先日『ゲーム理論事典』で、パルグレイヴ(Palgrave)大事典の分冊シリーズについてご紹介しました。「ゲーム理論」(Game Theory)に加えて、「行動&実験経済学」(Behavioral and Experimental Economics)と「貨幣経済学」(Monetary Economics)の2冊も衝動買いしていたので、今回パラパラと中身を眺めてみました。





「行動&実験経済学」は33項目が収められており、ト−タルで261ページ。一方の「貨幣経済学」はやや大ぶり(お買い得^^)で40項目、375ページとなっています。私自身の専門分野である「ゲーム理論」と異なり、あまりピンとこない項目や、知らない著者も見られましたが、やはりそこは定評あるパルグレイブ大事典。どちらも興味深そうな項目が目白押しでした。
以下は、個人的に気になった項目です。ご参考まで!

行動&実験経済学
-behavioral public economics (Douglas Bernheim and Antonio Rangel)
-experimental macroeconomics (John Duffy)
-field experiments (John List and David Reiley)
-market power and collusion in laboratory markets (Douglas Davis)
-mechanism design experiments (Yan Chen and John Ledyard)
-quantal response equilibria (Jacob Goeree, Charles Holt, and Thomas Palfrey)
-social preferences (Jeffrey Carpenter)

貨幣経済学
-fiat money (Neil Wallace)
-financial intermediation (J. H. Boyd)
-inflation targeting (Lars Svensson)
-liquidity trap (Gauti Eggertsson)
-monetary and fiscal policy overview (Narayana Kocherlakota)
-search-and-matching models of monetary exchange (Randall Wright)

それにしても、こういった名著(名事典)が3000円前後で買えるというのは本当に有難いですね。ぜひ電子書籍(アプリ)化して欲しいな〜。