野営人

カテゴリ:俺の野営日記 > 車中泊で楽々野宿

先日の車中泊でドアを開けて車内宴会をしていたらブヨに噛まれてしまったことは、過日のブログで既述の通りである。
ウィンドウネットを持って行かなかったのは、まさか標高1600mの駐車場にブヨが生息してるとは思いも寄らなかったわけで、噛まれて嫌な思いはしたが良い勉強になった。

さて、そのウィンドウネット(レビュー記事⇒見る)だが、自分のクルマ専用のものではないので見た目は良くない。

                   再掲載 ↓
carmatenet16306

外側はなんとか見られるが、内側がいくらなんでもこれではねー(爆)
そこで再びネットで調べてみたら、専用のがあるのがわかった。
早速、フロントだけ取り寄せてみた。

mesh_curtain17801

代引き手数料と送料を含んで4,650円と割高になったがブヨに噛まれるよりは増しだ。

mesh_curtain17802

試しに取り付けてみると・・・

mesh_curtain17805

これが完ぺきな製品ではなかった。
若干の隙間が生じていた。

mesh_curtain17807

しかし手を加えて形を修正すれば使える。
取り付け部品(マジックテープ)が付属されていた。

mesh_curtain17803

こんなこと面倒臭いのでガムテープで固定することにした。

mesh_curtain17806

取り付け方は、こんなんで充分だ。

一応説明書はあるのだ。 ↓
mesh_curtain17808

10月中頃までは使えるだろう。



にほんブログ村

一応シングルバーナーと湯沸し用のクッカーは準備してきたけれど、火を使うつもりは無かった。
なので車中泊飯はそのまま食えるものばかりとなった。

jyodo1781136

酒は日本酒カクテルなのでやはり刺身は無難な選択だろう。
バランスも考えて野菜も外せない。

jyodo1781137

では今夜は何故か北海道にカンパイ

jyodo1781138

北海道づくりビールうめぇー

jyodo1781139

カツオも凄くうめぇー
ぽんしゅグリアも出来上がった。

jyodo1781141

車内は熱気で蒸し暑くなったのでドアを半開きにして食って飲んでいたら、右腕を三箇所ぐらいブヨに噛まれた。
標高1600mで・・・
ブヨのやつら、どこにでもいやがる。
やっぱりメッシュカーテン買わないとヤバイな・・・ (-_-;)

jyodo1781142

窓の外は相変わらず霧が発生したままで奇跡の天候回復は望めそうにもない。
さっさと食って寝ることにした。

jyodo1781143

夜中に何度か外の物音(ドアを開け閉めする音やエンジン音など)が聞こえ、スマホのお知らせ音や断続的な雨音に眠りを妨げられたり散々な一夜だった。
案の定、午前3時に完全に目覚めた。

外に出てみると雨は止んではいたものの、月明りも無く辺りは不気味なほどの完全な暗闇だった。
そんな幻想的な霧の中を歩いて行くと、トイレからドラキュラが現れそうな感じがした。(何故ドラキュラなのか知らないが)
ライトを照らしても360度真っ白で勘だけが頼りの僅か100mくらいの往復だったが迷うことなくクルマに戻れた。
窓ガラスのサンシェードを剥がして内側ガラスの結露を拭いたり、再びトイレに行き顔を洗ったりした。

ここはおっかねーし帰るべとなったが、こんな時間に山道を下って帰る人間のほうが怖い。

jyodo1781145

帰りは、やっぱり怖ぇーし・・・

jyodo1781146

期待していたが、何も現れなかった。
これはちょっと癖になりそうかも



にほんブログ村

(前回の続き ⇒ 前回の記事を見る

すっぽりと雲に包まれた状況でこの時間(午後5時)になると、訪客の姿も失せ流石に駐車場はガラガラ状態になっていた。
本来ならば、この正面の建物の上あたりに一切経山と怪しげな噴煙が見えるはずなのだが・・・

jyodo1781126

2009年の写真 ↓
jyodo09922

散策コースの木道にも人の姿は無い
そう言えばこの日の二・三日前に、この辺りで希少種となっているラン科の草花が販売目的で根こそぎ盗掘されていたらしい。

jyodo1781127

標高1600mだろうが海抜0mだろうが、盗人野郎はどこにでもいるもんだ。
公共的な施設には監視カメラの設置を薦めたいものである。

↓ 吾妻小富士はかろうじて全貌が見え、上り下りする人の姿も僅かながら確認された。

jyodo1781128

さて車中泊の場所である。
夜間、使用できるトイレはひとつ
頻尿ロートルキャンパー(オレのことである)は、トイレの近くが一番安心する。(爆)

 屋外トイレ ↓
jyodo1781129

リアガラスは暗くなってからやることにして、明るいうちに窓ガラスを目隠し用のサンシェードで塞いでおいた。

jyodo1781131

狭いが秘密基地のような空間には歳を重ねても男はわくわくするのだ。
一応説明しておくが右の怪しいビニール袋にはシュラフが入っている。
いちいち畳んで専用袋に入れるのが面倒で、こうして大きめのビニール袋に入れているのである。

jyodo1781132

さて、今夜の酒は  『ぽんしゅグリア』
日本酒のカクテルである。

jyodo1781133

白い物体が完全に溶けるまで5分以上かかる。

jyodo1781135

今回は350mm缶ビールとこのカクテル1本だけにした。
アルコールが抜けるまで約7時間ぐらいかかるので、これ以上は飲まないことにした。
午後7時までに飲み終え、翌日午前3時に起き空が晴れていれば撮影し、そうでなければ暗いうちに帰ってしまいたいのである。。



にほんブログ村

はじめに・・・
本日は 「月曜日のニャンコたち」 の日ですが明日に延期します。
それとですね約一か月半ぶりに一泊キャンプに行って来ました。
今回の目的は、手作り茶碗蒸し
さて、どうなりましたものやら・・・(今月末に投稿予定です)

では本題(前回の続き)

鎌沼散策は次回にすることにして、比較的近い桶沼に行くことにした。

jyodo1781115

ルンルン気分で森の中に入ったのは良いが、階段状の登りコースが5~6分ほど続いた。
情けないことに2分で息が切れ、ハァーハァーと悲鳴が出始めた。

jyodo1781116

トレッキングシューズを買わないとなと思った。(そんな問題でもないが)
基本的に体力がないのである。

jyodo1781117

山菜採りで山を登るのとはわけが違う。
と、そのうちに視界が開け小さな広場に着いた。

jyodo1781118

どうやらここが頂上らしい。
ずっと奥まで進むと・・・
見えた!

jyodo1781119
オフィシャルサイトより
『浄土平南部の吾妻小富士と相対する古い成層火山です。火口は清冽な濃紺の水をたたえたすり鉢状で直径150m、水深13m。浄土平レストハウスや吾妻小舎の水源にもなっています。』

しかし沼が全貌できない (;´・ω・)
辺りを見回すと道らしきものがあった。。

jyodo1781121

行ってみると・・・

jyodo1781122

あまり変化はない。(笑)
喉が渇いたが飲み物も何も持って来なかった。
オレは完全に山をナメているらしい・・・

jyodo1781123

下りコース
転ぶと骨折しやすい年齢でもあるので慎重に下った。
次は、浄土平駐車場に向かうことにした。

jyodo1781125

いつもの雄大なロケーションは見えず
中テレ(福島中央テレビ)のロケがあったらしく、ローカルテレビでよく見るお笑い芸人の姿が見えた。
もともと興味はないので名前は憶えてなかったが、相棒の一人が入口でタバコをくわえていた。

店内の客はまばら状態
既に時刻は午後5時であった。
この日はここで車中泊とする。

(次回へ続く)



にほんブログ村

今年のお盆休みを11日から16日の6連休にしたのは良いが、はてさて一体何をするか・・・
キャンプ場は予約でいっぱいだし何処かに行くアテも無いし、さればと言って家にいるのも嫌だし・・・
とりあえず、まず前半はそこら辺の山の中で車中泊でもしてようかということになった。

jyodo1781101

そこで場所が問題となったわけであるが、星空観察をしたくなった。
あわよくばペルセウス流星群が観られれば願ってもないことである。

jyodo1781102

でも山はこんな状態 (;´・ω・)
夢と希望は端から砕かれた。

jyodo1781103

土湯バイパスは速度40キロでも視界が悪くノロノロ運転
県道30号線へそれると幾分雲が薄くなってきたように感じられた。

jyodo1781105

そしてスカイライン
この辺りまで来るともはや雲上か・・・

jyodo1781106

途中の国見台で小休憩

jyodo1781107

この日向かったのは浄土平である。
磐梯吾妻スカイラインの道路標高最高点1,622mを通過し、まもなくして兎平駐車場に着いた。

jyodo1781108

ここには兎平野営場があり、東日本震災の年に訪れていた。
その時のブログ ⇒ 見る

この近くには鎌沼(↓の黄色い矢印)と桶沼(赤い矢印)がありちょっとした散策コースとなっていいる。

jyodo1781112

「では、鎌沼まで歩いてくっか!」 ということになり森の中に足を踏み入れた。

jyodo1781113

時刻は午後4時
片道約30分はかかる。
ひと通り散策して再び駐車場に戻ると午後6時頃にはなるだろう。
山の環境は変化が激しいし、服装はTシャツに運動靴である。
せめてゴム長靴ぐらいは履きたいところである。
肌も露出してるし、せっかくだが次回にした。
(以上、8月11日のこと)



にほんブログ村

このページのトップヘ