利休より始まり、茶人の松平不昧公に受け継がれ400余年の数奇な運命を辿った茶室。
宇治、大坂、京、江戸、大崎、北鎌倉から八王子へと移築され、多くの数寄者たちに愛された茶室
獨楽庵
少しですが見学させて貰いました。

「獨楽庵」の起源は千利休が天正年間(1580年代)に宇治田原に建てた二畳壁床の茶室。
太い柱を特徴とするこの席は、一客一亭の究極の席とのこと。
擉楽庵 (2)

擉楽庵 (1)


にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村