愛媛県 松山市 建築設計事務所 YAD

Y.Architectural Design 河野洋一 建築 設計 デザイン       

ガレージの外壁を延長した塀。
塀に囲まれた庭。


松山市 住宅 塀

松山市 住宅 塀

ガレージの屋根は一部連続して塀の屋根にもなっていきます。

現場は現在フローリング施工中。



現場にて

配筋検査で現場へ。
だんだんと日が暮れ、空の色が変化する。
海の家 夕日 (2)

海の家 夕日 (1)

暗い現場は危険だけれど、空が綺麗です。
金星もでてる。






木材検査

木材の架構がどんどんと複雑になるのです。。。
そして、今回の住宅は更に複雑なのです。

木材の伏図と云われる木材の架構図は全て所内で書いてまして、
それを元にプレカット工場の設計担当者さんが、
機械に加工させる為の図面を改めて作図され、
打合せを行い、納まり難い箇所等を調整しながら最終形へもっていきますが、
今回の家でも、その打合せを何度繰り返したか。。。

図面が整い、注文した木材が工場へ揃ったので、
本日木材検査を行って参りました。

今回の工場、鶴井商店さんへオーナーさんのご都合も良かったので、
同行いたしました。

一般材の柱梁桁、土台、間柱。
化粧材の梁、柱を確認させて頂きました。

梅津寺の家 (1)

梅津寺の家 (2)

お客様が見つけて来られ、今回採用する制震ダンパーも届いてます。
梅津寺の家 (3)

来週からプレカット加工が始まります。

上棟は12月17日予定です。



師走開始

■設計させて頂いた松山市のテナントビル
「堀端テラス」さんのテナントスペースに全て入居されました。
収益物件ですので、設計させて頂いたこちらとしても凄く嬉しいことです。

計画段階からも入居テナントさんをイメージしながら進めてましたし、
当然ながら全てのテナントさんが入居されるであろうと。
入居されない筈が無いという自信を持って取り組んでましたが、
警戒心が強いのか、なかなかの時間がかかりました。

テナントさんが入られ、南堀端の角地に位置する「堀端テラス」が、
これからではありますが、この堀端界隈らしい賑わいの拠点としての機能を果たすべく動き出したって印象で嬉しいです!



堀端テラス 昔 (2)

堀端テラス 昔 (1)

堀端テラス (6)


堀端テラス (7)

堀端テラス (4)

堀端テラス (8)

堀端テラス (5)

オーナーさんからYAD事務所へも、お祝いの品をお持ち頂きました。
堀端テラス (2)

堀端テラス (3)

堀端テラス (1)
【紅白】
おめでとう御座います。
そして関われていることが凄く有難いです。



■大手設計事務所でバリバリな奴。
通りかかりに寄ってくれました。
どんだけお菓子食べさすん。。。笑
お菓子
元YADスタッフである彼の心遣い。
いつも気にかけてくれてるのも知っていますし、
飲み会でも諭してくれる大人です。
滞在時間7分・・・。
有難う御座います。


■松山市 新築現場

松山市 住宅 (2)
鉄骨下地のヒサシ。
道路に沿った≒18mの水平ライン。

松山市 住宅 (1)
塀と建物に囲まれた中庭状の庭。
外部視線が遮られた空間です。



■独立の初日。
スターバックス
留守してた事務所前で珈琲持って待ってくれてた。
これから社長として新たな一歩を踏み出した監督。
凄く刺激になります。



基礎工事

海の見える家 基礎工事
6度目の打設。
海のみえる家 (1)
監督さんも、基礎屋さんも、なかなか大変。
あと2回の打設を経て、上棟になります。

海のみえる家 (2)



■松山市内の住宅

ひさし 鉄骨 (2)
スチールのヒサシ搬入。
ヒサシの下地として使われます。
ひさし 鉄骨 (1)
かなり薄くてシャープなラインが通った軒先になります。

床暖房
室内は、床暖房の施工中です。

■今治
今日の打合せでは、凄いものを見せていただきましたぁ。
それぞれ初めてのモノばかり。有難う御座います!

食事をご馳走になった後、今治城へ寄ってみました。
外壁の経年変化を自分の眼で確認する為。
ほぼ綺麗な状態ですが、場所に拠っての差が激しくあります。
ただ、城全体がその部分的な汚れによって汚く感じるかというと、
お城としては綺麗なお城だという感覚。

折角なので、観光客さん達に混ざってお城見学。
今治城 (1)
この鉄御門(くろがねもん)良いですねぇ。
3mmの鉄板を鉄鋲でとめてあるようですよ。
今治城 (2)
この鉄の黒と木と漆喰の白の構成って、
今まで創らせて頂いてきている建物の構成とも共通していますし、
構成感覚の参考になります。

今治城 (3)
鉄砲狭間。
こんな窓も、あるいはこんな部屋も有りかもしれない。笑







落葉した枝
ふと見上げた空。
空を取り合うように触手を伸ばした枝。
意思を持っているようです。


YAD
愛媛県松山市/建築設計事務所
Youichi Kouno

バナーを作成
Categories
  • ライブドアブログ