計監理者が確認を行いながら、
間違いを無くし、施工が進んでいくのです。

下記「Z」や「乙」みたいに見える印が「通り芯」です。
F2→基礎番号
丸マークが縦横の通り芯が交わり、柱が建つ位置です。

鉄骨 墨出し (3)_R

鉄骨 墨出し (2)_R

鉄骨 墨出し (1)_R

これから、鉄筋が組まれていきます。



顔が見えること

通信手段が便利になってきて、メール等での遣り取りが増えるなか、
文字だけの伝達では伝わりきらない場合や、勘違いをしてしまうケースなどもあり、
相手の表情が見れる事の大切さってありますね。

今日は遠隔地とのWEB会議が行われると云う事で、
いささか緊張気味で、会議用の衣服で出勤してみたり、
普段から良くない滑舌を気にしてみたり、多少ドキドキ感。。。

WEB会議

文字だけ又は言葉だけだと、キツく感じる内容も相手の表情を見ながらだと、
受ける内容の強弱も伝わってくるし、話しも早く次の段階への移行もスムーズ。

という、初 WEB会議の感想でした。笑



Y.A.D.
愛媛県松山市/建築設計事務所
Youichi Kouno

バナーを作成
Categories
  • ライブドアブログ