<タイトー>バーチャル観光「オオサキ」開設-河北新報

 河北新報の記事 「<タイトー>バーチャル観光「オオサキ」開設

 試してみませんか?以下、記事全文。

 全国で140カ所のアミューズメント施設を運営する「タイトー」(東京)は23日、宮城県大崎地方1市4町の観光情報を国内外に発信するバーチャルトリップサイト「アイ ラブ オオサキ」とフェイスブックのページ「I Love Ohsaki」を開設した。
 バーチャルリアリティーの技術を用い、大崎地方の代表的観光地である鳴子峡、加護坊山(以上大崎市)、愛宕山公園(色麻町)、箟峯寺(涌谷町)の初夏の風景を、360度展開できる動画や写真で紹介。パソコンやスマートフォンを使って大崎地方の旅を疑似体験できるようにした。
 ほかに、旧有備館と庭園、醸室(かむろ)(以上大崎市)、薬莱山(加美町)、山神社(美里町)、天平ろまん館、黄金山神社(以上涌谷町)の通常動画や写真も収めた。
 タイトーは昨年10月、大崎市鳴子温泉の山荘でリアル謎解きゲーム「鬼首の夜」を開催し、多くの来場者を集めた。集客ノウハウに着目した県や大崎市などが今年3月、大崎地方を国内外にPRする連携協定を同社と結んだ。
 県北部地方振興事務所は、7~9月に開催される「仙台・宮城『伊達な旅』夏キャンペーン2016」に合わせ、バーチャルトリップサイトを通じて観光情報を広める。サイトでは今後、新たな映像を加えて、四季の観光情報を充実させていくという。

宮城の食発信 若手漁師ら東京に居酒屋-河北新報

 河北新報の記事 「宮城の食発信 若手漁師ら東京に居酒屋

 宮城の味を食べて!以下、記事全文。

 宮城県内の若手漁師らでつくる一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン(石巻市)は24日、地元の海の幸を提供する居酒屋「宮城漁師酒場 魚谷屋(うおたにや)」を東京都中野区にオープンする。同法人が3月に株式会社化した販売部門が運営する。
 運営会社の代表取締役最高経営責任者(CEO)には同法人の阿部勝太代表理事が就いた。ヤフー(東京)などと業務提携し、情報発信や海外旅行客向けの漁業体験にも力を入れる。開店資金の一部はインターネットを利用したクラウドファンディングで募った。法人は水産業の担い手育成事業に特化する。
 22日に居酒屋の内覧会があり、約60人が来場。直送の海産物を使ったホヤだしのおでんや銀ザケなどの刺し身、ワカメとアカモクのサラダなどが振る舞われた。店舗はJR中野駅近く。入り口に津波で流されたケヤキ材を使い、店内には大漁旗などを飾った。
 東日本大震災のボランティアをきっかけに、昨年4月まで石巻市で暮らした魚谷浩店長(36)は「宮城の食の豊かさを東京で発信し、生産者の思いを伝えたい」と述べた。都内に約10店増やすのが目標という。
 店舗は延べ床面積36平方メートルで、座席数55席。営業時間は午後5時~午前0時。日曜祝日定休。連絡先は03(6304)8455。

果実店のジェラート 塩釜にオープン-河北新報

 河北新報の記事 「果実店のジェラート 塩釜にオープン

 これからの季節、食べたくなりますね。以下、記事全文。

 塩釜市の渡辺果実店が経営するジェラート店「フルーツ ラボラトリー」が25日、同市本町にオープンする。店主の渡辺敬久さん(40)は、全国創業スクール選手権(中小企業庁主催)の決勝大会で発表したビジネスプランを基に事業化にこぎ着けた。
 ジェラートは、渡辺果実店が仕入れたフルーツを使用。メロン、キウイ、イチゴ、グレープフルーツなど10~12種類を販売する。本場イタリアの製造機器を導入し、本格的なジェラートを提供する。
 渡辺さんは創業50年の果物店の2代目。東京で2月に開かれた選手権では「生の果実を使ったジェラートの製造・販売」のビジネスプランを発表し、実現性の高さで高評価を得た。「旬の果物を提供したい。果物店だからこそできることを売りにしたい」と語る。
 営業時間は午前10時~午後6時。月曜定休。

醤油と味噌で大粒まころん-河北新報

 河北新報の記事 「醤油と味噌で大粒まころん

 みそのおいしさを菓子でも。以下、記事全文。

 みそ・しょうゆ製造販売の海老喜商店(登米市)は、「醤油まころんプレミアム」を発売した。2003年から販売する「醤油まころん」の粒の大きさを1.5倍にした。味も「厳選したしょうゆを使い、より濃厚になった」と海老名康和社長。みそ風味の「味噌まころんプレミアム」も同時に発売。2商品合わせて月間5000箱の売り上げを見込む。
 「みそアイス」「醤油キャンディー」も販売する同店。海老名社長は「みそやしょうゆを使ったお菓子を販売し、多くの人に日本伝統の味を見直してもらうきっかけにしたい」と話す。
 まころんプレミアムは、いずれも1箱160グラム入り540円(税込み)。同店のホームページからも購入可。連絡先は同店0220(52)2015。

ライオンがぶっ!ズージーンズ販売へ-河北新報

 河北新報の記事 「ライオンがぶっ!ズージーンズ販売へ

 いろんなタイアップがあるもので・・・。以下、記事全文。

 仙台市八木山動物公園と仙台ロフト、東北学院大は共同で、ライオンの爪痕などを生かしたダメージジーンズ「ZOO JEANS(ズージーンズ)」を制作販売する。
 ズージーンズは、動物の遊具にデニム生地を巻き付け、遊んでいる時に付いた歯や爪の痕をデザインとして生かす。
 今回は約10本の製品化を目指し、完成したジーンズをロフトのネットストアで8月に販売する。
 収益全額を八木山動物公園に寄付する。価格は未定。
 17日の試作会では、ライオン2頭が展示されている獣舎に、デニム生地を巻き付けた流木やブイを設置。2頭は初めて見る遊具に興味津々の様子で、生地をかんだり引っ張ったりして遊んでいた。
 25、26の両日、午後1時からライオンが遊びながら生地にダメージ加工を施す様子を公開する。連絡先は仙台ロフト022(224)6210。
記事検索
twitter
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ