野営人

カテゴリ:俺の野営日記 > 那須たんぽぽ村キャンプ広場

幕内でうたた寝をしているとスマホにメッセージ音が鳴った。

見てみると、雨雲が近づいているとのこと


あれま  (・_・;)


それでは寝床の準備でもしておくか (←なんでそうするか意味不明の行動)


tanpopo16476


幕内は少し片付けただけでいい。


tanpopo16477


これから雨なのか・・・


tanpopo16478


外も片付けておいたほうがよさそうだな (← それが先だろう)


tanpopo16480


ひと通り、外回りの点検をした。

幕はクルマにしっかりフィットしているようだし、心配はなさそうである。


tanpopo16483


西の空 ↓

雨雲である。


tanpopo16484


東南の空 ↓

こっちも雨雲


tanpopo16485


南の空 ↓

こっちもだ!

四方八方から雨雲に包囲されていた。


tanpopo16486


夜になったら焚火をしようと思っていたのだが、タープも無いし雨では諦めるしかない。

ぼちぼち宴会の準備である。

それは次回で・・・




にほんブログ村

ヒルメシが終わる頃は、気温が上昇しTシャツ一枚でも過ごせた。


tanpopo16468



日差しが強くなったのでペンタシールドタープを張ろうと、クルマの荷台から取り出してみると・・・

持ってきたのはエクステンションタープだった。 (ー_ー)!! 

若干大きさは違うが、袋が全く同じだったので間違ってしまった。


tanpopo16469


プッシュアップポールが4本あるので、工夫して張れないこともないが面倒なのでやめた。

つば広のストローハットを被り、お茶でも点てることにした。


tanpopo16470


モンベルの野点セット

野営人のたしなみ (というわけでもないが・・・)


tanpopo16471


茶も古くなってきたので、頑張って飲まなければならない。

茶こしでフルイにかけた。


tanpopo16472


今回も濃茶を点てる。


tanpopo16473


少しお湯を入れて練り混ぜるようにして、まず粉茶をお湯に馴染ませる。


tanpopo16474


そこにさらにお湯を足して・・・シャカシャカ

心静めて、シャカシャカ

無心に、シャカシャカ


tanpopo16475


では、一服

やることはシブイが、粉茶の量が多過ぎて茶も渋かった。

ま、でも シャカシャカは上手くなってきた。 \(^o^)/




にほんブログ村

昼飯のあと日差しを避けて幕内で休んでいると、何かの鳴き声が聞こえてきた。


う゛ぇー う゛ぇー  (← こんな鳴き声なのだ)

う゛ぇー う゛ぇー

う゛ぇー う゛ぇー


その鳴き声の方向は真正面の小屋からだった。


tanpopo16458


そうか、白ヤギさんだ!

会いに行かなくては・・・

ヤギさんも俺に会いたいらしいのだ。


tanpopo16459


小屋に向かって歩き出すと、危うく地雷を踏みそうになった。

最近、仕掛けられたばかりの地雷である。


tanpopo16460


誰もいない時は、原っぱに放しているに違いない。

そうか、ここは白ヤギさんのテリトリーなのだ。

さらに小屋に近づくと、出てきた。


tanpopo16461


可愛いヤツではないか。



「こんにちは、ヤギさん」



「う゛ぇー う゛ぇー」 



tanpopo16462


こやつ面白い顔をしてる。

ヤギって下が出っ歯だっけ?


tanpopo16463



「う゛ぇー う゛ぇー」 


ところで名前は何て言うんだ、こやつは?



「あのぉー 名前は何て言うんだぁー?」



めぇー めぇー」 




tanpopo16464


なんなんだよー 個人情報ってか・・・



「う゛ぇー う゛ぇー」 



と、こんな再会だったのである。

白ヤギさんの小屋からは、我が陣営はこう見える。 ↓


tanpopo16465


小屋からの帰り、木の枝に毛虫発見!


tanpopo16466


マイマイガかなと思ったら違うようである。

チャドクガかも知れない。

もう虫の季節か・・・




にほんブログ村

前回からの続き 


エスビットのアルコールバーナーの火入れ式をやらねばならない。

それには五徳がなければ何も始まらない。

有り合わせの缶ビールの空き缶で、五徳を自作することにした。


tanpopo16439


ネットで調べてみたら、五徳はアルコールバーナーから4~5cmくらいの高さが理想的だとあった。


tanpopo16438


とすると、缶ビールなら高さは十分にある。


tanpopo16440


まずは折り返しの長さを考慮して高さを決める。

折り返し5mmにすると、この辺り ↓


tanpopo16441


そしてカット


tanpopo16442


火力調整の蓋を出し入れする窓口をくり抜く。


tanpopo16443


これだけでは不安定なので、五徳としては使えない。

もうひとつの缶の底を抜いて少し加工して上下に合体させる作戦だったが・・・



あれっ? ちょっと待てよ  (?_?)



ところでこの缶にアルコールバーナーは入るのだろうか?


tanpopo16444 



入らねぇーよ  (ー_ー)!!  基本的にダメでしょ


マヌケ野郎の大失敗となった。 (爆)


たまにはあるさ、こんなこと

いずれ余裕ができたら コレ↓ を買うつもりではあるが・・・ 


vargo 

ということで、アルコールバーナーの火入れ式は暫らく延期となった。

それよりもメスティンに興味を持ったばかりに、いろいろ出費するハメになり野営人の懐は火の車だ。




にほんブログ村

今年三度目のソロキャンプ

前回に続いて "那須たんぽぽ村キャンプ広場" に陣を張ることにした。

と言うのは、前回残してしまった課題を遂げるには "全面原っぱのフリーオートサイト" でなければならなかったのだ。


  出発!


tanpopo16401


東北自動車道を利用して一時間も走れば那須IC

ICを出て那須街道に左折すると


tanpopo16402


昭和天皇がこよなく愛した那須街道の赤松林だ。

「こよなく愛した・・」 と言うのは、なんとなくわかる気がする。

赤松の枝ぶりが良い。


tanpopo16403


那須ICから10分も走るか走らないかで現着となる。


tanpopo16404


二週間前に来たばかりなのだが、不思議と懐かしい感じがした。


tanpopo16405


早速、自己申告で受付をする。


tanpopo16406


始めて来た前回は風の影響を受けたおかげで、この広場の風の通り道がわかった。

今回はそこを避けようと考えて来たのだが、天気予報では風の心配はなさそうである。

ところが雨の予想もあるので、より地盤の高そうな場所を選んだ。(つもり)


tanpopo16407


現在、天気は晴れたり曇ったり

カーサイドタープを張り終えると、額が少し汗ばむ陽気である。

早速、課題であるクルマの下を塞ぐ作業に取り掛かる。


tanpopo16408


ここを塞がないと、蚊や虫が自由に侵入してくるのだ。

タイヤハウス部分は、ホイールにマットを縛り付ける作戦


tanpopo16409


カッコは悪いがしっかり固定出来て、これは上手くいった。

次は車体(ドア)の下


tanpopo16410


マットを並べてみると・・・

やっぱり ((+_+))

地面の不陸のせいで高さは一定でなかった。

斜めにしても当たってしまい、ドアを開くことができない。


tanpopo16411


ペグで固定する作戦は良かったのだが、やはり現場検証しないとダメだ。

高さを切り詰めるのは、いずれ家でやることにした。

とりあえずタイヤハウスだけ塞いでおいたのだが、ブヨに噛まれてしまった。




にほんブログ村

このページのトップヘ