野営人

2015年05月

先日、某団体の総会で二次会まで付き合った後、エキナカのトイレで用を足しアーケードに向かうと震災前より人の出が多くなったような気がします。


ekimae15529.jpg


午後10時過ぎですが、ハナキンだからでしょうかねー

ま、駅前が賑わうことは大変良いことです。

そして、アーケードを抜け少し歩くと・・・


oomachi15529.jpg


救急車が停まっており、一人の男性が道路端にしゃがんでおりました。

詳細は不明ですが、酔っぱらって転んだのかそれとも傷害事件か・・・

この日は僕もかなり飲んでしまい千鳥足で歩いていたので、当事者にならずに良かった。


otonano150529.jpg


「大人になったら、したいこと」 しても良いけれど、あとで後悔しないようにしないとね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テントの中で、何かを吊るしたり引っ掛けたい場合はそれぞれ工夫するしかないのだが、幕と骨組みだけでは精々限りがある。

その結果、こうなる。 ↓


daiya15328108.jpg


これはあまりにもカッコ悪い 

そこで前から気になっていたのが、SPのパイルドライバー

今月GWのオフ会でクロネコさんが使用されていたので、実物を詳しく拝見させてもらうことが出来た。

結果、これは大変良さそうだと思った。 

早速、お取り寄せとなる。


piledriver1501.jpg


しかも、二本買い


piledriver1502.jpg


直ちに、検品

これは、上部 ↓


piledriver1503.jpg


ランタンハンガーがセットされている。

脱いだ服をハンガーに掛けて吊り下げるのも良し

そして、下部 ↓


piledriver1504.jpg


地中に刺さる部分だ。

三本継ぎの一番上の部位を抜いてみた。 ↓


piledriver1505.jpg


いわゆるハンマーの役目をする部位

どうせ欲しくなるだろうと、ついでに専用のケースも購入した。


piledriver1506.jpg


今回もスノーピーク戦略にハマる。

孫のユウト君が来た。

 「じぃじ 何やってんの? 何これ?」

 「キャンプ道具」

 「僕、キャンプ行きたーい」

 「はい、はい 今度また連れて行ってあげるから」

 「じぃじ ありがと」 と言いながら、パイルドライバーケースを2~3回蹴飛ばして何処かに行った。

   (何なんだよ あいつ・・・)


piledriver1507.jpg


広げると長い

ちなみに寸法は、W190×H1,180×D40mm


piledriver1508.jpg


パイルドライーバーを二本収納してもまだ余裕がある。

「これは・・・もしや」 と思い

システムロックポール230 と プッシュアップポール250 を出してみた。


piledriver1509.jpg


まず、システムロックポール230二本を入れてみた。


piledriver1510.jpg


なんなく納まる。

続いて、プッシュアップポール250を二本さらに追加


piledriver1511.jpg


すると・・・わけなく納まったが、これで限界

ケースの上部側面にファスナーがあるので出し入れも便利


piledriver1512.jpg


これはいい!

パイルドライバーよりケースのほうに感心させられてしまった。(笑)


piledriver1513.jpg


これでまた道具(パイルドライバー二本)が増えたが、6本が1ケースにまとまったので結果的には道具が少なくなった。

なんだかわからないが 「オヤジのぬか喜び」 になりゃしないか・・・ 


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

子どもの日に孫を連れて遊びに行った帰りに昼飯タイムとなった。


 「ユウト君、何食べたいの?」

 「えーと 冷たいおそば」

 「ふ~ん うどんでもいいの?」

 「うん、いいよ」


つまり、麺類なら冷たくても温かくても何でもいいのであった。

そこで、丁度通りかかった店がこちら ↓


koshiki150501.jpg



台湾料理 紅四季 さん



「コウシキ」 と読むのだそうである。


koshiki150502.jpg


午後1時近くだったので、半分以上空席だった。


koshiki150503.jpg


早速、メニュー


koshiki150504.jpg


久しぶりの外食ではないか

しかも、台湾料理ときた。

種類が多過ぎて、アレコレ迷いながらメニューを暫く眺め・・・

大人三人と四歳の孫がそれぞれに結論を出した。


koshiki150505.jpg


ユウト君とそのママは、スープを醤油ラーメンに替えてエビチリ定食

妻は、海鮮ラーメンの単品

そして俺は、セットメニューから台湾塩ラーメン+麻婆飯

大盛りはプラス100円だったがとても食べられないので、そのまま(小盛り)で良いなとその時は思った。

で、運ばれ来たのがこちら ↓


koshiki150506.jpg


なんだよ、この麻婆飯

小盛りでも普通盛りでもなく大盛りだべ 

でもこれがセットメニューの普通盛りなのであった。


koshiki150508.jpg


もう一度メニューを見直すと、半分とか小盛りとかどこにも書いてない・・・

しかし、それ以上に驚いたのは


美味い!


期待はしていなかったが、僕好みの大辛で本当に美味かった。

台湾塩ラーメンも、好みの辛さでこれもバッチリテイスト(←可笑しな表現だが)だった。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村

GW中に孫を何処かに連れて行くのが “じぃじ” の役目になってしまったので、キャンプから戻った翌日(子供の日)に行くことになった。

と言っても、GW中は何処に行ってもババ混みだし、孫(ユウト君)のママは仕事で疲れているので遠くには行きたくないと言うし・・・

“じぃじ” は困ってしまった。  

考えた挙句・・・


kawasemi150501.jpg


これまでの “いなわしろ淡水魚館” が、今年の4月25日に “アクアマリンいなわしろカワセミ水族館” としてニューアルオープンしたことをテレビで報道していたことを思い出した。


ina21.jpg
                   オフィシャルサイト(←クリック)より画像拝借


入館する前にユウト君に発見されてしまった。


kawasemi150502.jpg


 早速、 「あっ! 僕 これ乗りた~い」 の連発

はい、はい いいでしょう


kawasemi150503.jpg


 「これはね、じぃじがユウト君の頃 毎年夏休みに乗ってたんだよ」

と説明しても、返答無し(聞いていないし、て言うか既に姿は無し)

15分ほどで飽きてしまい、水族館へ


kawasemi150504.jpg


もう何度もいろんな水族館へ連れてきたが、我が孫は少し成長したのか今回は興味の示し方がわりと真剣


kawasemi150505.jpg


初めのうちは、魚が近づいてくると顔を仰け反らせていたが段々馴れてきたようだ。


kawasemi150506.jpg


まだ海と淡水の区別もつかないだろうが、少しは勉強になっただろうか


kawasemi150507.jpg


そして、魚に直接触れるのも今回が初体験

初めのうちは躊躇していたが、周りの子供たちの仕草を見てようやく手が伸びた。


kawasemi150508.jpg


魚との最初の触れ合いは、メダカ

ま、こんなもんでしょ

男の子だから毒虫なんかも平気で触っちゃうんだろうなと心配していたけれど、それは余計な事だった。

 “じぃじ” は、教えることが沢山ありそうである。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村

GWの第四戦ソロキャン(第一回オフ会)の帰り、気になる “休暇村 裏磐梯” へ寄り道をしてきた。

昨年はここで二度ほど野営をしたが、抜群なロケーションと広めのサイトでお気に入りのキャンプ場のひとつになった。

場合によっては熊も出没するらしいが・・・


kyukason14602.jpg


また毛虫もウジャウジャいる。


kyukason14631.jpg


さて、そのGW中の混み具合はどうだろうか・・・

ビジターハウスの前にクルマを停め歩いて行ってみた。


kyukason150501.jpg


ありゃー まだ雪があるわい

B地区 ↓ は、まーそこそこという感じ


kyukason150502.jpg


E地区 ↓ は、道の近くまで使われているのはちょっと珍しいか?


kyukason150503.jpg


それで人気のD地区は・・・


kyukason150504.jpg



うおぉぉぉー ババ混みやん 



とてもじゃないけれど、俺はこういう状況で野営する気がしない。 

キャンセルして帰ることになりそうである。

昨年の6月のD地区 ↓


kyukason14660.jpg


俺、ひとり・・・だった。

寂しいが、やっぱり静かな環境がいい


にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村

このページのトップヘ