既にお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、試験的にTwitterを初めてみました。最新のつぶやき10件が右側のお天気の下にあるプラグインで表示されるようになっております。字数に制限があったりアマゾンリンクの貼り方がよく分からなかったりするので、当面はDaily Commentsと並行して使っていく予定ですが、そのうちTwitterに一本化するかもしれません。興味のある方は時々チェックして頂ければ幸いです。
それでは、以下、5月分のDaily Commentsです。


経済学界のイチローことUCLA(准教授)の小原一郎氏に、DCコンファレンスの招待講演をご快諾頂きました!例年と開催時期が異なり、夏休み&ES学会の前日ということでオーディエンスのレベルが高いことを想定し、気合いの入った報告を準備して下さるとのことです。参加予定の皆様はぜひご期待下さい!小原さん、どうもありがとうございました。
(2009/05/01)

連休(+有給休暇)を利用して父の故郷沖縄に行ってきました(私の沖縄ルーツについてはコチラをご覧下さい)。3年ぶりの沖縄でいろいろと新しい発見があったのですが、その中でも一番驚いたのがジュンク堂の出店です。地方では、専門書をバッチリ揃えた大型書店がなかなかないものですが、このジュンク堂那覇店では東京の大型書店に勝るとも劣らない品揃えでした。特に沖縄関係の書籍の充実ぶりは凄まじいので、観光で那覇を訪れる際にはぜひお立ちより頂ければと思います。
(2009/05/04)

6月初旬にエコノメトリックソサエティの北米学会の発表のため渡米する予定だったのですが、新型インフルエンザ騒動で発症国への渡航が少し難しくなっているため結局キャンセルすることにしました。病原性自体は強くなく、通常のインフルエンザ程度というWHO発表があったようですが、万が一向こうで体調を崩して成田で隔離、なんてことになってしまった場合には授業や他の仕事に致命的な支障をきたしかねませんからね〜。というわけで、北米学会での発表はボツになってしまいましたが、ぜひ8月末のヨーロッパ学会までにこの騒動が沈静化することを切に願っています。(バルセロナは絶対行きたい!笑)
(2009/05/07)

『日経ビジネス:マネジメント』(2009 Spring)のインタビュー記事で桜井正光リコー会長が「分かっている体質」(=「そんなことはいまさら言われなくても分かっている」として外からの意見に反発する姿勢)からの脱却の重要性を語られています。(自戒をこめて)研究者も、この「分かっている体質」に染まらないことが、新たな研究を生み出していく上で非常に大切な姿勢なのではないかとふと思いました。

(2009/05/08)

少し前にヒットした行動経済学の啓蒙書『予想どおりに不合理』の原著改訂版が出版されるようです。それにしても、行動経済学の関連書籍の出版ラッシュはとどまることをしりませんね〜。最近も、行動経済学/ファイナンス系の新書を3冊ほど書店で見かけました。そのうち、行動/実験/ニューロ系の話もブログで取り上げてみたいです。

(2009/05/12)

昨日は、名古屋大学の花薗先生をお招きしてバンドリングに関する最新の研究をGRIPSセミナーにてご報告頂きました。素晴らしい内容のセミナーに加えて、お互いの研究などについていろいろと意見交換することができ、非常に楽しかったです。お忙しい中、どうもありがとうございました。またぜひ東京にお越し下さい!
(2009/05/14)

昨日は、宇井先生にお招き頂き横浜国立大学のセミナーでマッチングに関する理論研究を報告して参りました。奇しくも同一時間帯に一橋大学の理論ワークショップにて、共著者の神取氏が同じ論文を報告していたので、参加者の皆様に「一橋に行っとけば良かった」と思われないような発表を心がけました(笑)その成果がどの程度実現できたのかは分かりませんが、かなり質問やコメントも頂き、よい雰囲気の中で刺激を受けつつ報告することができました。終了後の懇親会にも多くの先生方が集まってくださり、非常に楽しいひと時を過ごさせて頂きました。どうもありがとうございました!
(2009/05/15)

8月2日(日)に政策研究大学院大学にて開催する第15回DCコンファレンスのプログラム委員に、新たに横浜国立大学の武岡先生に加わって頂きました。論文投稿の締切は5月31日です。みなさま奮ってご応募下さい!
(2009/05/16)

ゲーム理論の3大テキストのひとつOsborne-Rubinstein(1994)がついに無料でダウンロードできるようになりました!(コチラから。無料登録が必要です)効用を用いずにすべて選好から説明するスタイルが独特です。類書と比べて概念や定理、モチベーションなどの説明が丁寧な点や、協力ゲームについて比較的ページを割いて解説している点も特徴的ではないかと思います。ちなみに、「3大テキスト」は私の勝手な命名ですが(笑)、本書はしばしばFudenberg-Tirole(1991)およびMyerson(1991)と並べ評される名著です。ゲーム理論の上級者向けトピックに関心のある方はこの機会にご覧になってみてはいかがでしょう?

(2009/05/17)

某誌へ投稿中だった自信作がリジェクトされました(泣)そのせいで朝から仕事が手に付きませぬ。。。一流ジャーナルだけにアクセプトが難しいのは分かってはいるものの、いざ結果を付きつけられると凹みますね〜。早速、共著者と今後の対応(改訂および別ジャーナルへの投稿)に入りつつありますが、う〜ん、これは結構ショックかも。またひとつ業界の厳しさを痛感いたしました><
(2009/05/19)

3月に報告者として参加させて頂いた第4回ITPU国際セミナー(東京大学公共政策大学院主催)のウェブサイトが更新されました。関係者の皆様、その節は本当にありがとうございました。報告者+パネリストの中でただ一人交通問題の専門家ではなかったのですが、ディスカッションや他の方の報告を通じていろいろと勉強させて頂き、非常に得るものが大きかったです。なお、セミナーの写真を担当の方から頂いたので、一部をコチラにアップしました。当日の雰囲気が少し伝わるかもしれません。
(2009/05/20)

先週末に参加させて頂いた某パーティーで、ダイヤモンド社イチオシの新刊2冊を、著者および編集者の方から頂きました。どうもありがとうございます!『15歳からのファイナンス入門』は読者をグイグイとひきつける魅力にあふれており、読み始めてからアっという間に最後まで読んでしまいました。近日中にブログ記事で感想も述べさせて頂きたいと思います。『やきとりじいさん体操』はとにかくインパクトが強すぎです(笑)ぜひ一度アマゾンサイトの動画をご覧下さい!



(2009/05/21)

8月2日にGRIPSで開催されるDCコンファレンスの論文締切(=5月31日)まであと1週間となりました!今回は海外から一時帰国中の研究者の方々も多数いらっしゃる予定です。ぜひ多くの方にご応募頂ければ幸いです。
(2009/05/24)

昨日は、経済同友会の産業懇談会(第4水曜グループ)にて、「経済学は現実の課題にどう答えるのか?―マーケット・デザインの挑戦」というタイトルで講演させて頂きました。参加者の方々が経営者ということで、普段のオーディエンスとはかなり様子が違ったのですが、みなさん積極的に質問やコメントをして下さり、非常に楽しみながら話すことができました。どうもありがとうございました!明日は東京工業大学にて(馴染みのオーディエンスの前で?)学校選択制に関する理論研究を報告して参ります。どうぞよろしくお願い致します!
(2009/05/27)

最近かなり予定が立て込んでおり、まったくブログが更新できずに申し訳ありません。6月第3週くらいまでずっとバタバタしそうですので、しばらくこの休眠状態が続いてしまうかもしれませんが、ご容赦頂ければ幸いです。せめてこのDaily Commentsだけはある程度の頻度で更新できるように頑張りたいと思います。さて、DCコンファレンスの論文締切が明日に迫っております。みなさん、最後の駆け込み投稿をぜひよろしくお願い致します。学会や投稿に関する詳しい情報はコチラをご覧下さい!
(2009/05/30)