2017年04月16日

さくさら日誌4/16

IMG_5430IMG_5434


 今日は自転車をとばして田園調布へ。
 いつ来てもホッとするここ。

 この何もなさよ。建物の低さよ。
 そしてどうしても息が詰まる東京の街で、ひっそりと、でも確かに美しく、優しく、一生懸命に生きている女性たちよ。

IMG_5443


 私のお菓子教室の生徒さん同士、というきっかけで、でもそこを離れてもとても親しくされていた、りえさんとえむちゃん。

 今日はそんなお二人と、久しぶりにお会いできました。涙!
 嬉しかったなあ。
 こんなに素敵な出会いがあるなんて、お菓子作りしてきて本当に良かった。いつもいつもおもう事。



 それぞれ色々な大変なことを抱えながら、分かり合える、感謝しあえる幸せ。

 何もない人生なんてないし、問題を抱えていない家族もいないし、この世は天国じゃないけれど。
 その中でのささやかな、されどものすごい奇跡に気付き続ける事だけが、私の幸せ。

IMG_5444


 田園調布の「メッツゲライ ササキ」さん。

 ちょうどソーセージを食べたい気分だったの!
 ずっと来たかったフレンチ惣菜のお店だけど、同じくらいの情熱と食欲で、この食事を楽しめる仲間といただけたのも、本当に幸せ。

IMG_5440IMG_5455


 田園調布の食パン専門店「KURIRI」さんにも寄って。
 お値段見たら高かったので、一枚だけハムも買って。(一杯のかけそば、みたいに、一枚のハム、をみんなで分けようと)

IMG_5446IMG_5492


 帰宅したら、さくとさらが小さな花束を用意して待っていてくれました。
 さらも一緒に渡したかったのに、さくが一人で渡しちゃったので、大号泣してひっくり返っているので、何度も仕切り直し。

 優しいなあ。(彼が)
 ありがとうね。

 この青いお花、結婚するときに「something blueを!」ってナミさんが花束にして贈ってくださったなあ。

IMG_5435


 りえさんが、私とえむちゃんにオーダーして贈ってくださった贈り物。

 すっかり私の人生は「さく」と「さら」という名前のものでいっぱいだったの。
 自分の名前をこうして気づかせてもらえたのは、あまりにも久しぶりだなあ。と思って、胸いっぱい。ありがとう!
  
Posted by yagihana at 15:01

2017年04月15日

さくさら日誌4/15

IMG_5369IMG_5230


 イチゴをたくさん食べたい季節。
 デザートにもサラダにも。

IMG_5132IMG_5134


 先日の大好きな女性とのレッスンにも、イチゴをたくさん使ったババロアを。(写真にはないけれど)

 実家のお花が癒し。
 家の中にも私の癒しの塊のような女性。

 美香さん、本当にどうもありがとうございます。

 台所に立った時に緑がばーんと目に入ってくる家に住みたいなあ、と改めて。

IMG_5394IMG_5413


 先日、はやまファミリーと訪れて、また来たい!
 と思った、大森にあるはまべの公園へ。長い滑り台に、人口の浜辺。

 残念ながらその日は曇りだったけれど、「ユキちゃん!晴れていたらここはハワイだよ!」と言っていたはやまの大きな笑顔を思い出しながら。

 ハワイじゃないなあ。。
 すごく、大森。
 ふふ。可愛い心を忘れないよ。

IMG_5404IMG_5405


 「ちゃら!手を繋いで走ろう!」

 と、公園に来ると団結する二人ですが、さくは全速力で突き進むので、やっぱりおいて行かれる、ちゃら。
 
IMG_5424


 帰り道にいつもの図書館に寄って二人はお昼寝。
 平和なお休み。

IMG_5456


 夜は、うちで彼のご両親と焼き鳥パーティでした。
 パーティにしてはうっかり買う量が少なかったのでまた買いに。

 陽子がいつも買ってきてくれていた、美味しい近所の人気者。
 いつもいつも、陽子の笑顔をセットで想うから特別。



 辛いことも多かったこの春、数えきれないほどうちにきてくださって一緒に食事をして励まし続けてくださったご両親に、たくさんの感謝をこめて。

「自分には何もできないから」って、とつぜんうちの台所をピカピカに磨き上げてくださったり、両方の肩に、私と彼の好物をいっぱい詰めて重くなった荷物を抱えて、斜めによろよろと歩いている後ろ姿を見ていた時の気持ちは、きっと一生忘れない。その優しい背中。

IMG_5334


 それぞれ別の人だから仕方ない、、と思いながらも。
 食事の好みが真逆で毎日のご飯が、大変なさくとさら。

 珍しく二人揃ってハマったのが、信玄餅でした。
 「おいちいねーー!ねえ、にいに!」って、同じものを食べているのが嬉しい妹。その気持ちわかるよー。



 2歳のさらを見ていると、自分を見ているようで、私もまだこんな気持ちなのになあってしみじみ。
 もう少しだけ分別はある気もするから、5歳くらいの、人見知りの自信がない小さな女の子のままの、自分が、38歳の自分にのっかって、操縦している気持ち。

 みんなもそうなのかな。私だけかな。いつまでこうなのかな。
 今日も私は私を運転中。  
Posted by yagihana at 15:51

2017年04月14日

さくさら日誌4/14

IMG_4872IMG_4886


 緑が淋しいシーズンだけど。
 寒い時期の小淵沢のもりのおうちで、暖炉を焚いてみんなであたたまる幸せも。

 いとこのしんくん家族と。
 さくは可愛いあかりをエスコート。

 暖炉が大好きなしんくんが大喜びしてくれているのを見ているだけで幸せ。

 誰かが無条件に大好きなものを前に、喜んでいる姿を見ているのって。
 なんか、もうそっちの方がしあわせだ。

 素直さってそれだけで才能だと、幼い頃から思っていました。
 「好きなタイプは?」と聞かれると必ず「素直な人」と答えてきたくらい。
 私もちゃんと、喜びたいなあ。喜んでいるのなら。

IMG_4868DSC_6132


 私も彼も、お招きするのが大好きな家庭で育って。
 やっぱり、私たちも人が家に来てくれる喜びをいつもかみしめていて。

 さくさらも、そうなるといいな。
 家には人の笑い声がちゃんとしみこんでると思う。

 私は調子悪い時期だったけれど、心優しいえみちゃんと、もともと優しかったけれど、結婚してお父さんになってもっと根深く優しくなったしんくんを見ていて、素敵な家族だなあってしみじみ。

DSC_6275DSC_6293


 先週末には、彼のご両親とも小渕沢へ。

 ここに来ると、さくさらは、お料理や、庭の手入れも一緒に。
 自然以外、何もないけれど必ず宝物をたくさん発見して帰って来る近所の散歩。

 そして地元の人しか行かない小さな温泉にも必ず行って、地元の常連のおばあさん達とお風呂の中でゆっくりおしゃべりする時間。

 そんな時間が、さくさらにとってどれほどに豊かなものか、感謝してもしきれないほど。

DSC_6311


 さくが「ここに行きたい」って、初めて入ってみてから。
 必ず行くほどの定番となった、小淵沢の道の駅のお蕎麦やさん。

 「ちゃくが見つけたんだよ!」って必ず。

 そういうのってきっと一生覚えているだろうなあ。
 君が私に教えてくれた素晴らしいものは、本当は数え切れないほどあるのだけどね。  
Posted by yagihana at 12:34

2017年04月13日

さくさら日誌4/13

IMG_5240IMG_5264


 たそがれ男子。
 この春の桜は長い間楽しめるなあ。

 自転車でピューっと(実際にはよろよろと)行って、大好きな幼稚園のみんなと。
 多摩川だいすき。
 って最近書いた気がするけれど、小さい頃からずっと見て育った大事な川だから。

 この春のこと、少しずつ。

IMG_5338


 素晴らしい桜沿いのご自宅にもお招きいただいたのに、そのお家の素敵なおもちゃに夢中、残念なさくさら。
 でも本当は私も素敵な方たちとの時間に心夢中だったから、後から桜がじわりと。

 花束みたいな女性たちと。

IMG_4980IMG_4970


 いつも優しくて可愛い、えむちゃんと久しぶりに会えた日。
 田園調布のレピドールで朝ごはん。
 これまた小さい頃からずっと見ながら学校に通ったりしていたのに、はじめて入店。
 
 えむちゃんって本当に田園調布が似合う。
 ピンクのドレッシングとかね。でも黒い分厚い手帳とか持ってたりするギャップが最高。

IMG_4981IMG_4988


 ビタミンカラーの花束も。
 花束って、なんだか久しぶりに頂いて、ものすごく嬉しくて。

 さくが背筋きたえさせている人形たちと。

 そしてずっとずっと前にゆうこに頂いてから、宝物のようにおもっている多治見の花器と。



 さくさら、小さかったなあって、昔の写真はもちろん、昨日の写真ですら、胸キュン。
 だから今日が一番小さい時!ってかみしめます。
 ついでに私も今日が一番若い日。(かみしめねば)

IMG_5343


 これもまた、花束みたい。ブロッコリー。
 「大きなブロッコリー見つけたから買っておいたわよ!!」

 って、母は昔から、小さな体で大きなものを嬉しそうに「大きいわ!」と大きいことを喜んでいるなあって、
 大きいなら重いから、と思って選べない私は、いつも、その、重さなんて気にしないかわいい心をおもいます。

IMG_5047IMG_5023


 この春も通い続けた、だいすきな病院の美しい桜と。
 気持ちがくるりと切り替わった、大切なチューリップ。

IMG_5198


 かほの可愛い七五三のお祝いに。
 あきも美しかったなあ。

DSC_6231IMG_4945


 ゆうこファミリーがさくの4歳のお誕生日を祝ってくれたり。
 大阪のアッコが来てくれて会えた日。

 大人も子供も、好きな人に会えることが人生の一番の幸せだなとつくづく思う。
 そしてそこから学ぶことの多さよ。

IMG_5220IMG_5287


 しんさんの新しい家族に会いに行けたり。
 帰国したふみちゃんとりょうくんに久しぶりに会えたりしました。

IMG_5188IMG_5288


 私はこっそり、こちらサイドが愛おしいのは相変わらず。
 大好きな大人たち。

 大人って、本当に素敵。

IMG_4959


 この日は、私にとって、特別に特別な思い出に。

 西馬込のyohacさん。
 本当に会いたい人にしか会えない時期に、どうしても会いたかった、会いに来てくれた時間を、どうもありがとう!!
  
Posted by yagihana at 13:30

2017年04月12日

さくさら日誌4/12

IMG_5354IMG_5365


 さく、春休みが(ついに!)終わり、今度は年中さんに。今日からまたお弁当づくり。
 大きくなっていくのがうれしくてさみしいです。

 でも久しぶりにのんびりできた午前中が沁み入る。
 玉堤通りを運転しながら、多摩川と桜を見るのがずっと前から毎年大好き。

 浅田真央さんの引退会見を見て、じんわり泣きながら。
 なんてやさしい、いつまでも聞いていたい声なのでしょう。無自覚のうつくしさ。

 人って、声だなあ。

 真央さんの可愛い発言のまとめを読んでじんわりと心温まる。
 よいしょ、のところとかウサギとか、もう本当にかわいくって。

 春休みは毎日さくや私の大事なお友達とピクニックばかりしていて、中途半端なところで更新が止まり、ご心配のご連絡を頂いたりして本当に申し訳ありませんでしたが、私はすっかり元気です。

 また言葉に残していきたいなあって思います。

IMG_5105


 3月26日のさくの4歳のお誕生日までに、元気になる目標を達成できて。
 レミオロメンさんの「3月9日」を何度も聞いて、励まされていた3月でした。

「新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい」
  
Posted by yagihana at 13:29

2017年03月19日

さくさら日誌3/19

IMG_5032


 毎朝、さくの朝ごはんにアンパンマンとか書いていた頃が懐かしい。
 キュウレンジャーの日々よ。(ちっとも似ていない。というか顔がないし。)
 すぐわかるように、9人もいる。とほほ。

 獣王ジャーをやっと認識しはじめていたのに!
 1年で、毎年「ジャー」が変わるってひどい。
 
 男子の母の悩みの極み。(の、ばかり)



 全然話は変わるけれど。
 なんだか体は痛かったし、涙は止まらないし、初めて小さな手術ってのもしたし、家族には本当にご迷惑をたくさんかけてしまったけれど。

 それでも素晴らしい夢を見ていたようなこの3ヶ月でした。
 いつだって失うものよりも、得るものの方が大きいのが、人生の素晴らしいところだなあって。

 「どうして私にこんなことが?」とか「誰かが羨ましい」とか思うことは全くない、シンプルで愛おしい悲しみ。
 寄り添ってくれた家族や親友のことを忘れません。



 最近、寝る前にいつも、手を繋ぎながら、

「ママ、いっちょに死のうね」ってなんども言うさく。
 ママ死んじゃうって思わせちゃったんだなあってもう、申し訳ない気持ちでいっぱい。
 その度に、「違うよ、一緒に楽しもうね」って何度でも言い直す。いつか言わなくなるといいなあ。

 怖がり屋で、人一倍痛みに弱くて、嫌なことはぜんぶ先延ばしにする私が、1日でも早く手術をと思えたのは、家族のおかげです。勇気をもらってばかり。

 早く元気になって、お返ししていきたいなあって心ははあつく、体はのんびりの3連休。

IMG_5028


 昨日、大阪のあっこが贈ってくれた、大好きな(されど最近全く飲んでいなかった)ロンネフェルトのアイリッシュモルト。ああ、これで淹れるロイヤルミルクティーが本当に大好きだったなって、思い出して。

 わたしの忘れていることまで覚えていて、「かけつけられなくて本当にごめんね」って送ってくれたこと。
 
 なんだかあまりにも優しくて、手術を終えてから初めて泣いて。
 そして、親友のブログのあまりにも優しいメッセージを発見して、また泣いて。
 そして、すっきりしたの。

 大切な思い出と想いが増えて、心は軽くなって。
 重くなっていくわけじゃなかった。
 みんなきっとそうなのだろうなあ。この軽さを、強さにかえていきたい。
  
Posted by yagihana at 12:38

2017年03月05日

さくさら日誌3/5

IMG_4889


しばらく体調を崩しておりました。
「少しでも横になって休んで欲しいから!」って彼が発売日に買ってきてくれた春樹さん。

 買う気も読む時間もしばらくないと思っていたから、「ハードカバーなんて高いのに〜」って言ってしまう、ちいさなわたし。


 でもこの本を読んでいた2、3日の間、ものすごく不思議な旅をしていたようなワクワクの時間でした。
 ああ、読み終えちゃうのかあって残念。
 速読で、何冊もの本を併読していく私にとって、こんな集中はすごく久しぶり。

 彼に、本当に感謝です。(しかも自分は春樹さんにも本にも興味がないのに)
 一番辛かった時に、寄り添ってくれていたこの本を、そして彼の気持ちを、私はずっと忘れません。

 小説って、何の役にも立たないように言う人もいるけれど。
 こんな風に私の人生をここにいて、遠くに連れて行ってくれるだけでものすごいことだなあって思うのです。
 お金では買えない旅。
 
IMG_4944IMG_4952


 お菓子も全然作れていなかったけれど。
 ちいさな小粒のイチゴたちがいる間に、イチゴのババロア。さくさらに大ヒット。

 真っ赤なちいさなホーローの鍋は、彼のご両親からの突然のプレゼント。
 何も言われなかったけれど、そこに、どれだけの私への応援と励ましの意味が込められているか、すごく伝わってきて、泣けました。

IMG_4861IMG_4891


 チョコチップを逆につけたら、ハリネズミさんのトゲトゲになるんじゃない?ってさくのアイディア。

 久しぶりの、栗原はるみさんの麻婆春雨(豆板醤ぬき)も。
 結婚前から時々作っていた、思い出の味。

 料理と掃除と洗濯。
 その最低限の家事が本当に辛くって、でもちびっこ二人いると、絶対に必要で、なんだか息もたえだえな日々でした。

IMG_4963


 でも、私が弱っている間、わかりやすくさくが荒れていきました。
 こどもって、恐ろしいほどに自分の鏡だなあ。

 そしてやっぱりいつだって一番の悩みのタネは一番上の子で。
 一番気をつかうべきも上の子だなあって。
 さらなんて、私には孫のような存在だから、どれだけイヤイヤ言ってひっくり返っていようが、癒しでしかなく、全然怒らないから。

 少しずつ復活してきて、とにかくさくに優しく。とにかくさくを見ていようって、思ったら、どんどん落ち着いてきたさく。忘れないように、忘れてもすぐに思い出せるように、壁に殴り書き。

 「ママ、笑ってる?」「ママ、笑って」
 ってよく言われました。胸にぐっさりくる言葉。
 何はともあれ笑っていようって思うの。

 素敵な出来事もちゃんとあったので、またブログに残したいと思います。  
Posted by yagihana at 16:06

2017年02月20日

さくさら日誌2/20

IMG_4809


 生まれて初めて、ドーナッツを作ってみた記念日。
 楽しかったなあ。

 今日、お邪魔するハヤマが、前に「クリスピークリーム」が大好きって言っていたなあって思い出して。
 全くクリスピーさんの軽さが見当たらない普通の、昔ながらのドーナッツですが。
 まずは基本からね。

IMG_4812IMG_4815


 さくがすっっごく喜んでくれて、すっごく嬉しい。。
 やっぱりドーナッツはこども界、おやつ界のアイドルだよね。

 型抜きが難しかったから丸くしちゃおうかと思ったけれど、やっぱりドーナッツには穴が必要。



 学んできたフランス菓子とは全く違う、おやつの世界。
 でもそこにこめる想いは同じ。
 私が今作りたいのは、こどものおやつ。

IMG_4842


 チョコ付きもたくさん食べました。

IMG_4824IMG_4825


 3人目もやってきた、小中高の同級生のハヤマのお宅へ。
 いつあっても、幼馴染のような、親戚のようなあたたかい安心感。

 キッズフレンドリーが過ぎる家に家族に、さくさらもいつも大喜び。

IMG_4843


 楽しかったなあ。楽しかったね。
 私にドーナッツを揚げる、幸せなきっかけを本当にありがとう!

 さくのキメ顔がこわい今日この頃であります。  
Posted by yagihana at 07:08

2017年02月19日

さくさら日誌2/19

IMG_4216


 最高のマグカップ!
 最近、大好きな朝がますます大好きな朝になりました。

 (心が)イギリス人である私は、毎朝起きると、まず、大きなマグカップいっぱいにミルクティーをたくさん飲んで、それを何杯もお代わり。。皮付きの硬めのリンゴをしゃりしゃり食べながら。



 それなので、小さなおしゃれなカップではなく、自分用になみなみと入る大きなマグカップを探す人生でした。
 ゆうこが先日お誕生日にと贈ってくれた、ロイヤルドルトンのマグカップ、でその旅は終わり。
 しかも柄が、リンゴだなんて(涙)
 なんて、よく見ていて、知ってくれているのでしょう。。ってそれが嬉しかったの。



 そんな祐子と、今日はお互いの幼稚園の合間をぬって恵比寿で朝デート。
 ものすごい風の強い、忘れられない日に。
 話すのに夢中で写真とか撮っていなかったのが、夢中さを表しているなあって。

 いつだって写真に残しているような時間は、一番残したい時間の、前後のようなもの。
 形には残せないけれど、絶対に忘れないよ。

IMG_4197IMG_4193


 先日ご一緒した、夜のよみうりランド。
 イルミネーションの素晴らしさ、大規模さにびっくりしました。

IMG_4222


 大好きなくーちゃんと。
 イルミネーションを、この子たちの心はどう思っているのかな。
 夢の中にいるみたいだって、私は本気で思ったから。  
Posted by yagihana at 06:56

2017年02月18日

さくさら日誌2/18

IMG_4793IMG_4794


 さらがとにかく、「うさぎさん!(といつも叫んでる)」の時代なので。
 うさぎばかり。

 うさぎといえば、人参だなあってキャロットケーキも。

 足の形のクッキーって、私大好きなんだけど、子どもへの評判はいつもイマイチだ。シュールなのでしょう。
 「足さんだよ?」って何度言っても、固く首を振るさら。
(さくはちょっとだけ喜んでくれる。気を遣ってくれているのでしょう)

IMG_4350


 だいすきなピンクレデイのパイの時も、余った生地でうさぎ。

IMG_4784


 毎晩、眠る前は、動物図鑑のうさぎのページを、うっとりと、読んでから眠るさらです。

 一日中、「うさぎさんをかいて!」と言われ、その絵を「ハサミできりとって!」と言われ続ける、うさぎで気が狂いそうになっている親のわたしたち。こんな時代もいつか、なつかしく。。

DSC_6124


 今日は、彼のご両親とうちでお鍋。
 ちょっと早く来てくださって、さくのための工作タイム。

 作ってもらった、その何かよりも、自分のために一生懸命作ってくれている、その時間がさくにきざみこまれているのでしょう。

IMG_4112IMG_4253


 いつだって、さくさらの為の時間を考えてくださっている彼のお父様。
 そして、誰よりも私のことをよく見てくださって、私が家族として一番欲しい言葉を、一番嬉しいタイミングでかけてくださる方でもあります。

 泣きそうでした。今日のような日は特に。
 一生忘れないでしょう。

 彼と結婚したのは、彼のお父様の娘になりたかったというのも、本当はとても大きいの。
 とてつもなく大きくてあたたかな、塊、のような方。
 私の人生に、そっとくださっている深い安心感を、どれほどに感謝してもしきれません。
   
Posted by yagihana at 14:36

2017年02月17日

さくさら日誌2/17

IMG_4786


 今日はみんなで愛する愛理夫婦のお宅へ。
 おにぎりやおかず持って行って、おうちピクニック。わくわくわく。

 たくさん並んだ目玉焼きが可愛くって愛おしいよーーー(涙)

 愛が詰まった可愛いおうち。
「愛の巣って言葉がぴったりのおうちだね」と後で彼としみじみ。。
 家って、本当はどこも「愛の巣」であるはずなんだなあって改めて。

DSC_6106IMG_4774


 (さくの大好きな)獣王ジャーのソーセージなんて、、私も買わないのに!

 いつだって笑いすぎてぶれてる私達。

 嬉しい時も、悲しい時も、「アイリーーー」って涙が出てくる私です。
 なかなか人に甘えられない私にとって、あまりにも、貴重な存在。
 何かをして欲しいわけではなく、ただ、そこにいて欲しい感じ。ああなんて心強いのでしょう。

IMG_4769


 いつだって大真面目な熱血ひろさんが。
 子供達に真剣にサッカーを教えてくれておりました。

「ボールに集中して!!」の声が響く。。
 ふふ。さくさら、こんなに真剣に教わったことないでしょう。

 子供扱いされないで真剣に向き合ってくれていること、って子供はちゃんとわかってる。
 二人にとって、特別に、特別な時間でした。本当にありがとう!

DSC_6122


 夜は、久しぶりに実家へ。
 美味しいお好み焼きをご馳走に。

 母のお好み焼きって、なんだかわけがわからないくらい美味しい。
 「豆乳をたくさん入れるのよ」と聞いたはいいけれど、いつだってレシピを聞くと「適当よ」と言われるので再現ができないの。

 私もいつか、たくさん家族のご飯を作っていくうちに「適当よ。」という日が来るのかな。  
Posted by yagihana at 09:20

2017年02月16日

さくさら日誌2/16

IMG_4738



 "A girl should be 2 things: classy and fabulous."
 ココシャネルの言葉の、fabulousそのもの。といつもいつも思う陽ちゃんと、今日は実家でレッスン。

 ゴージャス、とも違う。
 she is so nice and ファビュラス!って感じ。

 「ケーキの端っこが大好きなのー」
 って愛おしそうに、端っこですらない、ところをつまむ美しい指の美しいひと。



 プリン、抹茶と桜のケーキ、そしてオレンジアーモンドケーキをご一緒しました。
 私はレッスンの前も間も後も、幸せでしかない。。
 お伝えしながら、私の体や心が受けとっているものの方が多すぎる。幸せだなあとずっと、おもいながら。

 陽子ってお名前の女性って、どうしてこうみなさん、太陽のようにあたたかくて優しくて聡明なのでしょう。

IMG_4721


 実家のキナコちゃんとも久しぶりにゆっくり遊びました。

IMG_4746


 お昼過ぎには急いで帰宅。
 さく、迎えにいって遠くから見たら大怪我してる!!と泣きそうになってとんでいったら、セロハンテープを顔にいっぱい貼って、犬になっていたのでした。
 
 何を話しかけても「わん!」としか言わなかったさく。

  
Posted by yagihana at 16:06

2017年02月15日

さくさら日誌2/15

IMG_4785


 母の親友のお誕生日に、母とその女性の大好きなピーカンパイを。

 他のケーキもどうかな?とか思ったりもするけれど。
 その人の好きなものを作るって、きっと何よりも大事。
 変えるのは簡単だから、ずっと、その人の好きな味を守るのも大事。
 
 だって、私は秋に、大きな挑戦をすることになったのですが。
 それを果たせたら、夢はパプアニューギニア海産の海老を取り寄せて食べること!とアツく思う今だから。
 がんばるぞー。

IMG_4761


 地味なトラブルが多く、歯医者やら皮膚科やら、お医者様に行くことの多い最近。
 いつも、さくとさらと行っています。

 二人いると本当に騒がしいし、抱っこ抱っこで重いし、周りの方に謝ってばかりなんだけど。
 それ以上に心強くって、励まされる。

 それって子供をもった自分そのものだなあと改めて。
 
 旅と読書とお菓子作りを愛するマイペースだった私の人生は、こどもがやってきて全部とんでいっちゃった。
 うるさくて、重くて、謝ってばかりな、疲れる毎日。
 でも、人生が心強い、なぜか安心感に満ちた毎日。今日は特にしみじみ、しじみです。
   
Posted by yagihana at 15:31

2017年02月14日

さくさら日誌2/14

IMG_4694


 Happy Valentine!
 早朝から、ごそごそとケーキ作り。

 寝ぼけたクマのように起きてきた彼が「おぉ!美味しそう!」と言っていたけれど、しかしこれは母のお稽古用。

IMG_4696


 そんなバレンタインの今日は、大好きなミカさんと自宅でレッスンでした。

 2歳と3歳がいて、もうどーーしよーーーもなく、生活感が溢れるこの自宅でレッスン。。
 はあまり現実的ではないのだけど。やっぱり嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて。

 少しずつ、この日を思って準備してきました。
 人生のご褒美のような時間でした。

IMG_4713


 実家にケーキを届けに行って。
 帰ってきて、急いで肉を焼いて、(今日美香さんに頂いたろくすけの美味しいお塩が全て!ってくらい)バレンタインご飯。いつもありがとう!

 じゃーん。初めてのお汁粉も。
 うまくいったんだかいっていないんだか、よくわからないの。



 美香さんの素晴らしさについて、彼と語り合いながらの夕飯。
 「ゆきがそんなにも尊敬していて、それでいて楽なのって、美香さんが人として成熟しているからだろうね」

 と言われて、ほんと!成熟!そのとおりだなあってしみじみ、思う夜です。

 成熟している人といると、ものすごく楽。
 人に気を遣わせない、あらゆる想像力と知性と優しさ。
 楽って、素晴らしい関係だなあって。

IMG_4714


 ケーキを届けに行ったら、母がウサギを作ってくれておりました。
 嬉しいと鼻の下が伸びちゃう、ウサギが大好きなさらは、ずっとデレデレ。

IMG_4709


 家に帰ってもぴょんぴょん跳ねている、ウサギさんたちにも、今日焼いたチョコレートケーキの端っこを。  
Posted by yagihana at 12:26

2017年02月13日

さくさら日誌2/13

IMG_4667IMG_4680


 明日のバレンタインの準備。(え!)
 彼が「おしるこ食べたいなあ」とよくつぶやいていた最近なので、人生ではじめて小豆を煮ることに。

 技術がないので、素材に頼る。
 とりあえず最高の豆に頼る。
 丹波のお豆、というといつも美味しい黒豆の枝豆を送ってくださる望さんをおもって心強い気持ち。これで大丈夫!

 料理とかしなかった頃の彼が、記念日にロブスター取り寄せちゃっていたのを思い出します。
 素材にお願いしたいのね。わかるー。

IMG_4676


 保護者会の後の、幼稚園の仲良しのみんなでランチ。

 第一印象で素敵だなあっておもった方と、ゆっくり、しみじみと、親しくなった1年間でした。
 出不精で付き合いの悪い私に、こんなに素敵な出会いをさくに本当にありがとう!っていつも思うのです。



 親しくなりたい人とゆっくり親しくなる、ことが人生の一番幸せの一つ。
 自分の態度次第だなあと。

 親しくなりたいわけでもない人に好かれたり。
 親しくなりたい人に、嫌われたり。
 男女でも友情でも、そういうのって、、時間と気持ちがもったいないと思うから。

IMG_4403IMG_4409


 ずっと電車で学校に通っていた私には、地元の友達ってほとんどいなかったから。
 幼稚園のお友達が、自転車で遊びにきてくれて、簡単なものをおつまみに一緒に飲んだりできるのが幸せ。。

 コルクを開けられない私のために、彼がワインに彼女を準備して出かけてくれたので。
 朝から冷蔵庫をあけるたびに彼女と、バンザイなきもち。

IMG_4328IMG_4398


 でも、前々からの大事なお友達にも夕方、一目でも会えると心からホッとします。
 かおりん、あき、いつも本当にありがとう!

 みんなで過ごせばカオスな夕方も、ただただ幸せなハッピーアワーに。
  
Posted by yagihana at 16:12

2017年02月12日

さくさら日誌2/12

IMG_4605IMG_4609


 人と人の間には、見えるようで見えないようで、やっぱり見えるもの。
 ハート。

 マスキングテープを壁に貼っているとすごい勢いで、「ちゃらもやりゅ!」(さらもやる!」)とグイグイ。

IMG_4583IMG_4579


 今日は昨日買ったお魚たちでアクアパッツァ。

 野田琺瑯に入れておいたパクチーが1週間経ってもピチピチ!
 私も野田琺瑯に入りたいくらい。

DSC_6092


 すごいご馳走でした。
 この夜に合わせて体調を必死になおしてきたと言っても過言ではない。

IMG_4601


 今日は、両家の家族とバレンタインのお祝いを。

 お祝いするような日ではないって知ってるけれど。
 こうして4人のじいじばあばと集まれる日が人生、ほんの一瞬だっていうことも知っているから、本当に大切で。

 優しくおだやかな男子たち。いつも本当にありがとう。
 ジェントルマン教育、はじめているさくも、時々とってもジェントルマン。
 みんなを見本にしてね。

IMG_4669


 縁の下の力持ち!の女子。あれ?違うか。
 縁の上でのびのび女子。

 かっちょ悪い靴下いれないでね、って言ったのに!
 しもやけなのです。小学生の頃から、2月は足が真っ赤でパンパン。地味にとても辛いのです。

IMG_4575IMG_4568


 そうそう、今朝はコメダ珈琲デビューの日でもありました。
 サンドイッチおいしかったな。
 パンを食べないさらには、ほとんど食べるものがなくて、ソフトクリーム。。を私と半分こ。

 いつでも歯を治療中の私は、アイスは見るだけで歯が痛いので食べないのですが。
 ソフトクリームは大好き。
 両親がいつも出かけるとソフトクリームを食べているから、私も自然にソフトクリーム派。

 彼はサーティーワンで育っているので、サーティーワン派。
  
Posted by yagihana at 09:45

2017年02月11日

さくさら日誌2/11

IMG_4559


 本当に嬉しいことがあったから。
 そのきもちを、祈りを、ぜんぶ詰め込ん、みんながお昼寝している間に、ザクザクレモンパイ作り。
 想いを込められるって、ケーキって、なんて素晴らしいものなんだろう!!って思いながら。
 
 いつもの細かいグラニュー糖を買いに時間がなくて、普通のグラニュー糖を使ったら、全然違った。
 さらっとしてない。わかってよかったなあ。
 プリンのキャラメルなんかも、もう全然違うのです。

 嬉しくて嬉しくて、レモンクッキーの鳥まで、ぱたぱたぱた。
 くどくなっちゃったけれど、嬉しいのでよしとしよう。

 ケーキって自由なのがまた素晴らしい。
 なんでもそうね。

IMG_4577


 結局、さくさら喜ぶかな?と顔をつけちゃうのはいつものこと。

 有次の鳥の抜き型。
 お料理用だけど、お菓子にもよく使います。

 ずっと前に、お料理上手なゆきこさんが贈ってくださったもの。
 うっかり値段がついたまま間違えられて送ってくださったから、それも大切で、何度も彼にはがされそうになっているのを阻止して大切に、つけたままに。

IMG_4535IMG_4537


 今日は、彼のお父様と久しぶりに上野毛のコウリュウさんへ。
 街の、本気の中華屋さん。

 彼のご両親が40年近く通われている、気高いお店。
 プライドを感じるのが、好きなのです。味も濃くなくて、でも忘れられなくて、永遠に食べ続けられる美味しさ。

 そして、近くの美味しいお豆腐やさんに寄って、パン屋さんに寄って。
 桜新町の、美味しい魚屋さん、「神田屋」さん後の「平澤」さんへ。大行列。

 もみくちゃにされながら、明日のアクアパッツァ用の鯛とか買っている中で、さくのワガママが炸裂しておりました。

IMG_4552


 今夜も、うちで彼のご両親とお鍋を囲んで。
 ここでいただいた絹揚げが最高だし、おからとかいただけるのも嬉しい。商店街ってほんといいなあ。

IMG_4553IMG_4525


 今週は、病み上がりということもあって、予定を入れずのんびり土曜日。
 それもまた、しあわせでした。食べ物ばっかりだ。

 あと、少しで完全復活の予感。1週間かかったなあ。
 ゆっくりとした、いい1週間でした。(今だから言える)  
Posted by yagihana at 09:47

2017年02月10日

さくさら日誌2/10

IMG_4520IMG_4518


 今日もオンタイム!ほぼ昼。今日までだろうなあ。
 やっと、すこし人間に戻ってきました。(猫背から)

 今日はさくの希望でサンドイッチお弁当。
 初めてかもしれない。(だからそういう出来だ)

 でもサンドイッチを愛する彼が、
「丁寧に端っこまで塗るのが一番だいじ」って言っていたのを思い出して、まだみんな寝ている中で静かに作っている時間が幸せじゃった。

 朝のうちに栗原はるみさんのレンジトマトソース作って。
 こどもたちのパスタはもちもちになるよう、タッパーで水につけて。

 家事って、少し先の自分を楽にするためのものだとよくいうけれど、本当にそう。
 最近は、もう朝のうちに夜、子供達の寝る準備まですすめてる。後の私が楽だから。

IMG_4394


 これも、ヘビーローテーション中。
 高山なおみさんの蒸し鶏。

IMG_4484


 2歳3ヶ月。
 生まれつきの性格と本能のままに生きてる彼女。

IMG_4492IMG_4496


 さくはしなかったいたずらを平気でしまくっては。
 ニコニコ「ごめんなちゃい!」としっかりハッキリあやまるさらこ。(なにその爽やかさずるい。)

IMG_4495


 家中に貼られたシールや、スタンプの跡は、全部さらの仕業である。
 現行犯逮捕。

IMG_4516IMG_4517


 自分でなんでもできるのに、しない、3歳のさくと。
 自分でできないこともなんでもしたがる、2歳のさらこ。



「ママ、具合わるいからやさしくしてね」ってなんどもお願いしたんだけど、
「うんわかった!じゃあ、たたかいごっこをちよう!」と挑んでくる2人。
 
 でもなにもかも進まないときは、「はいっ!よーいどん!」と言うと、一気に進むのが便利なの。

IMG_4472


 今日、美しい幼稚園のお友達がわざわざ持ってきてくれたバブルバス。

 LUSHって自分では買わないけれど、それもまた嬉しいし、そろそろバブルバスデビューしたいなあってちょうど考えていたからびっくりして涙が。




 私は嬉しいことを隠せなくて、すぐ、さくさらに「聞いて聞いて!」ってバラしちゃうんだけど。
 さらこの肌が荒れている今は、ちょっとだけ我慢だ、とこっそりバスルームにおいて、香りを満喫中。

 こっそり、できないほどすごい匂いなのがLUSHだなあって思うけれど。
 それもまた、愛おしいなあって思いながら。



 そう、思うと、毎日何かしらデビューしているのだなあ。
 この2週間の間に、さくさらは、

「マクドナルドデビュー」と「吉野家デビュー」。(どちらも20年ぶりくらいで大興奮しました)
 回転寿司デビュー(それが金沢まいもん寿司なんて羨ましい)。
 雪遊びデビュー。
 夜の遊園地デビューに、ホッチキスデビューに米研ぎデビュー。
  
 世界にはこんなに嬉しい、楽しい、美味しい、すごい、物があったんだ!って顔の毎日の「生まれて初めて」に立ち会えるのはやっぱり大きな幸せの一つ。

 そう思うと、私も今日が「つけおき」デビューであり。(今までしなかったのか)
 美容液デビューでもあります。ワクワク。  
Posted by yagihana at 12:08

2017年02月09日

さくさら日誌2/9

IMG_4458IMG_4444


 よーし今日もオンタイム!というか午前中の日記だ。ほぼ日。ほぼ朝。
 
 ヨレヨレと起きて今日も猫背で、さくと彼のお弁当作り。
 そしてさくのフレンチトースト。

 しばらくブームが去っていたのに、また、さくのフレンチトーストブームがきちゃった。
 こんな体調の時に!あいつめー。と思いつつ、イソイソと。心は軽く。

 お弁当は事前に作って準備したり、母たちにもらった大事なおかず達を、いつでも「どれかお弁当にできまいか」という厳しい(そう?)目で生きているので、朝はらくらく。

IMG_4463


 今朝も寒いから、かならず手袋。
 でも、さくさらと手を繋いでる時は指がでるものにしてる。

 この、のずがお正月にくれた、ちょっとダサい(失礼)手袋が大好き。
 だって自分じゃ選ばないもの。
 私は物って、ご縁があって私のところにやってきたものが大好き。

IMG_4462


 化粧品も、ご縁だなあって。
 モデルさんじゃないし、美容より優先したいことがありすぎるから、試している暇とお金はない。

 いつだって、無印の化粧水でいいんだけど、去年の誕生日に、彼が突然くれたエスト。
 がやってきてくれたので、それを使っていたら、昨日、彼のお母様から「いただいたから!」ってエストが。

 やっぱり、嬉しい。本音。
 と思っていたら、さらこに「ちゃらの!!」って奪われました。
 私のものは全部「ちゃらの?」「ちゃらの!」と持っていくさらこ。

IMG_4023


 怪獣。

IMG_4123IMG_4143


 のずと言えばで、もう家族同然の大切なお誕生日のお祝いもありました。
 ケーキより肉、ののずなので、ローストチキンにクッキーだけ。

IMG_4139DSC_6021


 久しぶりのせいごにも会えて。
 さくさらも大喜び。
 
 彼がすっっごく嬉しそうで、今にもふわふわとんでいきそうだったのがいい景色。
 友達に会えるって、本当に嬉しいものだよね。

IMG_4470


 はい、back to 今日。というか今。まだ午前中。
 今週は本当に無念ながら、予定が全部キャンセルでしたが。(色々な方に本当にごめんなさい!!)

 来週は、いっぱいレッスンやらお菓子の頼まれものがあるので、なんとか這いつくばって、田園調布の富澤へ。
 バターや粉を買いこみました。
 つ、つらかった!でも満足。

 お菓子の仕事をしている時も、今でも、ネットで材料を買うよりは、自分の手足で買いに行きたい、派。
 富澤は、TOMIZ!なんてリニューアル、ちょっとダサくてちょっと微笑ましく思っちゃうんだけど、きっとたくさんの人が関わって、決めたことだろうから、いいなあ。って。



 今は思い通りにお菓子も焼けないことが、時々、思い出したように苦しくなったりもするけれど。

 それでもやめないことだけができる事だって思う今は。
 いつかまた1対1で、並んでゆっくりと、お菓子づくりをしたいなあって思うのです。できたらイギリスで。カフェでもよいな。

 私の夢は前も今も、何も変わらないなあ。
 たくさんのものに出会うよりも、出会えたご縁を大切に。

 ああ体調さえよかったらな。あと一歩だ。
 永遠に書き続けていられるけれど、真剣に休んでさくに備えます。  
Posted by yagihana at 11:45

2017年02月08日

さくさら日誌2/8

IMG_4451


 今日もオンタイム日記。
 今日のおひるごはん。
 日記ってやっぱりその時、その瞬間、かけたら一番いいなあ。

 胃腸炎で猫背だったのに、中耳炎にまでなってボロボロだ。
 でも昨日は母がたくさんのご飯とやさいを持って会いに来てくれて癒されました。

 おかあさん、のパワーを思うたびに。
 私も一度、人の親になっちゃった以上、そのパワーを手にした重みを思い知ります。



 水曜日っていつも9時に幼稚園に出発して、11時にはお迎えに出発。。
 でも、一瞬でも、離れる方がお互いにリフレッシュ。re fresh.フレッシュに戻るなんて、いい言葉です。

 そして延長制度はもちろんあるけれど、
「いつだってママとはやく会いたいから絶対に延長ちない」
 なんて可愛いことを言うのは今だけかな、と思うから使ったことがない。
 だからいつでもなんだか慌ただしいの。も、今だけかな。

 水曜日のさくのお昼は、希望でパンケーキと麺が定番。

 朝も夜もおかずが多いから、昼は炭水化物だけでもいいかな、と思う私も、そういえば最近頂いたパンばかりだったなあって思うから、ここにメモ。

IMG_4220IMG_4236


 岩手のあゆみさんから、突然届いた、愛と時術の贈り物。
 段ボールを開けたら、まず目に入った巨大なお手紙が忘れられません。

 さくと、いくら見つめても見飽きない美しく美味しいパン。

IMG_4218IMG_4260


 しあわせなパンたち。
 あゆみさんの美味しいパンに、時々、彼が思い出したように買ってきてくれるベーグル。

IMG_4219


 そして、お会いした翌日に美香さんがわざわざ送ってくださったペリカンのパン。
 見ているだけで、もう美味しくて可愛くてやさしい。

IMG_4108IMG_4105


 ココロさん。
 ひなちゃんの描いた絵が飾ってあって泣ける!



 2月2日は愛する陽子のお誕生日だったので。
 ずっと前から、陽子と共通して、大好きな街の人たちのところに伺う度に、写真をとってまとめて送ろうと思っておりました。

 陽子と私が大好きな、素晴らしい美容師さんや、お医者様や、ラーメン屋さんや、薬剤師さん、パン屋さん、焼き鳥屋さんがいて。

 私が訪れるたびに、「陽子さんはお元気ですか?」と、聞かれる、陽子のあたたかなすごさを思い知るのです。
 陽子の通った後には優しい花が咲くような、そんな陽子がいない私の毎日は、やっぱりちょっと、とても、さみしいのだけど。

そんな風にはなかなか生きられないから、そんな人と出会えた人生の幸せにいつも感謝しているの。

IMG_4249


 これもパンかな。一緒にまとめていいかな。

 大好きな友人たちと初めてのシェイクシャック。
 噂に違わず、美味しくって高かった。でも楽しかったな。

IMG_4248


 しかしちっとも足りなくて、おにぎりを食べながら幼稚園にダッシュ!

 そして、今の私は、夜、お酒が飲めないのがすっごくつまらないの。
 飲めないことよりも、飲みたいと思わない、そのことが。
 どうでもいい、本音。
 は続く。
  
Posted by yagihana at 15:01

2017年02月07日

さくさら日誌2/7

IMG_4428


 久しぶりのオンタイム日記。
 色々あったのでまた言葉に残しておきたいなあって思うのですが。(もうそればっかりだなあ

 絶賛 胃腸炎中の今。
 人生初めてのインフルエンザかと思って、日曜日に検査しましたが違いました。この気持ちがわかってよかったなあって思いながら。

 少し良くなってきたらカラダはあまり動かないぶん、ココロがくるくるまわるのでそれだけメモ。



 本当に今更だなあって思いながら。
 土鍋ご飯にはまりました。
 お腹が痛いので、すごい勢いの猫背になりながら、昨日は2回炊きました。

 はまるのを待ってたんだ、われながら。
(あと、待っているのは圧力鍋。自然にやろうと思うその日に。)

「炊飯器、もううちにはいらないかな!」
 と言った、私を優しく、そしてしっかりと止めてくれた夫に、いつか(きっととても近い日に)感謝するでしょう。



 ご飯を炊くときは、みりんを少し。ゆうこから聞いてから、おまじないのような気持ちで。

 バスケ部時代に飲みすぎて飽きたポカリは、結婚してから、私が風邪をひくたびに、大慌てでポカリを大量に買ってきてくださる彼のご両親の優しさを思うので、これまたおまじないのような気持ちで。

 ついでに、さらが好きすぎていつも持ち歩いて、薄汚れているドキンちゃんも今や私のお守り。

IMG_4442IMG_4433


 週末、そして月曜日も彼にたくさん助けてもらいました。ありがとうね。
 形から入る、我が家のお助け隊の二人。

 さらは、「ちゃらプリンセス!」って張り切っていたのにね。
 優しく、空気の読めないさくに、「ちゃら、おばあちゃんみたいで、かわいいよ!」と言われておりました。

「ちがう!」と言い返していたさら。もう一人前。

IMG_4446


 今朝は、私のポカリにたくさん絵を描いてから幼稚園に行きました。
 こういうのが本当に世界でただ一つのお守りのようなものだなあって思いながら。

 飲み終えたらしんみり取っておくわけでもなく捨てるのだけど。
 じゃないとゴミ屋敷になっちゃう。
 思い出は、生まれたその瞬間が永遠に最高の思い出なの。

IMG_4261


 具合が悪い時に、ぐぐっと染み込む、ばななさんの強く優しい言葉たち。久しぶりに読んだら、他にもばななさんの本を一気に5冊も読み終えていました。ストーリーとかではないのだよなぁ、文体?裏に流れているメッセージ?美味しい飲み物を飲んでるような気持ち。

 体調がいいときは、伊藤まさこさんの本を読んで、シャキッとした気持ちになるのが今は大好き。
 まさこさんのおかげで、掃除が大好きになりました。でもいつも汚れてるのは、2歳と3歳(と37歳)のせいにしちゃう。

 「魔法の眠くなる絵本」、「おやすみロジャー」は図書館で借りてきただけで本当によかった。(長すぎて)
 私は魔法のように眠くなったけれど。

IMG_4427IMG_4426


 私も、さくさらも大好きなかこさとしさんの絵本。
 隅から隅までかわいい。これは図書館ではなく家で揃えてもいいなあ。

 私の人生は、本や、その匂いや重さにまで、にたくさん救われてきたから、さくさらの人生にも寄り添ってくれるといいなあって最近しみじみ思います。

 好きならばどんなくだらない本でもいいと思う。
 人生は(一見)賢くなるためのものではないもの。好きなことを好きだと叫んで謳歌してほしい!その人生を!
 なんて思う、私はお腹を痛めてベッドの中。バカみたい。



 そんな情けないこの二日間の間でも、仙台の妖精のような方と久しぶりにお話できたり、彦根にいるあまりにも優しい、笑うと目がなくなっちゃう女性と思い出を語り合ったり。紺と赤があまりにも似合う、可愛い年上のお友達の大切な話を伺ったり。

 お会いしたことがなくても、ずっと私と、私の家族と、そしてさくさらを見つめ続けては「受験生がいるので、さくさら、と聞くたびにサクラサク!と思います」と教えてくださった方の優しいメールのおかげで、私もさくさらを呼ぶたびに、サクラサク、と思えたり。

 よくあう大事な人たち、滅多に会えないけれど大切に思い合っている人たち、そして近すぎて見えにくいけれど私の宝物の家族。感謝でいっぱいの二日間でした。

ただの猫背である今の私に優しくしてありがとう。。うぅ。

 色々さみしい時代でもあるけれど、こんなにあたたかな気持ちを色々なものが運んできてくれる素晴らしい時代にもいるんだなあって改めて。長くなっちゃった。  
Posted by yagihana at 12:47

2017年01月15日

さくさら日誌1/15

IMG_4007


 今日は、私たちが日本で結婚式を挙げたアメリカンクラブへ。
 その時、親戚お披露目会をした会場で、今日は彼のご親戚と新年会。

DSC_6004


 皆さん本当に、センスがよくおしゃれなのです。

 心遣いも、その在り方も、家族関係も、話のユーモアも、真の大人ってこういう方達だなあといつも思います。
 私も自然に背筋が伸びて、自然に優しくなれるような。
 
IMG_3999DSC_6002


 彼はいとこの中でダントツの年下なので、子供達がみんなもう大きいのですが。
 全員インターナショナルスクールなので会話は全て英語なのですが。

 さらは女子グループに。
 さくは男子グループに。

 それぞれ優しく招き入れてもらってしあわせそうでした。
 また子供たちが、うっかり涙が出るほど優しい。自立しているなあって思う。

 大人も子供も英語で話しているので、すごくしあわせな私の耳。。



 死ぬほど飲んで、食べたのに。
 帰り道に幸せそうに肉の塊を買って来て、ウキウキ焼いていた彼。(と食べたわたし)
  
Posted by yagihana at 13:20

2017年01月14日

さくさら日誌1/14

IMG_4336


 うちの玄関についている、船をイメージしたという、小さなまど。

 チラリ、大好きな洗濯機が目に入るのが癒し。
 毎日2回かけている、がんばりやの洗濯機が、愛おしくて仕方ない今。。

 壊れたら本当に困るので、いつも「ありがとうねー」って言いながら、毎日からだ(?)をふきふき。
 ありがとうねーって声をかけるようになってから、毛玉の詰まりがすごく減った気がするのです。

IMG_3988


 今日は愛する友人たちと愛するお店に久しぶりに行く予定でしたが、延期に。
 延期って、楽しみにしている時間が増えて、私はいつも嬉しいの。

 そこへ、彼のご両親が最高に美味しいお肉を持って遊びに来てくださいました。
 嬉しいことだらけだ。  
Posted by yagihana at 13:08

2017年01月13日

さくさら日誌1/13

IMG_4040IMG_4039


 わーいわーい、さくの幼稚園の冬休みが明けて、ようやくお菓子を作る(こころの)余裕が!

 これからあうお友達に酉年クッキー焼くから、さくさらに見つからないようにしなくちゃね!
 と思いながらも、さくの大好きな抹茶味をねりこむ母心。
 私の方が嬉しくって、二人にすぐあげちゃった。



 あとは、昨夜、一緒に作ったのに、さらは一口も食べてくれなかった(悔しい!)ハンバーグ1個をミートソースに。
 これなら騙されて食べるじゃろう。ふはは

 本屋さんで立ち読みして、レシピをぶつぶつ暗記しながら帰宅した、野崎さんのベーコン切り干し大根と。
 
 ご両親が大好きな、ぬた。
 を、私たちにもとくださったので、ウキウキ茹でて準備。
 自分じゃ作らないし買わないものを頂くのって、また嬉しいものです。

 いやあ、台所にゆっくり立てるって、しあわせ。
 と言いつつ、30分、と決めて一気に作って、あとはダラダラ。
 ゆっくりしたいんじゃない、集中したいんだった。

 集中できるって本当にしあわせ。

IMG_4085


 初めての小児科へ。
 いつもの大好きな先生の優しさ、素晴らしさをかみしめる。



 スリッパ好きのさら。

 二人目だから?女の子だから?
 お片づけも、お手伝いも、ゴミ拾いも、私が背中にロキソニンテープを貼る時も、一生懸命やってくれるさら。
 食事時、七味とかかけてると、「からい?」「だいじょーぶ?」っていつも心配してくれるさら。

 優しすぎて震える今ですが。(親バカ)
 イヤイヤスイッチ入ると、怖すぎて震える今でもあります。  
Posted by yagihana at 16:19

2017年01月12日

さくさら日誌1/12

IMG_39892


 愛おしき、普通の日常へ。
 さくは、久しぶりの幼稚園にワクワク。

 「本当はわかってる 2度と戻らない美しい日にいるのだと」
 小沢健二さんの「さよならなんて云えないよ」を聞くと、胸がキュン。



 さくが年少さんじゃなくなっちゃうの、さみしいなあ。ってボソッと言ったら。
「ちゃくは、大きくなっても、ちゃくのままだから大丈夫だよ」って励ましてくれました。

 そして眠る前に、「ちゃく、あかちゃんにもどろうか?ママ、その方がうれしいなら」なんて言う。
 ママはいつも目の前の君が大好きだ。

 わたしにとっての、2度と戻らない美しい日は今日、そして今日までの毎日。
 きっと、これからも。  
Posted by yagihana at 13:03

2017年01月11日

さくさら日誌1/11

IMG_3946IMG_3953


 さて。
 この旅で、さくは少しお兄さんになりました。
 さらも、たくさんお話しするようになってきました。

DSC_5921


 旅のちから、ってあるなあ。
 普段「抱っこ抱っこ!!」とだっこでしか移動しないさらも、さくが手を繋ごうというと素直に歩きます。



 さくの時は、「だっこだっこ!ばかりでこの子は大丈夫だろうか!!」なんて悩んでいたのにね。
 今や、いつもだっこ。
 さくも(どさくさに紛れて)だっこ。
 6歳のともくんが、もう言わないのを見ていると、こんなに抱っこしてほしい時間も長いようで短いんだなあって思うから。

DSC_5933


 さて。
 いつもの大好きな「空港食堂」で最後の沖縄を満喫して。

 夕方の便で東京へ。楽しかったなあ。
 そして東京での日々も、また楽しみ。

IMG_1714


 こどもが生まれる前は、飛行機でも横になりたい私が、いつも頭をのせさせてもらってぐーぐー寝ていたのにね。
 のせて眠らせる立場になったのね。。しみじみ。

IMG_3960


 がんばれおとーさん。と後ろから応援。(するだけ)

 気はやさしくて、力持ち。
 おとーさんになるために生まれてきたような人です。



 さて。今の私が、すでにかなり行きたいのが与論島と五島列島です。島が好きなのね。イギリスも島か。
 少しずつ調べて、少しずつお金をためて、毎日は行ける日までのカウトダウン。  
Posted by yagihana at 12:05

2017年01月10日

さくさら日誌1/10

IMG_3937IMG_3890


 なかなか起きない、寝起きの悪いさらこ。

 私とさくは、起きた瞬間から騒がしく、元気いっぱい。
 彼とさらは、しばらく熊のように(これは彼だけ)ボーッと。そして、ゆっくり、のそのそと。(これも彼だけか)

IMG_3870


 朝ごはんを食べて。
 今日は久しぶりのここへ。美ら海水族館。

DSC_5835DSC_5842


 中国人観光客で激混みでした。
 イルカショーも、なんだか。。古典的。

 イルカの「なんとか君です!」みたいな。いや、いいんだけど。
 光の中で、飛んで飛んで飛びまくって、さっさと終わる、エプソンのイルカショーの方がわたしは好きだなあ。
 間延びして、子供たちもすぐに飽きておりました。

IMG_3871IMG_3872


 何かにちんまり、並んでる。。
 と思ったら、ベタベタな これ。

 並べるようになったのね。そして顔をはめられるようになったのね。

IMG_3966


 沖縄に住んでいる、美しく素敵な親子も会いに来てくれました。

 嬉しいとすぐ手をあげちゃう(ダサい)私に合わせて、さりげなく手をあげてくれていた。
 ことに、後から写真を見て気付いて、ジーン。優しいなあ。

IMG_3907IMG_3919


 星柄が大好きな彼女に会えるから、はりきって星柄のワンピースを着ていったのにね。
 そっこー波をかぶって、出会って3分で寝間着のような洋服に。

 旅先で友達に会えるのって本当に、とびきり嬉しいものです。
 あんりちゃん、ひなちゃん、いつもありがとう!

IMG_3933IMG_3934


 いつだって海がバックに広がっているしあわせ。
 お散歩して。お昼食べて、お昼寝して。

DSC_5850


 今日は送迎をしてくれる、近所の居酒屋さんへ。ワクワク。

 メニューを見るときはいつだって真剣勝負。
 しかし子供達、走るわ潜るわ、隣のカップルにグイグイ入り込んでいくので、流し込むように食べて、混む前に脱出!
 そのカオスの中でも、食事をのんびりエンジョイする彼よ。マイペースな一人っ子である。  
Posted by yagihana at 09:42

2017年01月09日

さくさら日誌1/9

IMG_3810


 ついに来れたよー、ただいま沖縄!
 前に訪れた時は、大好きな友達の結婚式でした。

 その時、お腹の中に住んでいた男子は世界に飛び出して。
 その後女子もやってきて、また世界に飛び出して、今、周りをウロウロしてるなんて。

DSC_5812IMG_3816


 海に入るのが好きなのではなくて。(ダイビングは別)
 海がばーんと視界に飛び込んでくる場所が好き。

 本当に本当に好き。

IMG_3821


 子供達が、しんみり、わたしを幸福に浸らせてくれるわけもなく。
 すぐに室内の温水プールへgogo!

 ハイテンションっぷりが伝わってくる背中たち。
 さら子なんて水着を着たら、上に洋服を着るのさえ、断固拒否。

 いっぱいみんなでプールで遊んだ後は、隣の大浴場へ。
 そして今夜はもう、みんなで楽に、下のビュッフェへ。
 


 ずっとずっと、楽しみに生きてきたブセナが始まっちゃった。
 終わらないで欲しいから始まらないで欲しい。なんて言っていたけれど、やっぱり嬉しいものです。
 
 いつも思うのだけど。
 こどもは親の反応を見て、嬉しくなったり、悲しくなったり、好きになったりするから。

 ものすごくワクワクしている背中を見ているのは、きっと子供達の方なのかもしれないな。
 背中で語りたい。好きなものを大好きだと!  
Posted by yagihana at 15:41

2017年01月06日

さくさら日誌1/6

IMG_3804


 明日から沖縄なので、1日早く、七草。
 七草粥は子供達が食べないので七草そばに。

 毎年、この時期になると七草を買っておいてくれて、さりげなく渡してくれる母。
 嬉しいなあっていつも思うのです。
 自分で作るようになっても、母の味。ってことだと思う。


 さて。
 明日からとっても久しぶりの沖縄。

 きっと、他にもたくさん素敵なホテルも、民宿も、あるって知ってる。
 だけど、やっぱり私にとっての日本で1番大好きかもしれない、ブセナテラスへ。

 本当は、私にとって沖縄の強烈な思い入れは、3回訪れた波照間島に。
 いつか子供たちと行けるといいなあ。

⭐⭐

 波照間島、行っていたのっていつだったかなーってブログ検索したら、出てきた。(こういう時便利だなあ)
 最後は2009年6月12日
 そこには、ケーキばかり焼いていた頃の私。

 波照間島でもケーキを焼いていたっ!のに衝撃。

 その頃は身軽なようで、色々本当に本当に大変で、毎日涙をふいて、心キリッとしてレッスンに臨んでた。

 だから、私は笑っている人を見ても、人は、それぞれ素晴らしいことばかりではないと思うし。
 その頃に経験していた恐ろしいことも、今では、同じようなことになった人が身近にいたら少しは親身になれる、私の財産だと思うのです。

 そして身軽な時代よりも、超身重、といってもいいような時代の今の方が本当は心が軽いんだよ。
 歳を重ねることは、経験を積むことは、どんどん軽くなっていくことだなあって、いつも、いつまでも、思います。
 人生の醍醐味。
   
Posted by yagihana at 14:32

2017年01月05日

さくさら日誌1/5

IMG_3792


 今日はさくの幼稚園のおともだちがたくさん遊びに来てくれて、みんなで新年会。

 自分が素敵だなぁって感じて、ゆっくりと仲良くなったおともだち、の子供達、とはまた違って。
 さくが「どうしてもうちによんでほちい」と言っていた、おともだち、のお母さんに、思い切ってお電話して、お誘い。

 そして、その方もまた、とっても可愛らしく、素敵な女性だったのでした。
 ああ、こんな風に私の人生はまた自分の意思だけではなく広がっていくのだなあ。

 私の人生は確かに、自分が喜びたいよりも、人に喜んでもらいたい、の方向へ。
 しかし、無理をせず。

 それがー、いちばんだいじー。

IMG_3803


 どうでもいいけれど。
 さくは、ゆで卵の黄身が大好きで、白身が嫌いなので、ひたすらに白身を食べる人生になりました。
 だから最近は白身が大好き。
 
 ああ、こんな風に私の人生はまた自分の意思だけではなく広がっていくのだなあ。
 ってしつこいほどに、毎日思います。



 さくさら、まだお昼寝をするので、早めスタート、早め解散にしてもらって。
 楽しい時間に心満たされて、川の字でお昼寝。
   
Posted by yagihana at 14:28

2017年01月03日

さくさら日誌1/3

IMG_3706IMG_1695


 今日は、母方の親戚とみんなで新年会。
 気持ちのいい逗子のカンティーナ。

 早めに行って海をお散歩して。
 お食事の後も目の前の海で凧上げをして。

IMG_3791IMG_3719


 いとこの子供たちも同じ年頃なので、みんなしあわせそう。
 こんな風に私たちも見守っていてもらったのね。

IMG_3743


 みんなで楽しく海で遊んでいたら。
 あれ?見たことある女の子。。見たことのある男性。。そして、見たことありまくる、あき!!

 素晴らしいお天気の1月3日から、愛するあきとあきのご家族に、海でばったり会えるなんて。
 幸せすぎて嬉しすぎて胸いっぱい。

 ずっと前にあきのご実家、四谷三丁目の「あぶさん」に一緒に行った父と、いとこのゆりおもその場にいたなんてね。
 みんなで再会に感謝です。

 嬉しいねー嬉しいねー、ってなんども彼と言いながら帰る帰り道。

IMG_3747


 子供たちがカートを押せるスーパーへ。
 さく行きたがっていたけれど、今やさらも押したがるので、一人で二人の危ないカートの管理は不可能なので、彼もいるチャンスに。
 
 いやあ。。
 もうこのスーパーに来ることはないでしょう。
 バスケ部時代よりもヘトヘト。痩せた気がする。

 物に、人に、ガンガン、カートをぶつけまくる二人を前に、後ろに、誘導しまくり、謝りまくり。
 時に、うまく押せたら、しゃがんで手を叩いて褒めまくり。
 このカオスの中で、のんびり買い物をエンジョイする彼よ。さすがマイペースな一人っ子である。  
Posted by yagihana at 15:48

2017年01月02日

さくさら日誌1/2

IMG_3780


 毎年の恒例行事になってきているなあ。
 1月2日。という、元旦ではないけれど、本当に特別な人としか約束しない、この日にのずがきてくれること。
 
 私たち家族は本当にこの日を、のずを、特別に思ってるんだよ。
 なんてこと、いちいち言わなくたってもうきっと伝わってる。

 そしていい話をするわけでもなく、抱負を言い合うわけでもなく、ただダラダラと肉を食らう時間の素晴らしさよ。

IMG_3698


 寝る前の読み聞かせと。(さら聞きなさい)
 寝る前の歯磨きまで、のずがしてくれました。

 いつのまにか泊まっているようなのずなので、「明日の朝ものずいるかもね!」とさくとワクワクしながら眠りに。
 (今日は帰ってた)

 さくのためには獣王ジャーの絵本を。
 さらのためにはミニーちゃんのシールブックを。
 彼には帽子、私には欲しかった指が出る手袋まで。お正月のサンタさんのようなのず。ありがとう!

IMG_3612


 さくさらには、素敵なまどかさんからこの子たちまで届きました。
 さくさら、大喜び。

 私が、一生、持つことはないだろうと、いつもディズニーシーで(クールに)見つめていたダッフィーさんたち。

 そんな風に思っていた自分にチョップ!
 素晴らしい抱き心地。こりゃええわー!ごくらくごくらく。(いい言葉)

 今、私がクールに見ている何かも、いつかきっとご縁で親しくなるのかもしれないな。
 そう思うと、ウキウキ。
 その時は今の私にチョップ!して、すぐに親しくなれる柔らかな心でありますように。
  
Posted by yagihana at 10:49

2017年01月01日

さくさら日誌1/1

IMG_3621


 2017年お正月。
 どうしてお正月ってこう、必ずお天気が素晴らしいのでしょう。

 いつもの小淵沢の朝のように、うっとりと富士山を見ながら。
 いつもとはちょっと違う気持ちで、彼のお母様の美味しいお雑煮とおせち料理をいただきました。

 乾いた葉っぱの上をガサガサ、お散歩してから。

 横浜の実家へワーープ!
 元旦は高速が空いていてよい。

IMG_3748


 いつもいつも思って生きてきて、今日も思ったこと。
 お正月が似合う家だなあって。

IMG_3656


 今年も両親が、凧を買っておいてくれて。
 隣にある大きな野原へ、みんなで凧あげに。

DSC_5744DSC_5745


 大きくなってから初めてじゃないかな、おせち作りを手伝わなかったの。
 もちろんやる気満々でいたら、「今年は一人で作ってみるわ」って母が言うので、少し早めに小淵沢へ。

 毎年12月30日は、おせち作りのために絶対に予定をあけて生きてきました。
 なので、やっぱりちょっと落ち着かないきもち。

 母のおせちは今年も本当に美味しくて美しくて、幸せな味しかしなかったけれど。
 やっぱり今年は作り手にもまわりたいなあ、ってしみじみ。
 私は過程が好き。って改めて。

IMG_3670IMG_3676


 ともくんと、さく。
 さらと、のぞみちゃん。
 兄の子供たちと。

 小さな宝物たち。どんな子どもに、どんな大人に、なっていくのかな。
 私の育った大切な家に、明るい声をいっぱい響き渡らせてくれて本当にありがとう。

 両親にも素晴らしいお正月を本当にありがとう!の気持ちでいっぱい。



 さくが生まれた頃以来、あまりにも久しぶりに実家に泊まりました。

 うわー、久しぶり〜〜。
 と染みいるのは、夜ではなく、朝をむかえたとき。
 すんごく寒いのです。(そこ?  
Posted by yagihana at 09:14

2016年12月31日

さくさら日誌12/31

IMG_3640


 大晦日は、今年最後の(そりゃそうだ)リゾナーレ八ヶ岳のプール。
 大晦日だなんて関係ない二人はハッスルハッスル!わたしもね。

 1週間前、訪れた時は24日でクリスマスイブだったのに。
 なんだか気持ちが全然違います。

 これから4月末までしばらくリゾナーレは改装のためお休みになるそうです。

IMG_3631IMG_3644


 彼のご両親と、小淵沢でのんびり年越しをさせていただくのも何度目でしょう。
 30日はせり鍋、31日はすき焼きを囲んで。

 よく、彼のご両親と、なんて言うと「偉いー」とか「嫌だー」とか言われて、逆にびっくりしますが。
 東京にいる時よりも、誰といる時よりも、私はのびのびゆっくり過ごせます。



 森のおうち、では普段は余裕が足りなくてお願いできない、お手伝いもたくさん。

 大人用の包丁でも、さくさらと一緒に切った人参や野菜のお味噌汁、味見を頼んだご飯は、全部しっかり食べてくれるのが嬉しい。

 頼りにされると、こどもって2歳でもはりきるのが可愛くて、頼もしい。
 もっと頼りにしなきゃね。
 大人もね。わたしももっと頼りやすく、頼られやすくあろう。これはわたしの来年の抱負。

IMG_3781


 さくさらに寄り添う、優しいくーちゃんの優しい背中よ。ありがとうね。

 そのやさしい背中は、彼のお父様の背中にそっくりなのです。
 言えないけれど。

DSC_5696


 小淵沢の家からは、正面に富士山がくっきり見えます。
 いつも、いつまでも、見ちゃう。

 しあわせな年末でした。
 終わりよければ全てよし。  
Posted by yagihana at 11:40

2016年12月29日

さくさら日誌12/29

IMG_3341


 初めての、ロールキャベツ。

 母が作ってくれたロールキャベツがすごく好きだったみたいで、「ママも作ってみて」って言うので、一生懸命作りました。しかし美しくないなあ。のも人生の記念。バイキンマンでごまかしてる。

 一口食べて、「うん、おいちいよ」と言ってから、もう「作って」と言わなくなりました。

 うぅ、少しずつ上手になりたいのに。
 なってやる。メラメラ。

 毎日には、なんて挑戦しがいのあることが溢れているのでしょう。
 悩むのなんてもうやめよう。
 優しい言葉で意地悪を言う人に心負けないようにしよう。
 こんなこと言われて自分が悪いのかな?とか思わないようにしよう。

 どんな表面上の言葉よりも、心に残る余韻が、直感が、人の味方だと思う。
 彼と友人たちに本当に救われました。本当にありがとう。

IMG_3258


 12月の頭のことだけど。
 さとなおさんとご飯。

 ヘロヘロに疲れていた時だったけど、年内に会っておきたかった。
 なんなのだろう。この大事な、あまりにも尊敬すべき、でも身近な友達は。

 君の昔のブログに救われた、なんて何度も言われて、昔の私と今の私は違うかな?変わっちゃったかな?
 と何度も思うけれど、やっぱりわからないの。
 大切にしていることはずっとずっと変わらない。
 ただ、もう90パーセントの気力体力が子供達にもっていかれている今。失礼もたくさんあるだろう。

 でも残り10パーセントで必死に自分にしがみついている感じ。
 本当に大切な人としか繋がれていない今、だからこそ、メールでも繋がれている人がいる奇跡に感謝しています。



 帰宅したら、壁にやさしいお手紙。
 彼は子供達を寝かせて、また仕事してた。ありがとうね。

 「ああ、こどもからのお手紙ってうれしいなあ」って思ってから、あれ、さく、まだ書けないよな、と気づく。
 彼の字でした。
 きっとクレヨンだからでしょう!(やさしい妻。)

IMG_3282IMG_3276


 持ち寄りご飯を持って、幼稚園のお友達のおうちにも。
 おうちクッキーを焼いて。

 私がお菓子の人、と知らないのでみんないちいちびっくりして喜んでくれるので。
 それがいちいち、私もびっくりして、ジーン。嬉しくなります。

IMG_3802


 さらこはイヤイヤ期のピーク。(だと思いたい)
 大変さと可愛さ、常に同時に、セットで急上昇だ。だから親は頑張れるのね。

 昭和のオヤジのように、食べ物を全部ひっくり返し、泣きすぎて吐きました。(ご飯ではなく麺が食べたかったのね)
 昭和の妻のように、ブルブル震えながら急いで麺を茹でたら、ヒックヒック泣きながら食べました。

IMG_3607


 さくと一緒にケーキ作りも少しずつ。
 生クリームとイチゴのケーキが食べたかったの。(私がね)

 作ったら満足して、ケーキよりも「ねるねるねるね」を食べていたさく。  
Posted by yagihana at 15:43

2016年12月28日

さくさら日誌12/28

IMG_3594IMG_3572


 年末いろいろ。

 1歳くらいからずっと変わらぬさくのヒーロー、バズ。

 バズがやってきて、ずっと大事にしてきたウッディさんが放っておかれてる感じがリアルなトイストーリー。
 さくが大きくなって、バズたちをダンボールにしまう時のことを想像するだけで泣ける、リアルなトイストーリー。。

 そんなさくと二子玉ライズで開催されていたピクサー展へ。

IMG_3384IMG_3623


 そうだ、久しぶりの箱根へも行ってきました。
 子供達の笑顔が嬉しい、彫刻の森美術館へ。

 卵を食べないサラなのに、卵にべったり。
 それなら食べてくださいよー。

DSC_5534


 美しいステンドグラスを見つめていたくて、さく、上まで一生懸命登りました。

IMG_3255


 そうだ、久しぶりの江ノ島にも朝から行ってきました。

 うっかりボートに乗って、珍しくベビーカーで乗り込んでしまったら、江ノ島って階段だらけだった!
 ベビーカーに乗ったサラ子を抱えて、ひたすら階段を登ったり降りたりするトライアスロンに。(彼がね)

DSC_5481


 「江ノ島小屋」の朝ごはん。

 普通でした。でも店員さんたちがとっても優しかったのでとってもよしとしよう。
 ほんと、お店ってそういうところがある、というか、もう そういうところしかないなあって。

IMG_3413IMG_3414


 湘南へのプチ旅の帰りには、親友しんさんファミリーにも会えて。
 どこにでもある、デニーズが、大事な人たちと一緒なら、世界一の場所になります。

 もうすぐ赤ちゃんが!

IMG_3246


 なんだかサラの方が大きく見えるなあ。
 パンは食べないくせに、パンの上のジャムやチョコをぺろり、なめるのが大好き。

IMG_3558


 両親といとこのともくんが、かなり久しぶりに家に来てくれたのでさく、大喜び。

IMG_3292


 これまた本当に久しぶりに、母と二人でお買い物に。
 誕生日に洋服を買ってくれました。

 母に洋服を買ってもらうなんて。。自分も母になってからしてもらうのって、なんて嬉しいんだろう。
 ありがとう!
 
🌟

 今更、ながらの初めてのアニエス・ベー。
 大好きなミミさんの影響をばっちりと受けています。

 シンプルな洋服ならGAPやユニクロので十分幸せなので、あえての派手目。

 37歳をむかえて、今までと似合う洋服がかわってきたなあって、全くおしゃれ心はない私でも思います。

IMG_3182


 愛する愛理と早朝デート。
 ユニクロのディズニーのニット、さくさらが喜ぶかな?とむかえたら、

「そんなの見てたら、ちゃく(さく)はディズニーランドに行きたくなっちゃうじゃないか」
 ってまさかのシクシク泣き始めて、サラも「ミニー!」と過剰興奮に陥ったので、一人でひっそり着るとしよう。

**

 可愛い愛理の前髪に、ばっちり影響を受けて、この後バッサリ、自分で前髪を切りました。
 ザクザク。大失敗。(想定内だ)
 
 彼にも「あれ?前髪切った?」といきなりバレて、「なにが?」とすっとぼけ。(られていない)

 年末記録、長くなったので、また続きます。  
Posted by yagihana at 14:42

2016年12月25日

さくさら日誌12/25

DSC_5586


 嬉しかった昨日の余韻。
 に心しみじみしながら迎えたクリスマス。

 サンタさんは小淵沢の森のおうちに来てくれました。
 えんとつがあるから、すごく、ぽくて、嬉しいの。

IMG_3547


 急いで片付けて、東京に帰ってまた急いで片付けて。
 いつも片付けているわたしたちの幸せな人生に感謝しながら。

 そう、子供達の体調の悪さで苦しかった12月だけど、いいこともたくさんありました。
 家にいなきゃいけない時間が多かったから、いつも家を拭いて、掃除して、どんどん拭くのがしあわせになって。
 
 前は彼が気づかないとムッとしていたけれど、今はそんなのどーでもいー。自分のために拭いてる。
 どんな事でも、人のためとか思ってやってはいけないのだなあ。



 みみさんが去年、りくくんが去年来たサンタさんをわざわざ送ってくださっていたので。(ありがとう!!涙)
 サンタさんになって、家族みんなで真っ赤な洋服を着て。

IMG_3553


 今夜は彼のご両親とクリスマスパーティ。
 さくさらは欲しかったプレゼントを頂いて、狂ったように喜んでおりました。
  
Posted by yagihana at 15:49

2016年12月24日

さくさら日誌12/24

IMG_3493


 クリスマスの3連休は愛するあき家族と小渕沢へ。

IMG_3509IMG_3507


 クリスマスイブに、あたたかいリゾナーレのプールなんてね。
 もしも行けたら最高に楽しいね!なんて言っていたけど、みんな体調が危ういシーズンだから、実現できたのは奇跡だなあって。

IMG_3556IMG_3501


 そんな、特別もきっととても特別だけど。
 ただ、スーパーでお買い物して、ただ、卵をみんなで割るような。

IMG_3491


 そして並んでお風呂に入った、そんな何気ない時間の方が一生忘れられないよ。
 (1歳のさやの存在感!)

IMG_3490IMG_3488


 優しい愛おしい後ろ姿。
 なんどもなんどもお祝いしてくれて本当にありがとう。

 特別な連休にはるばる来てくれて、一緒に過ごせることが何よりもしあわせなクリスマス。
 ありがとうーーーー!!
 ってずっと思ってたのが幸せ。
 
IMG_3603


 おまけ。
 プールの後の子供達の食欲が頼もしい。

 気づけばオムツをかぶってるさら。
 いつの間に?とか、どこから?とか、なんで?とか思うけど、まあ頭あたたかそうだし。。とみんな見て見なかったことにしてるのが家族のようで(そう?)あたたかい思い出。  
Posted by yagihana at 06:52

2016年12月21日

さくさら日誌12/21

IMG_3459


 37回目の誕生日でした。

 でもちょっとヘトヘトの誕生日の朝。。
 こんなに疲れているのは37年前の生まれた時以来だと思う。あの時も疲れたけれど。(母がね)


 昨夜は彼も飲み会なのでそろそろ二人も眠る準備。。
 のタイミングで、さくが工作にとハサミでちょきちょき切っていたストローを鼻の奥に詰めてしまいました。

「とってもくるちい。。」

 って、泣いているさくの鼻からはどうやっても、ストローが出てこないし。
 夜だし、彼に電話してもつながらないし、必死で耳鼻科に電話しまくって。

 さくさら連れて、車をすっ飛ばして病院へ。無事に鼻からストローが出てきました。
 力が抜けて泣きすぎた。

 男子はいつか鼻か耳に物を詰めて大騒ぎすると、噂には聞いていたけれど、それが昨日のこと。。
 もう、どこをちょっと押されても、涙がダーーー!と溢れ出ちゃうくらい張り詰めているいま。

IMG_3429IMG_3445


 こんな時だけど。
 こんな時だから、愛理に会えるんだって思うだけで泣きそうだったんだけど。

 もう胸いっぱい。一気に元気になりました。
 本当にありがとう。

IMG_3424


 今年初めてのピンクレディが届いていました。
 かおりん、愛するリンゴを、優しい気持ちを、いつも本当にありがとう。

IMG_3342IMG_3343


 久美子さんからいつもお裾分けいただく、このチーズが本当に美味しい。

IMG_3431


 ちょうどカタログギフトで届いた美味しいお肉で、牛しゃぶ。
 彼が準備してくれました。ありがとうね。

IMG_3465


 みみさんが、ルヴァンに行かれた時に、私にも!と送ってくださった美味しいパンたち。

 宅急便の方とタイミングが合わなくて。
 トラックを探して、追いかけて。

 そんなの初めて。
 そんな楽しい思い出も含めて、本当にありがとう!

IMG_3460IMG_3464


 大好きな美香さんも、5分だけでも!!
 と飛んできてくださって少しだけお茶タイム。うぅぅ。笑いまくって話しまくって癒されました。またすぐに!

 そして翌日は愛するあき親子にも。
 そのやさしい存在がもう私にとっての何よりの贈り物だなあってしみじみ。

IMG_3455


 色々あって疲れてはいたけれど。
 今夜は特別に、特別でした。

 たくさんのありがとうを本当にありがとう。

 いつもおもうけれど大事な時間は写真には残せないし言葉も尽くせません。
 今はなかなか会えなくても優しいメッセージをくれた方達、本当にどうもありがとう。

。。

 Feeling unsure and lost is part of your path.
 Don’t avoid it.
 See what those feelings are showing you and use it.
 Take a breath. You’ll be okay. Even if you don’t feel okay all the time.

 今の私にも。
 きっと 大事なあの人にも。  
Posted by yagihana at 16:05

2016年12月20日

さくさら日誌12/20

IMG_3267IMG_3333

 
 ケーキ作りする余裕はほとんどなかった、かなしー12月。
 いつものタルトタタンと、洋ナシとイチゴのプリンパイだけ。

IMG_3297


 1週間近くほとんど何も食べられず、げっそり痩せたさく。

 恐れていた風邪シーズン。
 ドキドキしていたけれど、12月に入って一気にこどもたち倒れました。

 気づけば12月に入ってからずっと、楽しみに重ねてきた予定はキャンセル。

 心配して会いにきてくださる彼のご両親以外は、もう、ほとんどまともに大人と会話していなかったのでした。
 彼が帰宅する頃にはなんだか疲れきって、もうずいぶん笑って話していない。反省。

 微妙な体調の時、他のお子さんには会えないから、少しでも、とさくさらの心を和ませに何度も何度も会いにきてくださった彼のご両親の優しさに、私もさくさらも本当に救われました。



 家事大好きだし、さみしがりやじゃないから全然大丈夫、と言いたかったけれど。
 やっぱり、家のことも育児も関係ない、くだらない話をして他の大人と笑いあうのって本当に心に大事なんだなって、改めて。

 また軽く、「また飲み会があったから行ってくるね。仕事だから。」なんて言った彼の一言で、涙。
 行くことじたいではなく、その、軽さに。
 子供達への心配と病院通いと看病で眠れない、つもりつもった疲れとストレス。

 さくの吐く瞬間には、さっとバケツを出して。
 さらの吐く瞬間には、さっと空中キャッチできるようになりました。なんてかなしい自慢。

 やさしい友人たちのメールに心を励まされて。
 お互いへの共感だけが今のこの時期の救いです。

 自分が大変だなんて思うことが一番自分を苦しめるって知っているのにね。
 自分の未熟さと向き合う日々よ。

IMG_3305IMG_3308


 そんな悲しい12月の今年は、クリスマスツリーを出しても、飾る心の余裕はなく。
 ただの光る木だけど、これもまた、きっと「あんな時あったなあ」の良い思い出。

IMG_3317


 いちくんが今年も素敵なクリスマスソングをまとめて、送ってくれたのでそれを流しながら家のあちこちを拭いている時がしあわせ。

 素敵な音楽だから、キャンドルもつけて。
 いつもの家事がロマンチックに運びます。本当にありがとう!
 かなしー師走の、しあわせな時間。

IMG_3184


 さくさらが倒れる直前に奇跡的に行けた、白金のマルイチベーグル。
 愛理と一緒に、朝の幸せタイム。

 思い出すだけで癒されるよ、本当にありがとう!
 明日会いにきてくれる愛理。もう他のどんなことよりも何よりも嬉しくて、楽しみ。

IMG_3247


 ギリギリの体調でしたが、なんとかクリスマスの演劇に出られたさく。
 
 人参の役、と聞いて心和んだのもつかの間、
「オレンジ色のタイツと洋服をお持ちください。」の幼稚園のむちゃぶりにびっくりしましたが、なんとか。
(ネットさまさま。。でも2度とつかえない。)

 最初の知らない子のご挨拶、から涙が出ちゃって、大感動でした。
 親の新しい幸せを知りました。

IMG_3323


 朝、ドアを開けたらぽん。とこれ。うぅ(涙)素敵なご夫妻から。
 イチゴもだけど、コンデンスミルクがなんて、やさしいんだろうって思うのです。

 「あの、歯磨き粉みたいなのが食べたい!」ってすっかりコンデンスミルク派になったさく。
 歯磨き粉みたい。
 言いたいことわかるよ。



 そんなさくは今日から冬休み。
 幼稚園のお友達がたくさんうちに来てくれてクリスマス会をする予定で楽しみだったけれど、それもまた昨日さらが高熱を出したので、これまたキャンセルに。
 
 残念だね。。ごめんね、となんとなくさくに謝るも、
「ふゆやすみは、ママと会えたらそれがちゃくは一番嬉しいんだよ。あやまることはなにもないよ」
 っていうさく。にジーン。。
 しかしまだまだワガママまくり。

 ふゆやすみ。。
 母も欲しいふゆやすみ。  
Posted by yagihana at 15:12

2016年11月28日

さくさら日誌11/28

DSC_5462


 ディズニーシーの朝。
 8時から乗り物乗りまくって、11時ごろホテルの部屋に戻って、大興奮のこどもたち、一度お昼寝。
 12時のチェックアウト、ありがたいなあ。

IMG_3132IMG_3135


 たくさんの新しい楽しみ、素晴らしさ、発見の二日間でした。
 行くたびに、「今までで一番楽しかったね」って心から言い合える、大満足の時間は本当にすごいなあって思います。

 ショーも良かった。さくさら彼の肩の上で大興奮。
 アンパンマンさんが、商店街の身近なヒーローなら(違うけど)、ミッキーミニーさんは孤高のスーパーヒーロー。
 
 それでも翌日も笑顔で居られる余力を残してこそ、のディズニーだといつも思うので。
 夕方には勇気ある撤退。



ディズニーのチケットはいつも貯まったマイルで交換しています。
 マイルを貯めるべく、コンビニでもカード派。でもさくが4歳になったら子供代金か。。

 でもお金がかかるようになるということは、正当に楽しめるようになるということ。
 と思い込みつつ、遠い目。

さくは、ちゃくのお誕生日にもディズニーね!とはりきりまくり。
 その際は4歳になる1日でも前に。。(せこい

IMG_3151


 帰宅したら、大阪のアッコから毎年届くやさしいやさしいクリスマスカード。

 センスの良いアッコが、アンパンマンのカードを選んでくれたなんて、さくさらの為でしかないなあ。
 なんて、やさしいんだろうって、もう涙。メッセージ読んで、いっぱい涙。

 ディズニーも良かったけれど。
 大事な友達からの一通の手紙の方がずっとずっと心をうつんだな。と改めて。  
Posted by yagihana at 13:35

2016年11月27日

さくさら日誌11/27

IMG_3088


 ずーーっとみんなで楽しみに生きてきた、今日はここへ。
 結婚して以来初めてのミラコスタ。

 さらのお誕生日の記念に。
 なんて。

「2歳のお祝いをしよう」なんて大事な親友たちに言ってもらうと、
「二人目だからほんと、さらっと祝うから気持ちだけいただくね!」なんて言ってたくせに。

 ちっともさらっとしてない。(むしろ自分たちで祝うのはすっごくくどい。)
 でもあっという間に大きくなっちゃうことをわかってる今だからなのかな。毎日祝いたい。

DSC_5432IMG_3101


「ここまでよろこんでくれると、毎日頑張ろうって思うね。。」なんて彼と涙目で。
 それ、去年も言っていたなあ。



 ディズニーランドにドキンちゃんを持ち込むのはやめて欲しい。
 「アンパンマーン!」って叫ばないかドキドキ。

 前回はトトロの帽子かぶっていたなあ。。

 ディズニー、ジブリ、アンパンマン。
 それぞれの素晴らしさよ。背後にはたくさんの人の愛と絶え間ない努力。

DSC_5438


 大雨だし、夜だし、今回はシーだから、今日はそんなに楽しめないかな?
 と思ってたのにね。

DSC_5439IMG_3110


 ものすごく、素晴らしかったのでした。
 これしか写真がないのが、逆に楽しかった夜をおもいます。
 2歳と3歳になって、ディズニーで楽しめることがものすごく増えました。

 大混雑のショーの中で、いきなりブーツをなくしましたが。
 「ディズニーだからすぐに見つかるね」
 なんてすぐに思えるのもすごいことだとおもいます。後日、無事に送られて来ました。



 私たちは、一瞬で筋肉痛となった体をほぐしながら、背中と首にロキソニンテープをはりあって明日に備えます。  
Posted by yagihana at 16:03

2016年11月26日

さくさら日誌11/26

IMG_3036


 今日は明日が祭りなので、心と体を整えるべく気持ちのいいところ巡り。

 朝は、二子玉のロンハーマンカフェで彼のご両親と朝ごはん。
 子どもたちに優しくて心地よいので好き。

 ボリューミーなサンドイッチも十分に美味しいのでしあわせ。

IMG_3047IMG_3053


 次の気持ちいい場所はみなとみらい。
 ほんと、よく来ていたなあ、、の大桟橋。

 よく行っていたのに最近全く行っていないなあ。。の場所は、他に湘南、イギリス。。
 うーー(思い出しちゃった)

IMG_3062


 胸元で眠る、最後の時代かと思うと、寂しくってジーーーッと見まくっちゃう寝顔。
 さくはもうここでは寝ないもんね。

IMG_3060


 閉店するという噂の桜新町の美味しい魚屋さん「神田屋」へ。
 すっっごい賑わいだった。
 そして経営が変わるだけでした。

 タラが素晴らしい厚みで美味。
 東京の近くて美味しくて安いお魚屋さん探しの旅は、まだ入り口におります。

IMG_3063IMG_3077


 母方の親戚が、実家にたくさん集まりました。
 とにかく大きなケーキを作りました。
 私のいとこたちの子供たちが今やたくさん!

 みんな、親の顔になっちゃって!と思いかけたけど、そうでもない。
 昔のまんま。
 友達ほどあつく仲良くはなくても、小さい頃からずっと会っていた人たちと、分かり合える特別な空気って実はものすごく、、宝物。

DSC_5415DSC_5409


 いとこたちと同じ時期に子育てできるのって本当にしあわせなこと。
 みんなでオムツを替えております。

 保育園のようでした。  
Posted by yagihana at 09:27

2016年11月25日

さくさら日誌11/25

IMG_3011


 あきに頂いたバラが、今の私の心と家の彩り。
 ありがとうね。

 11月22日の朝にも、「いいふうふの日か。」と思ったのに余裕がなくて怒っちゃって。
 ちっともいいふうふじゃないよなあって、思っていたら、彼がバラを買ってきてくれました。
 いいおっとの日であった。もらったから思ったのではなくてね。
 いいおっと、の日なら1年の360日くらい、そう。(あとはまあだいたい二日酔いで死んでる日)



 お誕生日祭りがあけて。
 さくさらはちょっと体調を崩して。
 私も一気に力が抜けて、部屋で体育座り。の気持ち。
 いや、本当は動いてるんだけど、気持ちは部屋の隅っこにありました。

IMG_3022


 ゆうこファミリーと朝のイケアで朝ごはん。
 朝はまだ空いているので、子どもたちは自分たちだけで大人っぽい気持ちで食べてます。

 そんなことができるようになってきちゃったなんてね。
 すぐこぼしたり、落としたりして、ギャー!ってなるけどね。
 子育ては一瞬なんだなあ。

IMG_3159IMG_3031


 二人が、おやつには顔がついてるのが普通、と思ってしまってる。
 ので、超急いで顔をかく日々。(もはや誰の顔でもない)

IMG_3190


 いつもお箸の先で、ちょんちょんつけてるけど。
 やっぱり絞り出し袋はつよい。

IMG_3299


 相変わらず図書館大好き。
 最近は、からだのしくみに興味津々のさくに。リアルすぎかと思ったけど喜んでいたのでよしとしよう。

 さくはウォーリーを探せ、系が大好き。
 さらには、アンパンマンの紙芝居。

 こんなのも借りられるんだなって、いちいち驚き。

 知育って言葉に、ものすごく興味がないけれど。
 知っているっていうのは、やっぱり楽しいなあって思うから。
 知らないことがこんなにもたくさん、ということを知る日々。きっと一生そうなのでしょう。

IMG_3298


 玄関を出たところに置くように、と母がお花をくれました。
 さらは家を出るときも、帰ってきた時も、お花に話しかけております。

 そして曇りガラスのところに、大好きなキャンドル立てを。
 出て行く時も、帰ってきた時も、ちょっと嬉しい心の種まき。

 ちょっとしたことで毎日ってぜんぜん違うものです。
 そのちょっと、が余裕がないと本当に難しいのだけど。

 毎日、30秒だけ口角を上げる、ってのもそういえばぜんぜん続いていません。(やってたのね
 つれづれ日記。  
Posted by yagihana at 12:12

2016年11月21日

さくさら日誌11/21

IMG_2955


 さらのお誕生日。
 ケーキを食べないさらこには、大好きなジャガイモのガレットを。(兄に狙われてる)

IMG_3010


 昨日頂いたアンパンマンのパン工場。
 ついにうちに大型なアンパンマンのおもちゃが。



 子供が生まれる前は、アンパンマンさんだとか、なんとかジャーとか、ぽぽさんとかメルさんとか。
 家に置きたくないなあ、シックな木のおもちゃがいいな。

 なんて夢見がちなことをほんのり思っておりましたが。
 子供はカラフルなプラスチックが好きなんだもの。
 そしてやっぱりアンパンマンは最強なのです。大歓迎。

DSC_5367DSC_5365


 お誕生日だからね。
 やっぱり特別な時間を。大好きな人に会いに行きました。

 魂抜けきったあつい視線の先には。

DSC_5371


 アンパンマンさん。

 さくもギリギリ、アンパンマン好き。
 一緒に楽しめるのは年が近くてよかったなあって思うことの一つ。

IMG_3028


 アンパンマンさんたちって、本当に神対応。
 自分のために、しゃがんでくれた彼らを、さくさらは忘れないよ。

IMG_2997IMG_3006


 みんな優しい。
 本当にありがとう。

 さくは以前、ここでホラーマンとばいきんまんに、ぎゅーーって抱きしめてもらってから、その二人が大好き。

IMG_3160IMG_2982


 ここに来たら外せない、アンパンマンのパンやさん。
 まだ、この中ではカレーパンマンさんが栄養があるんじゃないかな。。ほんの気持ち。

 カレーパンマンさんがいいんじゃない?
 って囁いていたので、カレーパンマンさんを選ぶ素直なさくよ。

 そして、さらこはやっぱりドキンちゃんに一直線。
 顔がチョコレートなので、さくに続いてうっかりここでチョコデビュー。
 そういう人って多いと思う。。(と前にも思って前にも書いたなあ)



 肉まんは彼。

DSC_5340DSC_5339


 短い時間でも大充実。
 平日はガラガラのアンパンマンミュージアム。

IMG_3008


 家でもね。
 しつこく、しつこく、ろうそくフー。さらの大好きなイチゴに乗せて。

 目力で兄を牽制中。

 二人目の子供は親を助けるために生まれてくる、ってよく聞くけれど。
 本当にその通りだなあって思う、さら。
 2年間、助けてくれて本当にありがとう。
 彼女にbeautiful lifeを。
 というか色々あるけど、life is beautiful だって思うlife だといいなあって。(くどいなあ
 願ってやまないこと。  
Posted by yagihana at 09:24

2016年11月20日

さくさら日誌11/20

IMG_3033


 今日は、彼とさら、の隣に母も加わって。
 彼のご両親と、私の両親と、甥っ子のともくんもきて、みんなでみんなのお祝いを。

IMG_2935DSC_5322


 ローストビーフに手巻き寿司にカニまで。

 盆と正月がいっぺんに来たみたい!(っていう人はよくいうよね)
 だけど彼とさらと母がうまれたんだ、盆より正月より大事な日なのは間違いない。

IMG_2941


 今日もケーキにろうそく、ふー。
 さくの肺活量はこの頃大幅にアップした。



 ママっ子のさらを見ていて、いつも思い出すのは、母っこだった自分の姿。
 結構大きくなるまで母の膝に乗っていた記憶あり。
 眠れない夜は母のベッドにしのびこめば、すぐに眠れた思い出あり。

 世界一優しい!
 なんてキャラの母ではなかったけれど、スッキリさっぱり、器用で男前の母。助ける時は惜しみなく。

 今、わたしが真ん中の世代として感じている、たくさんの感謝の気持ちも、さみしかった気持ちも、さらが大きくなるまで大切に忘れないでいたいなあって思う今なのです。

 毎日が本当に楽しそうで、年を重ねるたびにピカピカになっていく母。
 その姿を子供に見せてくれることが一番の教育なんだなって最近思うのです。  
Posted by yagihana at 11:11

2016年11月19日

さくさら日誌11/19

IMG_2901IMG_2900


 大好きなみんなが、彼のお誕生日のお祝いに来てくれました。
 ゆうこが作って来てくれた、さらへのアンパンマンのグラタンが泣けるよーー。

DSC_5313IMG_2911


 ケーキもね。
 おとなになってから、ろうそくフー。は何度やったっていいってすてきなことを知った。

 一人でもできるけど、一人じゃ絶対にしない。
 大事な人の存在が必要不可欠なこと。
 だから、ろうそくを立てられるしあわせに感謝なの。

 こどもたちは全てをひっくり返しながら、こどもピクニック。
 ふふ。楽しそうで嬉しい。

DSC_5304DSC_5312


 あき、はじめさん、ノズ、岡田くん、ゆうこ、和田さん、愛理、ヒロさん、かほ、さや、くーちゃん。
 みんながみんなの大切な人を当然のように大切にする姿に、いつもじんわり。

IMG_3163


 涙が出るほどずっと笑っていたけど、やっぱり本当は泣きそうだった。
 ふと、見ると、彼がおじいちゃんのようにニコニコ笑いながらみんなを見守っていて。

 そこのおじいちゃ〜ん。
 と思いながら、彼も今すっごくしあわせなんだなって思って、みんなに本当にありがとうってなんどもなんども思いながら、酔いつぶれた(潰れたんか)しあわせな夜のこと。
  
Posted by yagihana at 15:53

2016年11月18日

さくさら日誌11/18

IMG_3158


 寒くなってきて毎日大活躍、可愛い手袋。
 (そしてサラが毎日持ち歩いている、つまり私も毎日持ち歩いてるドキンちゃん。)

 みみさんが、さら出産直後に、

「おでかけできるようになるまで頑張ってね!」
 って送ってくださったもの。

 一緒に送ってくださったネックレスも見るたびに、ジーン。

 私は手袋やネックレスっていうよりも、みみさんの優しい気持ちを身につけているんだなと思う。
 絶対になくすことのないかけがえのないもの。

IMG_2850


 ママになったあゆちゃんに久しぶりに!
 ともちゃん、あきと一緒に会えました。みんな可愛いママになっちゃって。

 母になっても、誰もちっとも変わらない。
 その人が、よりその人らしくなるなあって思います。
 いつも思う素敵なこと。

 いくつもの楽しい夜を、お酒と共に過ごした友達。
 きっといつかまたそんな日が来るから、今は今の楽しみを。
 同じ時代に子育てできる幸せを本当にどうもありがとう!  
Posted by yagihana at 13:24

2016年11月17日

さくさら日誌11/17

IMG_2924


 彼の好きなレモンパイも作りました。
 今週は母のお稽古のケーキもあって、いつもケーキのことを考えて、いつもケーキの準備をして生きていた一週間。
 なんだか昔みたいでしあわせ。。
 いつもいつもケーキのこと考えてたなあ。

IMG_2890IMG_2879


 毎年、彼、母、娘、と続く11月のお誕生日リレーは、あまりにも大切で、アドレナリンが止まらない。
 
 壁にマスキングテープで描く似顔絵も、こんなの一瞬で、その場で作るんだけど、なんか似てるのだよね。

 「似てないと思う。。」という彼に向かって、「パパだ!」と叫ぶさくさらよ。
 残念ながらそれが似てるんだ、かなり。

IMG_2880


 本当は、「ママがいい〜ー」って泣いて叫んでおりました。

 こんなに優しくて愉快なパパなのに、みんなママっこ。
 ママは特に優しくもなく愉快でもないのにね。ママってだけ。その立場は偉大だ思う。

IMG_2857IMG_2855


 幼稚園のおともだちにいただいた、素敵なさらのお洋服。
 その中に入っていた、オムツ圧縮袋に大喜び。の図。

 もうすぐ2歳。
 1歳のさらにはもう会えないかと思うとさみしいけれど2歳のさらも楽しみ。

 3歳までしか育てたことないから、(経験値せまっ)わからないけど。
 総合的に振り返って、2歳って1番大変だった気がするのでドキがムネムネ。  
Posted by yagihana at 09:13

2016年11月16日

さくさら日誌11/16

IMG_2812


 みあげてるみあげてる。

 彼のお誕生日。
 かなり前からワクワク考え始めたけど、やっぱりさくさらの動きは予想の斜め上をいくので、カオスな夜でした。

 そう、ならないように夕方からせっせと、母は二人をお風呂につけて、二人の大好物のミートソースを与え、フルーツを与え、好きなテレビもつけておいたのに。

IMG_2781IMG_2786


 もう全部先に作っちゃった。
 アクアパッツァ、チャーシュー、シーザーサラダとチリコンカン。

IMG_2774IMG_2782


 タコスなんて、彼の帰宅時にはほとんど残っていませんでした。
 小さくなったチャーシューもほとんどさらに食べられて。

IMG_2801IMG_2797


 二人とも、オムツかぶって、裸になって、全てをなぎ倒しながら大騒ぎ。
 、、ねえ、いつもよりひどくない?

 でもみんな揃って元気にお祝いできたからよしとしよう。
 完璧なお祝いに、ぐったりとした家族、よりはいいもんね。(いつもこうやって想像して心慰めてる)



 ラブラブなんかじゃ全くないけど。(全否定。。
 世界で唯一、わたしがわたしらしくあれる、ありのままのエルサでいられる(人違うけど)、彼に、どれだけ感謝してもしたりない今日この頃です。彼がいなくなったら生きていけないので、お誕生日に、本当にありがとうって思うのです。

 ずっと、根本的な自信がもてず、内心本当にきつかった人生、彼に救われました。
 わたし、わたしでいいんだ、ってやっと思えたというか。

 彼ほど頭と心がいい人に、わたしは会ったことがない。
 尊敬しているのです。尊敬、って強い気持ちだと思う。

 おおらかであって、でも鈍感、というのは簡単だなあと思うけれど。
 おおらかでありながら、人の(というか私の)繊細な悩みポイントには繊細に気付いて、共感してくれるのって本当にすごいなあっていつも思うのです。

 他にもたくさんすごいなあって、毎日思うのだけど。
 同時に毎日余裕がない私なので、感謝できたりできなかったりするけれど、お誕生日おめでとう!(まとめた
  
Posted by yagihana at 16:16