東松島・防災体験施設「KIBOTCHA」完成 7月本格オープン-河北新報

 河北新報の記事 「東松島・防災体験施設「KIBOTCHA」完成 7月本格オープン

 夏休みにいかがでしょうか。以下、記事全文。

 東日本大震災で被災した宮城県東松島市の旧野蒜小校舎を改修した防災体験型宿泊施設「KIBOTCHA(キボッチャ)」が完成し、現地で25日、内覧会があった。今月末にもプレオープンし、食堂や屋内遊具などを開放する。7月21日から本格営業する予定。
 同市の防災教育事業会社「貴凛庁(きりんちょう)」が運営する。鉄筋コンクリート3階、延べ床面積約2600平方メートルの校舎を改装し、1階に食堂と物産店、浴室を配置。2階を防災体験スペースとし、3階は14部屋計68床の宿泊フロアにした。
 防災体験スペースは子ども向けに、滑り台やボルダリングなどの遊具を備える。地域の歴史や震災の記録を流すシアタールーム、学習ゾーンも設けた。
 内覧会で、館長の大泉裕人さん(55)は「震災の継承と交流人口の拡大が施設の目的。遊具やバーベキューを用意しているので、気軽に立ち寄ってほしい」と利用を呼び掛けた。
 旧野蒜小は1階が浸水し、同市小野の仮設校舎に移転。2016年に閉校し、旧宮戸小と統合して宮野森小になった。住民が旧校舎を解体せずに残すよう要望していた。
 営業後の利用料は中学生以上700円、小学生300円、未就学児無料。宿泊は朝食付き1泊5000円で検討中。連絡先は0225(25)7319。

ソーセージで野菜嫌い克服 「菜コロソーセージ」を発売-河北新報

 河北新報の記事 「ソーセージで野菜嫌い克服 「菜コロソーセージ」を発売

 ここから野菜を食べるようになるかな?以下、記事全文。

 館ケ森アーク牧場を経営するアーク(岩手県一関市)は、野菜を練り込んだ「菜(さい)コロソーセージ」を発売した。牧場内にあるファームマーケットの佐藤浩文店長は「野菜が苦手な子どもの食生活改善に役立ててほしい」と話す。
 保存料や結着剤、うま味調味料を使用せず「館ケ森高原豚」にカボチャ、パプリカ、ホウレンソウのパウダーを練り込んだ。一口サイズの皮なしソーセージで、85グラム入り378円。
 社外から調達している野菜は順次、自社栽培に切り替えていく。
 この他、添加物なしのレトルト「焼きハンバーグカレー」(690円)、自社栽培小麦を使った「カレールーフレーク」(485円)も発売した。
 連絡先はアーク0191(63)5100。
 

「魂心の62杯」山形の人気ラーメン店を紹介-河北新報

 河北新報の記事 「「魂心の62杯」山形の人気ラーメン店を紹介

 ラーメンを食べに行こう!以下、記事全文。

 東日本高速道路東北支社と山形県などは、村山・置賜地方の人気ラーメン店を紹介した冊子「2018山形ラーメンマップ 魂心の62杯」を発行し、抽選でプレゼントが当たるスタンプラリーを実施している。
 山形、寒河江、上山、天童、東根、南陽、米沢の7市と河北、中山両町の計62店を掲載。店舗ごとに一押しのラーメンの写真と麺の太さ、スープの濃さ、だしの種類などを記した。
 配布場所は掲載店や東北、山形、磐越自動車道の主なパーキングエリア(PA)とサービスエリア(SA)。冊子のはがきに、各店やSA、PAでスタンプを3個押して応募すると、条件に応じて県内温泉ペア宿泊券(3万円相当)、山形県産果物、県産米「雪若丸」2キロなどが抽選でもらえる。
 全62店を制覇した全員に「魂」の文字を刻んだ平清水焼(山形市)の丼、31店以上で漏れなくオリジナルのピンバッジを贈る。
 応募締め切りは11月1日。消印有効。連絡先は事務局のビーツーユニット023(674)0670(平日午前9時~午後5時)。

羽生くん、ありがとうの日!

 河北新報の記事 「<羽生結弦>五輪王者凱旋 仙台でパレード

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2大会連続金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身、宮城・東北高出=の祝賀パレードが22日、仙台市青葉区の東二番丁通であった。五輪直前のけがを乗り越え、66年ぶりの偉業を成し遂げた五輪王者の凱旋を多くの市民が拍手や歓声で出迎えた。
 羽生選手は午後1時半すぎに南町通交差点をスタート。大きなパレードカーに乗り、ポーズを決めたり笑顔で手を振ったりしてファンの声援に応えた。


▽河北新報の号外

https://www.kahoku.co.jp/gougai/2018/G201804220101.PDF

https://www.kahoku.co.jp/gougai/2018/G201804220102.PDF


<仙台空港>搭乗券確認と手荷物検査を分離 全国初の方式、25日開始ー河北新報

 河北新報の記事 「<仙台空港>搭乗券確認と手荷物検査を分離 全国初の方式、25日開始

 スムーズに手続きできるようになりますか。以下、記事全文。

 仙台空港を運営する仙台国際空港(名取市)が保安検査場の混雑を解消するため、新たな検査方式を導入することが20日、分かった。一体となっていた搭乗券確認と手荷物検査のスペースを分けて乗客の手続きをしやすくし、待ち時間を短縮する。25日に運用開始する。両スペースを分離する方式を本格導入するのは全国初で、「仙台方式」として注目を集めそうだ。
 現行の保安検査は、乗客が荷物からパソコンや液体などを取り出して籠に移した後、再び荷物を持って保安区域に入り、係員らから搭乗券の確認を受ける。続いて身体と荷物の保安検査に移る。乗客が搭乗券の提示に手間取るケースが多く、検査全体の流れを止め、混雑を引き起こしていた。
 新方式は、国内線の保安区域の外に搭乗券を事前確認する場を設けた。乗客は確認を済ませた後、荷物を仕分ける。保安区域への入り口を拡張したことで、荷物をそのまま検査機器に流せるスペースを確保した。
 乗客が搭乗券提示に時間を要する原因は、IC機能や2次元コードなどが導入され、種類が複雑化したことが挙げられる。保安検査も厳格化し、さらに仙台空港は民営化後に旅客数が増加。今秋、新たな旅客搭乗棟の運用も始まり、混雑緩和が課題になっていた。
 運営会社は2020年度、ターミナルビルの大規模改装に着手し、保安検査場も増設する計画だが、検査の新方式は先行導入することにした。
 運営会社は、ピーク時で最大約30分の待ち時間を新方式によって20分以内に改善したい考え。金子次郎管理部長は「搭乗券の種類や検査レベルの変化に設備や運用が対応していなかった。設備投資をしてでも乗客の利便性を確保しようと判断した」と話した。
記事検索
twitter
最新コメント
プロフィール

yaeyamatohoku

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ