ECONO斬り!!

斬り→霧→MIST

ECONO斬り!! イメージ画像
経済学者 | 安田洋祐(やすだようすけ) のブログ。久々にデザインを変更しました!(2016年1月28日)

論文

Journal of Economic Perspectivesの最新刊(リンク)で,「神経経済学(Neuroeconomics)」と「遺伝学と経済学(Genetics and Economics)」の特集が組まれています.特に,Fehr and Rangelの神経経済学の最新サーベイ(リンク)は注目です! いずれの記事も無料でダウンロ

前回のエントリで少し触れさせて頂きましたが、経済学の代表的な学術論文誌であるAmerican Economic Reviewが、今年で100周年を迎えました!記念号の意味合いも込めて編纂された最新のVol.101(1)号(リンク)では、いくつかの記念論文がCentenary Symposiumのテーマのもと寄

アメリカ経済学会が出版するサーベイ論文を中心としたジャーナルJournal of Economic Perspectivesのオンライン版が無料となりました!(ただし1999年以降のみ。リンクはこちら!) このジャーナルは ・執筆陣の多くが現役で研究を行っているトップランナー ・最新の学

最近バタバタしておりここですっかりタイミングが遅れていましたが、いくつか新しいジャーナルが郵送されていたので、私自身の備忘録をかねてご紹介させて頂きたいと思います。 Games and Economic Behavior Martin Shubikの80歳を記念したSpecial Issueということで、

追記アリ(27日10時) もうひと月以上も前の話になってしまいますが、ハードコピーが届いたAmerican Economic Review (2008 December)の中で、長らく出版が待ち望まれていたUCサンディエゴの星さん達による「ゾンビの経済学」論文がついに掲載されているのを発見し

私の大学院時代のメインアドバイザーであるPatrick Bolton(現コンロビア大学ビジネススクール教授)編集による契約理論の論文集がInternational Library of Critical Writings in Economicsから2巻立てで登場するようです。 以下(追記欄)でご紹介する中身をご覧頂

先日『エディンバラ→ロンドン→東京』にてご紹介したGerard RolandがMathias Dewatripontと共に執筆したサーベイ論文がEconometric Societyのモノグラフに収録されています。 7. Transition as a Process of Large-Scale Institutional Change by Mathias Dewatripont a

ここのところ仕事が立て込んでおり、新しい記事がなかなか準備できません。というわけで、こんな時のためにと以前準備しておいたややマニアックな記事をアップさせて頂きます↓(2〜3ヶ月のタイムラグがあるため、論文の被引用件数の情報がやや古い点をご了承下さい)

北米出張中にボストン・カレッジへ友人のセミナー発表を聞きにいったのですが、ニューヨークからの移動途中で彼の別の論文を読んでいた際にReferencesの中から気になった論文をリストアップしておいたのを思い出したので、ここで簡単にご紹介させて頂きます。といっても単な

学校選択制のデザインと関連の強い主要文献を簡単にご紹介させて頂きます。よろしければご参考にどうぞ! 1. Abdulkadiroglu and Sonmez (2003) "School Choice: A Mechanism Design Approach" by Atila Abdulkadiroglu and Tayfun Sonmez American Economic Review,

↑このページのトップヘ