野営人

2014年05月

どういう風の吹き回しか、しばらく冬眠していたテントを倉庫から引っ張り出し、その状態の確認と虫干しをすることにしました。

子どもたちが小さかった頃、ファミリーキャンプで使っていた30年以上も前のロッジ型テントです。

いわゆる 鉄骨テント ですね。

骨組みであるスチールパイプはまったく錆びておりませんし、まだそっくりしており新品同様


フライの内側に小さな白い点々が全体に現われていて、手で触ると少しベタベタした感じです。

防水材の経年劣化による加水分解でしょうね

(何回も言いますが)なにしろ30年以上も前のシロモノですから・・・

おそらくこのタイプは、国内では唯一これが最後のひとつではないかと勝手に想像しております。

このテントは SOUTH FIELD の5~6人用で、底面で約6帖の大きさです。

高さは一番高いところで2.1m、ジャイアント馬場さんでも悠々立てます。


         giantbaba.jpg
               ただし、十六文キックには弱いです


骨組(スチールパイプ)を組み立ててフライを被せる方式で、約半分の面積があるインナーは当然吊り下げ

撤収の時も、骨組みの上でフライを折りたたみますので幕体が汚れません。


SouthField003.jpg


気になるベタツキは、我慢できない程度ではなく臭いも無いのでこのまま使えるでしょう。

説明書が無かったので思い出しながら組み立ててみましたが、入り口の真ん中にポールがきちゃいました。


SouthField008.jpg
なんじゃ、これ? www


こんなもん20分もあれば、一人でもゆっくり組み立てられますからね

ソロキャンでメッシュタープの代わりに使っちゃおうかなー


SouthField009.jpg


幕体は、意外としっかりしているんですよ

でも良く見ると、張り綱は四隅だけです。

強風の日はNGですね。


SouthField004.jpg


↑ この窓以外はメッシュ部分が外側にあるので使いやすいはずです。

ロッジ型は骨組のパイプにいろんなものを吊り下げられますから便利ですよね。


SouthField007.jpg


↑ 正面の出入り口は、1尺5寸くらいのキャノピーになってます。


SouthField005.jpg


↑ この形にした理由はわかりませんが、下はメッシュで上が半透明の窓もあります。



フルオープンまでにはならなくとも、三方向が大きく開きますので風通しは良いみたいです。

SOUTH FIELD って言うと今では安いと言うイメージが強いですが、これは30年前で3~4万くらいしたんじゃないかなー

地方での大卒の給料が8~10万円の頃ですよ

どうですか、この超レアなテント

我が家の家宝になるといいのですが・・・ww


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

今月のGW直後の頃ですが、遅ればせながら初訪を果たしてまいりました。 

昨年の8月にオープンした  「墨家」  さん


sumiya145801.jpg
福島県郡山市安積町日出山2丁目16番地


以前は、郡山市熱海町の「武蔵亭」さんだそうですが、そちらも未訪のままになっちゃいました。


sumiya145802.jpg


店内はいろんなものが飾られていて面白いです。


sumiya145804.jpg


まずは、おすすめの 「支那そば(680円)」 をいただいてみます。


sumiya145805.jpg


おー 見た感じは美味そうですねー

まず最初にスープをひとくちすすってみると、最初にアピールしてくるのは煮干しの風味

ん~ さっぱりして中々いいじゃないですか

美味しいです。

こちらは、サイドメニューの 「なんこつ蒲焼丼(170円)」


sumiya145806.jpg


なんこつの食感が感じないほど柔らかく煮込んであります。

これもいいですねー


sumiya145810.jpg


何杯でもイケそうです。 ↑

こちらも箸でつまむと切れそうなくらい柔らかいチャーシュー ↓


sumiya145807.jpg


麺は、ストレートの細麺


sumiya145808.jpg


僕の好きなメンマ ↓


sumiya145809.jpg


そして、餃子(五個入り280円)


sumiya145811.jpg


中から熱々の肉汁が出てきます。

期待はしておりませんでしたが、これが バカうま

手づくり餃子だそうで、久しぶりに美味しい餃子に巡り合いましたよ


sumiya145812.jpg


次回は、餃子定食(10個 750円)で決まりです。


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

実は、GW前にここでキャンプを計画していたところでした。


上小川レジャーペンション


このあたりには、 「上小川キャンプ場」 や 「上小川キャンプ村やなせ」 などのキャンプ場もあります。


kamiogawa14541.jpg
管理棟


管理人らしきご年配の方をお見かけしましたので、施設内の立ち入りとクルマの駐車許可をいただきました。

この日はGW中だけあって多くのキャンパーで賑わっておりました。


kamiogawa14542.jpg
広ーい炊事場


第一印象は、ファミキャンにはもってこいの環境でございます。


kamiogawa14543.jpg


このロケーションですからね

子どもたちは水遊びが出来て楽しめそうです。


kamiogawa14544.jpg


管理人さんのお話によると、この川は浅瀬で水難事故は100年に一度あるかないかだとか・・・


kamiogawa14545.jpg
広々としたテントサイト


皆さん、やはりグループキャンプかファミリーキャンプのようで大型テントばかりです。


kamiogawa14546.jpg


また山のほうにもキャンプ場をお持ちだそうで、ひとりならそっちのほうが静かでいいよと仰っておりました。

山かー

福島の人間と知らずのことでしょうが

福島の人間は北茨城の山でキャンプするなら、裏磐梯に行っちゃうよなー

まーいいでしょう

いつかは来ます


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

メガホーンⅡの試し張りの時に気付いたのですが、キャップのカバーがクチャクチャでカッコ悪いったらありゃしない

これはおそらく梱包中にこうなってしまったのでしょう。

日本人なら、こんな風になるたたみ方は絶対しませんね


luxe14531.jpg
メーカーは “Luxe Outdoor ” と言って、香港のテントメーカーみたいです


この部分は、いわゆる換気孔なわけで引っ込んでしまっては意味がありません。

では、そのクセをどうやって直したら良いのか・・・??

そろそろ頭が固くなってきたカンレキオヤジは一生懸命考えましたww

そこで、こんな形にしてみました。


luxe14532.jpg


あらら、きれいに丸くなるではありませんか

しばらくこうしておけば、クセが取れるかも知れませんね


luxe14533.jpg


ってことは、折りたためないってことじゃないですかー 

おい おい

結果は、五月キャンプで・・・


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

本年、2月22日に再開通した広野IC~常磐富岡IC (延長16.4km)


14541hirono.jpg


北茨城まで行ったついでに足を伸ばしました。

途中に線量計がありまして、毎時 2.28 マイクロシーベルトでした。


14542tomioka.jpg


富岡は、まだ居住制限区域で当然住むことも出来ず許可がなければ泊まることもできません。

ただし住居制限区域は特別な許可がなくとも自由に入ることができ、自動車で通ることも車から降りて歩くこともできます。


14543tomioka.jpg
誰もおりません・・・



14544tomioka.jpg
黄色い車体の除染作業車が目立っておりました。



14545tomioka.jpg
海の近くの住宅地までやってきました。



14546tomioka.jpg
電柱は折れ曲がったまま


瓦礫が入った袋でしょうか

広い土地に漠然と置かれておりました。


14547tomioka.jpg
誰が置いたか、JRのヘルメットとオモチャのパトカー



14548tomioka.jpg
常磐線


線路は雑草で寸断されてました。


14549tomioka.jpg
倒壊したままの家屋



145410tomioka.jpg
恐ろしいほどの津波の爪跡



145411tomioka.jpg
JR常磐線 富岡駅です


福島第一原発から、約10kmです。

駅舎はすっかり流されてしまいました。


145412tomioka.jpg
駅前の商店街


約、10分間の滞在でしたが正直言ってこれ以上見るのもつらくなりました。 


145413tomioka.jpg


元通りにここで生活できる日がいつ来るのか、それよりも住めるのか・・・

津波の恐ろしさとそれによる原子力災害

何もかも津波が引き起こした結果です。

ま、当時の菅内閣(本人)の対応の悪さもありますけどね・・・


145414tomioka.jpg


海辺にぽつりと建つ白く新しい三階建て住宅が、海を眺めながら主とその家族を待っておりました・・・

一日も早い行方不明者の発見と復興を願うばかりです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ