<りんごハイボール>盛岡産で爽快な飲み口-河北新報

 河北新報の記事 「<りんごハイボール>盛岡産で爽快な飲み口

 飲みすぎちゃいそうですね。以下、記事全文。

 盛岡産リンゴのPRを目指し、岩手県盛岡市内の生産農家と飲食店がタッグを組んで「盛岡りんごハイボール」を開発した。甘口のバーボンウイスキーを盛岡産リンゴ100%使用のジュースで割り、爽快な飲み口に仕上げた。新たなご当地メニューとして定着させようと、市中心部の居酒屋やバー33店で提供している。
 バーボン「ジムビーム」とリンゴの「ふじ」から搾り出したジュースを、1対2の比率で入れて作る。ソーダとメロン風味のリキュールを加え、レモンスライスとミントを添える。
 アルコール度数は13~15%と高めだが、リンゴの甘みがほのかに広がり、女性でも飲みやすいすっきりした味わい。
 レシピを考案した同市大通の居酒屋「遊食屋FUJI」代表の藤原和広さん(56)は「10月の岩手国体で関係者や観客に飲んでもらい、知名度を一気に高めたい」と意気込みを語る。
 ジュースに使用するリンゴは市内八つの生産農家が提供する。「山口果樹園」(同市猪去)の山口騰さん(51)は「寒暖差の激しい盛岡で育ったリンゴは、青森県産に負けないくらい甘みが詰まっている。ハイボールにも甘みがしっかり出ている。盛岡のリンゴを知ってもらういいきっかけになる」と期待を寄せる。
 値段は店ごとに異なるが、1杯500円前後。「提供店」のポスターを掲示する店舗で味わえる。提供店は市のホームページでも確認できる。

街に音楽届けて100回 復興支援ライブ-河北新報

 河北新報の記事 「街に音楽届けて100回 復興支援ライブ

 復興への強い気持ちを感じます。以下、記事全文。

 音楽で東日本大震災からの復興を支援しようと、有志が不定期開催する「定禅寺チャリティーストリートライブ」の100回記念特別企画が23日、仙台市青葉区の定禅寺通の緑地であった。
 ケヤキ並木の下で、ピアノやギター、サクソフォンなどの奏者約30人が代わる代わるジャズのアドリブ演奏を披露した。
 「この素晴らしき世界」を歌った実行委員会代表の岡崎秀明さん(56)=青葉区=は「100回は通過点。これからも気力、体力が続く限り続けたい」と決意を述べた。
 岡崎さんは2011年5月にチャリティーライブを開始。これまで計約180万円の募金を集め、半額を市内で催される音楽イベントに寄付し、残り半額を震災義援金にした。
 常連客の尾形良信さん(74)=青葉区=は「手弁当でライブを開く岡崎さんや仲間の熱意が素晴らしい。今後も聴きに来るのを楽しみにしている」と話した。

福島県産モモ、フレンチトーストに加工 新宿で発売-福島民報

 福島民報の記事 「県産モモ、フレンチトーストに加工 新宿で発売

 旬のモモ、さらにおいしく。以下、記事全文。

 一般社団法人「ふくしまチャレンジはじめっぺ」(郡山市)と古山果樹園(福島市)、フレンチトースト店を運営するフォルスタイル(東京都)は県産モモを使ったフレンチトーストを開発する。都内での販売などを通じ県産品の魅力や安全性をPRし、風評払拭(ふっしょく)を目指す。23日、古山果樹園で原料となるモモを収穫した。
 風評払拭の手助けをしたい-。フォルスタイルの平井幸奈社長(23)の思いをかなえるために県内の「はじめっぺ」と古山果樹園が連携して開発することになった。
 平井社長と交流があり、現役のモデルでもある早稲田大のマタニ笑(えみな)さん(21)=4年=、山本桃子さん(21)=3年=、馬容容(まよよ)さん(21)=4年=の3人も開発に協力する。
 フォルスタイルが運営する都内新宿区の「ForuCafe(フォルカフェ)」で30日から商品を販売する。マタニさんらを中心に会員制交流サイト(SNS)などで商品の情報や県内の現状も広く発信する。
 23日は平井社長とマタニさんらが古山果樹園を訪れた。古山浩司代表から栽培方法や東京電力福島第一原発事故後の果樹園の状況について説明を受け、「あかつき」を収穫した。平井社長らは「モモに詰まった作り手の思いも込めて商品を作りたい」と意気込んだ。

<相馬野馬追>原発避難11歳 伝統継承へ初陣-河北新報

 河北新報の記事 「<相馬野馬追>原発避難11歳 伝統継承へ初陣

 憧れが伝統を継いでいきます。以下、記事全文。

 相馬地方で23日に開幕する相馬野馬追に、仙台市大野田小5年の佐藤天太郎君(11)が「初陣」を果たす。東京電力福島第1原発事故に伴って南相馬市小高区から移住した後、乗馬技術を習得するなど準備を重ねてきた。故郷の伝統を受け継ぐため、父親と共に勇壮な隊列に加わる。
 天太郎君は原発事故時、幼稚園児だった。小高区に暮らしていた記憶は薄れつつあるが、野馬追の思い出は今も残る。「夕方、祭りを終えて帰ってきた馬に乗せてもらったことを覚えています。かっこいいなって思っていました」
 父の昭人さん(41)は連続20回の出場を誇る古参の一人。昨年暮れ、関係者らが集まる会合で天太郎君から参加の意欲を伝えられた。「親子で体験を共有できるのがうれしい」と顔をほころばせる。
 佐藤さん一家は原発事故で避難を強いられ、2014年に仙台市太白区に新居を構えた。小高区などに出ていた避難指示は今月12日に解除されたとはいえ、当面、帰還する予定はない。
 昭人さんは「今、家族と故郷を結んでくれるのが野馬追。たとえ戻れなくても、小高の一員として文化継承に貢献したい」と話す。
 「馬が大好き」という天太郎君は昨年秋から仙台市の乗馬クラブに通う。今春には宮城の乗馬大会で優勝を果たすなど、昭人さんも舌を巻くほど腕前を上げつつある。
 今年は陣羽織姿で隊列に加わるだけだが、天太郎君には夢がある。ハイライトとなる神旗争奪戦への出場だ。「来年以降も参加して、いつか自分も旗を取ってみたい」と力を込めた。
     
 野馬追は23日に各地で出陣式、24日に南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で甲冑(かっちゅう)競馬、神旗争奪戦などを実施。25日に同市小高区の相馬小高神社で野馬懸が行われる。

<被災地水産会社>きつい、臭い 一新へ懸命-河北新報

 河北新報の記事 「<被災地水産会社>きつい、臭い 一新へ懸命

 機能性とカッコよさをマッチングさせていくことが、大事でしょうか?
 以下、記事全文。

 水産加工業界の求人難の背景には、「きつい」「臭い」などのイメージが求職者の心理的な壁になっている事情があると指摘されている。東日本大震災後に再建された加工場が最新設備を導入するなど、負のイメージ払拭(ふっしょく)に向けた動きも広がる。
 タラコ製造の湊水産(宮城県石巻市)が2014年、石巻市内に再建した加工場は、ガラス張りで明るい雰囲気が特徴。プラズマイオンを放出し、臭いを大幅に抑えた。加工作業では、水を極力使わないシステムを導入し、清潔感を打ち出した。
 従業員の作業着はパティシエのコックコート風。足元は従来の長靴ではなく、ピンクのズックを履くスタイルに一新した。
 木村一成社長は「以前は白衣から目だけ出して働く、きつい仕事のイメージがあった。古いイメージを変えたかった」と説明する。
 人手確保に加え、従業員の高齢化で課題だった技術継承を進める狙いもある。タラコを贈答用に成形する技術の習得には時間が必要。若い人材の確保は事業の継続に不可欠という。
 職場環境の改善や3月の保育施設開設などの効果もあり、震災前に56歳だった製造部門の平均年齢は約10歳下がった。
 水産加工業の復興に向け自治体も人材確保を側面支援する。岩手県は13年度、水産加工現場を紹介するDVDを作成。働く環境が変わったことをアピールするため、高校生向け就職セミナーなどで活用している。
 今年3月には、働きやすい加工場づくりを目指す企業向けセミナーを釜石市で開き、経営者の意識改革を促した。
 県沿岸広域振興局の林崎孝志水産調整課長は「再建した工場は新しくてきれい。従業員の意見に経営者が耳を傾け、働きやすく魅力ある環境を整備し、どんどん外にアピールすることが大切だ」と指摘する。
記事検索
twitter
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ