野営人

カテゴリ: 俺の食レポ

会津若松にある "もりなが食堂" さんは、ボクのお気に入りの食堂と言っても良いほど会津を訪れる度に足を運んでいる。
今回も前回と同じような時期だった。

morinaga1710185

過日ですが郡山の大衆食堂で、メニューにあるべき焼きそばの文字が黒く塗り潰されており愕然としていたところだったので、ここでは迷わず焼きそばを注文した。

morinaga1710181

焼きそば(550円)+大盛り(100円)
なんと、つゆだく

morinaga1710183

平打ちのゆるくウェーブがかった麺は、ラーメンの麺なのか・・・
これは旨い!

morinaga1710182

残ったつゆに追い飯をぶっ込んで最後はザクザクいきたいものである。

その帰り、少し寄り道をしてキャンプ場探し

inawa1710181

素晴らしくロケーションが良い
しかしテントを張って良い場所なのか、全くわからない。

inawa1710182

地元の人に聞いて確かめたいが、人影が全く無い。
水道はあるんだが・・・

inawa1710183

シーズン中に来ないとやっぱりわからねぇーか。




にほんブログ村

10月の連休は、秋祭りや仕事それにお伊勢参りも予定してたことからキャンプ出撃は諦めていた。
そうなるとネタ切れ症候群になるわけである。

そんな時の助け舟が食いもんネタというわけだ。
最近食べたカップ麺の中から取り上げてみたのは "チリトマト"

chili17101

デビューしてから35年にもなる。
このチリトマトが嫌いな人はあまりいないのではないだろうか。

chili17102

白い謎肉というのが気になるので調べてみたら、原材料は鶏肉と野菜だそうである。

chili17103

食べてみると意外にウマい。

chili17105

続いて、こちら

raoh17101

25周年を記念しての復刻品

raoh17102

限定だから今しか食べられない。

raoh17103

ノンフライ麺ってのがいい。

raoh17105

かやくのキャベツがこれまたウマい。

raoh17106

少し粘度のあるソースで甘めで濃厚と表現してるがそんなにしつこくない。

raoh17107

ついでに食べたのが、イカの塩辛オニギリ

raoh17108

日本人で良かったと思う瞬間である。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

友人夫婦から誘われて先週末からお伊勢参りに行き昨夜帰宅しました。
ニャンコたちは娘たちに面倒を見てもらっておりましたが、いつも一緒にいるべき人間(家内)も誰もいないので少々寂しかったのではないかと思います。

さて、その 「月曜日のニャンコたち」 です。
今回はヤマト君が反応した画像です。(二番目の画像です)

IMG_3463

なぬ、なぬ?

IMG_3464

続いて福丸君ですが、無理やり段ボールに押し込まれています。

fukumaru248

デカくなりました。 (;´・ω・)


さて本題
秋と言えば “芋煮会” 

butajiru171001

だけどこれは豚汁
老人会で作りました。

butajiru171002

還暦過ぎたら町内の老人会に入れるんで・・・あっはははー
入れると言うか、自ら希望したわけではなく断れ切れなくて・・・
なので出席率0パーセントの会費会員です。

butajiru171003

今回は力仕事があったので参加しました。

butajiru171005

人生の大先輩にいろいろ教えてもらったり、旨い豚汁食べて充実した時間を過ごしました。
ちょっと薄味でしたがね。
人生もちょっと薄味ぐらいが飽きずに食べられるし、長生きするにもちょうどいいのかなって思いました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

年に一度食べるか食べないかのオレからすれば嫌われ者的存在のハンバーガー
ジャンクフードを食うならキュウリをかじったほうが余っぽどいいとオレは思っている。
それが 「大阪ビーフカツバーガー」 と聞いたら、家猫が外猫を発見した時のように耳をピーンと立て凝視してしまった。

osakabeef17801

オレは意外と大阪ファンなのかも知れない。
いや間違いない。

osakabeef17802

さて、その食レポであるが・・・

忘れてしもたわ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


アホか
yamato1123

今日の 「月ニャン」 ですがアップする写真がないので福丸君はお休みです。
ヤマト君も在庫の画像が切れてしまった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

久しぶりの駅弁レポです。

今年は一月から毎月出張が入り、その中で宿泊を伴うのが二回ほどありました。
いずれにしてもよほど体調が悪くない限りは、帰りの新幹線で駅弁をつまみに酒飲みというシチュエーションは揺るぎません。

oginoya174191

例によって東京駅一階の駅弁屋 “祭” に立ち寄ると、目の前でまさに山のように積み上げられつつある駅弁がありました。
それがこの “峠の釜めし” だったのです。
出来立て獲れたては新鮮という食材の概念に背中を押され、久しぶりに食べてみることにしました。

oginoya174192

手に取ってみると温かく、滅多にありつけないほかほか駅弁

oginoya174193

お馴染みのものは益子焼の土釜ですが、これは発泡性の器でした。
それ以外の漬物入れの容器や中身は同じようです。

oginoya174194

しっかり炊き込んであるご飯は、そのままでも酒のあてになります。
この漬物がいろいろあってまたいいんですよねー

oginoya174195

この容器、例えばチューブのニンニクとかワサビや練りガラシとか入れてキャンプに持って行けます。
ゆっくり噛み締めながら味わいを楽しんでビールを飲み干せば、次は日本酒にバトンタッチです。

oginoya174196

こうして東京駅から大宮駅を越え利根川を渡るあたりで、毎回示し合わせたように宴会はお開きの時間となるのです。



にほんブログ村

このページのトップヘ