2005年10月31日

成功者しか出していない情報

株にしろ、お受験にしろ、成功例しか世の中には出てきにくいわけです。

株にしても、普通の雑誌での特集では「この値を気にしろ」とか「○○な企業を探せ」とか、そんな文句のシメに「これらの対応をした上で…」とか「あくまで一例であり…」と責任回避のための一文をくっつけてます。
まあ、まっとうな対応ですよね。
ネット株で儲かってる人がクローズアップされるのは「ネット株やってね!で、手数料でこっちを得させてね」とか「タンスにある金、投資してね!損しても、全部自分の責任だけどね!」とか「ネット株よさそうでしょ?とりあえず役に立つかわからないけどハウツー本買って!」とか、そういう情報発信者の意図があるのでは?と考えてしまうわけです。うがった物の見方ってヤツですね。

お受験のやり方についても「その方法で成功した!」という情報だけでは価値がなく、同時に「その方法で失敗した人がいない!、もしくは、少ない!」という報告があってはじめて、ちょっとは役に立つかもしれんのです。

世の中に氾濫する情報をボケーっと眺めていると、どうしてこんなものにひっかかるんだろう?と考えてしまいたくなることが多々あります。

その原因をわかりやす〜く世間につきつけることができるようになり、成功者の出す情報が根性物語の啓蒙書と肩を並べるようになれば、面白い世の中になるかなぁとか妄想しています。だまされる人間がいなくなることはないでしょうが、だまされる人間が少なくなればいろんなバランスが崩れる気がするんですよね。

そんな妄想を心の片隅におきながら、情報リテラシを教えたりしています。
(追記)
ほら、成功者がコメントしてますよw
同じ数ぐらい「俺、こんなに損しましたよ!」と発言する勇者が欲しいところです。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/25909946
この記事へのコメント
はじめまして。このブログ面白いですね。医学論文もPUBLICATION BIASがありますし。納得です。
Posted by eishi_asano_md_phd at 2005年11月01日 06:45
コメントありがとうございます。

バイアスは、なくせないまでも、意識することは重要だと思います。
Posted by フラスコ at 2005年11月01日 14:00
ピアノ買取センター ��轡團▲稜禺莪豎膾債
Posted by ピアノ買取 at 2015年11月17日 03:05
株にしても、普通の雑誌での特集では「この値を気にしろ」とか「○○な企業を探せ」とか、そんな文句のシメに「これらの対応をした上で…」とか「あくまで一例であり…」と責任回避のための一文をくっつけてます。
Posted by Харьков купить дубленку зимнюю at 2016年01月17日 19:32