おとといから今日まで、3日間にわたってNewsPicks
「阪大・安田洋祐が選ぶ 資本主義・マネー・世界経済が分かる3冊」
という連載記事が掲載されました。

139000


先日、東京大学にて講師を務めた「近未来金融システム創造プログラム」の第2回講義「資本主義と金融」でお話した内容のダイジェスト版になります。

各記事のタイトルとリンクは以下になります。全文をご覧頂くためには、プレミアムサービス(有料)登録が必要となりますが、最初に「10日間無料」でお試し利用ができるようですので、ご関心のある方はぜひこの機会にチェックしてみて下さい!

第1回:人類史を通じて経済を俯瞰する『サピエンス全史』(5/29)
第2回:主流派経済学の未来を憂う『21世紀の貨幣論』(5/30)
第3回:『資本の世界史』を読んで見えた、日本経済の復活(5/31)

講演内容に関連するスライドを公開しておりますので、こちらも合わせてご参照頂けると有難いです。

資本主義と金融 2018
経済学で読み解く「働き方」と「イノベーション」


サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-08


21世紀の貨幣論
フェリックス マーティン
東洋経済新報社
2014-09-26


資本の世界史 (atプラス叢書12)
ウルリケ・ヘルマン
太田出版
2015-10-15