2011年09月24日

冷却蛇管



朝晩、大分涼しくなってきました。また苦手な冬が来ます。一年早いものです。

今回はもろみを冷却するための「冷却蛇管」。この管の中に冷水を通し、もろみを間接的に冷やします。もろみの中には目に見えない生き物の酵母が元気に生きていて、発酵しています。その際、熱が生じてもろみ全体の温度が上がってしまいます。上がりすぎてしまうと、酵母は自分達の熱で死んでしまいます。なので、この器具で一定以上に上がらないように制御します。

発酵中のもろみはボコボコと対流しています。生きていることを実感する瞬間です。

yagisyuzou at 08:40 
訪問者数
  • 累計: