今年は、大晦日にしてなんと2回目のブログ投稿。長期間放置してしまいスイマセン…
noteには少し投稿しています。来年は当ブログからそちらに本格的にシフトするかもしれません)

ざっくり2019年をまとめると、常に何かの締切や準備に追われ続けた1年だったような気がします。全く達成感はありません。驚くくらい「(何かを)成し遂げた感」が無いので、気持ち的な伸びしろは過去最大だと思います。というわけで、来年はきっと大きく飛躍できるに違いないと、今から楽しみです(笑)

以下は活動の要約。詳細が気になる(もの好きな?)方は、拙ホームページをご参照ください。


【学術論文】・・・4本(採択1、掲載3)
 ←8年越しのRAND採択が今年のハイライト!

【書籍出版】・・・8冊(監修・監訳・共著など)
 ←催促メールが辛かったです…

【研究報告】・・・6件
 ←来年はもっと国際会議に出るぞ!

【メディア出演】・・・80回(うちテレビ地上波が73回)
 ←3月に「とくダネ!」を卒業しました。

【メディア掲載】・・・57本
 ←語り起こし系が多いとは言え、大変でした…

【講演・イベント登壇】・・・35回
 ←一部のスライド資料はこちらに公開しました

【審議会・委員会・研究会】・・・45会合
 ←いったい何度上京したことか…


2020年最初のメディア出演は
・1月3日(金) 午後10時00分 BS1スペシャル「欲望の資本主義2020〜日本・不確実性への挑戦〜
になります。
欲望の資本主義は止まりませんよ〜^^


384F5DDB-564E-4A0D-972B-7464B147867B

[12月に発売されたばかり。2020年に注目度アップ間違いないの名著です!]



自著(単著)は一冊もありませんが、今年は本との関りの大きな1年でした。
コマ切れの時間での作業が中心だったので、来年はじっくり考える時間をもう少しだけ増やしたいです。



[共監修・2014年出版の改訂第二版]


ラディカル・マーケット 脱・私有財産の世紀
エリック・A・ポズナー
東洋経済新報社
2019-12-20


[監訳・日本語版解説]




[著者(落合陽一氏)との対談]




[巻頭座談会のコーディネーター]




[「経済学で出る包絡線定理」を尾山大輔氏と共著]




[第5章を執筆]




[ナビゲーター]




[共監修]