2012年03月15日

バイオ苗



先日、とある研究教育機関までトラックを走らせ、いただいてきたサツマイモのウイルスフリー苗。

この苗をビニールハウスの苗床で栽培し、親苗から育った子ども苗を畑に植えていきます。

芽から無菌状態の試験管で育てた苗は、畑で継代していく種イモを使うよりも形質転換しにくく、遺伝子変異も起こりにくいです。そのため、安定した品質、収量が見込めます。

毎年、種イモから栽培していると、質が変わっていってしまうため注意が必要です。

ウイルスフリー苗、自社で作れるようになりたいな。やっぱり研究設備ほしい。。

yagisyuzou at 13:02 
訪問者数
  • 累計: