2005年06月10日

悲しいニュースを知る力

ネットでは、本当に小さな小さなニュースにふれることがあります。
そのニュースが、とても気になることもあります。
liberというサイトの悲しい火災という記事から火災で小学6年生の女の子が焼死したニュースを知りました。

火災の原因は、おそらく蝋燭だそうです。

電気代が未払いだったために、使っていた蝋燭だそうです。

貧乏でなければ、お金があれば、そう考えてしまうでしょうね。

俺らはネットができて、暖かい家もあって、食事に困ることもないけれど、すぐそばには、電気代のために死んでしまった命があったりするわけです。
そんな貧困が実はそこかしかにあるような気がしてなりません。

貧乏人は勉強するなって国ですから、貧乏人が死ぬこともなんとも思われてない気がします。

みんながそういう国がいいと思ってるんじゃなく、みんなが知らないし、知らされてないし、知ろうとしてないんだと思います。

なんとなく大学に来る人が、知ろうとする意欲と技術を、一般教養でつけることができたらいいよなってのが、最近の目標です。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/24462251
この記事へのトラックバック
レッサーパンダ男。 オレは即座にこれを連想した。というかこれしか思い浮かばなかった。全然話題にする人がいないのでなんでだろうと思っていた。被害者の方のことを想うとそれも当然かと思われたが、どうも他の事情もあるようだった。 わたしは政治犯? レッサーパンダ .
レッサーパンダと言えば。【Dazed Days Bootleg】at 2005年06月13日 12:17
この記事へのコメント
私個人の頃を振り返ると、大学生は 将来の明確な目標(と乗り越えるべきステップ)が見つかっていない のだと思います。
夢 はあると思うのですが、漠然としているはず。

でも、明確な目標 を形成するのは、本人の責任と自覚とめぐり合いによるものであり、他人はそれを手助けするだけだと思うのです。

フラスコさんの研究者としての 背中や姿勢 にじみ出る教養と意欲 が何名かの学生を 覚醒させると思うのです。でも、できるのは、そこまで。
あとは、学生本人の精神世界の中で熟成されるべきものかと、個人的には思います。

Posted by calc at 2005年06月10日 23:26
「自分が暗黙のうちに知ったことだから、後進の連中も自分で知れ」という論調がよくでてきます。その意見があてはまる教育内容とそうでない内容があると思うのですが、すべて一緒くたにされ、「自分で何とかしろ論」におちついてしまいます。

フラスコには、その議論がどうしても納得できないわけです。
学問なら「見て盗め」じゃない部分がいくらでもあると思うんですが…。
Posted by フラスコ at 2005年06月11日 21:59
 TBありがとうございます。

 現在の新聞メディアについての所感や、そこから派生してきた今の大学および学問に対する学生の姿勢等については、また後にコメントします。
Posted by yusuke at 2005年06月12日 04:59
――現在の新聞メディアについて――

 始めに、このコメントにはかなりの主観が含まれていることをことわっておきます。十把一絡げにしている面も多数あります。
 最近、英字紙を読むことがありまして、英字紙と日本の大新聞を比較する日々が続いています。まず1面です。日本の新聞は朝刊の1面に目立つように写真を載せます。これは英字紙でも同じです。しかし日本のものはなぜか、掲載される写真のほとんどがどうでもよいものばかりです。伝えなければならないことはたくさんある(例: 電気が止められて、蝋燭を使用していて、火事で子供が焼死 など・・・)にもかかわらず、朝ぐらい心穏やかにさせてよといわんばかりに、あまりにも現実世界と遊離した写真が堂々と掲載されていたりします。私の場合、こういう類の写真が掲載されていると反対にウツになりますね。
Posted by yusuke at 2005年06月14日 00:48
(つづき)

 次に夕刊の問題があります。速報性という面ではインターネットには絶対勝てないのですから、夕刊は廃止して、朝刊と統合すべきでしょう。どうしてあんな無駄をしているのだろうかと・・・ 速報性、量ではなくちょっとタイムラグが開くけれど質で勝負するべきでしょう。こんなことは私ごときが指摘しなくとも、新聞社内部ですでに議論されているのでしょうが・・・ 産経新聞が東京版で実施していますが、なぜ他の紙で不可能なのか疑問です。
Posted by yusuke at 2005年06月14日 00:50
(つづき)

 最後に新聞休刊日ですね。日本の新聞だけで横並びで実施するのは、もう、どうぞって感じですね。ただやるせないのは国内で売られている英字紙は日本の大手新聞と提携していたり(例: ヘラルド・トリビューン)、その大手新聞社自身が発行していたり(例: デイリー・ヨミウリ)、ということで英字紙も足並みをそろえているのです。日付変わって、昨日(13日)がそうでした。駅売りを買おうとしたら、「えっ、なんで〜」って感じです。
Posted by yusuke at 2005年06月14日 00:51
(つづき)

 プロと一応言われている(?)記者の人が伝えたいことと、それぞれの読者が知りたいことが、読者の知りたい情報の拡散化によって齟齬が起きているといえます。あえて、多様化という語は使いません。多様化はポジティブな価値判断のみを含んでいるからです。良くも悪くも私を含む人々の思いの拡散が、新聞も含む現在のメディアに対して苛立ち、そして冷めた目、最後にはわれ関せず、という感じに進んでいるように思えてなりません。

 今の学生の大学や学問に対する姿勢等についてはまたいずれということで・・・
Posted by yusuke at 2005年06月14日 00:52
コメントありがとうございます。

お願いがあるのですが、コメントでなくトラックバックにしていただけないでしょうか?感想を書くにも、コメント欄だと文字数制限があって自由に書きづらいもので…。ご一考をよろしくお願いいたします。
Posted by フラスコ at 2005年06月14日 12:42
確かにそうですね。今後気をつけます。
Posted by yusuke at 2005年06月14日 17:45