2005年10月14日

DHMO(一酸化二水素)の恐怖

一酸化二水素(DihyrodogenMonooxide:DHMO)の規制を!

DHMOは無色、無臭、無味であるが、毎年無数の人々を死に至らしめている。殆どの死亡例は偶然DHMOを吸い込んだことによるが、危険はそれだけではない。DHMOの固体型に長期間さらされると身体組織の激しい損傷を来たす。DHMOを吸入すると多量の発汗、多尿、腹部膨満感、嘔気、嘔吐、電解質異常が出現する可能性がある。DHMO依存症者にとって、禁断症状はすなわち死を意味する。

DHMOは水酸の一種で、酸性雨の主要成分である。地球温暖化の原因となる「温室効果」にも関係している。また重度の熱傷の原因ともなり、地表の侵蝕の原因でもある。多くの金属を腐食させ、自動車の電気系統の異常やブレーキ機能低下を来す。また切除された末期癌組織には必ずこの物質が含まれている。

汚染は生態系に及んでいる。多量のDHMOが米国内の多くの河川、湖沼、貯水池で発見されている。汚染は全地球的で、南極の氷の中にも発見されており、中西部とカリフォルニアだけでも数百万ドルに上る被害をもたらしている。

この危険にも関わらず、DHMOは溶解や冷却の目的で企業利用されており、原子力施設や化学物資製造、消火剤、動物実験に使われている。農薬散布にも使われ、汚染は洗浄後も残る。また、ある種の「ジャンクフード」にも大量に含まれている。

企業は使用済みのDHMOを大量に河川、海洋に投棄しており、それはまだ違法ともされていない。自然生物への影響は限りないが、我々は今のところ何も出来ないでいる。

アメリカ政府はこの物質の製造、頒布に関する規制を「経済的理由から」拒んでいる。海軍などの軍機関はDHMOにかんする研究を巨額の費用を投じて実施している。目的は軍事行動時にDHMOを効果的に利用するためである。多くの軍事施設には、地下に近代的な施設が造られ、後の使用に備えて大量のDHMOが備蓄されている。

以上、某巨大掲示板からのコピーなわけですが、笑ってもらえましたよね?

それとも、なんかわからないけどDHMOは危険だから排除しなくちゃ!と思いました?
ちなみに、DHMOを排除したら死んじゃいますよ。

DHMO
DihyrodogenMonooxide
一酸化二水素
酸素1つに、水素2つ
Oが1つにHが2つ
H2O

まあ、そういうことなんです。

ちなみにこれを学生に見せてみたところ、半数をちょい下回る学生が「規制するべきでは?」とこたえ、規制はまったくされていないという事実を「怖いと思う」とのことでした。
予想より少なくない学生がひっかかってしまい、びっくり。

つまりは、正しい情報を検索するときには、その前提として正しい知識がいるのだと言う話がしたかったわけです。

こんなハチャメチャなネタが世の中には、けっこうあふれています。とくに浄水器関係は腹かかえて笑うしかないものだらけです。

フラスコのいる大学を卒業するからには、ネタを笑いとばせる人になってほしいなと思うわけですよ。ネタのようなことを真顔で言う教員もいるので、是非。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yahata127/50072726
この記事へのコメント
wikipedia(DHMOで検索)に詳しい説明が載っていました。
アメリカの中学生が考えたそうです。
吹き出してしまいますねw
Posted by たく at 2005年10月15日 02:48
wikipedeiaの例の方がおもしろいですね。
ところどころに日本人が追加したようなものもあって、なかなか面白いです。こんど、使うときはこっちにしようっと(笑)。
Posted by フラスコ at 2005年10月15日 22:55
いやこれは非常に面白い

だってよく読むと嘘ではない

冷却にも使われ、酸性雨の主成分だし、肺に吸い込めば死ぬし、金属を腐食させるし、水中毒もある。

いや、久々の面白ネタでした。
Posted by Drnao at 2011年06月03日 18:08