July 23, 2005

【番外篇 - ユニフォームが生んだ小さな奇跡】


智ユニ2003年の秋、
伊藤智仁投手の引退を惜しみ、
夫婦ふたり分の
プロコレ・ユニフォームをオーダーした。
「サンアップ」に在庫確認の電話をすると、
「要望に応じられるかよくわからない」
という、やや曖昧な応対をされた。
それでも必死に追いすがった結果、
そのユニフォームは後日無事、
我が家に届けられた。

その会社は同年末、一度倒産することになる(注*)。


2004年7月27日(火)、神宮球場・対横浜戦。
私はそのユニフォームを着て、ひとり神宮の外野自由席にいた。
背後から、見知らぬ初老のご婦人が、声をかけて来る。
「智仁さんのファンなのですね…」

智・古田下敷き


 一瞬困惑しつつも、
 「大好きでした!」とにっこり答える私。
 すると、何を思ったか彼女は、
 バッグの中からあるものを取り出し、
 私に差し出してこう言った。




「我が家の整理をしてまして、捨てるに捨てきれず、
 一番望んでいる方にもらっていただきたくて…
「えっ、本当にいいんですか?ありがとうございます。」




*その際、ゼット社が生産ラインを継承したが、
サンアップ社自体、2004年6月に再興したらしい(詳細は不明)。


 ←【一日一善・クリック♪】

Posted by yagudin072 at 15:24│Comments(84)TrackBack(16)ヤクルト・スワローズ 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yagudin072/28738184
この記事へのトラックバック
五十嵐投手の公式サイトがリニューアルされました。そして、日記もブログになったので、オールスターでのご活躍のお祝いも兼ねて、TBです。後半戦でのご活躍を期待しています。どんなときでも前向きに!能天気な五十嵐さんを応援しています。
祝・サイトリニューアル!【++Diary++】at July 23, 2005 18:26
◇サンヨーオールスター戦 全パ−全セ第1戦(全セ1勝、18時32分、インボイス西武、25,761人) 全 セ 110013000-6 全 パ 103100000-5 ▽勝 五十嵐1試合1勝 ▽S クルーン1試合1S ▽敗 西口1試合1敗 ▽本塁打 小笠原1号1(上原)清原1号
サンヨーオールスター戦第1戦【■■■北京棒球小僧!!■■■】at July 23, 2005 19:33
シフト勤務をしている私コドモの8月のシフトが決まりました。 上司に頼まれ、ちょっと調整したら、 神宮に行ける日が増えました。 狙って組んだトコじゃないとこに休みもらえてうれしいわ。 来週の広島戦は無理です。石井ピンバッチはあきらめました。 でも必ず古田
コドモの観戦予定。幸か不幸か【コドモの日記】at July 23, 2005 19:40
squizzle.com 本日はプロ野球オールスターをTV観戦。 どの選手も”オールスター”だけあって華があるなあ・・・ 応援席でも,ふだんは敵同士だけど この日は両リーグ一丸となって応援していて, 巨人の清原選手がバッターボックスに立った時も オレンジやら
プールから出たら目薬をさそう!【ひとり語り】at July 23, 2005 21:15
オールスター2戦目。今日は昨日以上に阪神選手オンパレードでしたね・・・もう少し面白い選手の起用法をしてくれ、オレ流さんよ。 ・・・青木の印象薄いしよぉ〜(涙)去年のオールスターの方が面白かったかも・・・まぁ彼にもスワ選手にも後半戦頑張ってもらうとして。現
オレ流祭り・・・(−−)【新米主婦のプチぐうたらヨメログ。】at July 23, 2005 22:49
セ5〓3パ 今年のオールスターはセリーグが勝ちました ここ最近もそうですが オールスターは阪神勢の舞台 な感じですねー まあファン数とか熱さでは一番は 阪神ファンなので しょうがないですが でも人気だけではなく 実力もきちんとってのがす
セ界が勝った【内ウチなるままに&勝手に格付け.com】at July 24, 2005 00:17
 今日は群響の定期演奏会に行ってきた関係で、夕食が9時半ごろになってしまいました
忘れ物【あめふらしの徒然日記-Blog-】at July 24, 2005 01:06
インボイスの前売り券がいくらか売れ残っているみたいだったので、出張後インボイスに出向き、当日券を買って観戦しようと思っていたのですが… 結局取りやめ。出張終了次第、早々と田舎に帰ってまいりました。 東京の冷房のきいた室内とやたら暑い屋外の温度差に体調を崩
オールスター第1戦【《Blog》Magical Place】at July 24, 2005 01:42
 パワプロやってて見てなかったw
オールスター第1戦 セが先勝【ざわ とーく】at July 24, 2005 08:08
さて、オールスターも終わってセリーグは火曜から後半戦がスタートします。 現在、借金4で首位とのゲーム差が11.5の4位につけるヤクルトスワローズ。 前半戦4位なので、前半戦そのままの戦いを続けてもなかなか上は見えてこないと思います。ということで、個人的に前半
後半戦に向けて(投手)【hitoshi72スポーツ考察】at July 24, 2005 23:55
【速報】 五十嵐亮太の公式サイトがリニューアルしました! カッコイイ♪ ブログになったからTB出来てうれしい! 後半戦は期待してるよ!がんばれ!! p(#^▽゜)q ファイトッ!  K! 我が子2歳のヤマタンもジブラの真似して応援してるよー♪ 神宮でサインしてくれてあ
五十嵐亮太がんばれ!【ID+熱血+燕 育児日記】at July 25, 2005 08:59
ヤクルトで最高の投手って、誰と聞かれたら、 私は悲劇の投手、伊藤智仁が思い浮かぶ。 伝説の高速スライダー、 対戦したバッターはことごく次のようなコメントを残した。 「バットの手前でボールが消えた・・・・」 「信じられない・・・」 度重なる故障、ガラスの右腕、
追憶の高速スライダー。伊藤智仁。【Rookie’s BAR】at July 25, 2005 09:28
古田さんのブログが更新されたので、またトラバをやってみます。 そろそろ慣れたかなぁ。うまく出来るかなあ。 さて、明日から後半戦です。 がんばって応援しに行くぞーっっ と思っていたら、なんと台風が来ちゃいました。 今すでに外は雨です。 明日は大雨。あさっては暴
そろそろ慣れたかなぁ。【のりのひとりごと。】at July 25, 2005 22:16
となります。   現在借金4、過去某長嶋氏が唱えられた「○○○○○○」(流行語大賞にもなった)を言うのもおこがましい状況ですが、選手たちには心機一転奮起してもらいたいものですし、ファンも気分を入れ直して応援をしていきたいものですね。   後半戦の.
明日から後半戦【ヤクルトスワローズ応援宣言!】at July 26, 2005 01:00
今日はいつもTBやコメントをいただくなど大変×2お世話になっているやぐさんが、智仁さんのことを書いておられたのでワタシも書いてみます。やぐさんの如く幸運な出来事はないんですけど・・。ワタシが智仁さんのことを知ったのっていうのは、バルセロナ五輪前に神宮で行...
後半戦前で試合がないから。【Cocktail-light】at July 26, 2005 15:20
古田さん、ブログ更新。オールスターでの新庄選手の「活躍」を讃えていました。新庄選手、本当に面白いですね。かぶりものやユニフォームの改ざんなど、野球以外の面でも面白いですが、本業の野球での斬新な発想力もかなりのものだと思います。去年のオールスターでのホーム
オールスター【++Diary++】at July 26, 2005 17:36
この記事へのコメント
なるほど、いろんなことがあるんですねぇ(^^♪
伊藤智かぁ 格好よかったなぁ

ボクはセリーグ奪三振記録タイを出しつつ、篠塚にホームランを打たれて負けたときの伊藤智がグラブを叩きつけて悔しがった姿が忘れられません。(負けたからじゃないですよ)
(たまには、悔しい気持ちを前面に出してもいいと思うんですよね。)
Posted by まっちばこ at July 23, 2005 15:31
わかっ!眉毛ふとっ!(笑)

大事にしていたんでしょうね。わざわざ神宮までもらってくれる人探して来るぐらいですから。

私も伊藤智仁投手が大好きで引退セレモニーがあるファン感に駆けつけました。家族ではじめて神宮に行ったのがこの時。

この日、伊藤智仁投手のおかげ?で大変な出来事に会う事となりました。

その話はいつかブログで書きたいと思っております。


Posted by あつやのぱぱ at July 23, 2005 16:18
素敵なお話ですね。
うまく言えないですけど、
そのご婦人と同じ事ができるかどうか考えさせられました。

記念下敷きですか?
93年・・・それにしても二人とも若いですね。
Posted by roo at July 23, 2005 16:53
TBありがとうございます。
二人とも若いですね〜。
それにしてもすごい偶然!
(古田さんといい、この老婦人といい?)
やぐさんの一途の思いが通じたんですね♪

私が伊藤さんをコトを知ったのは、戸田での最後の登板でした。
当時は古田さんと健さんと稲葉さんしかヤクルトの選手を知らなくて、伊藤さんの登板で観客が沸いたのか全然理解できませんでした。スミマセン。
もっと早く野球を知っていればなぁ〜。
古田さんとのバッテリー見てみたかったです。
Posted by りくらむ at July 23, 2005 16:54
もしも違っていたら、ごめんなさい。
やぐさんにこれを渡した「初老のご婦人」って、
伊藤智仁さんと所縁のある方?(まさか、お母さんとか・・・)

>一番望んでいる方にもらっていただきたくて・・・

この台詞、妙に気になります。なんとなく、そう思いました。
Posted by パンちゃん at July 23, 2005 17:31
智仁さま・・なんと、お懐かしやの写真(嬉)
バルセロナ五輪前の壮行試合で3番手で投げて確か
古田さんから三振獲ったはず(曖昧な記憶ですが)
そのときに名前を覚えて・・
スワ入り決まったときは嬉しかったなぁ。

プロ野球ニュースにドラフト前に小桧山と一緒に出演、ひょ
うきんなキャラを前面に出し(入りたい球団は?の質問
でヤクルトと色紙に書いていた)また、ドラフトの日に
も出演してスタジオにいた東ちづるさんに「お顔がいい
んで人気出そうですね」と言われ、照れてたっけ。

(智仁さまのお父上が仙台出身なんですよ。確か)

Posted by bluestar1719 at July 23, 2005 17:38
ファン感謝デーの引退式、泣きましたよ。
もっともっと活躍してほしかったです。
第二の人生、頑張ってほしいです。
Posted by もくもく at July 23, 2005 18:28
ああ・・智仁・・
あのスライダーは凄かったなぁ・・
Posted by 風雲再起 at July 23, 2005 18:28
私も伊藤智仁は大好きでした。
もっと長く活躍して欲しかった。
Posted by ダイドー珈琲 at July 23, 2005 19:31
うわぁ〜!すごい奇跡ですね!
しかも、伊藤投手と古田選手のツーショット!
伊藤投手は素晴らしいピッチャーで、私も大好きでした!
伊藤投手のピッチングを見て、手に汗を握るほどドキドキしました。
ピッチングを見て、あれほど感動したのは、
伊藤投手が初めてでした。
Posted by 柏木 at July 23, 2005 21:02
王子だぁ〜!!\(* ̄∇+ ̄*)/
当時はスカパーもなく、試合をみに行くこともできず・・・。
もっと見たかったです。
Posted by なお at July 23, 2005 21:09
智くん、古田くんに一番リードし甲斐を与えた投手。
高速スライダー、すごかったよね。
懐かしくて、ちょっとさみしい。

やぐさんは、ユニにまつわるご縁、古田くんのは第2弾だったのね?(^−^)
Posted by うさ吉 at July 23, 2005 21:18
伊藤智仁投手といえば、
ヤクルトスワローズ黄金期への第一歩の時期に活躍された方ですよね。
やぐ(でぃん)さんがそれだけ神宮に通っていらっしゃるから
いろいろな体験をされるんだとは思いますけど、
それだけじゃなくて、やぐ(でぃん)さんの熱い気持ちが
初老のご婦人の気持ちを突き動かしたんでしょうね・・・

ところで次の黄金期はいつでしょうか(自滅)?!
Posted by まき at July 23, 2005 21:21
ホント格好いい投手でした。僕も大好きでした。ヤクルト史上ナンバーワンの投手だろうと勝手に決めております。
でも、この写真の顔はあれ、土橋?あれ、荒井?って思っちゃいました。

そのご婦人、どんな素性の方だったんでしょうね。
Posted by ken at July 23, 2005 21:27
智仁のユニフォーム、素敵ですね。
それがきっかけで出会いが広がっているのもステキですね。
なんの記念の下敷きなのか、どこにも書いていないのが不思議ですが・・・。そして2人とも若い!!!
わたしもまっちばこさんと同じ試合が一番印象的ですが、
もっと長く投げてほしかったなーと思っています。
神宮に行き始めた頃にも投げていてほしい選手でした。
Posted by パック at July 23, 2005 23:15
えぇ話ですね(TT)

残念ながら現役時代の伊藤選手は存じ上げて
いないのですがファームの試合でお姿を拝見して
素敵な方だなぁと思った今日この頃。

現役時代の姿を見てみたかった・・・
Posted by ぐうたら主婦 at July 23, 2005 23:20
心温まる素敵なお話、ありがとうございます。
ガラスのエース、伊藤智仁。忘れられない神宮のスター。
今年2月、浦添のキャンプに行った時、私の目に真っ先に飛び込んだその人は、「伊藤智仁」でした。
まさか会えると思っていなかったので、感動のあまり動けなくなりました。一人ぶつぶつと「あっ、智さんだ」と繰り返すばかり。
そんな私にやさしく笑いかけて下さいました。
もう感動のあまり泣き出しそうでした。
やぐさん、素晴らしい家宝を手に入れられましたね。
古田さんサイン事件といい、日ごろの行いが良いことの表れでしょう。ほんとにいいお話です。
Posted by RustyCat at July 23, 2005 23:20
苦労して手にしたレプリカユニフォームに素敵なエピソードが刻まれて、また格別なものになりましたね!
智仁のルーキーシーズンの衝撃はずっと忘れられません。
(もちろん、その後の苦闘のドラマも・・・)
Posted by take34 at July 23, 2005 23:29
素敵なお話ですね。私も智仁選手は大好きでした。
まだ若いのに、ホントに彼の引退は残念でした。
やぐさん、また宝物が増えましたね♪
Posted by 高菜 at July 23, 2005 23:39
自分が本格的にプロ野球(&ヤクルト)を見始めたのが95年頃だったんで,彼の新人の年のピッチングは見ていません.

でも彼の復活登板(96年?)の投球を見て魅せられました…
地面と平行に曲がるスライダーなんて!しかも速いなんて!

古田選手のblogの時もそうでしたが,伊藤智の話はぐっときますね.
Posted by nal1983 at July 24, 2005 00:04
良いお話ですねぇ。伊藤智選手。復活して欲しかった。
投手は勝ち負けがかかっているから仕方ないかもしれないけれど、もう少し使い方とか考えて欲しいって感じる時もありませんか?
伊藤選手はやっぱり・・配慮して欲しかった部分ありますよねぇ。わたしは前回の日本シリーズからスワローズはまったので、やっぱりスワファンとしてはまだまだアマチュアだなーっていつもやぐさんのブログ見ると思います。わたしも早くみんなみたいに、筋金入りのスワローズファンになりたーい。
Posted by suggi at July 24, 2005 00:08
TBさせていただきましたが・・・、
全く関係ない話ですみません<(_ _)>

伊藤智選手は私も大好きでした。
93年の日本シリーズに登板する、という話を聞いて、授業をさぼって応援に行ったものです。
結局、登板はなかったのですが・・・。
(ケガして登録抹消されてましたからね、あの頃)

来週からの後半戦、今度こそ巻き返しを願いたいですね、スワローズ。
私も応援がんばります!

来月にはBS入るので、スカパー入れるぞ!
Posted by あめふらし at July 24, 2005 01:10
こんにちは。

若ぁ〜い!すんごぉ〜く若い、二人とも!!

>一着のユニフォームが、ひとすじの涙を生んだ、奇跡の瞬間だった。

うぅ〜ん、”スワローズに歴史アリ”って感じですね。やぐさんのスワファン歴にも♪
古田捕手に関してはいつまでも現役選手として話題にしたいけど、その時は必ず来るんですよね……。いつか。。。
Posted by Spring Book at July 24, 2005 10:50
本当にいい話ですね。
若い古田さんをみて「のび太くん」と読んでいた頃の自分を思い出しました。今思えばなんて失礼だったんだろう。
ちなみに「早寝早起き&きちんと歯磨き」の実行はナカナカできておりません。
Posted by コドモ at July 24, 2005 15:08
やぐさん、こんにちわ。
懐かしい下敷きですねっ
見たことあるってことは私も持ってるかも...
それにしても、智(と当時呼んでいました)は引退の挨拶の第一声が、「みなさん、こんにちわ(関西なまりで)」と言ったのを思い出します。
明るく挨拶してくれたんだと思うのですが、かえって淋しくなったのを覚えています。
Posted by のり。 at July 24, 2005 16:14
球場に選手のレプリカのユニフォームを着ていくと
何か起こるんですね。
私はファンクラブから送られてきた背番号なしのユニしかもっていないのですが

智さんはヤクルトの投手の中で一番好きだったかもしれません
鞭のようにしなる腕となで肩(?!)が印象的でした
コーチとしてがんばっていらっしゃるのでいい投手育てていただきたいですね
Posted by ちえっち at July 24, 2005 20:24
***毎度のことながら返礼が遅れて、誠に申し訳ありません。***
          心よりお詫び申し上げます。

正直に申しまして、伊藤智さんの全盛期(この下敷きの年)、当方仕事で多忙を極めており、「スポーツニュース」にて結果を追う程度の「ごく薄いスワファン」でした。当時の彼に対して、人一倍思い入れの強いのは、むしろ同居人の方なのです。東京ドームにて、川崎憲次郎さんの出待ちをした話もそうですが、彼は、彼らのような「悲運のヒーロー」に、並々ならぬ思い入れを、長く強く抱き続けるタイプなのです。昨年のこの日は、たまたま私のひとり観戦でしたが、下敷きを見せるなり、「すげ〜〜〜!」と我が事のように、大はしゃぎしていたことを、付け加えさせていただきます。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:49
まっちばこさん:伝説のワンシーンですよね。その無念さを思うにつけ、
人並み外れた柔軟な「肩」と「肘」が、心底恨めしくなります。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:50
あつやのぱぱさん:きっとこれに限らず、様々なお宝グッズを、
大量にお持ち込みになっていたと思われます。
「智目当てのファン感」ですか。もちろん行きました。
ふたりで人目も憚らず、号泣しました。「大変な出来事」?
楽しみにしてますね!(今からシーズンオフネタの予告ですかぁ?)
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:51
rooさん:何故そこまでして、「お宝」を処分しなければならないのか、
私の心にもう少し余裕があれば、ちょっとだけでも訊けましたものを、
何せ突発的な出来事に弱い「小心者」ですけん…ちょっと残念。
お二人とも、最近ますます「いい顔」になって来ましたね♪
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:52
りくらむさん:戸田の試合…仲間内で集まって観戦する予定が、
私はどうしても正視に耐えず、ドタキャンした挙げ句、
観戦会の二次会には参加、仲間のひとりが撮影していたビデオを見て、
その変わり果てた姿に、号泣しました。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:54
パンちゃん:う〜ん、今となっては何も言えませんけれど、
彼のご家族は、多分、京都におられるものと認識しておりますぅ(笑)。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:54
bluestar1719さん:大変コアなファンでいらっしゃるのですね。
スワ入り前から、目をつけていたとは…とても太刀打ちできません。
当時からかっこよかったですけど、今もステキですねぇ(はぁと)。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:56
もくもくさん:(お元気ですか?)球場全体が、涙に濡れていましたね。
まだまだ投げ足りなかったでしょう、心底無念だったでしょう。
でも「人の痛みのわかるコーチ」は、一番の戦力となるはずです!
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:57
風雲再起さん:スカパー亡き当時、よく見かけるのは、
Gの選手が、気持ちいいくらい三振を重ねるシーンでしたね。
不屈の精神でカムバックを遂げ、抑えに回った後も、
彼のガッツポーズが、たまらなく好きでした。
Posted by やぐ@管理者 at July 24, 2005 23:59
ダイドー珈琲さん:スワファンで、彼の嫌いな人がいたとしたら、
はっきり言って、モグリでしょう(笑)。「愛される選手」でしたね。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:03
柏木さん:古田さんのコメントにも、「智が一番」という言葉が、
必ず登場しますよね。すべては柔軟すぎる「肩」と「肘」…。
数度の手術、長年のリハビリ…そして復活。
彼ほど、「悲運」という言葉が似合う(号泣!)選手はいませんね。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:04
なおさん:あなたにとっては「王子」でしたか(笑)。
若かりしこの頃も、充分かっこよかったですが、
最近ますます、いい顔なさってますよね。1軍入りはいつかしら…。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:05
うさ吉さん:第2弾かぁ…そう言えばそうですね(自覚が足りぬ!)。
そう考えると、やはりもう少し勇気を出して、
「処理する理由」を訊いておけばよかったかも…すべては「あとの祭」。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:05
まきさん:どう考えても、彼女自身が熱烈なファンという感じは、
受けなかったんです…でも、ある程度スワのことご存知でないと、
背番号21に、声はかけられませんよねぇ…下敷きは20でしたし。
次の黄金期ですか…まさに今年っ、うっ、そっ、そんな(絶句)。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:06
kenさん:男女を問わず、つい「かっこいい」と言ってしまう…
今の亮太クンなんて、まだまだ…(笑)。その素性、私も知りた〜い!
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:07
パックさん:写真をクリックしていただければ、わかります(笑)。
それはそれは、大変輝かしい「ダブル受賞記念」下敷きです♪
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:09
ぐうたら主婦さん:当方も、「戸田詣で」したい思いは山々です。
ただアクセスが悪くて、なかなか叶いません…。
現役時代、本当に、本当に、美しかったですよ。
何たって、かの「松井秀喜」の「新人王」を、
たった14試合で、強奪してしまったのですから(笑)。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:11
RustyCatさん:そうそう、まさに「ガラスの肩」でしたね。
浦添でお会いになったんですか。期待していなかった分、
さぞかし驚かれたでしょうね。動けなくなるお気持ち、お察しします。
(その後、ご体調は如何ですか?)
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:11
take34さん:例えスワファンでなくとも、実働試合数は少なくとも、
誰よりも「印象深い」投手だったことは、間違いないですね。
痛みに耐えて、黙々とリハビリを続ける姿が、常に頭をよぎります。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:12
高菜さん:これ、去年の思い出話なんですが…念のため(笑)。
とぉ〜っても空いている(号泣!)横浜戦だからこそ、
生まれたエピソードかもしれません…とほほ。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:12
nal1983さん:当時の私のスワファン℃も、似たようなものでした。
クローザーになってからも、ガッツポーズがあれだけ似合う投手は…、
彼以外だと、たかっちゃんと現・弘寿@神くらいですかね。
たかっちゃん、どうしてるかしら(泣)。。。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:13
suggiさん:スワの投手は、他チームに比べても、
この手の「悲劇のヒーロー」が多すぎるのは、
多分、気のせいではないですよねぇ…
ちょっと前だと岡林・川崎、最近なら藤井・館山だって…。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:14
あめふらしさん:いえいえ、地震の話は、誰かに聞いて欲しかったので、
逆に嬉しかったですよぉ(笑)。授業サボっちゃいましたか!
いよいよBS+スカパーデビューですね。おめでとうございます♪
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:15
Spring Bookさん:ふたりとも、幼い顔してますよね。
あれから12年…彼らの表情には、美しい年輪が刻まれているようです。
最近の古田さんに関するニュースには、敢えて目をつぶっています。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:15
コドモさん:だって、ホントに「のび太くん」だったんですもの、
仕方ないですよ…当時のあの、でっかい黒縁メガネ(爆)!!!
現在の彼に当時を語らせると、「あの頃は流行だった」と、
必死で弁明しているのが、また笑えます。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:16
のり。さん:なっなんと、持っているぅ〜?!それはスゴイ!!!
整理整頓を「苦手科目」としております当方も、実家に帰れば、
うず高い段ボールの片隅に、実は埋まっているかもしれません(恥)。
記者会見も、ファン感も、ただただ泣いてしまい、
内容も忘れかけています…ヒマをみつけて、自作DVD見直さなきゃ!
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:17
ちえっちさん:古田さんのあの、ブログにおける発言以来、
球場に於いて、背番号つきのユニ着用のファンが、
激増していると思っているのは、多分私だけではないはずです。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 00:18
忘れもしません。彼がルーキーイヤー92年のとき優勝をあらそってたとき虎の前に立ちふさががったのが。伊藤投手でしたね。150球以上なげて中4日で(まさか投げないだろうとおもったら)虎にぶつけてきた。ことが印象深かったです。そういう登板が2.3試合あったんですかねえ。無茶な使い方するなあ。とおもったもんですよ。結局前半戦で故障?したんですよね。いまでも、わたしは野村につぶされたとおもってます。(防御率も1点台だったかなあ。あの高速スライダーはうてませんもんね。    
Posted by まなみ at July 25, 2005 07:24
その下敷きウチにもあります〜。
智仁が2002年に脱臼したのを(外)ラジオ中継で
知ったのですが、「えっ!」と思わず口に出したら、目の前の通行人も同じタイミングで「えっ!」と発していて「ショックですね」と…見ず知らずの人と思い出話をしました。本当にファンが多いんだなぁと実感しましたね。
Posted by 断空我oh! at July 25, 2005 08:57
まなみさん:93年の間違いのようですが…そうだったんですか。
「野村につぶされた」という言葉は、手厳しいですね。
もっとも、それを強く否定出来るほど、確かな記憶がなく、
申し訳ありません。なお、防御率は泣く子も黙る、0.91でした。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 09:08
断空我oh!さん:お宅にもあるのですか…スゴイ!
のり。さんに続き、お二人目です。ここの方々、侮れませんねぇ!
同じラジオの聴取者が、偶然会話を交わすことになろうとは、
これまた不思議な出会いですね…それだけ愛されていましたからね。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 09:09
私も持ってます。コレ。
そして智の最終登板を戸田で見ました。
ありえない弓なりの球。
それを見た瞬間泣き崩れました。
帰り道、1人とぼとぼ歩く智。
声かけれませんでした。泣いてました。智。

以前書いた記事をTBしときます。(涙
Posted by およよ at July 25, 2005 09:30
およよさぁ〜ん:やはりあなたも、持っていらっしゃいましたね。当方こんなブログを運営していながら、大変お恥ずかしい話ですが、真剣に「ヤ球」を見始めたのは、96年頃なのです。無論「高速スライダー伝説」のことは、あくまで「過去の映像」として、見知っておりましたけれど、彼に対して、真剣にリアルタイムで、熱い視線を送るようになったのは、カムバックを遂げた97年以降のことでした。(続く)
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 11:32
戸田…当時の応援仲間が大挙して押しかける中、私も最後まで悩みつつ、結局回避してしまいました。同日夜行われた「残念会」で、見せてもらった現地のビデオ映像…。

そのあられもない、筆舌し難い、変わり果てた姿に、ただただ、涙が止まりませんでした。最後の最後まで、強気だったですね…「作り笑顔」が、実に痛々しかった。正直「行かなくて正解だった」と思いました(ごめんなさい)。「壮絶なる、一選手生命の終焉」を確信するには、充分でしたから。

*素晴らしい記事を読ませていただき、大変嬉しかったです。
 トラバ返ししても、いいですか(号泣)?
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 11:32
この週末は相方の親類のイベントがあり、実家からお客様多数ご滞在。というわけで、野球観戦は全く出来ませんでした。残念。
暫く、相方の父が滞在するので、神宮詣でもママならず、ストレスたまりそうです。相方は「行って来い」と言ってはくれるのですが、足も耳も悪い父を一人置いて、ナイター観戦などかなりまずいだろ。
あーン、ピンバッジ貰いに行きたいよぉ―。
というわけで、明日からの後半戦、神宮での応燕、私の分もぜひぜひ、よろしく!です。
Posted by RustyCat at July 25, 2005 13:22
RustyCatさん:その後体調は、すっかりよろしいのかしら…
病み上がりなのに、行事等お疲れさまです。
「神宮詣で」かなりご無沙汰ですよねぇ。ストレスも貯まるでしょう。

行って貯まるストレス…もあり得ますしぃ〜
いかん!こんな弱気では!(っと、自ら鼓舞してみたりする…)
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 13:40
わぁ!懐かしいです!!
ファン感謝デーのときでなく、池山選手みたいに神宮最終戦でプレーをして欲しかったですが・・・
でも、怪我では無理できないですものね。
今は、あの腕を受け継いでくれる若手が彼によって育てられる事を期待しています。

さて、明日から後半戦開始!!
なのに、どデカイ台風が近くにいますね。。。
やーん!
Posted by みい at July 25, 2005 15:35
みいさん:戸田の伊藤智さんは、↑上にも力説した通り、壮絶でした。
そういえば、池山氏の最終戦も、涙なくしては語れませんねぇ。
打順を彼まで回そうと、1stにヘッドスライディングする飯田さん(泣)。
当の池山さんは、すでに踏ん張りの利かない足で、
意地のフルスィング、のち、転倒(号泣)…そして三振。

誰よりも痛みを知っている伊藤コーチには、
きっと、誰にも真似出来ない指導法があるはずです。
今「痛み」を抱える若手たちにも、直に明るい未来が開けることを、
みんなで祈念致しましょう。

後半戦も、宜しくお願い申し上げます。
Posted by やぐ@管理者 at July 25, 2005 16:08
池さんの記事も以前書いた事がありませう。(涙

http://blog.goo.ne.jp/toru-oyo/e/fda1ddcc9f139001edd4901c0bc29a6c
Posted by およよ at July 25, 2005 16:34
すでにご存じだったらごめんなすって♪
古田さんと吉田さんのブログが更新されましたよ!
Posted by まき at July 25, 2005 19:54
やぐさん、こんにちわ。
この記事とはまったく関係ないんですが、古田さんのブログへのトラバがそろそろ出来るようになってきたので、こちらにもトラバさしてもらいました。
見た感じどおやらうまく出来てたようなのでよかった...
なんか、so-net同士とは違うやり方だったので心配でしたが、無事そうです。

明日からの応援は神宮まで来られますか?
私は3連戦行きます!
...しかし台風が...涙
Posted by のり。 at July 25, 2005 22:21
毎度、当ブログにTB&コメントありがとうございます。

伊藤智仁投手、新人王の年1993年は僕はまだ5歳という事でその頃の事は特集で少し見た程度しか知らないですが、いつか忘れちゃいましたが、マルティネスがGにいた頃のG戦で、ノーアウト満塁から三者連続三振で切り抜けて、ガッツポーズを浮かべたあの姿が最高に格好良くて、凄く好きな選手でした!
Posted by マリオ at July 25, 2005 22:22
伊藤智仁は、今でも大好きな投手ですね(^^)
あの高速スライダーを超えるピッチングが出来る投手は今でも見当たらないかも。
それだけに、早い引退が凄く残念でした(;_;)
それにしても、21のユニフォーム良いですね〜(o^o^o)
ちょっと羨ましいです(^^;
Posted by 腹黒い三連星 at July 25, 2005 23:12
遅くなりましたがTBありがとうございます。

伊藤智仁投手の93年デビュー時の活躍は凄かったです。
そのまま行ってればタイトル総なめかといったところで故障してしまいまして、後は怪我との戦いになってしまったのが残念でした。
03年ファン感で最初で最後の生マウンド姿を見ました。
(欲を言えば硬式球の投球を見たかったですが…)
引退セレモニー&胴上げもしっかりと心に残っております。

今後の活躍に期待します。
Posted by 因幡の傘 at July 25, 2005 23:57
やぐさん?
古田さんも吉田さんも更新されてるのに、やぐさんのTBがないのでビックリしたです。
地震の影響か、はたまたお疲れで寝こまれてるのかしら?
大丈夫ですかぁ?
それともlivedoorが悪いのか?写真集やTVで占われてる前にメンテをしっかりせい!って感じ?
その昔まだ無料だった頃にlivedoor使ってたなぁ・・・。

ちなみに、伊藤智仁さんの顔はちゃんとわかります!(汗)
Posted by るり。 at July 26, 2005 01:32
およよさん:池山隆寛さんにまで話が及んでしまうと、
このエントリーが、一生終わらないかも・・・。
あなたの記事、まだ読んでいませんが、大方の予想はつきます。
(お顔に似合わず)さぞかし一杯、泣いていらっしゃることでしょう。

本日は野暮用で、遅くまで出かけておりましたゆえ、
明日以降、(ご迷惑でなければ)ゆっくりとコメントさせて下さいませ。
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:22
まきさん:わざわざ知らせて下さって、本当にありがとうございます。
今日は少々しんどいので、明日以降堪能したいと思います!
(何度もお運びいただき、申し訳ありません)
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:23
のり。さん:トラバにも、もうすっかり慣れたことですし、
これであなたも、「立派なブロガー」の仲間入りですね(笑)。
「あらためて、おめでとうございます!」
明日必ず返礼に伺いますので、今日のところはお許し下さい。
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:24
マリオさん:そうですよね…現役の高校生なんですもの。
弊ブログのコメントの多さを気遣って下さり、本当にすみません。

でも、私があなたのブログに残すコメントと、ここに書く返礼は、
根本的に異質なものです。トラバを送るだけなら簡単です。
一言でも、記事に対する「率直な思い」を書き込んでいただけることが、
何より嬉しいことなのですから…あなただってそうですよね?

彼のガッツポーズは、文句なしに「かっこよかった!」
私だってリアルタイムで93年当時、応援したかったですぅ(泣)。
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:26
腹黒い三連星さん:彼の、人並み外れた柔らかい肩と肘が、
伝説の高速スライダーを生み出した訳で、
まさに「悲運のヒーロー」としか形容しようがありません。
個人的には、あのしなやかな身体の動きに、心底惚れてしまったかも…。
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:28
因幡の傘さん:あのファン感には、独特の空気が満ち溢れていましたね。
当方過去数度、ファンブックの写真にも登場しているのですが(ふふ)、
あの年だけは、一種独特の雰囲気…(その姿を見るだけでもう…)
球場全体が「涙の智仁モード」と化していました…。
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:31
るり。さん:ご心配をおかけしましたが、ここのところあまりにも、
ブログに追われる生活だったもので、思いきり逃避行動しておりました。
どうかご安心下さいませ。なおこのブログ、無料ですけど(笑)?!
Posted by やぐ@管理者 at July 26, 2005 03:31
やぐさん、こんばんは。

すごい奇跡ですね。
私の友達も智さんファンなので、なんとなく嬉しいです。
まだ現役でも出来そうな智さんですが・・・
良いコーチになって欲しいです。

今日から後半戦!と思ったら台風で中止。
残念です。
ヤクルトは私たちの期待に答えてくれる!!
頑張れ〜
Posted by Hana at July 26, 2005 22:05
やぐさん、はじめまして。
harukaと申します。

うすっぺらいヤクルトファンの私が、
コメントするのは心苦しいのですが、
智さんの記事を素通り出来ませんでした。

それにしても、素晴らしいご縁ですね。
ヤクルトファンの温かさを感じます。

智さんは登板するだけで、応援のボルテージが上がるような
素敵な投手ですよね!
ご自分の経験を活かして素晴らしい投手を
育ててくれることでしょう。
Posted by haruka at July 27, 2005 00:08
これまた、なんて素敵なお話し。
しかも、古田選手の前というのが、すごいっ!
やぐさんのヤクルト愛が産んだ、賜物ですね♪

伊藤さんについて、村上春樹さんもどこかで書いてないかな?と探してみる……金さるでした。
Posted by 金の猿 at July 27, 2005 01:31
Hanaさん:本当に、いまだに忘れがたい、ステキな事件でした。
「痛みに苦しみ抜いた」智さんだからこそ出来る「何か」があると、
ずっと信じています。さいごの最期まで、壮絶な選手生命でしたね。
Posted by やぐ@管理者 at July 27, 2005 14:43
harukaさん:はじめまして、でしたよね?
早速「お宅」にも、お邪魔させていただきました。
スワネタをアップなさった際は、是非トラバでお知らせ下さい。
スワファンって(もちろんどこもそうでしょうが)、とっても優しい。
チームカラー自体が、「みんな仲良し・アットホーム」なので、
ファンも自然と、あったかい方々が集まるのでしょう。
智さん、本当に男気のある、気迫溢れる、素晴らしい投手でしたね。
Posted by やぐ@管理者 at July 27, 2005 14:44
金の猿さん:ご無沙汰しまして、本当に申し訳ありません。
こんな話、めったにありませんよね…大変幸せな一夜でした。
春樹さんちで何か見つけた際には、是非お知らせ下さいね!
ゼッタイこれ、トラバしちゃいます(笑)。
Posted by やぐ@管理者 at July 27, 2005 14:45

コメントする

名前
URL
 
  絵文字