最近金欠で遊びに行けてないので、今回は現代風俗の解説をしてみたいと思います。
似ていてわかりにくいのが表題のセクキャバといちゃキャバの違いです。

結論から書くと、
セクキャバ=おっぱいを生で触れる
いちゃキャバ=基本的に服の上から。脱がない。
となります。

セクキャバ
おっぱいパブとも言われ、セクシーキャバクラの略。
薄暗い店内でソファーに腰掛け、隣に女の子が座る。
おっぱいをつまみに酒を飲むのが基本スタイルだが、
女の子が上に乗って来て密着して乳を触ったりキスしたりできる。
基本的に下半身(マ◯コ・アナル)へのタッチは禁止。
嬢によってはOKの店もあるが、基本的にダメだと思いましょう。
おしりはいくら触っても大丈夫です。
今添い寝スタイルの店が流行しているように感じます。
サービスタイム、という時間が設定され、店内の照明がかなり暗く落とされ、
音楽も変わって、その時間内だけ、女の子が上に乗ってくる、というシステムの店もあります。

いちゃキャバ
店名にこうある店は注意が必要です。
隣に女の子が座って酒を飲みながらお話する、というのはセクキャバ・おっパブと同じなのですが、
基本的に女の子が脱ぎません。
その意味ではキャバクラに近いでしょう。
ただ、服の上から触るのはOKです。
服の隙間から手を入れて生乳触るのも嬢によってはOKだったりします。
セクキャバよりは全体的にソフトなサービスです。
キスも店と嬢によります。事前に確認しましょう。
ミニスカートなどで脚を強調したり、コスチュームにこだわった店なども多いです。

その他
この他に、ランジェリーパブ(ランパブ)という呼称の店もあったりしますが、
これは上の2つより定義が曖昧です。
嬢が下着姿になるキャバクラ、おさわり禁止のパターンと、
まるっきりおっパブと同じパターンがありますので事前によく確認しましょう。
わからなければ店の女の子に直接聞いてみるのもいいでしょう。
これらサービス内容についても無料案内所に行けば詳しく教えてくれます。


なお、セクキャバもいちゃキャバも、
キャバクラと同じドリンクシステムを採用してるところが多いです。
女の子が飲み物をねだってきます。
飲ませてあげるとサービスがよくなったり、
仲良くなってキャバクラのように同伴などもできます。
一杯1000円か2000円が多いです。
まあ飲ませなくて大丈夫です。

ちなみに、セクキャバもおっパブも当然、抜きのサービスはなく、
店内でチソコを出すのも禁止なのですが、
嬢からチソコを触ってくれることもあります。
つまり、チソコを出して、抜きサービスを強要するのは禁止ですが、
嬢からチソコを刺激してもらうことは許されるのです。
強者(つわもの)になると、おっパブで、嬢からのズボンの上からの刺激でズボンの中に射精し、
そのまま帰るそうです。
なお、自分で抜くのだったら大丈夫です。
筆者はしたことも見たこともありませんが、話に聞くにはそういう客もいるそうです。


豆知識
ちなみに北海道ではおっパブのことをキャバクラと呼ぶそうです。
関東のキャバクラにあたるみせはニュークラ、クラブだそうです。