2005年06月18日

教授の年収1000〜1300万円

大学という斜陽産業で、教授の年収が話題になっていましたのでトラックバックしつつ、うちの大学の話もしてしまおうかと。

うちの大学は、勤続年数や年齢によって上下動しますが、役職なしの教授で1100万円あたりです。ただ、これを見て高給取りと思ったら大間違い。なぜかは大学生のための大学入門の指摘がわかりやすいです。
給与でもう一つ大事なことは、生涯年俸である。大学の教授になるには、普通大学院の5年間が必要。さらに若い方では、海外留学が必要だから大学を出てから6年間は学生の身分。さらに、教員の道は狭いから非常勤などをやり、助手にならない限り、速くて職に就けるのは35歳くらい。結婚も出来やしない。
だから、退職金を含めると職員の方が生涯年俸は高い。

にわかに一般企業と比較は出来ないわけだ。
ということなのです。さらに悲しい告白をすれば、助手さんの年収は使えない事務のNETくんよりも安く、私の年収は融通のきかない方よりも断然安いです。
うちの大学は、事務の給与規定が「なぜか」公表されていないので、深く知ることはできないわけですが、私立大学で一番いい思いをなさってるのは、事務サイドなんじゃないかと思います。ええ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/25156118
この記事へのトラックバック
本日は資格試験とは関係が薄いかもしれませんが、いわゆるダブルスクールで資格試験合格を目指されている方も多いと思いますので、大学教員さんのブログを紹介させていただきます。大学教員の日常・非日常は、フラスコさんが大学の事情をいろいろお話くださっており、かなり
大学教員の日常・非日常【資格試験研究室〜合格ジャンボリー】at 2005年06月18日 19:56
大学教員の日常・非日常で教員の年収について書かれていて、最近ちょうど同じような事を考えていたので、トラックバックしてみました。 大学教授とか大学教員と言うと、人は「あら、高給取りねえ」みたいな言い方をする。でも、実際上記サイトの管理者であるフラスコさん
割に合わない大学教員の道【楓の教員日記‐大学で働くということ‐】at 2005年06月19日 01:45
皆様の大学の教授はちゃんと授業をしてますか? 若手の助教授、講師はちゃんとした授業をしてくれます。 熱すぎてむしろ迷惑な場合もあるくらいです。 それではとある教授の場合は? 私が実際に体験した話なのですが、ひどいと感じました。...
授業をゼミにしてしまえ!【小粋な情報】at 2006年11月19日 12:52
この記事へのコメント
私の大学では、職員の給与も一応公開されている。一応といったのは、額に幅があるので正確なところはわからない。組合では、職員と教員の平均給与が公開されるが、その差は、200万くらい教員が高い。しかし、平均年齢が公開されないので、年齢からいうと同等か、少し職員の方が高いのではないかと僻みたくなる。
まあ、給与だけでなく、休暇も多いし、学生にはえばっていられるし、いい職業だと思いますね。
Posted by nice55 at 2005年06月18日 17:03
 疑心暗鬼に陥るくらいなら、全教職員の給与を発表してはどうでしょうか。
 あたしは住んでいる市の提案ボックスに、
「年俸を胸の名札に書いて仕事をなさると、行政の透明度が増して、市民から好評だと思います」
と書きましたけど、返答ありませんでした。マジで、そうすべきだと思いますがね。
Posted by Inoue at 2005年06月18日 17:58
>nice55さん
組合の出している平均値は、うちの大学にもありました。
若干教員の方が高いです。が、うちは腰かけさん率やパートさん率も高いので、実状を評価するデータにはなってないでしょうね。
Posted by フラスコ at 2005年06月18日 22:17
先日知人に聞いた話では、某私立大の助手の給与が、フラスコさんの出身大の助教授の給与より高かったとのこと。又聞きなのでさだかではないのですが、国立の給与は低めなのかな??
Posted by kitchen at 2005年06月19日 17:42
えー!国立の助教授がそこまで低いということはないでしょう。
その私立の方がべらぼうに高いんじゃないですか?
というか、その国立助教授よりも給与の高い助手なら…あ、いや、期間限定かもしれんし、おちつけ、俺。

ちなみに、以前にも書きましたが、国立の助手から、私立の助教授になって年収が下がってしまった人がいます。私立の給与がピンキリすぎるのかもしれません。
Posted by フラスコ at 2005年06月19日 22:33
「大学教授になる方法」には、

都会の私立>国立>田舎の私立

の順だとあります。それじゃ、田舎の私立の教員では苦しいかというと、そうでもない。住居費が安いから持ち家も可能だし、通勤も楽。それなりに豊かな生活が送れる。
 「定職に就くのが10年遅れるから不利」かというと、やっぱりそれも違う。定年が10年遅いからだ。国立で65歳(東大も定年を引き上げた)、私立では70歳まで可能。それ以前に定年があっても、退職後も非常勤講師として働くことができる。
Posted by Inoue at 2005年06月20日 01:21