<東北大>ネット無料講座が好評 国内外から6000人受講-河北新報

 河北新報の記事 「<東北大>ネット無料講座が好評 国内外から6000人受講

 学びの場はいろいろ。以下、記事全文。

 東北大が昨年度始めた無料のインターネット公開講座「MOOC(ムーク)」が好評だ。インターネット環境があれば好きな時間にビデオ講義を視聴でき、昨年度の2講座は全国や海外から6000人超が受講した。今後、新たに2講座を加え、充実を図る。
 MOOCとは「Massive Open Online Course」(大規模公開オンライン講座)の略。1回当たり計90分で、約10分ごとに区切って講義する。4週で完結する。
 今年2~3月は、現代日本人の死の文化を考える「memento mori-死を想(おも)え」(鈴木岩弓名誉教授)と、オーロラの仕組みを解説する「解明-オーロラの謎」(小原隆博大学院理学研究科教授)を配信した。
 試験や課題もあり、合格点に達すると修了証が発行される。ネットの掲示板で受講者同士が議論もできる。本年度のmementoは10月3日に開講し、有料の対面授業も予定。オーロラは11月1日に開講する。
 来年2月から「東日本大震災の教訓を活(い)かした実践的防災学へのアプローチ-災害科学の役割」(今村文彦災害科学国際研究所教授ら)、来年5月から「男と女の文化史」(高橋章則大学院文学研究科教授)の2講座を新設する。
 オープンオンライン教育開発推進センターの熊井正之副センター長は「東北大ならではの特色ある講義を用意している。興味がある人は気軽に足を踏み入れてほしい」と話す。
 MOOCの受講は事前登録が必要。連絡先は東北大オープンオンライン教育開発推進センター022(795)4933。

復興の願い共に響かす 仙台で演奏会 被災3県と沖縄の子どもたち-河北新報

 河北新報の記事 「復興の願い共に響かす 仙台で演奏会 被災3県と沖縄の子どもたち

 こうした交流が、キョリを超えてぐっと近い存在になりますね。
 以下、記事全文。

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島3県と沖縄県のジュニアオーケストラなどによる合同コンサート「響け!復興へのハーモニー」が20日、仙台市青葉区の市青年文化センターであった。
 岩手県大槌町の大槌子どもオーケストラ、仙台市の仙台ジュニアオーケストラ、NHK仙台少年少女合唱隊、相馬市の相馬子どもオーケストラと、那覇市の那覇ジュニアオーケストラが合同オーケストラを編成した。沖縄の子ども15人を含む小中高生ら約90人がクラシック音楽や「東北3県メドレー」「島人の宝」「花は咲く」など息の合った演奏を響かせた。
 昨年の那覇公演に続き2回目。企画した琉球フィルハーモニック(那覇市)の上原正弘代表理事(52)は「音楽を通して親交を深め、将来は互いの地域の架け橋になってほしい」と話した。 

鎮魂の羅漢500体到達 陸前高田の名刹「普門寺」ー河北新報

 河北新報の記事 「鎮魂の羅漢500体到達 陸前高田の名刹「普門寺」、震災後の奉納は市の犠牲者数と同じ1750に

 以下、記事全文。

 東日本大震災の犠牲者を慰めようと岩手県陸前高田市の名刹(めいさつ)「普門寺」で制作してきた石仏の五百羅漢が500体に到達し、開眼法要が18日営まれた。遺族や被災地を支援する人々が2013年以降、毎年夏に寺を訪れては石に一彫り一彫り、それぞれの思いを刻んできた。
 五百羅漢の制作は、被災者の心を癒やしたいと、芸術家やアートセラピスト、僧侶でつくる「未来への記憶プロジェクト」が企画。彫刻家らが講師となり、全国から集まった人たちが高さ30~40センチの石にのみを打ち込んできた。
 今年の作業は13日に始まった。陸前高田市の会社員松崎みき子さん(60)は、津波で亡くなった友人の供養をしたいと参加。家族ぐるみで海水浴やバーベキューを楽しんだ時の笑顔を石に刻んだ。「悲しくて何年も現実を受け入れられなかったが、彫ると心が落ち着く。今日を精いっぱい生きたい」。松崎さんはそう語る。
 普門寺には震災後、五百羅漢プロジェクトとは別に多くの仏像が奉納されている。羅漢像と合わせた総計は、くしくも1750人以上という陸前高田市の震災犠牲者数とほぼ同数になる。
 法要を終えて熊谷光洋住職(65)は「遺族の心を少しでも慰められる場所になってほしい。これで終わりではなく、多くの人に知ってもらい、お参りしてもらうのも使命だ」と話した。
 羅漢像の制作は今年が最後で、19日まで行われる。

「ハーバード大生が見た東北」被災地の今、ブログで発信ー河北新報

 河北新報の記事 「「ハーバード大生が見た東北」被災地の今、ブログで発信

 どんな視点で書かれているのか、興味深いです。以下、記事全文。

 河北新報社で6月下旬からインターンシップ(就業体験)に取り組んでいる米ハーバード大2年モトイ・クノ・ルイスさん(20)が、東日本大震災の被災地を訪れ、津波被害の痕跡や復興の現状をブログにつづっている。英語で900~2000語の長文記事を既に7本執筆。被災現場での見聞に日本文化への考察を加え、旺盛に発信している。

 記事は「Tohoku:The Harvard Perspective(ハーバード大生が見た東北)」とのタイトルで、河北新報社のホームページに掲載中。仙台市の震災遺構、旧荒浜小(若林区)を皮切りに訪れた十数カ所を題材とした。
 児童ら計84人が死亡・行方不明になった石巻市大川小の記事では、訪問時に雨が降っていたことから「涙雨」を連想したと記し、犠牲を防げなかった背景を探った。20メートル超の津波に襲われた宮城県南三陸町戸倉地区では、児童たちが避難した神社の写真を掲載し、多発する自然災害と日本人の宗教心に関心を寄せた。
 岩沼市沿岸に整備中の「千年希望の丘」にも足を運んだ。植林による緑の防潮堤に好感を示し「自然を遠ざけるのではなく、自然とつながることで災害を防ごうとしている」と書いた。
 モトイさんは、河北新報社とハーバード大が締結した人材育成・交流事業の一環として、6月27日~今月22日の約2カ月間、仙台に滞在。同社主催の防災ワークショップ「むすび塾」や新聞を教育現場で活用するNIE活動も体験し、ブログで紹介した。
 今月5~8日には、同大ライシャワー日本研究所と岩手大などが陸前高田市で共同開催したグローバルセミナーに参加。同市の震災復興や七夕祭りでの交流について、近く報告する。
 帰国を前に、モトイさんは「実際に被災現場に立ち、津波の破壊力や、家族や友人を亡くした悲しみを実感した。宮城県北のリアス海岸地域と、県南の沿岸部で被災の様相が異なるのも印象深い。東北で見聞きしたことをアメリカでも伝えたい」と話した。
 モトイさんのブログのアドレスは
http://www.kahoku.co.jp/special/spe1151/

<盆踊り>都会の若者が14年ぶり復活後押し 被災地支援機に交流-河北新報

 河北新報の記事 「<盆踊り>都会の若者が14年ぶり復活後押し 被災地支援機に交流

 若者の力が地域を元気にしますね。以下、記事全文。

 18世帯、約50人が暮らす岩手県陸前高田市小友町の上の坊集落で16日夜、14年ぶりに盆踊りがあった。復活を後押ししたのは、東日本大震災をきっかけに交流を深める首都圏などの若者たちだった。
 夕闇の中、常膳寺の境内に広がる踊りの輪。久しぶりに顔をそろえた住民たちに交じって、浴衣を着た20~30代の若者たちの笑顔があった。
 「こんなに人が集まったことはない。涙が出る」と集落会長の新沼裕さん(67)がつぶやいた。上の坊集落もまた、高齢化や人口減で恒例行事の盆踊りが途絶えて久しい地域の一つだった。
 それが震災後、若者が空き家に移住。復興支援活動を通じて同世代の人々が集落を訪れるようになり、地域住民と交流を深める中、盆踊り復活に向けて協力を買って出た。
 草刈りややぐら組み、灯籠の設置に一緒に汗を流し、地元のお年寄りから「高田音頭」などの振り付けや浴衣の着付けを教わった。
 東京都中野区の会社員板橋優女(ゆめ)さん(23)は「集落の一人一人とつながっていると感じられ、うれしくなった。地域の人たちと何かしたかった」と話す。新沼さんは「大きな後押しで住民たちもやる気になった。盆踊りが続き、いずれ若者たちが定住してくれたらいいと願っている」と笑顔を見せた。
記事検索
twitter
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ