多少、ホラーも入っていますが山田郵便局の横の案山子です。
西予市 宇和町 山田郵便局001
農作業の合間に休憩している家族でしょうか。

西予市 宇和町 山田郵便局002
休憩もせず、藁ぐろを造っている夫婦?もいます。

西予市 宇和町 山田郵便局003

山田郵便局があるのは西予市宇和町山田。
(JR伊予石城駅のある石城地区)
お正月に帰省した実家近くです。

子供の頃には、よく見掛けた情景。
それぞれ全ての田圃毎に2〜3の藁ぐろがありましたから、かなり見応えのある風景だったと思います。
果たして何棟の藁ぐろが建っていたのだろうか、、、。

その時代、その地域にとっては変わり映えのしない風景でしたが、
時代が変わった現在にあれほどの数の藁ぐろが建っている風景は観光に成っていたのだろうか。
一年を通じ変化する石城地区。
・水田が空を写しこんだ田植えの時期。
・稲を揺らし通り抜けるそよ風。
・黄金色の秋。
・稲刈り。
・脱穀前の稲木
・藁ぐろ
・真っ白な雪景色
・見渡す限りの蓮華色

作業の効率の中で記録と記憶でしか残ってなく消えてしまったものや、消えつつあるものに目を向けてみたいと感じた年明けでした。


今年も宜しくお願い致します。

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ
にほんブログ村