屋我地エコツーネット・スタッフ・ブログ

屋我地エコツーネット・スタッフ・ブログ

沖縄県の屋我地島でマングローブ散策やシーカヤック体験を案内している「屋我地エコツーネット」のスタッフによるブログです。
ツアーの様子や日常の風景、ちょっと脱線した話まで、気ままに書いていきます◎
あなたもゆったりと流れる島時間にのって、大自然を満喫しませんか?
お問い合わせ先はこちら:沖縄県名護市字屋我219  0980-52-8687

沖縄県北部にある屋我地島は沖縄本島と橋でつながる周囲16kmの島です。

ここ屋我地島には豊かな自然と文化、歴史があります。

島の南には沖縄八景にも選ばれている風光明媚な羽地内海、
西には深く美しいワルミ海峡、
北にはどこまでも広がる東シナ海を望むことができます。

羽地内海のマングローブ林には、 ミナミトビハゼやシオマネキなどの小さな生き物、
それを食べる多くの渡り鳥などもやってきて、 生き物の美しさや
生き物同士の多様なつながりを感じることができます。

島の中には昔ながらの集落や、 サトウキビ畑・パイナップル畑などが広がり、
ゆったりとした田舎の雰囲気を感じられることでしょう。

屋我地島で心も体もリフレッシュしてみませんか?

私たち屋我地エコツーネットがお手伝いたします!

6月3日、くもり!

はいさ~い(・∀・)つ

早くも梅雨明けか??
と思うほど最近天気がいいです(笑)
太陽が痛いほど輝いてます!

更新が遅くなってしまいすみません、先週は僕の故郷神奈川県からのご夫婦がカヌー体験に来てくれました(^^)

この日は薄く雲がある程度で、とても過ごしやすい日でした。
カヌーも気持ち良かったですね~
DSCN1700


探検途中にはシロも奇跡のカメラ目線(笑)
DSCN1701


屋我地大橋の下をくぐっている時には、アジサシの迫力満点の餌捕りシーンも見られて、屋我地の自然をのーんびり満喫できた一日でしたね(^^)
DSCN1702


実は僕、今月いっぱいかけて名護の自然や文化、ツーリズムについての講習会に参加しているため、ブログの更新がなかなかできません(普段から更新頻度は高くないですが 笑)

暇を見つけて屋我地島の風景など載せていきたいと思いますので(^^;)

5月27日、晴れ!!

はいさーい(´▽`)ノ

今日はスマホから更新してみてます(笑)

って、そんなこと言ってる場合じゃありません!!
今日は早くも梅雨の中休みなのか、ちょーーーーいい天気でした!
夏!summer!(笑)
image


そんなでーじラッキーな今日は、京都の中学生が修学旅行で遊びに来てくれました!
マングローブ散策もカヌー体験も、青空全開でとっても楽しかったです!(^^ )

マングローブ散策では、澄み切った海とマングローブの緑と青空のコントラストが最高にいい景色でした。
image


みんなの笑顔も絶景!


そしてカヌー体験は今時期ならではの穏やかな東シナ海で!
ザ・沖縄の海でしたね(笑)
みんな元気があって、楽しくワイワイツーリングができました!
image



天気も味方してくれて、みんなの最高の思い出になったんじゃないかなーと思います(^^ )
僕も屋我地の海をたっぷり楽しめました!

沖縄県カヤックガイド協会の講習会

はいさ~い(・∀・)つ

今年の沖縄の梅雨は大雨ばかり…大雨洪水注意報などが出続けていてとても危ない状況が続いています。。
異常気象が続くと結構不安な気持ちになりますが、そうも言っていられません!

先週は沖縄県カヤックガイド協会という、沖縄でカヤックガイドをしている事業所の集まりで、ガイド講習会がありました。
協会ブログの講習会記事はこちら
ガイドをするにあたり、安全面やガイドスキルを事業所間で切磋琢磨していけるとてもいい機会なので、屋我地エコツーネットも毎回参加しています(^^)

今回は僕とヘルプスタッフ中村さんが参加しました。
講習会ではパドリングスキル(漕ぐ技術)とレスキュースキルの復習・向上が主なプログラムでした。

アウトドアの遊びで常に付きまとうのが「想定外の危険」です。
人間の予想をはるかに上回ることが自然の中では起こり得るので、そこにうまく対処して自然と付き合い楽しんでいくうえで重要なスキルです。

こうした安全面も考えて屋我地エコツーネットはツアーを行っています。
もちろん自然の中での遊びなので100%の安全が保障されているわけではありません(これはどの事業所でも変わりません)
ただ、沖縄県カヤックガイド協会に加盟している事業所はツアーの安全性や環境負荷には十分配慮していますので、そういったところで沖縄観光の計画を選んでいただけると幸いです。


これからも自身のガイドスキル、名護市のイメージアップに向けて努力していきたいですね!(^^)

リサイクル!

はいさ~い(・∀・)つ

沖縄はいよいよ梅雨入りが今日発表されました。
雨の季節の始まりか、と思いきや今日は日差しがギンギンで熱中症になるかと思うほど…(笑)
でも、明日から本格的に雨が続く模様です(ToT)

先日、海岸清掃について書きましたが、毎年処理に困るのがプラスチック製の浮きです。
去年に続き、今年もプランターとしてリメイクしました!
今年の物は去年よりもバージョンアップ!(ちなみに去年のリメイクがこちら

今年はこんな形に切って、
DSC_0024


さらに色まで付けました!
DSC_0032

カラフルなカエルプランターの出来上がりです!
台座もついてでーじ上等です(笑)

こうしてゴミも使えるものはきちんと使っていきたいですね(そもそもゴミが減ればいいのですが)。

ちなみに過去には海岸に流れ着いていた物でこんなものを作ったお客様もいました。
CA3I0868

ゴミも目線を変えれば、まだまだ魅力が残っているかもしれませんし、これからも楽しく海岸清掃ができればいいなと思います(^^)

平成24年度に拾ったゴミの数

はいさ~い(・∀・)つ

ゴールデンウィークも終わり、みなさま五月病などかかっていませんでしょうか?
屋我地島はまだ梅雨入りもせず、夏のような日々が続いています(笑)

今日は屋我地エコツーネットが昨年度拾った海岸のゴミについて書こうと思います。

悲しい現実ですが、屋我地島やその周辺の海岸には絶えずたくさんのゴミが流れてきます。
DSCN1185

これは事務所のすぐ裏の海岸。
青い海、澄み切った青空、…ゴミがなければ最高の場所です。。

DSCN1145

これは屋我地島の玄関口、名護市真喜屋の海岸。
すごい量のゴミです。。

DSC_0012

一か所からこれだけのゴミが出てくることもあります。

こうしたゴミはツアーのたびに少しずつ拾ったり、年度末に一斉清掃をしたりして、拾っています。
捨てた人が悪い、その人が拾うべきだ、なんて言っていたら、海岸がゴミで埋まってしまいます。

その中でも年度末の一斉清掃で回収したゴミの総量がこちら。
ちょっとした清掃はカウントしていないので、一年通したらこれ以上のゴミが屋我地島にはあります。
(袋の大きさは45リットルかそれ以上)

燃えるゴミ:16袋
燃えないゴミ:6袋
プラスチック・ビニール袋類:335袋
ペットボトル:109袋
空き缶:13袋
空きビン:24袋
蛍光灯・ライターなど:9袋
タイヤ:15本
発泡スチロールの漁業用浮き:85個
プラスチックの漁業用浮き:155個
テレビ:5台


こうやって並べてみても、すごい量です。


これらのゴミはいったいどこからくるのでしょう…。
海から?
川から?
山から?
悲しいことですが、全て「人の心」からゴミが出ています。

このブログでは何度も言っていますが、「誰かが捨てれば、どこかが汚れる」、単純な事実です。
県内・県外、さらには国外まで、安易にゴミを捨てる人がいるから、こうして屋我地島は汚れるのです。
屋我地島だけではありません。
沖縄中、日本中、世界中が汚れてしまいます。


綺麗な自然だからこそ、自然は僕らを癒してくれたり、楽しませてくれたりしてくれます。
みなさんで、心から変えていきましょう。
そうすればいつまでも綺麗な自然が僕たちを見守ってくれる気がします!

屋我地島にゴミが流れ着かなくなるその日を楽しみに、また今年度も海岸清掃続けます!(^^)
ぜひアクセス!
屋我地エコツーネットの
ホームページはこちら!
最新コメント
livedoor プロフィール
沖縄の天気
記事検索
  • ライブドアブログ