2013年12月30日

お知らせとお願い

長い間にわたり、杉山野外塾便りを御覧いただきましたことを心より感謝申し上げます。

この度、スクールホームページなどのリニューアルにともない、杉山野外塾便りを

http://www.sugiyama-ski.com/blog

に新ブログ形式でスタートさせていただきました。

お手数ではありますが、上記アドレスをご登録いただき、今後も引き続きこの情報をお楽しみいただきますようお願い申し上げます。



yagaijuku at 17:57|PermalinkComments(0)

2013年12月23日

ジャイアントスキー場にて

ca03ba84.jpg4日間、ジャイアントのコースを担当していました。

ジャイアント周辺エリアは、ちょうどこの連休から全面がオープンとなったところで、私自身も全てのコースが、この冬初滑りでした。

今回は9名のお客様と過ごしましたが、皆さん大変熱心にシーズン最初のトレーニングに取り組んでいらっしゃいました。

コースコンディションも良く、滑り応えのある4日間になったのではないかと思います。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

そして皆様にとりまして、この冬が素晴らしいスキーシーズンになりますことを、心よりお祈りしています。

またいつの日かご一緒させていただくことを楽しみにしております。

yagaijuku at 19:41|PermalinkComments(0)

2013年12月18日

研修中

af18da37.jpg小諸の研修センターで、新しいガイドさんたちの研修を行っています。

4日間の合宿形式で行われる、参加者としてはなかなかハードな研修会です。

今日は実習で、朝から近隣の里山を歩いていましたが、昼頃から雪降りになり少し早めに切り上げて、室内で引き続きの実習を行っています。

参加者皆さん大変熱心に取り組んでいるので、私たち講師陣もつい熱が入ってきます。

研修会は明後日20日まで続きますが、私の担当は明日までです。明後日は志賀に戻り、今度はスキーモードに切り替えます。

yagaijuku at 16:57|PermalinkComments(0)

2013年12月12日

大先輩の人柄と継続の力

f1780a02.jpgガイド協会の会議で東京にいました。

夜は大先輩の記念のパーティーに出席しました。

日本人で初めて、エベレスト無酸素登頂を成し遂げ、その後も数々の華々しい記録を残され、現在の山岳会ではその名前を知らない人はいない方ですが、私たち山岳ガイドからも尊敬される偉大な先輩です。

その偉業からは想像しにくい穏やかな人柄が、やはりこれだけの参加者を集めるのだと実感しました。

それに加えて、ご家族皆様も心から山を愛しているその姿は、なんとも微笑ましく羨ましく思いました。

そして、これだけの方も30年に渡りコツコツと積み上げをされている継続の力は、私にとっても大いに勉強になりました。

帰路の新幹線の中では、これまで長い間私を育てて下さった、数多くのお客様と、先輩と仲間達のことが、頭に浮かび、

「自分はこの仕事をあとどのくらい続けられるのかな」

と思いました。

yagaijuku at 23:20|PermalinkComments(2)

2013年12月10日

初滑りのトレーニング

69f63efb.jpg二日間お客様と滑っていました。

残念ながら奥志賀はまだスキーコースがオープンしないので、一ノ瀬や焼額山の限られたエリアでのトレーニングになりました。

この時期は、多くのお客様が今シーズン初滑りのことが多いですが、毎年しっかりスクールでトレーニングを続けている方は、一本めから私が思うより良いポジションで滑り始め、運動量も取れていてビックリすることがあります。

シーズン最初に、スクールでこうしたチェックをして、今シーズンの課題などを確かめることは、技術の上達のためだけでなく、現状を把握する意味でもとても大切ですね。

yagaijuku at 18:02|PermalinkComments(0)

2013年12月06日

今度は実践で!

57c9a5c0.jpg5日間のスクールスタッフ研修合宿が終わりました。

やり始めるとやらなければならないこと、やりたいことが山ほどあり、時間がいくらあっても足りないくらいで、あっと言う間の5日間でした。

運営する側の主任たちも、受ける側のスタッフも、一瞬一瞬を本当に真剣に取り組んでくれました。
実技や学科のテストもありましたし、緊張感もあって、きっと皆疲れたことでしょう。

この5日間は、完全に自分達の技術や知識を向上することだけに集中していましたが、明日からはこの成果を実践で活かさなければなりません。



yagaijuku at 13:44|PermalinkComments(0)

2013年12月02日

始まりました

de8f26d1.jpgスクールスタッフの研修が始まりました。

昼間はスキー場に出て、様々な技術や知識の統一のためのトレーニングをしています。

大半のスタッフは初滑りで、まだまだ体の動きはいつものようにはいきませんが、皆真剣に取り組んでくれています。

yagaijuku at 17:08|PermalinkComments(0)

2013年11月28日

夕暮れ時の街は

e47c3fae.jpgガイド協会の会議と委員会で東京にいました。

朝からノンストップでやっていたのですが、予想通り話し合いが長引いてしまって、事務所を出たときにすっかり日が暮れていました。

通りに出ると、街並みはこの時期らしいイルミネーションに飾られていて、

「アッ、そんな時期なんだな」

と現実に戻ります。



yagaijuku at 22:10|PermalinkComments(0)

2013年11月27日

浅間山麓

102ca450.jpg今日は、トレッキングポールのテストをお手伝いさせていただいているポールメーカーの“シナノ”さんの本社にうかがって打ち合わせをしていました。

日本のモノ作りらしく、シナノさんのトレッキングポールの開発も、常に細部の改良が加わりますので、その都度私には新しいテストの項目があがってきます。

私も注意深く観察をしているのですが、考えてもいないような課題が出ていたり、新しいアイディアが出てきたり、私自身も大いに勉強させていただいています。


シナノさんのある佐久平は、長野県でも非常に晴天率の高いエリアで、住むにはとても良いところだといわれています。

今日も晴れていたせいもあり、眩しいくらいの日差しがあって、北信濃との気候の違いを実感しました。

yagaijuku at 18:05|PermalinkComments(0)

2013年11月24日

好条件です

8cf7fa57.jpg先週末に続いて、今週の土曜日曜も良く晴れて、何かをするには絶好でしたね。

先週から始まった志賀高原のスキー場は、今日も大変賑わっていました。

全てのリフトが運行していないせいもありますが、リフト乗り場には行列が出来るほどで、

「近年はシーズン中でもこんなに混むことはないな」

と感じるほどです。


最近の降雪と低温傾向で、雪質もコースコンディションも良好で、シーズン最初のトレーニングをするにはとても良い条件です。

yagaijuku at 15:10|PermalinkComments(0)

2013年11月23日

今年の雪は?

9e1aa16b.jpgここのところの降雪と低温で、さすがにもう根雪になりそうな気配の奥志賀です。

ここ数年、11月の末になって小春日和の温かい日が続いたりするので、社用車の1台だけは冬タイヤにしないままだったのですが、さすがに今日交換しました。

数ヶ月前のあの猛暑がもう遠い昔のような、最近の低温傾向と雪の降り方に、気象庁がしきりに言っていた「この冬は寒い」という予報が、ここにきて俄に信憑性を帯びてきているように思っています。

yagaijuku at 17:34|PermalinkComments(0)

2013年11月20日

信越国境の山々

e3a77523.jpgある会議に出席するために新潟県の妙高に行っていました。

信越国境の山々は予想していた以上に雪があって、この時期は志賀高原の辺りよりも、長野県北西部や、北陸地方の方が雪が沢山降ることを身をもって実感しました。

今回の会議は、授業を担当している専門学校の、教育課程編成委員会や、学校評価委員会などでした。

私自身も始めて勉強をしましたが、現在の専門学校は、文科省からの指導もあり、こうしたことに、外部の人材を入れて運営を行わなければならなくなっているようです。

様々な意見や助言を求められましたが、私も公的な立場で出席しているので、大きな理想論を語れば語るほど、かえってからの宿題も多くなり、またやらなければならない課題をドッサリと背負いながら帰路につきました。

yagaijuku at 20:50|PermalinkComments(0)

2013年11月19日

北信濃のソウルフード

63a32879.jpg昨日と今日は、スポーツハイムのスタッフと野沢菜の収穫と、漬け込み作業をしていました。

先週の降雪で、畑はまだ一面の雪でしたが、好天のおかげで作業もスムーズに進めることが出来ました。

今はもう“全国区”といっても良いかもしれませんが、野沢菜漬けは北信濃の人々にとっては、欠かすことの出来ないソウルフードです。

最近は、スーパーで販売しているものを購入する家庭が多く、全ての家々の庭先という感じではなくなりましたが、この季節多くの家の庭には、積まれた野沢菜や大根、あるいはそれを洗っている作業風景などに出会います。

またあの冬がやってくるんだなと実感させる光景です。


さて、スポーツハイムの今年の野沢菜漬けはおいしく出来上がるでしょうか。

yagaijuku at 18:16|PermalinkComments(0)

2013年11月15日

雪のなか

b81a6b74.jpg今回の降雪でスポーツハイムはすっかり雪の中になりました。

今は未だひっそりとしていますが、沢山のスキーヤーをお迎えする、あの表情にまたもどってきました。


yagaijuku at 14:10|PermalinkComments(0)

2013年11月12日

雪の上高地

917c2999.jpg二日間、ガイド協会の仕事で上高地にいました。

折からの今年一番の寒気で、終日雪降りになり、あの穂高連峰の山並みなどは厚い雲の中でした。

今週の上高地は、ちょうど閉山作業の週で、ほとんどの施設も冬篭り準備の真っ只中でした。

私もこんな時期に上高地を訪れたのは初めてでしたが、驚いたことは、この時期のこの雪降りにもかかわらず、観光バスがドンドンと入ってきていて、相変わらず河童橋周辺には沢山の観光客がいたことでした。

ほとんどの観光客は、さすがに寒さと雪に驚いている様子でしたが、第一級の“ブランド観光地上高地”の凄さを実感しました。

yagaijuku at 20:43|PermalinkComments(0)

2013年11月09日

都心の木々たちも

1f15d190.jpgガイド資格試験の準備、運営、採点、判定作業と、しばらくの間東京で仕事をしていました。

天気が良かったせいもあり、日中は真剣に歩くと少し汗ばむくらいで、まだまだ暖かいなと思っていましたが、街路樹の葉がようやく色を変えはじめていて、都心部にもようやく秋が近づいてきていることを実感しました。

都会にいると、こうした自然の移り変わりより、歩いてる人のファッションがいつも季節を先取りしていて、暦通りに初冬になっていることを気付かされます。

私などには、

「さすがにその格好は、まだ暑くないか?」

と思うようなことも度々です。

真夏の猛暑でもスーツをキチンと着こなす男性や、化粧がバッチリの女性がいたり、秋の便りと同時に、今度はマフラーにブーツ、コート(中にはダウンジャケットまで!)を着ている都会の人々に、

「私とは違った季節の感性が、都会人にはあるんだなぁ」

といつも思う私です。

yagaijuku at 22:10|PermalinkComments(0)

2013年11月04日

冷たい雨、そして

aa417cc7.jpg11月3日は晴れの特異日ですが、昨日の夜から雨になった奥志賀は、終日冷たい雨降りです。
山頂付近はとうとう雪降りになりました。

11月に入っても暖かな日が続いていましたが、今日はさすがにじっとしているには寒く、暖房が恋しくなります。

気のせいか、窓の外から聞こえてくる雨音も、春や夏のものとは違って、いかにも冷たい音色に聞こえてしまいます。

誰もいなくなったスポーツハイムで、霙まじりの雨音と、ジョージウィンストンの“Autumun”を聴いていると、やっぱりなぜかセンチメンタルな気分になりますね。

この雨があがると、山頂は真白に雪化粧していることでしょう。

yagaijuku at 17:07|PermalinkComments(0)

2013年10月31日

舶来文化

2acfa273.bmpここしばらくは、ガイド資格試験の準備や諸々のことで東京で仕事をしていることが多いです。

気のせいか、街にオレンジ色のポップや飾りをよく目にしますね。

今日はハロウィーンという“行事”なのだそうです。

私自身は勉強不足で、ハロウィーンと聞いても、キリスト教の祭事のひとつということと、南瓜のお化けくらいしかわからないのですが、どうしてこうも舶来の文化は広まりやすいのでしょうか。

日本にも、古来より季節に応じた歳時記が沢山あるのに、一部を除くとそうした風習はほとんど廃れてしまったように思います。

ディスプレイをみると「HAPPY Halloween」と書いてあったりするので、きっとおめでたい行事なんだろうなと思う一方で、

「おめでたいのに、どうしてあんな気味の悪いお面なんだ?」

「そういえば、日本の獅子舞の獅子もどう見ても可愛くはないし、でもあれは邪気をはらうためのものだし、天狗や鬼の格好も、子供は泣き出すくらいはっきり言って怖いよなぁ・・・」


決めなければならないことが山積していてそれらに忙殺されたうえ、試験準備でパソコンを見つづけていたため、頭がややボーっとしながら、派手な包装のバックをかかえた人々でごった返す東京駅から帰路につきました。

yagaijuku at 22:40|PermalinkComments(0)

2013年10月29日

秋の琵琶湖

86e51e18.jpgガイド協会と環境省の会議で、滋賀県琵琶湖北端の高島に来ています。

湖畔の施設が会場ですので、室内で会議をしているよりは、歩きたくなってしまうような景色が目の前に広がっています。

山で育った私には、琵琶湖は湖というにはまさに“海”ですね。

yagaijuku at 13:30|PermalinkComments(2)

2013年10月28日

ご来店ありがとうございました

001e4e83.jpg神田のICI石井スポーツさんでのスクールフェア、沢山のお客様にご来店いただきました。

本当にありがとうございました。

いよいよスノーシーズンに向けて、色々なものが始動しました。

皆さんにとって来るスノーシーズンが安全で充実したシーズンになりますことを願っております。



yagaijuku at 11:58|PermalinkComments(0)