2006年05月

2006年05月31日

まいう〜なひととき

697a146c.jpg前の車みたら、『MAIU』ってなってた。。。まいう〜?

今日はさぁ〜、横浜で仕事が早く終わったんで、前から気になってた近場のジムへ行ったんよ。

はじめて行くジムだし、どんなマシーンや設備があるのか知りたくてね。

そこでさ、もうかなり年配とみられる人と知り合ったんだ。

お互い挨拶してたら、「なんかスポーツやってるんですか?」て聞くから、俺は
「はぁ〜まぁ〜(^o^;」ってさ。そしたらこの人が「私はね〜極真を30年ほどやってましてね。」って。

「でも癌になってしまって。。。直腸癌でね。ほらこんな傷ですよ。」ってT-シャツをめくって見せてくれた腹には、縦・斜めにグァーっと手術のあとが!

「今では肝臓に転移してしまってねー。肝硬変で今日も点滴打ってからジムで汗かきにきたんですよー。」

俺は一瞬ことばを失ってしまった。。。

。。。剛志と最初に出会ったとき、俺は普段いつもファンの人から言われていたことば、そして当たり前の様に自分でも言っていたことば

「頑張って」

のひと言を言おうとしたとき、ためらってしまったことを思い出した。

だって、彼は俺なんかに言われなくてもすでに充分「頑張って。」いるのだから。

それ以来、ここぞという時以外「頑張れ」とはあまり言わなくなったんだ。

そのかわり「思いっきり楽しんで!」に言い方を変えた。

人生は一度きり。明日どうなるかなんてわからない。だから、心に悔いが残らないように、今日一日をお互い思いっきり命燃やそうぜ!って意味でね。でも刹那的なのはマイナス。自分勝手なのはひとにも迷惑がかかるし究極、犯罪にもなる。だから「思いっきり楽しもう!」となる。

ジムで出会ったひとにも「その一日をめいっぱい燃えて生きてる生きざま、尊敬します。今日はパワーをいただきました。ありがとうございました!これからも楽しんで燃えていきましょう。」と俺は言った。

本当は安静にしてなきゃいけないのに、点滴打ってジムに来ている。なんという生命力なんだろう!って考えたら、

俺、恥ずかしく思えた。

俺、色々やってて正直、時間ないなんてちょっとでも思う瞬間があったことを恥じた。

こうやってちょっとの時間でもアクティブに動くと、出会いがあり感動があったりするものです。

その人はこう言った。

「人生は闘いですよ。いま僕は癌と闘ってるんです。この闘い、負けられないよね。」


そうだ!このブログは遠くで毎日を思いっきり楽しんで命燃やして生きてる君へ、パワーを届けるブログにしようって考えてたんだよな!

このパワー(力)が、君のパワーへ使われますように!

ジムで汗流してシャワーあびて出てきたら、ロバート会長から電話。

寿司屋にいるから来なさいと言われ、うまい寿司をゴチになりました!

あ〜しあわせだ〜やっぱり人間は、うまいもんをうまい!と感じて食えるこのひとときって大切だ〜ね〜。。。自然と感謝の気持ちになる。

あ〜〜「まいうぅ〜」。。。って、そこにつながるかっ!!

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月30日

とある日の日常

84c4cb5c.gif昨日は朝から、東放ミュージックカレッジで、俺のクラスで講義。

その後は、ジムで汗流し。

その後は打ち合わせ。

その後は、ギター弾きにスタジオへ。

家帰って、DVDで映画観る(JIM JARMUSCH の『COFFEE AND CIGARETTES』これお薦め!役者やミュージシャン同士のからみあいが最高!
トム・ウェイツとイギー・ポップ
ビル・マーレイとRZAとGZA
スティーブン・ライトとロベルト・ベニーニ
特に最後のテイラー・ミードが最高だった!)

そして、今日は、朝から横浜で仕事。

夜、ジムへ。

家帰って、本読んで、映画鑑賞(THE OUT-OF-TOWNERS)

そして瞑想。

こんな俺の日常ってどうよ?!つまんない?そら聞いてる方はつまんないわなぁ〜、普通すぎで。

そらぁ、もっともっと人とあいたいし、友達とあってリラックスもしたいし、もっと表現の仕事も増やしたいっすよ。でもね、こういう日常の積み重ねも非常に大事なんだよね。もちろん。

俺って一見派手に見える?いやいや意外に普段は普通で地味なんだよ。(でも夢は、後ろにジャグジーのついてる真っ白な長ぁ〜いリモで、まわりにブロンド美女はべらせて街を走ることだが。。。って、昔のロックスターかっ!)

これ観てくれてる人たち、いつもありがとー。俺、別に芸能人やミュージシャン、俳優、レスラーとか、ぜんぜん関係なく、つきあってるからさ。その区別が俺の中にないんだよね。だって芸能人とかも、テレビや舞台で人前に出てるときだけ表現者なわけで、それ以外は人間ジャン!人間に対して良いも悪いも何も区別なんてないのは当然だろ?

俺、ぜんぜんミーハーじゃないんだよね。ってかそういう感覚すらないんだ。有名人だろうがなんだろうが、なんとも思わない。ただ、あ〜この人は何の仕事で今何をやっているんだろうか?ってそれしか興味ない。

俺の興味は、肩書きでもなんでもないんだ。ただ、その人間が今まで何を観て何を考え、何をしてきたか?それだけなんだ。だからその人が今までやってきたことに関しては、逆にものすごくリスペクトするよ。

ときに芸能人に限らず、一般の仕事してる人のほうが、すごく興味深い人生送ってる人がいたりするもんだ。俺、そういう人と出会うと話したくてしょうがなくなるんだ。

女性に対してもそうなんだ。だから年齢下だろうが上だろうが、女性の友達も男性と同じくらい多いよね。女性からしてみたら遊んでるようにみえるかもしれないけど、それはそれでね、いいんじゃない?人は見た目で判断する生き物だから。でも、ほんと俺は女性を好きになるときも、性格やその人間性に興味を抱くほうが早くてさ、まずは人間として好きになるんだよな。

だから俺と仲いい人は、みんな、人間的にとてもすばらしい人たちばかりだと覚えておいてくれよな!

それにさ、歯に絹着せず言うけどさ、もう俺は、いくら仕事上で利害関係があっても、嫌な人間とは付き合いたくないんだよな。俺の言うイイ人間って、なんか感じるんだ。なんか感じる人。

「あぁ〜この人、魂が高いとこにあるなぁ〜」ってさ。

そんで、おれ自身、嫌な人間と人から思われたくない、なーんて、これっぽっちもおもってないんだよ。好きに俺を判断してくれて結構。俺は俺の好きなように生きていくし発言もするし、表現もしていく。それをいいな!と感じてくれる人だけが俺を評価してくれれば良いんだ。うんそれでいい。

それに嫌われて結構!だって俺はヒールだから、こいつ嫌いだーって、こいつ倒せーって思われてなんぼのとこがあるからさ。それも評価のうちさ。

間違って捉えられる事を恐れずに言うならば、俺はそれだけ今までやってきたことと今やってることに対して自信がある。ん〜自信っていうのかなこれなんだろうか。。。確信?何かをつかんでる確信があるから、あとはそれをどのタイミングで出すか?だけなんだ。

もし俺を否定してる人間がいたら、ていうか、雑誌で評論家がアーティストを批判してたり、よく2チャンネルかなんかで他の人のことを否定なんかしてる人の記事を見ると、そんな人を批判してる暇があったら、自分の人生もっともっと充実して生きてみればいいじゃん。って俺は思えるだけだよ。

批評家・評論家は、批判したら終わりだね。俺はそう思う。その時点でそいつは批評家失格なんじゃないかな。だって人を批判するって簡単でさ誰でもできることだもんな。誰でもできて、実は誰もできないんだよ。人が人の人生を批判するなんて誰もやっちゃいけないことなんだぜ。作品であったり、ライブであったり、表現者が表現したとき、その人のいいところを見つけてみなよ。それって聞いてる方も楽しくなるし、自分自身がその全部が勉強になることだし、やがて自分に帰ってくるんだぜ。その方が、お得感たっぷりじゃん。なのに人を批判しかしない人を見ると、「馬鹿だなぁーこの人。。。」って思っちゃうんだよね。ほんとレベルが低すぎるよね。

中でも音楽評論家ってどうよ?!俺あんま好きじゃない。その昔、某音楽雑誌でKISSやQUEENをボロカスに書いてた某評論家がいてさ、彼らが売れて世界でも認められるようになってきた時、そいつコロっと批評が変わったんだよね。それ以来、音楽評論家っていい加減だな−ッて思ってる。ポリシー持ってる振りして実は何ももっていない。彼らミュージシャンじゃないのに、ね。音楽好きな人間として感性を疑っちゃうんだよな。

もっと客観的に、もっと入れ込んで、もっとセンスを磨いて、素晴らしい批評を期待してます。そしたら、評論家って大変な仕事だよね。って俺の中で変わるんじゃないかなぁー。

今度一度、色んなジャンルの評論家の評論を、逆に分析して評論するって企画どうですかね?!

え?なに?今日はいつになく辛口だって?まだまだっしょ!え?そういう俺も評論家のことを批判してるってか?!。。。反省。。。

昨晩、寝てるとき、誰か女性が俺の脇をくすぐったんだよね。びっくりして飛び起きたもん。もちろんひとりだぜ。あれ誰だったんだろ?ちょっと恐っ!

yaguchi16 at 23:00|この記事のURL

2006年05月29日

屋根裏

405da5b8.jpg昨日は遅く起きて、ジムへワークアウトしに出かける。汗かいてシャワーあびてさっぱりしてから、渋谷の屋根裏へ。

横浜で友達のRA-SE Soundsのさだ君(21歳)のライブに行ってきたんだ。

さだ君から「今度一度自分たちのライブ来てくださいよー!」って言われてて、約束を守ったってわけ。ライブはよかったよ。色々展開していくみたいだし、今後が楽しみだね。さだ君とも不思議な縁だよなー。。。


話は変わるけど、ここ屋根裏は、実は、俺がライブハウスデビューしたところなんだよね。

高校2年の時、友達だったシンガーのアレクサンダー・イーズリーのバックでブルース弾いたのが最初。

アレックスとであったのは、高2の夏、ライブアンダーザスカイというジャズのライブの時、たまたま知り合って、それから色々、ラジオ局やレコーディングスタジオやライブハウスなど、プロの本物の現場に連れてってもらった。その体験と、ニューヨーカーのアレックスから話を聞いていて、俺もボストンへ行こうと思ったんだよね。

木村カエラちゃんがCMで歌ってる「タイムマシーンにお願い〜」のバックで演ってるのが、名盤「黒船」の本物の『サディスティック・ミカ・バンド』(加藤和彦、加藤ミカ、高中正義、小原礼、高橋幸宏(初代ドラムスはつのだ☆ひろ)、今井裕)なんだけど(それも感激だよね)、加藤和彦さんが抜けた形の『サディスティックス』のアルバムや高中正義さんのアルバム『READY TO FLY』などでアレックスは歌っているんだ。

ゴスペル出身でファンキーなアレックスの歌は、当時高2だった俺の頭と魂をシェークしたよね。

高2で屋根裏で、ブラック系のシンガーのバックで、ブルースやファンク弾いてた俺って、今なら普通なことかもしんないけど、その当時はかなりトッポかったよね。

今の俺は、17歳のころのように、トッポくカッコいい生き方をしてるだろうか?

いつでもファンキーな人生を生きていきたいぜ!それが俺のもともと持って生まれた性格なんだよな。

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月28日

インリン・オブ・・・

5fa371ac.jpg昨日の夜、テレ朝のワールドプロレスリング中継で、俺が写ったらしいね。俺観てねぇんだ。

昨日は横浜で仕事を終え、高校のクラス会へ行ってたんだよ。

高校1・2年の俺らのクラスは仲がいい。組長である俺の親友、蔭山のパーソナリティーによるものだろう。

でも、10人くらいの少人数だったけど、そして、俺がレスラーになったのも、こんなにもでかくなったのも(高校のときの体重70キロ、今145キロ。。。なんと!倍!!)知らない同級生も多く、びっくりしていた。そりゃぁそうだろう。

来ていたよっさん(門倉君)が、「同級生の〜とこの前あってさー、やつは今すげープロレスファンらしいんだけど、俺が矢口の話したらサー、あの同じ学校の矢口と、あのレスラーの矢口が同一人物だったって初めてその時知ったらしく、その驚きようったらなかったよー!!」って言ってたよ。はは。。。

だいたい、高校のときは「もこみち」だったからなー。。。俺が言うと、みんなで、「もこみち、その頃いねーからっ!」「あー、あの、飲む前のもこみちねー」とかつっこむつっこむ!。。。いいよな。クラスメイトって。何も利害関係ないし、その頃にパッと戻れる。

担任の先生の、通称『だんな』(男子の呼び名、女子は『がり』と呼んでいた)も来てくれて会えたからうれしかったよ!

高校のころ、俺はバンドもやっていて、他校の生徒とやってたんだが、毎年、文化祭用にこのクラスでバンドを組んでて、そのうち2人の女の子も来ていて会えたよ。

その頃のバンド名は『イーストウエストラインズ』だったよね!って言いながら。。。なんか横文字だが、東西線ですから。。。

クラスメイトの石黒は2年前、仲内は昨年、2人とも若くして突然死んでしまって、このクラスから2人も亡くしてしまったけど、この日は、2人もいて笑ってたような気がした。この日だけは昔に戻っていた。

俺らはまた明日からそれぞれ今を生きる。もっともっと日常を大事にして、いっぱい恋して、いっぱい泣いて、いっぱい楽しんで、いっぱい笑って、いっぱい前へ進んで、いっぱいまた、こうしてみんなとあいたいなー。。。もっともっと。。。そして今。。。君はどうしてるのかな?。。。君に会いたい。。。

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月27日

ボクシング界の人気者

52ea6b39.jpg昨日は昼、関内の蕎麦屋『利久庵』にいった。ここの蕎麦も絶品!かえしが辛くないのでたっぷりそばを汁に浸けて食べるとうまい。ここの店主に挨拶。なんか天然系でおもしろい。でも蕎麦の喰い方には小うるさい(^o^;

ここ、出川さんの親戚の家なんだ。

ほか関内には、サザンの原坊の実家のてんぷら屋とかある。

そして夜は、渡嘉敷さんと関内いちの寿司屋で激うま寿司を食う。

なんかで秋葉のメイド喫茶の話になって、したら渡嘉敷さんが

「あそこに行く時、みやげ持ってっちゃいけないんだってね?」って言うから

「えっ?そうなんですか?!」って俺が言ったら

「メイドのみやげ。。。」

いつ会っても気さくで明るい人だ〜渡嘉敷さんは。

前に、渡嘉敷さんの昔の話を本人から色々聞いたことがあって、そのガッツと行動力に共感、というか尊敬するようになった。

やはり、『世界』を取った人間は違うね。


yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月26日

土俵入りか?

66010cc8.jpg昨夜は大嶽部屋(貴闘力さんの部屋)の関取たちと楯山親方(元関脇・巨砲さん)それに相撲の呼出しの方と夜一緒に飲む。

みんなで店のエアコンが効かねぇ〜とガンガンにしてもらうが、女の子達は寒そうだった。

しかし同じような体系がいると心強い。ここら辺だけサザンアイランド?。って気温と湿度が高いから。トロピカールな気分てか?トロピカールに恋してーる。。。

そうそうよくこの季節になるとオーラがたくさん出てるねって人に言われる。って、あなたに見えてるのそれ湯気ですからっ!!

しかし、お相撲さんってビンづけ油の香がして浴衣で、どこからどーみても、関取ってわかっていいよな。

何事もイメージってのは大事だ。ひとは見た目で判断する生きもの。

そこへいくと、どこからどう見ても福山君なこの俺は、ぱっと見、いったい何者だかわからないよな。ってどーみてもプーさん?!

ちなみにでかいなーって思ってた一緒にいた関取衆の誰よりも、俺が一番でかかった。。。


yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月25日

あと10センチだけ

a4550974.jpg先日、俺の大好きなボーカリストのブログを覗いたらこんなことが書かれていた。

ある日仕事で地下鉄に乗ったら、その人のまわりにいた人達みんなの顔が、とても辛そうに見えて仕方なかったらしい。

その人には赤ちゃんがいて、「いつでもゴキゲンのムスメの顔ばかり見てるせいかもしれないけれど。」と話している。

「みなさん、それぞれ大変なことが、いろいろあるのだろうけど。顔色悪いし、何かが過剰だ。」と。

女の子たちのオシャレも過剰。俺って仕事バリバリだぜオーラも過剰。そうかもしれないな。。。

そして「もっと自然なアナタでいましょうよ」って俺にメッセージをくれたような気がした。(勝手に)


普段人前で自分というもうひとりの自分を演じて観せていると、時々、うわぁー!!っと叫びたくなるときがある。

非常に謙虚な自分と爆発寸前の自分が、その役割を超えてお互い前にでようとする時があって、それはある意味力強いアートにもなるが、紙一重で調和や流れをぶち壊しストップさせる駄作にもなる。

俺の人生って日常生活はどーしよーもない人間かもしれない。本当に大切にしなければいけないのは、人間関係や恋愛だったりするのにな、優先順位が逆転してるからかな。

日常では嫌なこともほんとは多い。たまらなく感じる時もしょっちゅうだ。その中からも、前向きに、なんとか楽しいことを見つけだそうと必死でもがいてるよ。「人」に裏切られ嫌な思いをし、でもその「人」がいなければ今の俺はいないわけで、へこたれさせられるのも「人」だし、俺を救ってくれるのもまた「人」だ。でも嫌ぁ〜なハートを持ってる人はけっこうまわりにいたりして、そんなネガティブマインドに触れてしまうと頭に来てしまい、そして心は傷つく。。。心が傷つくと、とてつもなく悲しくなる。

悲しいことをひとつひとつすべて自分からなくそうとするならば、表現することを今すぐにでもやめなければいけないくらいなのに、いざやめたら自分という存在を肯定するものがなくなり、生きていることができなくなりそうで恐くてできない。

結局、自分はどうしようもなく弱くて、強くイキタイがためにこうした人生を送ってるのか?と考えると、なんと自分勝手な人間なんだ!と自分に腹が立つ。

仲のいいある芸能関係の女友達が言ってた。

「自分が人前に出ると、疲れちゃうのはわかってるのに、つい演じてしまう自分がいて。

この前あまりに疲れて、その仮面を自分で取ろうとして、素顔の自分の顔を鏡に写してみたら、、、素顔の自分とその横に並んだ剥がした仮面とが、同じ顔だったことに気付いたのよ。」

「でもそれに気付く前と気付いた後じゃ、気分が全然違ったの。」


また、ある女友達はこう言ってた。

「今年の目標はあと10センチ腕を伸ばすことなの。あと10センチ腕が伸びたら、今まで抱えきれないいろんなことが少しだけ抱えられるようになると思うの。」


女性って感受性が鋭い。だからシャーマンになれるのだろう。母性って偉大だ。俺はその言葉に助けられたな。

俺もあと10センチだけ、お腹をでかくして、後ろから抱えきれないほどの腹になろう!

ある意味バックをとらせない男。矢口見参!

yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月24日

歌姫

6fe81ef8.jpg“SOUL SOURCE”CHISATOちゃんと、ポエトリーリーディングの話をしていて、ふと、思ったのは

“さいとういんこ”さんのこと

俺、今の今まで、ずっと女性ボーカルバンドやってきて、また、女の子ボーカルのバンド(日本のね)聴いてきて、

いまだかつてこの人を超えたボーカルに出会ったことがないんだよな。

昔々、俺はガキの頃、この人の歌声と詩と世界観にしびれてしまって、今でもずっとそれを追っているのかもしれないなーと。

YUKIにもデビューしたての頃あったし、aikoもインディーズの頃からずっと好きだが、もちろん二人ともそれぞれすばらしいんだが、俺的にはまだこのひとを超えるひとは現われてないんだよね。

今でも、ものすごく憧れの人だなー。

プリプリがまだ赤坂小町だった頃の奥井香が、レベッカがまだシャケさんがギター弾いてた頃のノッコが、「この人みたいになりたい!」と憧れてた人だぜ。自ら歌うのはもちろん、作詞家としても小泉今日子さんなどに詞をたくさん書いている。今では、リトルエルニーニョレコードというレーベルを立ち上げ、ポエトリーリーディングをされている。

最高に素敵で、いつまでもラヴリィな人。

“歌姫”って、この人以外に当てはまらないんだよなー俺的には。

リトルエルニーニョ。。。こんな嵐の夜にふと想いだす。。。今でも、さいとういんこさんのことを考えると、俺はこうやって心が崩壊してしまう。。。にゃんこさぁーん!!壊

yaguchi16 at 23:00|この記事のURL

2006年05月23日

そばやそば〜やぁ〜♪

65a99368.jpg今日の元気が出る画像はこれだ!!

初台オペラシティ隣の立ち食い蕎麦屋『加賀』

ジャンクフードマニアな俺としては日本のジャンクフード“立ち食い蕎麦”にも眼がないんだが、

ここの立ち食い蕎麦が日本一ですな。

なにがすごいって、かき揚げ蕎麦のかき揚げがこれだ!ドンブリから立ってるって!!

1049f0d0.jpgしかも毎回その都度あげたてを蕎麦の中にいれて“じゅわぁぁぁ〜”っと音を立てたままお客に出すのだ。

蕎麦のかえしも最高。うまいよなー。これで立ち食い料金だぜ!

学校帰りには近いのでいつも必ず寄る。

ていうかここの親父さんとは、もうかれこれ7〜8年くらいのつきあいで仲がいい。

試合観に来てくれたり、CD発売の際にはポスターまで店に貼ってくれてた。

いつも行くと親父さんは「すごいよねぇ〜矢口さんは!」が口癖だ。

俺から言わせれば、この親父の方が10倍凄いよ!!


蕎麦屋で思いだしたけど、話は変わってさー、大昔タモリさんが出した“TAMORI”っていうファーストアルバムがすごいんだよな。

伝説の『アフリカ民族音楽“ソバヤ”』 とか『教養講座“日本ジャズ界の変遷”』『ハナモゲラ相撲中継』とかね、あと今となってはかなり危険な香りのする『世界の短波放送』 とか『第一回テーブル・ゲーム世界選手権大会(於青森)』とかが収録されてる。

そういえば昔タモさんは『世界4カ国語マージャン』とかやってたよなー。

あの密室芸やってたタモさんの香りが今でもほんの少しだけする“タモリ倶楽部”は大好きだ。

yaguchi16 at 23:00|この記事のURL

2006年05月22日

一夜あけて。。。目を擦って開けたらそこは。。。

a9852297.JPG昨日の試合から一夜明けて、

頭いてぇ〜〜。。。

昨日は、試合を覚えてなくて、夜、不安で悔しくて、眠れなかった。

でも、今日は朝から学校ですよ。ええ。日常が待っている。ていうか今日も全力投球だ!頭のスイッチを切り替えろ!

授業中、???あれ?これなんだっけ???ってさ、

“Deceptive Cadence”のスペルが出てこなかったり。。。汗

じつはさぁ〜昨日試合でさぁ〜と生徒達に説明。

「頭打ったらしく記憶とんじゃってさ、なんか試合した感がなくてさ、仕事してないのにギャラだけもらっちゃっていーの?みたいなお得感?って、お得じゃないよな。がはは(爆)」とかってさ

「でも、君たちはあれだよ!昨日長州さんとタッグで試合してた人間が、今日こうして音楽の授業教えてるなんて、世界中どこ探してもいないよ!君たちはしかし、貴重な体験してるよなぁ〜!」って俺がギャグにもってったらみんな笑ってくれてた。

「先生、大丈夫だよ〜ちゃんと授業やってるから(笑)」と生徒に励まされる。

ん?!励まされてるのか?!俺。。。

それとさ、今日はうれしかったんだよな。

授業終わってから、ある生徒に言われたんだ。

「なんで、先生、音楽理論の授業やめちゃったんですかぁー?俺、先生の授業すごくためになって面白かったのに。今年度もっと勉強できるって楽しみにしてたんですよー!先生の授業、理論って難しいことを自分の口でかみ砕いて、僕らの口まで届けてくれる、まるでヒナ鳥に親鳥がエサをあたえるみたいな。こんな先生他にいないですよー。バークリー方式の理論を学べることが、すごくためになってたんですよー!みんな、けっこう、作曲科の生徒達は残念がってますよー!」

そっかー!ごめんなー、俺も今2年生の生徒達には卒業まで理論責任もって教えたかったんだけどサー。。。大人の事情ってやつなんかなぁー。。。俺はもっとやりたかったんだけど、これは学校の事情らしく、それ以上は俺からは言えないよー。。。

。。。でも、そう言ってくれてうれしかったよ。あぁー結構残念がってる人多かったんだなぁーってさ。すげーなんか、マジうれしかったね。なんか、ちょっとしたことかもしんないけどさ、かなり自信につながったよ。あぁ、間違ってなかったんだな!ってさ。さんきゅー!

39b27708.JPG学校終わってから、その足ですぐワークアウトにジムへ直行!

昨日の悔しさを身体を動かすことで解消。

いい汗かいたぜ。。。しかし頭ぐらぐらがちと激しくなった。関係あらへん!もっいっちょー!

その後、六本木ヒルズで友達と待ち合わせ、レイトショーで待ちに待った!

“ダ・ヴィンチ・コード”を鑑賞!

本読んでて頭の中で想像してた風景は一緒だったけど、俳優(ジャン・レノやトム・ハンクス)はちょっとだけ俺の想像とは違った。でも映画はたっぷり3時間、楽しかったよ!

映画終わっても、ヒルズを出ると、昨日のことがもんもんとしてる。

俺、反省ってのは常につきものだし、それがなくなってこれでいいって思った時は終わりだと思ってるけど、いざ、人前に出て、金もらって表現したならば、いわゆる『ステージ』に立ったら、絶対に反省の意は人前にだしてはいけないと思ってる。おのれの心に常にありさえすればいい。。。
0bf0b5ab.jpg週プロ愛モードの昨日の自分の試合結果をおそるおそる覗いてみると、、、

。。。ふむふむ、こうして試合は進んでいったのかー。。。ほぉーへぇー。。。

あれ?圧倒したとか、意地を見せたとか、結構ほめてくれてるぞ。。。試合大盛り上がり??マジ?ウソやろぉー?

その後、知り合いの記者から電話。

「昨日の試合、一番新鮮でドキドキして面白かったしよかった。真壁選手と矢口選手のぶつかりが、一番インパクトあって僕らには刺激的でしたよ。そしてタッグ屋として試合をコントロールしてちゃんと長州さんを光らす役に撤してたからすごいね!そういえば、長州さんの名タッグパートナーだった浜口さんと谷津さんの、考えてみたらその2人の弟子なんだもんねー矢口さんは!」

とほめてくれるんだよね。はぃ?ほぇー!なんで???って感じだ、俺的には。。。

他に、プロレス記者の書いてるブログでは

『“魂の果たし合い”が見える闘い』と題してこの試合を評価してくれてるよ。以下引用

『〜矢口と真壁の絡みが絶品だった。両者の感情と感情の激突、いわば“魂の果し合い”が見られる闘い、と表現したらいいだろうか。矢口という“異物”に触れることで起きた“化学変化”によって“狂犬”真壁の野性が解き放たれたとの印象。〜次回の「LOCK UP」でも矢口との対戦が見たい。この遭遇を一度きりの対決で終わらせてはおしい。〜』(「夢うつつ。。。ジプシーの日々」5/23のブログ記事より引用)

なんか、う・うれしい。。。(涙)

なんたって覚えてないんだからさ。そんで覚えてないのは変わらないし相変わらず頭痛いのも昨日と変わってないのだが、

ちょっとだけ昨日と違うのは

ひとからの評価が、自分で思ってる以上に高かったということが判明?(もちろんひとそれぞれだし、かなりの優しさで言ってくれてると謙虚にとらえてますけどね)して、、、もちろん課題は常に山積みだけどさ、ちょっとだけ昨日より気分は晴れたってことだよ。

それだけで、っていうか、それが一番、うれしいことだよな。また前へ進める。ありがたいことですよ。はい。

こんな俺でも、何か少しでも皆に伝えること、できたのかな?

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月21日

LOCK UP

1d45326d.jpg本日午後6時30分〜新木場1st.Ring にて、

新日本プロレス主催長州力企画大会“LOCK UP”開催されました!

俺の対戦相手は

長州力 & 矢口壹琅(リキプロ)Vs 真壁(新日本)& 本間(ex.全日本)

正直、試合中盤からおぼえてない。。。

序盤、真壁選手に突っ込んでいって『どうしたぁー?!新日本プロレス!』とか言って火をつけようとあおった。

7f8ece52.JPG中盤、なんかどっかで頭うったんかなぁー???記憶が飛んでる。

試合後、セコンド陣に聞いてみると、中盤から目が遠くを観ていたらしい。

試合途中、長州さんも俺の異変に気づいて頭をこづいて気をしっかりさせようとしてたらしい。

しかし、不思議なもんで、夢遊病のように試合はしているんだよなー俺。。。

そして、試合はうちらの勝利!

試合は勝ったんだが、俺は試合後半覚えてないは、試合後、頭がぼわーんとしてるはで、よくわからん。覚えてない分、フラストレーションがたまる。

623fc865.JPGはたして試合では俺は、、、泥水飲みながらも不様だけどやられてもやられてもはいつくばって前へ進む、、、そんな試合での表現は、出来たのだろうか???。。。覚えてないのが悔しい。。。

会場を出ると、ファンの人たちに囲まれ、サインと写真。ファンの人たちは

『今日、よかったですよ!矢口さんのファンです!』とみんな言ってくれる。。。

なんか、???の感じで会場をあとにした。

初の新日本のリング。そして長州さんとのタッグ。そして勝利。

言うことない結果なんだが、ものすごくフラストレーションたまってる。もちろん、自分のせいなんで仕方ないんだが。。。

くそー!よっしゃー!燃えたぞ!次回大会は、完全燃焼で、存在感をアピールしてやる!

試合後、次回“LOCK UP”大会のオファーがあったぞ!

6月25日(日)昼〜新木場1st.Ring にて新日本プロレス主催長州力企画大会“LOCK UP”第2段開催、矢口参戦決定!応援してくれよな!

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月20日

オマモリ

03fc9174.jpg友達のイナズマ戦隊のジョウヤ君が書いた名曲『オマモリ』は心にグッとしみるいい曲だ。

♪〜青春という前のめりな日々に愛した人〜♪

のことを今でも『オマモリ』として胸のなかに大切に持っている。という切なくも心暖まる唄。

俺の最近のオマモリは、一枚の写真かな。

昨日の夜、中学の時の柔道部の副部長からメールが来たんだよ。(ちなみに俺は部長)

来月彼のクラスのクラス会があるらしいんだ。彼のクラスの担任は柔道部の顧問の先生なんだ。つまり俺の恩師でもあるわけだね。でも俺はとなりのクラス。だからクラス会は関係ないっちゃー関係ない。

で、そいつからのメール
「おーい、外間(担任)が、矢口は必ず呼んでくれよって幹事に言ってたみたいだから、絶対来てくれよな〜!」

俺、それ聞いたら、涙でたよ。。。

中学ん時がよみがえる。。。

厳しい先生だった。毎日吐くまで練習してた。俺、その時がなかったら今レスラーやってなかったと思う。

そして、誰よりも生徒を愛していた。なにしろ最高な先生なんだ。

中1の最初に俺の育ての父が死んで、俺はグレそうになってた、そんなとき俺を柔道部で徹底的にしごいたのが恩師の外間先生だったんだ。

先生はよく言ってた。

柔道やってる時は柔道のことだけ考えろ。だが決して柔道馬鹿になるなと。勉強も柔道も両方ともがむしゃらにやれ。つらいのは当然だ。でもそんなことくらいでへこたれんな!これからのおまえらの人生の中でいっぱい困難なことに出くわすぞ〜それが、たかだかこんなことくらいで、へこたれてたらぶん殴るぞ!ってな。

俺は器用じゃないから不器用だからひとつのことしか出来ないんだ。だから、もしへこたれたら何もできない。今いろんなことやれてるのは、天才でもなんでもない。ただ、へこたれないでここまでなんとか生きてきたからに他ならない。2兎追うものは1兎をも獲ず。ではない。1兎ではなく2兎を追え!そして両方を獲よ!つまり、一度きりの人生、おもいっきりその人生を命燃やして生きろ!これが先生の教えだったように思える。

だからいま俺は、夢を持ってそれを追い掛けている人間をみると応援したくなるんだろうな。

なんかそしたら、昨日、モチベーションが上がらないとか言っていた自分が恥ずかしくなった。

先生は今になっても俺に何かを教えてくれてるんだな、と思ったら感動して泣けてきたわけだ。

中学の柔道部の想いでは、試合のときの俺の大切な『オマモリ』なんだ。

今日は朝から栃木に仕事で行ってたんだ。向こうで雨粒ひとつがピンポン玉くらいあるものすごいスコールにあってさ、高速で帰ってきたら東京できれいな虹がかかっててさ、横浜にきたら夕日を背に富士山がくっきり。

試合前日に激しい雨に打たれながら仕事に行ってなかったら、こんなに美しい景色は観れなかったんだな〜!

必ずいいことは起きる。悲しいだけの人生じゃねーぜ。素敵なことの方が断然多いに決まってる。落ち込む人はそれに気がついてないだけ。顔をあげて空を前を観ようぜ。そしたらきっとみつかるよ。

そして今日は素敵な人からメールをいただいたんだよな。うれしいし元気がでる。俺って馬鹿みたいに単純なんで、それだけで明日頑張れる!

よっしゃあ!明日は地味に図々しく暴れるぜ!

yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月19日

motivation

72e7a7e1.jpgあと2日。試合までになんとかモチベーションあげなきゃな。。。

モチベーション。その言葉の本来の意味、意欲の源になる『動機』をみつけなければ。


今のプロレスファンのほぼ全員が、いや他のレスラーや関係者さえもが、

「なんでロックアップの重要な第一段の試合で、復帰間もない身体ボロボロの矢口が長州さんと組んで、新日本プロレスと闘うんだよ?」

って思ってんだろ?!

ファック・ユー!ベリーマッチ!!

なんか文句あんのか?くそくらえじゃ!

あぁ新日本の選手はいい。かっけぇ〜のばっかだね。

それに引き替え、俺は格好悪いねぇ〜。試合も血みどろで不様だし、身体もボロボロ故障だらけ傷だらけだ〜。

俺のぶざまな試合観に来いや!そしてなじれ!

でもよ〜、でも、人生って格好良い悪いの基準ってどこにあんの?!

俺はぶざまでも、カッコ悪くても、必ず観た人の心の中のどこかの部分に触れるぜ。

たぶん一般的な新日ファンにとっては、「なんなんだこいつは???」って印象だろう。

俺は他のインディーレスラーみたく、一般的な新日ファンから「こいつなかなかやるじゃん」的な見方をされたくねーんだよ。なんか上からものを見下して観てるような視線が頭に来るんだ。

てめーらに理解されないくらいインディーファンの眼は肥えている。

だいたい俺は『勝ち組・負け組』って世間で言われてることばが大っ嫌ぇなんだ。じゃあ負け組は生きてる価値もねぇのか?!ざけんなよ!ってんだ。人生ってよ〜這いつくばって泥水飲んでも立ち上がっていく、それが生きる力なんじゃねーの?人生なんじゃねーのかな?

もしもだ、おまえに子供がいたら。。。俺は独身だし子供もいないが、もしおまえに子供がいたとしたら、そしてその子供が腹が減ってひもじい思いをしてたとしたら、おまえならどーする?!

俺は迷わず泥棒してでもパンを盗んで子供に食わすぜ!!

どんな汚い手を使っても勝ってやる!俺には新日とやって勝たなきゃならない理由があるんだ。

でもな、俺は他のインディー選手みたいに、絶対に新日には媚を売らねえ。プロレスは自分の人生観をみせる魂のぶつかり合いなんだ。筋書きのない人生のドラマそのものなんだよ。俺が今までこだわって新日とからまずに来たのにも意味があり、今回こうやって闘うことになったのにもまた意味がある。

そりゃあ新日本プロレスや全日本プロレスに入ってプロレスやった方がテレビも映るし人気もでますよ。でもよーインディーズにこだわってたって大仁田厚と闘えるんだよ!長州力と闘えるんだよ!タイガージェットシンと闘えるんだよ!インディーズにこだわったからこそ身体は200針縫って電流爆破世界記録保持者になり、身体もボロボロだよ。でもだからこそアフガンにも行ったし、剛志ともあえたし、俺はメジャー以上の経験をしてきたんだぜ。音楽やってCDメジャーデビューもして、テレビでて、CMやって、舞台やって、映画の準主役までやってさ、俺はインディーにこだわり続けてもここまでやってるんだよ。

インディーズってメジャーに対して決してマイナーって意味じゃねーんだよ!それを俺は伝えたくて色々やってんだ。

ツアー行ったら自分達で運転してリング作って試合して片付けてまた寝ないで次の街まで運転してって。。。インディーズだからって違うぜ!アメリカはそうなんだよ。WWEの選手だってみんなで車レンタカーして次の街まで移動するんだぜ。それがプロレス本来の姿。だから俺たちはタフガイなんじゃねーの?

ほんとの意味でのインディペンデントってこういうことさ。独立心だよ。それはアメリカの精神にもつながる。

だからこそ、人生を魅せること。それがプロレスラーであり、表現者なんだ。

俺を嫌にならずについてきてくれた奴らよ、ありがとーよ!俺はおまえらだけを愛す。俺がおまえらも一緒に、必ず夢を観させてやる!ついてこい!これはまだ矢口ストーリーの序章にしかすぎんからよ。


。。。ん?なにげにモチベーション上がってきたってか。

ん〜まだたりないな。。。

ってここまでブログ書いておいて、さっき友達から電話。

「あれ?また矢口さんのカードかわりましたよね。長州・矢口組 VS 真壁・本間組」

「えぇ?そうなの?知らんかった。」今まで散々かっこつけといて、これ?かっこわるー!俺。。。まぁいーや、誰でも来いこのやろー!だよ。

あとは、君からの愛のいっぱいつまった応援があればな、俺はがんばれるぜ。。。

yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月18日

セクスィー黒糖?

6326080c.jpgこ、これは?!

むちむちコザ黒糖。。。

なぜに?「むちむち」。。。

あまぁーーーい!。。。のか?!


こないだ、湯島のカレー屋『デリー』に行ったんだよ。

557af7e8.jpg頼んだのはカシミールのポーク。

ここデリーさんは、俺の大好きだった、柏にあったカレー屋『ボンベイ』のマスターが修業した店だ。ちなみにボンベイで同じものを頼むとき、マニアは『カシブタ』と言う。

味は?ん〜近い!そして懐かしい!柏のボンベイはもうないんだよ。だからボンベイのカレーは幻のカレーになってしまったから、近い味を楽しむには、ここデリーに来るしかないのだ。

うまくて辛いカレーを食べると、飛ぶよな。

汗が吹き出す。まるで岩盤浴してるみたいに食べ終わった後すっきり爽快な気分になるよ。

今日の元気の素は、爽快!激辛カレーでどうだ!

余談ですが、デリーのトイレがすごい。。。店の裏手から入って階段上って3階にあるんだけど、その階段が異常に急角度で、登ろうとして階段に足をかけると、目の前に階段が迫ってまるで崖の様じゃん!。。。

で、思わずつっこみ。

ロック・クライミングかよ!

「よ゙じの゙ぼれ゙ぇーーーっ!!!」

yaguchi16 at 20:30|この記事のURL

2006年05月17日

ベトナミーズ・アイスコーヒーの季節

99d41cbc.jpgアメリカにいた頃、夏になるとよく、ベトナム料理屋で

ベトナミーズ・アイスコーヒー

を飲むのが楽しみだった。

ベトナムのコーヒーは豆の種類が違うんだ。

普通一般的なのはアラビカ種という豆の種類で、ベトナムのはロブスタ種。

このロブスタ種、ちょっと苦い。そのかわり、カフェインはあまりない。

ベトナムではちょっと変わった煎り方をする。フランスの影響からか、

バターで煎るのだ。そのため香りは甘く香る。

そして荒く挽く。ベトナムでは紙や布のフィルターではなく、

金属製のカップに穴があいている独特なフィルターをつかう。

アラビカ種の苦いコーヒーに甘い練乳があう。

カップにクラッシュアイスをめいっぱい入れて、そこに練乳をたっぷり。

そしてこのコーヒーを注ぐ。べトナミーズ・アイスコーヒー。


この前の学校の矢口ゼミ、今週はレミオの『太陽の下』のメロディーとハーモニーのアナライズ

♪〜無くした心の隙間に あなたの笑顔が広がって  音もなく涙こぼれたんだ

深い悲しみの海では どんな唄さえ響かないよ  もしもあなたに会えないなら〜♪

この歌詞。。。いいよな〜

もうすぐで夏が来るね。夜になると夏の香りがしてる。

太陽がまぶしく感じられる季節になると、べトナミーズ・アイスコーヒーのように、甘くてちょっぴり苦い想い出がよみがえってくる。

今年の夏も、べトナミーズ・アイスコーヒーを飲んでみたいな。

yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月16日

今がきっと未来への始まりのチャイム

7934f6bb.jpgごめんよ今日は元気がでるブログはできそうにない。

どうやら体調を崩したらしくてね。

でも、1日休んだら必ず復活するからさ。

今日1日、君が幸せに過ごせるように、祈ってるから。

yaguchi16 at 10:34|この記事のURL

2006年05月15日

『愛の日』でいいんじゃない?

b3605ab9.JPGにゃぁぁぁーーー!

猫ひろし、、、じゃなかった、にゃんこと一緒に


昨日は母の日

俺の母親は俺が3歳の時、死んだ。

そんなわけで、母親の面影すら覚えてない。

昨日は、熊谷にある児童養護施設『雀幸園』でチャリティープロレスをやった。

試合後には、園の子供達と一緒に食事会

カレーうまかった!

ここには俺、毎年来てる。

話はかわるが、来週のLOCK UP の俺の試合カードが変更になりそうだとか人から聞いた。

なんか、なんだかなー。。。俺、長州さんと組んで新日本プロレスと闘うの楽しみにしてたのになー。少なくとも俺の周りの俺を応援してくれてる人たちは皆楽しみにしていたカードだった。とうの俺本人よりもね。

でも俺は別に対戦相手が誰だろうが一緒ってことですよ。闘いがあるだけ。

それが新日本プロレスだろうが、西日暮里プロレスだろうが、俺の闘いのスタンスは変わらないよ。

変わってたらおかしいだろ?客に失礼じゃん。

東京ドームだろうが、清瀬のパチンコ屋横駐車場であろうが、俺はかわらなねーな

俺はね、与えられたカードを精一杯楽しんで闘いますよ、ええ。それがプロレスラーですから。

与えられたレールからはみ出さず生きろなんて言うつもりもない。

俺は昨日、母の日に、ここで闘ってるんだ。それが答え。

人が生まれたときの運命は、その人が好むと好まざるとにかかわらず、決まってしまっている。

それは病気だったり、俺みたいに親を幼い頃なくしてしまったり。。。

それはいくらイヤだといってもどうすることもできない。でも、だ!

でも、人生って面白いもので、人生って楽しいって思った途端、不公平なんてなくなって個性が大切と思えるんだ。

だから、なんで?どうして?には、必ず何らかしらの意味があるんだ。俺は強くそう感じる。

人にとって大切なのは境遇とかではなく、どんだけいいハートを持ってるかなんだ。

この園の子達は、決して臆することなく、自分のやりたいことを思いっきりやればいんだ!これから大人になっていくにしたがって道はひろがってくんだ。人生って本当におもしろいもんなんだ。なにしろ君たちには、人の心を幸せに変えることのできる『笑顔』を持っているんだから。

だって、こんなに不器用で才能がない俺でも、やりたいことを夢を2つも3つも叶えてしまってるんだから。君らができないことは絶対にないんだ。それが伝えたくてこの日に毎年試合してる。

もちろん自分の人生を素敵なものに自らしていこうとするんだけど、己のことしか考えてなかったとしたら、ということは、すなわち、他のレスラー・ミュージシャン・表現者たちのことはもちろん、お客さんのことすら全く考えてないってことである。と俺は思う。

だから、そういう人のかもしだす世界観は、表現者としてダイナミックさに欠けていることが多い。

沸く、ことはしても、何も残らない。なぜならそこには

『愛』

がないからだ。

プロレスには『愛』がある。って俺はいつも言ってる。音楽には『愛』がある。映画にも『愛』がある。

表現する世界にはすべて、共通用語である『愛』があるのだ。

ただ、沸けばいい、のではなく、そこに残る何かがなければいけないのだ。俺はそれを求めている。

お客さんもそれを求めて、高い金を払ってライブに来るんだから。

そこに残る何かとは、もちろん『愛』なのだから。

スターウォーズでいうフォースかな。『愛』は力にもなりひとを癒し、ときにミラクルにもなる。

愛は目に見えない。でも、確実にここに存在するんだ。
c527e273.JPG昨日は雀幸園で試合できてほんとよかった。

俺の言いたいことはきれい事でも何でもなくて、つまりこういうことなんだ。

ひさびさにやったぜ、締めの言葉をさ。

『この世の中には足りないものがあるなー。。。でも、ここ、この場所。雀幸園にはそれがあるよなー。その一番大切なものを、ここから、日本中へ、そして、世界中へ、でっかい声で伝えようぜ!』

『ご唱和ください!』『この世の中に足りないもの、、、それは、、、愛だ!』

『いくぞー!1.2.3.愛だぁぁぁーーー!!!』

愛が君の心に届きますように!そしてそれが君の元気の素になってくれたら俺はうれしいよ。



yaguchi16 at 12:00|この記事のURL

2006年05月14日

Golden Cup

c18c73a7.jpg伝説の地でドラムを叩く!

そうです、ここがあのルイズルイス加部さんや、俺の先輩ミッキー吉野さんのいたゴールデンカップス発祥の地であり、

日本のロックの発祥の地でもある、本牧にあるゴールデンカップだー!!

昨夜は某★WA世界チャンプ達と、

夜の●ックス・ボンバーズを結成して関内→根岸→本牧ときて

ここにキターーーーっと、いうわけだ。

この店には日本のロック史上の歴史すべてが詰まっている。
そんな気が感じられた。

beb68686.jpgやっぱ、日本で、ROCK&BLUESをやるなら本牧の歴史から吸収しなきゃな。

今では本牧の街は昔と全然雰囲気の違う街と化してしまったんだろうけど、

この店だけは当時のまんまなんだろうなー!

原点回帰。また、ここからはじめようぜ!!

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月13日

横浜F.A.D.

16d1806e.jpg昨日は横浜F.A.D.にいったんだ。すぐ近くだしな。

ツアー中、ピンパンを俺が観れるのもここが最後かなぁってことで。。。

来週東京近辺でやってからずっと西へツアー行くみたいだから西のみんな、この機会にぜひライブ行ったほうがいいよー!

つくづくいいバンドになった。

今日もVo.のMA☆YOUの頑張りに涙!

そしてDrumsのNANA-Aのタイトなグルーウ゛、Bassのチョッパーのパワフルなスラップ、Guit.のRinaのキュートなプレイ、と、4人の持つ魅力がひとつになってる気がする。

あっ!なんか俺、誉めすぎか?別に事務所的に仕事とか関係無いから。ただ単に個人的に好きだから応援してるだけ。だっていいんだからしゃーないやんなー。

なんか、昔好きだったバンド(タンゴ・ヨーロッパ)とオーバーラップしてしまってる感じがして不思議だ。音とかキャラとかまったく違うんだけどね。

そんなタンゴのベースかおるさんとは彼女がロスから帰ってきてバッタリ横浜であったり、ドラムのミキさんは最近、俺のブログとかからみつけてくれて連絡くれたりとかで、なんか不思議な縁を感じる今日この頃だったから余計
6facd231.jpgパワー全開のライブ後のフラッグとNANA-Aちゃんのショットだ!どや!キュートだろぉー?!携帯古いから画像悪くて残念!

関係ないけど、しかしなんで『鴨川』のビデオに松崎さんが?

俺は昔、しげる松崎さんのとこにいましたー。一緒に三重の大学に講演の仕事でいかせてもらったこともあります。松崎さんはいい方ですよ。

事務所(自社ビル)のてっぺんの部屋で時間があるといつも爆音でギター弾いてました。サウスポーだけど弦はノーマルに張るんだよねあの人。だから右利きの人の弾いてるギターをパッてとってそのまま弾けるってことっすね。ダウンストロークでサウンドはアップってことやね。レゲエの時は裏をダウンでと。ん〜逆に難しそうだ。

松崎さんも歌声パワフルな人ですよ。♪あ〜あ〜あ〜♪(愛のメモリー)

yaguchi16 at 20:30|この記事のURL

2006年05月12日

SOUL SOURCE

39a3a27b.jpg友達のバンドSOUL SOURCEのCHISATOちゃんと最近メールでよく話すんだけど、昨日CHISATOから彼女達のアルバム“Girl Thinking”をいただいたんだ。

いやー!いい!これがかなりいいぞ!

色々いい曲があるんだが、特にきにいったのは

“ i の言葉”と“しんしん”

もちろん“金魚”も色んなバージョンで入ってる。

493e672d.jpg彼女達のライブもかなりパワフルで、元気出ること間違いなし!

でも、今度の5月21日は俺、試合とかぶってていけないんだよなー。

5月21日、SOUL SOURCEライブ告知だ−!

◆5月21日(日))「ギラつき☆キャデラックvol.6」at 池袋手刀

open 18:00/ start 18:30  adv ¥1500/ door ¥1800

with...ティガーフィート、浪漫ちぃすとリッパーバンド、パンキーストライク、DISASTARS DJ:いでっち SHOP:牙屋

〜soul sourceの出演はトリ!最後の出演です☆そして、新曲お披露目!?お楽しみに★〜

とのこと、プロレス好きな方は新木場のLOCK UP!へ!音楽好きな方は手刀(チョップ)へ行け!

さぁ!これから俺は、横浜でやってるライブ会場“横浜 F.A.D.”へいってくるぜ!すぐ近いんでね!





yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月11日

元気が出るブログ開始!

efa5d22e.jpgちょっと今日からさー俺、考え直してさー毎日さ、元気が出るテレビならぬ、『元気が出るブログ』にしよーかなーと思ってさー。

文は関係なくさ、画像だけでも、なんか元気のパワーが伝わるようにね。内容は考えないことにしてせめて画像から毎日のあなたの日常に俺の元気な想いが届けばうれしいなということで、始めましょー!

『元気が出るブログ画像!』

って第一段がこれかよ!しょぼー。。。

しかたねーじゃん。ジム内、携帯・デジカメ禁止だったんだからさ。カンベンして〜

ダメ?ならこれでどうじゃ?!

1e7e74b9.jpgマンゲツ!!!

気功の達人田中さんは、毎月、満月の日は特に気が強くなるって言ってた。

月のパワーで具合悪いあなたを癒してみせましょー!(なんと他力本願!俺なにもしてない)

内容はほとんど変わってないよー。。。今までどおり。でも画像はその日一日で一番元気が出るものパワーを感じたものを中心に視点としてお届けいたします。まぁ、結局、今までとあんまりかわってないか。


今日は、沼津コーストFMの『高橋裕一郎の格闘ラジオ!ゴングで飛び出せ!』に出演してきたぜ!

収録だったんだけどね、放送が実際流れたのは今晩の8時から1時間やったよ。ゴールデンタイムですぜー!沼津のみんなー!聴いてくれたかな?

1時間、ホント1時間、あの裕さんにほとんどしゃべらせないで、俺、熱く語りましたよ!電波ジャックに近いものがある。あるいは放送事故ってか?!

DJの裕さんが、矢口さんと熱く語ったあの本牧の夜をラジオでリスナーの皆さんに聴かせたいんです!とか言うからさー、その気になっちゃったよ。沼津プロレス(沼プロ)に向けてリスナーの皆さんに熱いメッセージを送ったった。

でもよー人生いちどきりじゃん!今日という日は二度とこないんだぜ!熱く生きなきゃつまんねーぜ!ってな。


で、夜は川崎ボトムズラインにライブを。え?えぇ〜そうですとも、またピンパンですけど何か?

MA☆YOU、君はすごいよ!

川崎に着いたのがちと早かったんでね、駅前のコナミ・スポーツジムでワークアウトで汗流しましたよ。それが最初の写真ね。

って俺、あんま人前でトレーニングしてます的なことを言いたくないんだよな。レスラーなのに変か?

それよか感性を磨いてます的なことの方がみんな知りたくね?

ミュージシャンも同じくね?(この言い方、なんかやじゃね?)

俳優だってさ。今日はどんだけ台本読み練習しました!みたいなことって人が聞いてもしゃーないっしょ?

試合がすべて、ライブやCDとかの作品がすべてだし、映像や舞台で観せる芝居がすべてでしょ?それがすべてなんだ我々表現をしている人間はね。

だからステージを捨てないでなるべく最後までベストを尽くそうとするし、体調悪いときはその分表現力が増すものだし、迫力がでるのも事実。悪いことには自分でマイナスに考えなければそれでいいし、逆によくなる部分があるんだからそれをぐっと前にもってけばいいだけのこと。交通事故で治療に専念してた半年分トレーニングできなかったからその分取り戻さなきゃね。

FMラジオで1時間熱く語り、ワークアウトでパワー全快いい汗かいて、ライブで元気と頑張りをもらって、と。

さぁ!今日も最高な1日、熱く生きたぜ!皆はどうだい?

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月10日

カンピョウ巻

95783852.jpgユン・ピョウ、ぢゃなかった、、、リー・リンチェイ、でもないし、チェ・ドンゴンでもない。あぁ〜I mean ...「干瓢巻」ね。ちなみに、マ・ヘイホンでもない。←って知らねえだろ!。


下町浅草生まれのちゃきちゃきやから、干瓢巻ほど、粋な食い物もないばってん、って思うじゃけんのぉーずら。

なんかおはぎとか売ってそうな街の和菓子屋で、おいなりさんとパックで売ってる干瓢巻もなかなかオツですな〜、しかし干瓢巻マニアとしては(いつからマニアだ?)やはり、かなりうまい江戸前寿司屋で食べる干瓢巻ほどうまいものはない!んだ〜これが。

今夜は横浜、関内いちの某寿司屋に行った。

ここの寿司ネタはもち、すべて天然物。本物の江戸前は、近海天然でネタが新鮮!しかも仕事がしてあり、コハダの握りなんぞいい仕事している。

魚や貝の香が立つ寿司、と言ったらわかるだろうか?魚からほんのり海藻のかおりがしてくるのだ。まるで、海の春をそのまま食べてるような。。。魚食べて季節感を感じるなんてすげーなー!

こんなうまくても、どれもみんなうまいのにも、かかわらず、絞めに食べる干瓢巻がとてつもなくうまいのだ。

干瓢の味付け・硬さ・海苔・シャリ・わさび、そのどれもがうますぎる。

(ポイントはおろしたての本わさびをたっぷり使って涙がでるくらいキカすこと。そのわさびと甘辛く煮た干瓢が絶妙なんだぁ〜。)

江戸前の職人が握る、干瓢巻ほどうまい寿司はねー!

おまえに食わせる寿司は、ねー!

って言われそうだから、今日はこの辺で。

だんな!おあいそして!

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月09日

ガウディ

6c5df41c.jpgアンディー・ウォーホールやキース・ヘリングはもちろん昔からずっと大好きだったね。いわゆるモダンポップアートが好きだったんだろうね。

ウォーホールとヘリングの競作の真っ赤な譜面のポスターを、マンハッタンのソーホーに行ったときに衝動買いして、部屋に飾ってたことあった。

大好きな絵を殺風景な部屋にたった一枚飾るだけで、なんて刺激的な毎日を過ごすことができるんだろう!って思ってさ。

昔、ボストンで彼女から、ピカソのブーケってタイトルの白地に二つの手で持った花束の絵のポスターをもらったことがあって、その時はうれしかったよー。今だにその娘のことを思い出すときは、その色鮮やかなブーケの絵を思い出す。

マンハッタンのMOMAに行くと、かならずガウディの椅子に会いにいく。俺、ガウディが好きでね。中学の時だろうか。。。

ある時、ふと立ち寄った本屋で、ガウディのサグラダ・ファミリアを観てしまったんだ。衝撃的だった。背中がぞわぞわってなるくらいキテしまった。一目惚れしたみたいに心臓は高まったのを覚えている。

Sagrada Familia。。。

ガウディが手懸けてまだ完成していない、独特な形をした12の塔がそびえ立つキリスト教会だ。日本語に訳すと『聖家族教会』

作り初めてもう120年近くなる。しかし完成するのにあと200年くらいかかると言われている。
つまり、いまこの時代に生きている我々は、赤ん坊でも老人でもそのみんながこのサグラダ・ファミリアを完成したところを観ることはできないのだ。

完成まで3世紀以上の歳月がかかるという壮大な計画と、自分達は一通過点にしかすぎないのに、自らの一生をかけて毎日コツコツと作り続けている職人達がいる。その歴史にまるで自分の生きた証を刻むかのように。

大きな大きなスケールで動いてるこの宇宙空間で、この奇跡の惑星・地球に、同じ時代に生まれた僕らは、いまこの時一緒にいるんだ。憎しみあうこともできるし、愛し合うこともできる。もしこの時代がもう少し、ほんの少しだけずれていたら、僕らは出逢うこともなかったし、その存在すら知らなかったかもしれない。しかし僕らは同じ時代の『今』を共有できる。一緒にいていっぱい話して一緒に笑うことも楽しむこともできる。君と出逢ったという、こんな素敵な奇跡が、ここにあるということに気がついたなら、ひとはきっと愛をたいせつに生きていきたいと思うだろう。

この気が遠くなるようなサグラダ・ファミリアという建造物の、さらなる衝撃的な秘密を知ったのは、アメリカにいたときだった。

俺はそれを知ったとき、震えた。涙が止まらなかった。そのくらい衝撃を受け、それ以来、この教会が俺の憧れとなった。

その事実とは。。。

俺はある時、MOMAの隣にある螺旋状の形をした建物のグッズ売場で、手にしたガウディの本を開きながら友達のスティーブと話していると、スペインからやってきた陽気な初老のおじさんが話しかけてきた。
d677660a.jpg
「この塔のトップがいいだろ?」ひどくスパニッシュなまりだ。

「最高にクールですよね。」俺は言った。

「この塔は完成したらてっぺんに鐘が設置されるんだぜ。」

「おー!そうなんだ?!そうだよね、教会だもんな。。。」
俺はあんな高いとこに鐘を吊り下げたらさぞ、遠くまで鐘の音が届くんだろーなーと、感心して聞いていた。

「しかも12個の塔すべてにさ!」「それに。。。」

「12。。。?」俺はとても興味深く写真に写った教会の塔のトップを眺めながら、その初老のおじさんの話に耳を傾けた。

「完成された教会堂の中には鍵盤のような演奏家が演奏するところができて、パイプオルガンのように演奏するんだよ。」とおじさんは言った。

「?!。。。演奏?。。。何を?オルガン?」

「違うさ!この鐘だよ!」

それを聞いた途端、鳥肌が立ったのをいまでも覚えている。

「えー?!この鐘を、演奏する!だって?!。。。っていうことは、これは楽器?」

そうなんだ、12個ある塔のそれぞれに鐘が取り付けられ、それを礼拝の時に演奏者が『演奏』する。

完成すると世界最大の教会が、実は

『世界最大の楽器』だったんだ!ということがわかった瞬間、涙が出るくらい感激したぜ。

アントニ・ガウディ。。。素晴らしすぎる。

今まで120年間もの間、ずっとこの作品を何世代にも渡って作り続けてきた職人さん達は、彫刻師でもあり楽器職人でもあるアーティスト達なんだ!

300年もの間、続けられ、そしてそれが完成したらそれ以降きっと何百年もの間、この楽器は人々に愛され続けることだろう。

なんて壮大なロマンなんだろう!一度行ってみたい。俺が生きてるうちにその音を聴くことはできないけど、その演奏を聴ける未来の人達はうらやましいよな。

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月08日

George Harrison

ec7c4b0b.jpgSomething


Something in the way she moves

Attracts me like no other lover.

Something in the way she woos me

I don't want to leave her now

You know I believe and how.

Somewhere in her smile she knows

That I don't need no other lover.

Something in her style that shows me

I don't want to leave her now

You know I believe and how.

You're asking me will my love grow,

I don't know, I don't know.

You stick around now it may show,

I don't know, I don't know.

Something in the way she knows

And all I have to do is think of her.

Something in the thing she shows me

I don't want to leave her now

You know I believe and how.

( G. Harrison )

yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月07日

あっぱれ!

c0de61e8.jpg竜雷太・雷竜太・峰雷太・雷峰太・峰竜太・峰峰太・雷雷太・竜雷太!!

『雷竜太』猛毒by殺害塩化ビニール


みねみねた。


今日は横浜で仕事のあと、千葉の美咲にある親友の店『壱鉄や』に行った。いついってもうまい!うまいもの食うと、サプライズや心地よい安心感やドラマさえ感じられて、極上の映画を観た気分になる。この日も新メニューだという『麻婆豆腐のせ味噌らーめん』に向かって、
「役者やのぉ〜!」ってな

そこでたまたま来ていた築地の河豚の卸屋さんと初めて会ったんだが、仲良くなり色々話していたんだ。

その人すげーよ!なんと!ジャイアンツのシーズンチケット持ってるんだぜ!初めてみたよ、このカード!

90cc3ab5.jpg昔、役者さんも目指したことがあるというこの方が、ずっと一番好きな俳優さんの話をされていたんだ。

その俳優さんの名前は

福本清三さん

最初、名前聞いたときは正直「誰?」てことで全然、わからなかった。しかし話を聞いていくうちに、時代劇で超有名な斬られ役の第一人者だったということが判明したんだよね。

斬られ役というのは迫力もなきゃいけないし、彼らがいなけりゃ時代劇は成り立たないくらい重要だけど、みんな主人公しか観ていないし名前を知られることもあまりない。

その福本さんがさ、本を出してるらしくて、その本のタイトルがいいんだ。

『誰かが僕を見ていてくれる』

福本さんは、迫力あるその斬られ役を買われ、ラスト侍に出てるんだ。

ハリウッドは見ていたってことだよね。

親友が店を終えるまで待ちふたりで飲みに行った。

昨日は、あっぱれ!ないい日だったぜ。

渡辺ケンがテレビで行ってた。

「俳優はカゲロウみたいなもんで、現実もどこか幻のようで。」


しっかし、うまい棒やさいサラダ味は、なにがサラダ味なのか、そのネーミングがパンクだ!ってくらい、ガーリックのテイストがすごくて味が濃いねー!うまい!酒のつまみに最高だ。しかしこの味でなぜ、野菜サラダ???

yaguchi16 at 12:01|この記事のURL

2006年05月06日

♪Somewhere Over The Rainbow♪

442648e2.jpg眠れない。。。

気付いたら3時半。。。

テレビつけたら映画やってた。

ジムキャリーの“The Majestic”

ジムキャリーが酒場で飲んでる時店でかかってた曲が、トランペットで奏でる、

♪〜Somewhere over the rainbow Skies are blue〜♪

だった。名曲だ。。。泣ける。。。

その後、ストーリーは転がっていくんだけど、途中で来週の後半へ続く、になってしまった。なーんだよー。レンタルしにいこ。

でも途中まででも泣いたよ。あぁ〜また泣いたさ。ここんとこ涙腺ゆるい。

でも、俺はね、悲しくても泣かないんだよ。あったかさに触れた時、泣いてしまうんだよね。

俺最近この主人公のルークみたいだなぁ〜。

別にジム・キャリーに似てるとかでなく。(マスクのジム・キャリーには似てるかもしれないけど。)いやぁーなんかね、記憶喪失になってるみたいな。。。いやホントになってるわけじゃないよ。それじゃかなりやばい。なんか記憶はないのにでもほんのかすかに覚えてるような。。。そんな気分。うまく言えないな。

いやあのさ、なんかここ最近、変なんだよな〜。

はじめてのことが、なんか前にもあったことのような。そのぉーよくいうデジャブーとはちょっと違うんだ。映像じゃなくて、感覚なんだよね。

おかしいな、ずっと前に、この人と逢ってるんじゃないだろうか?。。。じゃあそれはいつなんだよ?って考えると、現実にはありえないんだよね。年代を考えると、みたいなね。そういうのってみんなあるのかな?

とてもとても不思議な、そして変な感じがして気になるんだ。。。なんか意味があるのかな。

“over the rainbow”( From “The Wizard of OZ”)
Words by E.Y. Harburg music by Harold Arlen 1939 U.S.A.

yaguchi16 at 04:46|この記事のURL

2006年05月05日

シュウ゛ァスマン・ウ゛ァハマン第3彗星接近

fa8957d8.JPG今日は5月5日。亀田の日。じゃなかった、こどもの日。

俺は、ワークアウトに行ってから中野へ行ったよ。

思いで深い、中野サンプラザがもうすぐなくなってしまうという噂があるよね。

建物の老朽化のためとか。寂しいな。

サンプラザ中野さんが「俺の名前をどうすればいいんだー!」と抗議してるとか聞いたけど。

俺は、“ブロードウェイ中野”に改名すればいいんじゃないかと思うんだが、どぉ?。

なんか響きはゴージャスじゃん。でも、かなりマニアックになってしまうかもな。

さ、曲作りするべ!バじゃないよ、ウ゛ァだから。ウ゛ァ!






yaguchi16 at 20:00|この記事のURL

2006年05月04日

GWでにぎわう街の片隅で

5580bf89.JPG昨日は打ち上げ後、家に帰って、夜中3時くらいに寝たのに、今朝は8時に起きちまった!

不覚!いや、特した気分かな?ん〜微妙だ。。。

しかたないんで起きていろいろなことを考えてみる。。。いや考えないでみよう。。。そう、もっと感覚で、感性で、感じたままに、で、いいんじゃない?。

な〜んて、ポロポロとギター弾いてた。なんだろ?この気持ち。。。

そうだ、、、これはある田舎のたんぼのあぜ道で風にそよぐ若い稲穂の風景にも似た、、、バッテリーパークから自由の女神へ海を渡るあのフェリーの甲板での景色にも似た、、、日差しを浴びたショーウィンドーに映った通りゆく着飾った人影にも似た、そんな感覚かな。。。おっ!もう昼だし、せっかく晴れてるんだから家にいて“考え”ずに、外に出て“感じ”てみよう。

いい天気だぁ〜!気持ちいい。人生は楽しい!こういう天気の日は特にそう思える。

散歩して本屋に行く。

HERBERT KROSNEYの“THE LOST GOSPEL”と、“NATIONAL GEOGRAPHIC”を購入。

そして渋谷へ。今日はYAMAHAによって、音楽療法の本に目を通す。

4eb1d6e2.JPGその後、O-Westへ。ピンパンを観に。

最近、ピンパンをよく観に行ってるよね。。。行ける日が多い。というか、ほとんどファン、てかマニア?いやいや違う。。。中毒?(中毒って言ったら失礼か?!)

ここ数日、毎日ココナッツ味のものを食べたり飲んだりと、ココナッツテイストを味わわないとダメになってる自分がいる。そんな同じ感じかな?いや依存症ではない。ん〜違う。。。いや、曲も演奏もいいんだよね。それで心地よくて元気をもらっててね。

新曲のどれもがいい。恋の魔法も、FLY UPも、いい!そして今日も“カナリア”にキテしまった。

カナリアは、まだ音源にもDVDにもなってないので、ライブに行かなきゃ聴けないんでね。でもこの日は、やってくれたんで聴けてよかったよ。ハートにしみるね。

8be26cf9.JPGこの日のトリは、俺と金沢のバンド『スマイルストアー』で一緒にやってるベースのテツが、こないだツアーまわってた、『ザ・パン』と同じ事務所だと言う、

コンコンジャンプ

さすが曲もいいし、声もいいし、ステージも楽しませるよ。

♪〜一人は二人で2倍とはんぶんこ〜♪いい曲だよね。

えっ?そうそう
♪俺は一人で2倍とはんぶんこ〜♪ってね。。。って!ほっとけ!

帰りにひとり、東京タワーの夜景を観に。

「昭和33年に333mかぁ〜。。。」すごい。なんかすごい。

俺のオフ日はだいたいこんな感じです。

みなさんのゴールデンウイークはいかがですか?

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月03日

池袋 Live inn ROSA

bd1db22b.JPG今日は池袋のロサでライブ!

“FUMi ROCK FESTiVAL'06”

ichiro“KING”Yaguchi Blues Bandで出演!

最高にすてきなお客さんのグルーブに支えられて、すてきなブルーズのひとときをすごしたぜ。

人生はブルーズだ。人生は辛くても楽しまなきゃね。だからブルーズはみんなで楽しむものだぜ!

楽しい演奏を一緒にやってくれた、すてきなメンバーは、

55ece199.JPGギターは、もちろんこの人、今年11年目のこのイベントの主催者、盟友、FUMiちゃん!

ichiro“KING”Yaguchi Blues Bandのそしてベースは、なんと!長い友達です。元ストロベリーマンのFR/EE!

ドラムスは、ピンクレディーとかのバックで叩いてた関西の伝説的ドラマー、日加真(ひがまこと)

880d86a3.JPGSAXは、いつもしぶーいサックスを吹いてくれてるちょい悪おやじ、いぶし銀次!

T.Pは、打ち上げで話してて、奥様が俺のことばっか話すのでちょっと嫉妬したといってた、D.J山崎!

T.bは、この人もフミロックではかかせません!ボーン・オギー!

2b123110.JPG本編の最後ではフミロックに乱入参戦!セッションしました。

曲はSANTANAの“EVERYBODY EVERYTHING”
カナメちゃんとの迫力あるツインドラムに、

スマストで一緒のテツのベース、

(テツはつい最近、スリにあい、給料全額持ってかれてかなり凹みぎみだったんだが、この日フミちゃんのイキなはからいで、会場に“テツ箱”なるものを設置。おかげで、Tシャツやカップラーメンやお菓子などたくさんのお客さんからのプレゼントがあり、打ち上げでは凹みからかなり復活してましたよ!よかったね!)


2d77a763.JPG鈴木あみーごやペニシリンで活躍のキャバレンジャーことNAOMIちゃんのキーボード、

そして、しゃち、あすか、YUKARi、の唄で、ギター弾いたぜ。

8月はこのメンツで名古屋、そして11月には大阪にいくらしい。

俺も一緒にいきてーなー!このメンツ、ハートもプレイも最高です!
25eeb068.JPG最高といえば、この日、クイーンでフレディーになりきって付けヒゲと王冠で完璧に唱ったFR/EE!

この日はオリジナルソング『空』(クウ)っていうかっこいい曲を披露しました。

同じく昔からの友達、きむちぃ〜との3ショット。

!??。。。俺だけ前に出てるって?同じ場所に並んでますからっ!!すいませんねー遠近感がわからないってか。。。ってほっとけ!
9d2c7d47.JPGそして、この日はうれしいこともありました。

まず、この前女子プロを引退された華名(かな)ちゃんが所属するレコード会社の人とライブを観にきてくれました。

ありがと!華名ちゃん!

そして、初めて会ったんだけど“あいり”ちゃんっていう5歳の女の子が、俺のライブ後、俺のところに来て、『唱ってくれてありがと!』って言ってくれて、ずーっと俺の横に来て話してくれました。

だっこして!って言うからだっこしてあげたら、『だーい好き!(はぁと)』って言われてぎゅーっと抱きつかれました。

かわいかったなぁー!「あと10年まってね」って俺は言ったんだけどまわりから「。。。って10年でいいのかよー。10年じゃ15歳だから!犯罪だから!」だはは。

なんか手紙もらったんだ。「がんばってください!あいり(はぁと)」って、かっわいいなぁー!

なんか、打ち上げでもスタッフの女の子たちに、ギューってしてもいいですかぁー!?って抱きつかれて

「あぁーきもちいいー!!」って。。。

「ほんとだー!トトロみたぁーい!」

っておい!。。。まぁ、トトロかプーさんかピカチュウなんだろうね。。。

でも、俺がなんかしたら、絶対「プーさん、そんなことしないもーん!」って言われるんだよ。どうせそうだよ。。。ふん。がはは。楽しい1日でした!

フミちゃん!ありがとー!メンバーのミュージシャンのみんな!スタッフのみんな!お客さん!ありがとー!ほんと最高にハートウォームな空間を味わえるこのイベント、素敵だ!またこれで、明日からがんばれるよ!

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL

2006年05月02日

アンサーソング

365ad3f4.jpg今日は横浜の仕事先でおばちゃんがひとり会社を辞めた。色々その人にも事情があるだろうし、問題があるんだとは思う。俺にはとうていわからないが長年の何かがあるんだとは思う。でも人間ってただの駒だろうか?会社にとってはきっとそうだろう。でも会社って法人だ。ことばの綾だけど、だから人格もあるはずだし逆になきゃおかしい。人格がある法人はまた、人格のある人間のある集まりであるということも忘れてはならないと、俺的にはそう思う。会社を辞める、ということは、そんなに簡単なことだろうか?汚職や会社の不利益になるんなら当たり前だけど。まぁ会社側からしたら簡単なんだろうね。社員が不満をもてば、会社が『じゃ明日からこなくていいよ』って感情的にものを言えてしまう世界なんだよな。悲しいけどそれが現実だぁ。

俺はすぐ人を信じてしまうところがあるんだよね。その人のために頑張ろう。その人がそう言ってるんだから我慢しよう。とかって、すぐ人を信用してしまうことがある。

そうした方がいいからそうしてください、と人から言われ、なんか矛盾を感じつつもそのとおりにしていたら、その人が他の人に変なニュアンスで告げ口。気がついたら人から不信感を抱かれてた。。。なーんて裏切られることは、日常茶飯事なこの社会。でも本当に問題なのは、毎日あることないこと告げ口してる人よりも、そんな人の告げ口をまともに信じてしまってる人の側かもしれない。

ほんと人生には色々ある。浮き沈みもあるのは当然。だって人間なんだしその人その人のバイオリズムがある。よく考え違いするのは社会は絶対完璧ではないということ。人が集まって社会ができてるんだ。だから人の気持ちが変わればやがて社会も変わる。人を批判する前に、まずは自分が変わってまわりの小さな環境からかえてみる。息詰まったら人間関係が悪くなったら、批判したりぶっちぎるんではなく、まずは自分を変えるためだけに努力すればいい。そしたらまわりの環境がかわるはずだ。北風と太陽?だったっけ?ちょっとたとえが違うかなぁ〜。。。そう簡単にはいかねぇよ。って思うより。簡単にいくよ。って俺はいつも思っちゃうんだよね。

そしたら絶対また空をみて歩きだせるようになるはずだ。雨のあとには虹がさす。

明日は池袋ライブインロサでライブ。しかもブルーズバンド。こんな気持ちをブルーズに乗せて明日は唄いギター弾こう。

今日リハ行ったらベースをなんと!FREEが弾いてくれることが判明!ゴージャスなブルーズバンドになるぜ!楽しみだ!

♪〜泣くだけ泣いて顔をあげてごらん 大空に架かった虹に気付くはずだから〜♪

これはTHE PINK☆PANDAの曲“Be smile”だけど

実は俺が書いたDOKU-りん-GOの曲“Rainbow Streets”は、このピンパンの“Be smile”のアンサーソングだったんだ。勝手にね(^o^;勝手にアンサーソング。

なんかドクリンゴも、ジワっとウルってくる曲を書きたかったんだよね。そんな時ライブにいったピンパンのこの“Be smile”聴いて
いや〜いい曲だなぁ〜と思ってね。ちょうど落ち込んでる時聴いたから、かなりウルっときてさ。

特にさっきの歌詞の、『虹』の部分に感動して、そっから虹の道へという曲を書いたんだよね。だから勝手にアンサーソング。まぁアンサーソングって勝手だったりするから。

まぁレインボ〜のこの歌詞には、もっと色んな背景があるけど、あんまり作者が曲について解説はしない方がいいよね。曲って生きものだから、それを聴いた人が自分の感性と人生に照らし合わせて膨らむものだから。

しかし俺ってアホがつくくらい純粋だ。っていうか単純?だ。でも俺、爺さんになっても死ぬまでずっと、心だけは素直で純粋でいたいんだよな。芯が一本通っててそれがブレなければ、柔軟性を持った人間でいられるから。

俺にとっては気持ちのいいハートが一番大切だし、そいつを持ってる奴だけが、カッコイイ!って感じるんだ。俺は俺なりのかっこよさを追求したい。以上!明日唄ってきま〜す。よかったらきてくれ。

yaguchi16 at 23:59|この記事のURL