<その先へ>帰還村民 安らぐ場に-河北新報

 河北新報の記事 「<その先へ>帰還村民 安らぐ場に」 

 以下、記事全文。

 ◎カフェ経営 堀江安則さん、みどりさん=福島県葛尾村

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が6月12日に解除された福島県葛尾村で、神奈川県厚木市から移住した夫婦が喫茶店を営んでいる。住宅の1階にある店舗は、長年かけて集めたカップや古美術品が異国の雰囲気を醸し出す。二人は「村に帰ってきた人々が一息つける場にしたい」と話す。
 「カフェ嵐が丘」は村役場から1キロ離れた山の中にある。避難指示が解除されても帰還した住民が一部にとどまる村で、唯一の飲食店。堀江安則さん(66)が接客を担当し、妻みどりさん(66)が調理する。水-土曜に店を開き、飲み物やランチ(850円)を提供する。

 自動車会社に勤めていた安則さんは、退職後の田舎暮らしを夢見て全国を回った。山から臨む夕日の美しさやタケノコ狩りができる自然環境にひかれ、7年前に土地を購入。料理教室を開いていたみどりさんの経験を生かし、喫茶店を開こうと考えた。
 定年が迫った2011年2月、みどりさんが先に新居に移った。愛着のあるカップや皿を壁一面に飾り、開店準備を進めていたさなかに東日本大震災が起きた。原発事故で村は全域が避難区域となった。
 みどりさんは震災発生時、通院のため一時、厚木に戻っていた。二人が村に入ったのはその年の5月。食器類は粉々になって散乱していた。みどりさんは一時、食器を見るのも嫌になるほど落ち込んだ。

 三春町のプレハブ仮設住宅に入居し、避難指示解除を待った。「地域の人に親切にしてもらい、村とのつながりもできた」。安則さんは5年に及んだ避難生活を前向きにとらえる。
 準備宿泊が始まった昨年8月、村で暮らし始め、開店準備を本格化させた。今年3月末に開店。食器類は残っていたものや、買い替えた一部を飾り直した。
 避難指示解除後、店を訪れる村民が少しずつ増えている。みどりさんは「仮設住宅で一緒だった人が来てくれるとうれしい」と話す。「タケノコ狩りができないのは残念だが、村人やお客さんとのこれからの付き合いが楽しみ」と安則さん。ようやく始まった田舎暮らしに胸を弾ませる。

みそ蔵生まれのケーキ 復興支援会社員ら考案-河北新報

 河北新報の記事 「みそ蔵生まれのケーキ 復興支援会社員ら考案

 以下、記事全文。

 みそ、しょうゆ製造販売の藤勇醸造(岩手県釜石市)が今月発売したパウンドケーキが人気だ。岩手県産の大豆と米で仕込む甘めのみそ「十割糀(こうじ)みそ」を生地にマーブル状に練り込んだのが特長。東日本震災後に訪れた支援者のアイデアを採り入れて地元洋菓子店が製造するが、手作りで1度に焼けるのは約120個と限られ、品薄状態が続く。
 みその塊を生地にちりばめ、しょっぱさがアクセントになるよう工夫した。材料の小麦粉や卵も岩手県産が中心で、7月の県主催の食品コンクールで優秀賞を獲得した。
 1個220円(税別)。釜石市や盛岡市のショッピングセンターなどで販売し、インターネット通販も予定する。
 レシピを考案したのは、震災からの復興支援のため釜石を訪れ、藤勇醸造のみその味にほれ込んだ東京の会社員ら。今年2月に東京であったイベントで試験販売したところ好評で、商品化を決めた。
 同社は1902年創業。震災で被災し、販路回復と全国的なみその消費減に直面する。小山和宏専務(51)は「和と洋が調和した味わいに仕上がり、みその新しい魅力を提案できた。商品開発を続け、発酵食品の伝統を守りたい」と意気込みを語る。
 東京のメンバーとやりとりを重ねた小山専務の長女明日奈さん(28)も「藤勇の味と釜石を応援してくれる人たちとのつながりと信頼が生んだ自信作。ぜひ味わってほしい」と話す。

県産米、基準超初のゼロ 27年産の全量全袋検査-福島民報

 福島民報の記事 「県産米、基準超初のゼロ 27年産の全量全袋検査

 福島のおいしいお米をぜひ。以下、記事より。

 県内で収穫されたコメに含まれる放射性物質を調べる全量全袋検査で、県が19日までの1年間に調べた平成27年産米約1050万袋全てが食品衛生法の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回ったことが24日、分かった。基準値超の数は検査を開始した24年産以降、減少傾向にあり、初めてゼロとなった。
 27年産は昨年8月20日から今月19日までの1年間に1049万6697点を調べ、99・99%に当たる1049万5897点が検出下限値未満だった。検査件数は全量全袋検査と詳細検査の合算。基準値超えの可能性があるコメについて調べる詳細検査により基準値を超えたのは24年産が全体の0・0007%の71点、25年産が0・0003%の28点、26年産が0・00002%の2点と年々減少している。自家用として生産されるなどし、基準値を超えたコメは流通していない。
 県はセシウムの自然減衰に加え、塩化カリウム肥料散布などセシウムの吸収抑制対策を進めたことが奏功したとみている。
 27年産の検査結果について、県水田畑作課は「これまでの地道な取り組みが結実した。基準値超えゼロは県産米の安全性をPRする上で重要な要素となる」と期待している。
 県は県産米に対する消費者不安の解消や基準値を超えたコメの流通防止を目的に、全量全袋検査を始めた。県は今後も検査を続けるとしている。

岩手)岩山で夜明けの婚活イベント 「特別な時間を」-朝日新聞

 朝日新聞の記事 「岩手)岩山で夜明けの婚活イベント 「特別な時間を」

 朝のコーヒーを一緒に・・・以下、記事全文。

 
盛岡市新庄の岩山展望台にある「喫茶GEN・KI」で28日早朝、夜明けの風景を眺めながらの婚活イベントが開かれる。店は「普通は人が集まらない時間帯。その分、特別な時間を共有してもらいたい」と話している。

 岩山の魅力を高めようと、「GEN・KI」などの飲食店を経営する久保田剛(たかし)さん(46)ら3人で結成した「もっと岩山向上委員会」が初めて主催。全国を旅してきた久保田さんは「岩山には他にはない魅力があっていつか花開く」と期待し、グランドピアノを導入して早朝イベントなどを企画してきた。

 岩山は全国の夜景100選に選ばれ、デートスポットとしても人気。夜明けは30分の間に空の色が刻々と変化し、やがて朝日のオレンジ色に街全体が染まっていく神秘的な景色が見渡せるという。今回のイベントでは午前4時半にピアノコンサートを開始。自己紹介やパンケーキ作り、交流会を予定している。

 久保田さんは「岩山には展望台や動物園、少し離れて競馬場もある。これらが連携すれば岩山の魅力はもっと増すのではないか」と話している。

 参加資格は28~45歳の独身男女。申し込みの少ない女性(参加費2500円)のみ募っている。問い合わせは委員会メンバーで盛岡市の日本結婚支援協会(019・613・5100)まで。

<仮設商店街>閉鎖前に感謝の特産品セット-河北新報

 河北新報の記事 「<仮設商店街>閉鎖前に感謝の特産品セット

 以下、記事全文。

 宮城県気仙沼市鹿折地区の仮設商店街「鹿折復幸マート」の店主たちが、9月7日で商店街が閉鎖するのを前に、地元物産品を詰め込んだ「ありがとうセット」を販売している。仮設営業を支え続けてくれた顧客に感謝の気持ちを込めた。
 セットは、地酒やフカヒレスープ、熊本県産のお茶など8品を厳選した大(4000円、税込み)と7品が入った小(3000円)の2種類。養殖用ブイを加工して作ったプランターの中に詰め込み、感謝を伝える手紙も添えた。
 塩乾物や土産品を扱う小野寺商店の小野寺由美子さん(51)が企画し、酒屋と茶販売店、飲食店が賛同した。ボランティアで店を訪れたことがある人々からの注文が多く、小野寺さんは「人も光もないところから仮設商店街を始めて4年余り、多くのご縁に支えられた」と感謝しきりだ。
 4店は仮設商店街が閉店した後、再建用地の整備が間に合わないといった理由で店を当面構えることができない。小野寺さんは「本格再建するまでお客さんとのつながりを大切にしていきたい」と話す。
 注文は31日まで。連絡先は小野寺商店0226(22)9085。火曜定休。
記事検索
twitter
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ