野営人

2016年02月

( 「月曜日のニャンコたち」 は文末で)


最近のコンビニ弁当は味も質も向上して、中には期間限定で駅弁のようなものもあるのには驚く。

先日も、「期間限定のコンビニ弁当 (←クリック)」 を投稿したばかりだが、コンビニ各社の販売合戦は凄まじい。

野営でも昼飯としてたまに買うこともあるが、平均して月に一~二回は食べている。


benizake16101 


新潟コシヒカリの文字が目に入り紅鮭が旨そうだったので買ってみた。

別袋でかつお節と醤油が付いていた。


benizake16104


食材は、鹿児島県枕崎と瀬戸内そして新潟と全国規模

そうすると、紅鮭はどこなんだろう?と思う。


benizake16102


オカズは紅鮭がメインで小さいさつま揚げと玉子焼きとカボチャ

そして、れんこんのきんぴら

白飯と海苔の四層仕立てで、一見オニギリのような形のご飯に見えるが特に意味はない。


benizake16103


新潟産コシヒカリと表示してはいるけれど、食べても産地までは僕にはわからない。


benizake16105


B5版の半分くらいの大きさで税込498円とは高い気がするが、食材の質がそれだけ良いのだろう。


benizake16106

                             543kcal 


セブンの弁当が美味しいと評判のようであるが、各社とも販売戦略にしのぎを削っているようである。

しかし毎日となると飽きてしまうかも知れない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



それでは、「月曜日のニャンコたち」


ヤマト君はもうだらけちゃって撫で撫での催促ポーズ ↓


yamato1021


猫は人間扱いが上手いなと思う瞬間である。


yamato1022


一方の福丸君は・・・

ご飯を食べ始めたので部屋を出ようとすると、この目つき ↓


fukumaru16215


こういう仕草は人間でもする。

猫も犬も人間も大して変わりはないか。(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「朝のキャンプ飯は?」

と言えば、まず考えられるのがホットサンドとコーヒー

和食では、ハム・玉子焼きや焼き魚にご飯とみそ汁、それに納豆やお新香なんかもあったりして、しかしこれでは日常とあまり変わらない。

ほかには、朝ラーやうどん、あるいは素麺・・・

いやいや、キャンプにはもっと非日常的な食い物を俺は求めたい。

と言うわけで、今回は 「野営飯 Breakfast編」


camping-breakfast1602


ホットサンドでも、挟む具材が突拍子もないものだったら非日常的となるだろう。

しかし、食材の残り物があったらまずそれらを優先的に使いたい。


camping-breakfast1601


魚肉ソーセージ+とろけるチーズ ↓

マヨネーズをかけて焼いてみたら、まぐれでヒット


camping-breakfast1603


葉っぱ類は、ちゃんとパンの中に仕舞おう。 ↓

でないと焦げて苦くなる ((+_+))


camping-breakfast1604


パンばかりでなくご飯の時もある。

残ったタマネギと魚肉ソーセージを炒め、そこにご飯を追加し味付けはウスターソース

ついでに七味をふりかけてみた。 (ー_ー)!!


camping-breakfast1605


また、麺類の時もあった。

前の晩のおでんの残り汁に、うどんと余った肉をぶっ込む。

「野営肉うどん」 の完成!  (フツーか)


camping-breakfast1606


ホットサンドクッカーでパンと玉子の同時焼き ↓


camping-breakfast1607


こうして見ると、どれも旨そうなのだが・・・


camping-breakfast1608


時には真面目に、舞茸の炊き込みご飯 ↓


camping-breakfast1609


さらにエスカレートして、焼き鳥缶炊き込みご飯+豆乳味噌汁 ↓


camping-breakfast1610


朝から、えごま豚肉野菜炒め ↓


camping-breakfast1611


キャベツ豚肉炒め+とんぺい焼き ↓

こうなると、もはや朝飯ではなくなる。(笑)


camping-breakfast1612


スーパーのお惣菜  ↓  (完璧な残り物整理)


camping-breakfast1613


なんとも不思議な 「玉子かけ野菜炒め」  ↓

なんでこんなもの作ったかなー 俺


camping-breakfast1614
(これも、残りのもの整理)


昨年から始めた “野点”

人目を誘う(笑)


tyanoyu1509


結構、いろんなことをやっていた。

よくよく考えてみれば、キャンプ飯は料理の実験だな。




にほんブログ村

ある日曜日の昼近く、妻と連れ立って駅前まで行った。

目当ての店は休みだったのでホテルの中華レストランへ目的を変更


marvellous16201


「久しぶりだなーここ」 などと言いながら地下一階へ降りた。

11時30分の開店時刻まで2~3分早かったが入店できるとのこと。


marvellous16202


店内に入ると奥の個室から宴会中のような話し声や笑い声が聞こえ、一般席にはまだ一組の客だけ

日曜日は静かにゆっくり料理が楽しめる穴場レストラン的な印象があった。


marvellous16203


テーブルの上には醤油と酢、爪楊枝や灰皿とメニューだけ


marvellous16204 


入り口に日替わりランチや限定10食のお得なセットの掲示があり、その中に 「サンマー麺」 を見つけていた。


(上から二番目の写真の一部分をアップ)
marvellous16205


ところが日曜日はランチがお休みだそうである。

一般メニューから僕は 「五目入りやきそば」 ↓ を選んだ。


marvellous16206


妻は、「五目入りつゆそば」 ↓ を選んだ。


marvellous16208 


当り前だが麺はそれぞれ異なり、つゆそばのほうは白い中太ストーレート麺 ↓


marvellous16209


やきそばの麺は、茶色がかった少しウェーブのある細麺 ↓


marvellous16207


この焼きそばの麺がまた良い。

これは二度蒸しなんだろうと思うが、歯触りが良く麺そのものも旨い。

焼きそばには、スープがついてくる。


marvellous16210 


これも大衆食堂のラーメンスープではなく本格的な中華スープ

これで800円とはコスパも良い。


marvellous16211


食後につくコーヒー

中華料理のあとのコーヒーはどういうわけかコーヒー専門店より美味しかった。 (笑)


marvellous16212


大衆食堂のあんかけ焼きそばにも完成度の高いものがあるが、駅前のホテルに構えるという格式の重さが感じとれた逸品であった。 

食事のあとはエキナカの眼鏡店で老眼鏡を注文し、食品売り場を巡りその晩の食材を買って帰った。 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


前回の 「野営飯 lunch編(←クリック) に続いて、今度は夕飯を振り返ってみた。

そうしたら、俺の料理がどれだけいい加減であったかわかってきた。


camping-dinner1601


出来上がりはまともに見えるが、作る過程には料理のセオリーなどというものは全く無い。

ただ焼くだけのヤキトリは誰でも出来る。


camping-dinner1602


これ(下の画像)は、ジャガイモ、ニンニク、タマネギ、ピーマンとコンビーフを炒めてチーズでとじたもの

ワインに合う料理と思ってやってみたが旨かった。

たまにはまぐれもある。


camping-dinner1603


次は、ジャガイモ、ニンニク、タマネギとオイルサーディンを炒めたもの

エリンギも入っていたか・・・?

味付けは見事に失敗

病院食より酷かった。


camping-dinner1604


茶系一色でだいたい見た目からして旨そうに見えない。

食欲がなく、いくら良い肉でも食べ気にならない時はキノコや野菜を焼いてポン酢で食べたこともあった。

不味くもなく旨くもないが・・・


camping-dinner1605


エリンギとエノキダケの包み焼き ↓


camping-dinner1606


オフ会にて、クロネコさん特製の湯豆腐 ↓

いい出汁がしてた。


camping-dinner1607


次はキノコ鍋ではなくて、実はおでん ↓

見た目は悪そうだけれど、おでんの出汁から作ってみたら案外上手くできた。


camping-dinner1608


これが、キノコ鍋 ↓


camping-dinner1609


とにかく肉だけの時もあった。


camping-dinner1610


失敗のない炭火焼きステーキ ↓

半ナマでも食える。


camping-dinner1611


得たいの知れない鍋料理 ↓

何かの葉っぱとジャガイモ、玉こんにゃく、さつま揚げ、変なキノコなど残った材料を全部入れ醤油で煮ただけだったが、これはトンデモナク不味かった。

一口で気持ち悪くなり、即 廃棄処分


camping-dinner1612


次は、タマネギ・ピーマン各種野菜とシシャモのオイルサーディンを炒めチーズでとじた。

これは、まあまあだった。


camping-dinner1613


生ホルモン炭火焼き ↓

当然これは文句無し


camping-dinner1614


練り物(おでん材料)の炭火焼 ↓

肉に飽きた時は、これもありかも・・・


camping-dinner1615


ホルモン野菜炒め ↓

味付け次第で絶品料理になる。


camping-dinner1616


キャンプ料理の定番 ↓


camping-dinner1617


焼肉 ↓ 


camping-dinner1618


生ホルモン野菜炒め ↓

シーズニングソースを使ってみたら、メチャクチャ旨かった。


camping-dinner1619


オフ会でのBBQ ↓

クロネコさんが準備した。


camping-dinner1620


フライパンピザ ↓

市販ピザそのままでは物足りないので、トマトなどとピザ用チーズを追加トッピングしてボリュームアップ


camping-dinner1621


ジャガイモのチーズ焼きと炭火焼ステーキ ↓

ジャガイモのチーズ焼きは、レシピを見ながら作った。


camping-dinner1622


なめこと数種類のきのこ汁(味噌味) ↓


camping-dinner1623


牛ステーキとおでんの具材焼き ↓


camping-dinner1624


レトルトのレンズ豆のカレー ↓


camping-dinner1625


酒を飲みながら適当で気ままに野外で作る料理は、成功も失敗もあるが決して面倒臭くはなく逆に楽しいものである。

とは言うものの、もう料理でふざけた冒険はやめようと思う。

今度は少し料理の基本を勉強し真面目にやろうと思う。




にほんブログ村


今月1日に全国一斉発売となった 「マサラカレー焼きそば」 を遅ればせながら試食してみた。

マサラと付くくらいだから独特の香りがあってスパイシーなんだろうと思った。


Masala_curry16201


カップの中には小袋が二つ  ↓


Masala_curry16203


かやくは既に入れられておりカップを振るとカラカラと音がした。

お湯を入れて三分

ペヤング焼きそばは、お湯が毎回わずかに残るがこのカップ麺は湯切りが良く殆ど残らない。


Masala_curry16204


液体ソースをかけると、カレー風味のいい匂いがした。


Masala_curry16205


スパイスも同時投入して、かき混ぜるんですな。ハイ ハイ


Masala_curry16206


これでカレー度、いやマサラ度は更にパワーアップだ。

独特な香りが食欲を増してきた。

いいな、マサラカレー焼きそば


Masala_curry16207


ニンジンと肉がごろごろ

かなりスパイシーでこれは旨い!

麺はペヤングと比べると少し細め


Masala_curry16208


これはまた食べたくなる味だ。

温かいご飯の上に載せて食べたい気もする。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページのトップヘ