野営人

カテゴリ: そのほか体験談やら何やら

友人夫婦から誘われて先週末からお伊勢参りに行き昨夜帰宅しました。
ニャンコたちは娘たちに面倒を見てもらっておりましたが、いつも一緒にいるべき人間(家内)も誰もいないので少々寂しかったのではないかと思います。

さて、その 「月曜日のニャンコたち」 です。
今回はヤマト君が反応した画像です。(二番目の画像です)

IMG_3463

なぬ、なぬ?

IMG_3464

続いて福丸君ですが、無理やり段ボールに押し込まれています。

fukumaru248

デカくなりました。 (;´・ω・)


さて本題
秋と言えば “芋煮会” 

butajiru171001

だけどこれは豚汁
老人会で作りました。

butajiru171002

還暦過ぎたら町内の老人会に入れるんで・・・あっはははー
入れると言うか、自ら希望したわけではなく断れ切れなくて・・・
なので出席率0パーセントの会費会員です。

butajiru171003

今回は力仕事があったので参加しました。

butajiru171005

人生の大先輩にいろいろ教えてもらったり、旨い豚汁食べて充実した時間を過ごしました。
ちょっと薄味でしたがね。
人生もちょっと薄味ぐらいが飽きずに食べられるし、長生きするにもちょうどいいのかなって思いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

(前回の続き)

行きも帰りも人の群れに入り混じり汗を流し埃を吸いながらだらだらと歩いて会場入りするのもタイヘンだが、日頃猛訓練で国防のために鍛錬している隊員に比べれば見学者の苦労なんて屁みたいなものである。
それにしても毎回凄い人である。
今年の入場者数は約2万4千人だったそうで、入場券の当選倍率が29・3倍に達したらしい。

sokaen17819

一番最後に小野寺防衛大臣が到着
演習の準備が完了した報告を受ける。
そして挨拶も何もなく会場アナウンスで演習がいよいよ始まった。

sokaen17821

目の前で爆音と共にリアルな軍事作戦が展開する。

sokaen17822

見事なホバリングでAH-64D(戦闘ヘリ:通称アパッチ)が 30mm機関砲をぶっ放す。
飛びものはやっぱり面白い。

sokaen17823

地上戦では、87式自走高射機関砲(自走式対空砲)や

sokaen17825

ミサイル ↑
そして戦車(90式 ↓)が登場する。

sokaen17826

迫力は戦車が一番凄い。

sokaen17827

シート席の一番前には座ったことがないが、スタンド席の裏でもかなりの爆風を感じるので心臓の弱い人はぶっ倒れるかも・・・

sokaen17828

標的となる丘は着弾の白煙で滅茶苦茶状態
一日で約3億円もの予算が使われるが、これが勿体ないと考えるのは国防の重要性を知らない人間である。

sokaen17829

東日本大震災の災害救助で活躍した多用途ヘリコプター(アメリカ軍のUH-60ブラックホーク)も登場

sokaen17831

さらには空挺団のパラシュート部隊も空から舞い降りる。

sokaen17832

これは一番見たかった昨年度の予算で調達された16式機動戦闘車(MCV)
時速100km以上の速度で走行する。

sokaen17836

残念ながら実弾射撃は無かった。

sokaen17837

今回初披露の水陸両用車(AAV) ↓

sokaen17838

24名が乗車でき、空輸可能
まさか見れるとは思わなかった。

sokaen17839

この他にも様々な陸自の装備品が登場した。
最後のフィナーレは目を見張るものがあるが、何度も見学しているので帰りの混雑を避け早めに引き上げ帰路についた。
今年は百里基地で航空観閲式が予定されているのでこちらも是非見学したいけれど、チケットを入手できるどうか現在のところ全く白紙状態である。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨年はわけあって行けなかったが、二年ぶりであのイベントを見学してきた。
今回で五回目となったが、毎年でも飽きることは無い。

今年は、MCV(16式機動戦闘車)とAAV(水陸両用車)を見たかったのであった。
東北自動車道上り線でちょっとした渋滞に遭遇した。
原因はユニック車のパンクだった。 (;''∀'')

sokaen17801

あとはスムーズに目的地へ着いて、この日は前泊となった。
翌日、午前5時にホテルを出発し富士御殿場の東富士演習場畑岡地区へと向かった。

sokaen17802

車中でアサメシを食っていると・・・

sokaen17803

既に現地入りしているクロネコさんからLINEがあった。
この時の時刻は、5時19分
既に行列ができてるとのこと。

sokaen17805
(クロネコさん提供)

あーこりゃー凄いわ

sokaen17806
(クロネコさん提供)

あとでわかったことだが、Eスタンドは早い者勝ちでシート席チケット(いわゆる青チケット)でもスタンド席に座れるらしいのだ。
こっちは赤チケットなのでそんな心配はない。
6時過ぎに着いても余裕でスタンド席に座れる。

5時48分に東名の御殿場ICを出た。

sokaen17807

すると、御殿場ICと接続する県道は既に渋滞
地元走りならぬ裏道ルートで約20分後に駐車場に到着した。

sokaen17809

途中で検問を通過
車体の下とカメラ撮影で1台1台全て記録される。

sokaen17808

駐車場から登り道を15分ほど歩く。
日頃から鍛えてない体にはキツイ (;´・ω・)

sokaen17811

10分くらい行列に並んでスタンド入り
席はクロネコさんに確保してもらっていたので携帯電話で位置を教えてもらって無事合流

sokaen17812

既にこの時には予行演習が始まっており、爆音と爆風を感じながらカメラをセットする。

sokaen17813

本番が始まる前にトイレを済ませて出展品を物色
しかし人が多過ぎてゆっくり見ることはできない。

sokaen17815

クッキーとか煎餅とか既に完売している商品もあった。

sokaen17816

再びスタンド席に戻ると、目の前のシート席はほぼ埋め尽くされていた。

sokaen17817

陸将、防衛大学校長、幕僚長、防衛大臣などが入場してくるといよいよ本番開始となる。
その頃になって目の前の富士山が姿を現した。

sokaen17818

次回は本番の様子を・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

一年を通して7回ほど墓の除草をしている。
6月から8月の梅雨から夏にかけては、草の伸びが早くまたブヨや蚊も発生して一番イヤな季節である。

そんな中、過日大内宿に行った時にこんなものを見つけた

jyuku17608

岩手県大船渡市の㈱熊谷鉄工所が製作しているもので 「草取りカギカマ」 と言う。

kusatori1761

これまでいろんな鎌や道具を使ってきたが、これと言って気に入ったものはなかった。
これは始めて見る刃の形だったので興味を引かれた。

kusatori1762

このギザギザは窓付波目刃と言うらしい。

kusatori1763

家の花壇で使ってみたら思った通りこれは使い易い。
取った草が集めやすく、刃板部がせまいので狭い場所も何なくこなせる。
さらには刃が湾曲しているので土に刺さりやすく、根の深い草もカンタンに取れる。
これなら手っ取り早く終われるんじゃないかと思った。

kusatori1764

だけど普通の鎌のように枝を切ったり背の高い雑草を刈り払ったりするのはこれでは難しい感じがする。
つまり野営には不向き
あわよくば、と考えたのが甘かった。 (;''∀'')


    

にほんブログ村

確か先月の13日のこと
せっかくの土休が雨だとは・・・ (-_-;)

rein1751301

キャンプ場に着いてから雨に降られてれば諦めもつくが、前日からわかっていると出撃する気にもならない。

rein1751302

しかし休日に家にいるのは好きではない。
せいぜい邪魔者扱いされるだけだ。(これは還暦を過ぎたオヤジの宿命)

rein1751303

車庫や通路を掃き掃除しても30分とかからないし、この日はキャンプ出撃をするつもりだったので他にやることは何も予定していなかった。

そんな中、時間を持て余して発狂する寸前に思い出した。

camptool1751301

車中泊能登の旅の準備で、必要なキャンプ道具をピックアップして小さいコンテナボックスに移し替えて行ったので、それを元通りにしなければならなかった。

camptool1751302

深いほうのコンテナボックスは炊事関係 ↑
浅いコンテナボックス ↓ は、予備の電池やガスボンベ、鉈やシングルバーナーなどが収納されている。

camptool1751303

薪と炭の補充もしておいた。

camptool1751304

いつも使用済みの箸は取って置き、焚き付け用としている。

そうそう、先日 WILD1(ワイルドワン)に行った時にロゴスのマメフックを買ってきた。

camptool1751306

プッシュアップポールに引っ掛けてみた。

camptool1751307

パイルドライバーでも試してみた。

camptool1751308

問題なく使える。(当たり前だけど)
フックを全部引っ掛けてみた。

camptool1751309

大して意味はないが・・・

そして、ついでにこんなものも買ってきた。

camptool1751310

猫が自分の食器だと思ってやがる・・・ (´・ω・`)

これは、WILD1 ご当地シェラカップ

camptool1751311

目盛り付き

camptool1751312

当面の間、炊飯する時に水の計量カップとして使うことにした。



にほんブログ村

このページのトップヘ