野営人

カテゴリ:キャンプ道具とキャンプ場情報 > キャンプ場情報

久しぶりに訪れました。

lakehibara18801

こちらも檜原湖を楽しむには打ってつけのキャンプ場です。

lakehibara18802

ロケーションは他には類を見ないです。 ↑

レクランド・ヒバラはこの奥になります。 ↓

lakehibara18803

まず出迎えてくれるのは、モービルコテージ

lakehibara18805

これいいですね。
休日前利用で大人2人、子供2人の場合、一泊17,000円くらいで泊まれます。

オートサイトはこちら ↓

lakehibara18806

全30区画
この右側に管理棟があります。

lakehibara18807

オートサイトを奥のほうまで行ってみます。

lakehibara18808

テント設営部分はスノコ張りとなってますね。

lakehibara18809

湖が開けてきました。

lakehibara18811

いや最高ですね!

(来た方向を振り返る ↓)
lakehibara18812

大浴場もあります。

lakehibara18813

管理棟の奥にも、いくつかテントサイトがあります。

lakehibara18816

ハイシーズンはカヌー遊びや釣りで賑わうでしょうね。

lakehibara18817

炊事場 ↓

lakehibara18818

キレイに管理されてます。
炊事場を見るとキャンプしたくなります。(^^)/

lakehibara18819

ゴミ置き場です。 ↓

lakehibara18815

いかがでしたか、裏磐梯のキャンプ場はいいでしょ!




にほんブログ村

確か四年前に一度訪れたことがあったが、その時はもはやキャンプができる状況ではなかった。その時の様子 ⇒ クリック

hotori18801

山形県道・福島県道2号米沢猪苗代線の休暇村裏磐梯を横目で見てまもなく、↑ このような交差点が見えてくる。
ここを右折し道なりに進む。

hotori18802

つきあたりに 「曽原湖」 と書かれた看板が見えてくる。
これは右折だ。

hotori18803

すると左側に曽原湖が現れてくる。

hotori18805

ここからクルマで1分ほど走る。

hotori18806

すると間も無く、小さな看板がいくつか立っている交差点が見えてくる。

hotori18807

ここを左折すると、目的地に到着
ほとりの遊びばキャンプ場の入り口

hotori18808

ここから先は私有地なので、入り口脇のスペースにクルマを駐車し徒歩で見学

hotori18809

キャンプ場の受付がよくわからない。
敷地に入るとすぐ左側に建物があった。
中を覗いてみるとトイレだった。

hotori18811

そしてキャンプサイト
フリーサイトだ。

hotori18812

自然そのままのワイルドっぽい環境
一組のキャンパーがいた。

hotori18813

あの崩れかかった炊事場はどうなった。
おーちゃんと修復されている。

hotori18815

先客がいると後ろで待たなければならない小さな炊事場

hotori18816

手作り感120%

hotori18817

奥から振り返る。 ↑

場内を流れる小川 ↓
小さな魚がいっぱい泳いでいた。

hotori18818

再びキャンプサイト

hotori18819

そんなに広いキャンプ場ではないが、ロケーションはいい。
整備もされている。

hotori18821

シーズンオフの誰も来なくなった頃合いを見計らって、完ソロでこのロケーションを独り占めしたいキャンプ場である。



にほんブログ村

キャンプ場を探しに磐梯朝日国立公園まで出かけてみた。
7月キャンプ以来、もう一ヶ月以上も出撃していないのである。
向かう途中、五色沼に立ち寄る。

goshiki18801
 レストハウス五色沼

ここでトイレを済ませ五色沼を眺める。

goshiki18802

曇り空で五色に輝いてはいないが、観光客やハイカーの人たちで賑わっていた。
駐車場に戻ると、神社を発見

goshiki18803

何度も来ている五色沼だけど、この神社はわからなかった。

続いて、レンゲ沼に移動

renge18801

裏磐梯はとにかく湖や沼が多い。
このレンゲ沼はメジャーではないものの、ベビーカーや車いすなどで回れるバリアフリー探勝路がある。

renge18803

春には水芭蕉が楽しめ、夏はホタルが見られる。
運が良ければツキノワグマにも会えるので注意!

renge18805

無料駐車場の脇には広い原っぱがある。
ここにテントを張ったら気持ちいいだろうねー

renge18802

当然ダメだろうけど


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

7月の初めの事だが、前からちょっと気になっていたキャンプ場を視察してきた。

gosikicamp17701

裏磐梯五色沼の近くにある “五色パラダイスキャンプ場” だ。
久しぶりの五色沼、変わらぬ美しさである。

gosikicamp17702

キャンプ場はここの駐車場から入って奥にある。

gosikicamp17703

ここにキャンプ場があるなんて何故今までわからなかったのか・・・?

gosikicamp17705

外国人に人気のユースホステルに隣接されているということだが、周囲環境はハイキングコースもあり中々よろしいではないか。

gosikicamp17706

バンガローもあったが草は少々伸びていて、今年はまだ使われてない様子だった。

gosikicamp17707

管理棟が見えてきた。

gosikicamp17708

平日だったのでシャッターが下りていた。
これがユースホステル ↓

gosikicamp17709

見取り図(キャンプ場HPから拝借)
たぶんグレーの部分がテントサイト

mitorizu-camp

これが炊事場A ↓

gosikicamp17715

WC A ↓
gosikicamp17716

テント場 1.2.3.4

gosikicamp17711
見取り図の①

ずっと奥にもテント場があったようだが、誰もいなかったので何も情報を得られず

テント場4の奥から振り返った画像 ↓
gosikicamp17712


テント場 6.7.8あたり ↓
gosikicamp17713


【気に入った点】
自然そのもので野営感が溢れている。
穴場的存在
【残念な点】
(この時は)管理が行き届いておらず少々荒れていた。

ホームページ ➡ クリック



にほんブログ村

(月曜日だけど、ニャンコはお休みです。)


ふと気になったので "藤沼湖自然公園オートキャンプ場" の視察をしてきた。

fuji_camp17601

藤沼湖は2011年の3.11東日本大震災による震度6弱近い揺れで決壊
14歳から89歳の男女7人が犠牲になり、可哀そうに1歳の男児は今もなお行方不明である。
 
fuji_camp17602

その後復旧工事が行われたが、残念ながらオートキャンプ場はまだ再開してなさそうで、つまりこんな状況だった。

fuji_camp17603

(上図の番号が下の画像)


fuji_camp17605


fuji_camp17606


fuji_camp17607

サイトはかなり狭く形も悪いので大型テントを張るとタープは張れない。   
全サイト電源付き


fuji_camp17608

隣同士のプライバシー感は全くと言って良いほど無い。


fuji_camp17609

これでは全然ダメだ・・・


fuji_camp17611

辛口で言わせて貰うが、キャンプ未経験者が設計したとしか言いようがなく、魅力的な部分は殆ど無い。
これだけの自然環境があるのに、こんなの作るなんてただの自然破壊に過ぎないと思うほどである。


fuji_camp17612
    
再開しないのではなく利用者が皆無なのかも知れない。   
サイトから見る管理棟 ↓

fuji_camp17613

炊事場やトイレはこの管理棟にあった。
サイトから結構ムダに歩く。


fuji_camp17615

多分これが炊事場なのだろう? ↓

fuji_camp17616
   
管理棟からパークゴルフ場のほうへ少し戻る。

fuji_camp17622

管理棟の近くには藤沼温泉があった。

fuji_camp17623        
   
ここで長沼産そば粉100%の天ざるそばを食べてきた。

fuji_camp17624

パークゴルフ場は再開されており、それなりの高齢者で賑わっていた。

fuji_camp17621
   
今度はフリーサイトを確認
ここは見晴らしが良い。
確認はできなかったが、BBQをしている団体がいたのでフリーサイトは予約できるかも知れない感じである。

fuji_camp17617

奥に見える建物はBBQ棟
屋根の下には当然、炊事場もある。
トイレは少し離れているが使用できる。

fuji_camp17618

和風庭園なんかもあったりして、わけのわからない建物もあった。

fuji_camp17619

東屋か?

fuji_camp17620
    
何かがムダだし何かが足りないし魅力的な特徴もなく、これだけの環境があるのに至極残念であった。



にほんブログ村

このページのトップヘ